西川 治」カテゴリーアーカイブ

旅の食事の基本は「朝」にある ー 西川 治「世界ぐるっと朝食紀行」(新潮文庫)

(この記事は2018.11.24にリライトしました)

旅本でうまいもの紀行というのは、よくある話で、そういうテーマで1冊をものしようとすると、かなりの工夫か味付けか、あるいはグロものか、といったことが必要になるのだが、「朝食」だけにテーマをきめた旅本というのは、ほかにあまり例をしらない。

しかも、とりあげられている国は

トルコ、モロッコ、イタリア、フランス、オーストリア、ドイツ、デンマーク、スコットランド、イギリス、カナダ、アメリカ、メキシコ、オーストラリア、フィジー、タイ、フィリピン、インドネシア、マレーシア、ベトナム、インド、モルディブ、モンゴル、韓国、香港、台湾、中国、そして日本

とアフリカ、南米以外の国を幅広くカバーしている。

おまけに、旅本というとあやしげな屋台やポン引き、あるいは美しいが危険な美女や、おカマといったものが登場するのがおきまりなのだが、「朝食」をテーマにしているため、そうした胡散臭い色合いはなく、非常に健康的で明るい旅本である。

【注目ポイント】

で、どんな朝食がいいかなー、というのは、もうそれぞれのお好み次第だ。こうした「食べ物」をテーマにした旅本は、冷静な態度で読むもんじゃなくて、読者それぞれの偏見と独断で、これは美味そうだ、とか、これは勘弁してくれ、とか、こんなスカした食い物はいやだ、とか我が儘勝手な評論をしながら読むのが一番正しい読み方だと、これも勝手に決め込んでいる。

なんにしても、朝、昼、晩の三食の中で、朝食は旅先で食べるのが一番美味い気がしていて、それは国内外を問わず、ホテルのありきたりのバイキングだろうが、市場のガタガタいうベンチとテーブルで食べる食事であろうと変わらない。
そうした「旅先の朝食」が、これでもか、というぐらいにでてくるのだから、これはもう食べる、というか読むしかないだろう。

で、いくつか引用させてもらうと、まずは最初の一篇のトルコのバザール

三分の一ほどに切ったパンを、今度は縦に切り裂き、なかのやわらかいところを毟り取りその空いたところに、先程、刻んだ羊の腸を詰め、やはり、先程、毟り取ったパンをその上にのせた。肉のこんがり焼けた匂いだ。口にすると羊の強い匂いがする。だが、嫌な匂いではない。香ばしい匂いだ。滑らかな舌座割は羊の脂肪だ。肉の塊とおもっていたのは、羊の脂肪、そこに羊の腸をきっちりと強く巻きつけていたのだ。

美味いものは朝食しかないといわれるイギリスは

あのうまいベーコンエッグにカリカリのトースト(トーストもまり厚くてはいけない。それも前の火に買っておいたやつでなくては)にバターと甘ずっぱいマーマレード。もちろんイギリスの朝食時は、ぼくも背広に清潔なワイシャツ、ネクタイというスタイルである。トーストとベーコンエッグだけではない。ステーキがでたり、キッパー(スモークしたニシン)、キドニーのシチュー、ブラックソーセイジ、コールドミート、ポーリッジ、数種類の卵料理が今でもホテルではでてくるところがある。その料理の数が二十種類以上はあるはずだ。
  それに朝からでも伝統的にビールを飲んでもよいとされている。

という具合であるし、ベトナムの屋台料理の定番フォー・ガー(鶏入りフォー)は

 まず、麺ともやしを茹でる、茹でる時間は沸騰している湯にざっとつける程度だ。それをどんぶりにいれる。日本のラーメンのどんぶりより小さい。
  鶏の肉を削り、それをのせる。そこに、熱いスープを注ぐ。このスープは、本来は、ハノイで食べられている犬の骨がもっともうまいらしいが・・・・。ここは鶏のスープ。ちょっと薄いスープだ。テーブルにはそのとき一緒にザウ・ムォンと生のもやしがでてくる。いきなり食べるのではない。食べようとすると、その店の人が目の前のヌクマム、青い柑橘のチャイン、唐辛子を発酵させたトウオンオット、バナナの果汁から作られた酢につけたニンニクをいれ味を調え、自分の味覚にあわせるのだと、手振りで教えてくれた。調味をし、ペラペラのアルミのレンゲで味を見て食べ始めた。

といった感じだ。どうです、思わず頬が緩んでしまいそうになるでしょ。

【レビュアーから一言】

まだまだ、たくさんの国、たくさんの朝食がある。まずは御一読あれ。それにしても、また旅先の朝食が食べたくなった・・・。

どっか、行くかな。

 

「肉」の次は「酒」 ー 西川 治「世界ぐるっとほろ酔い紀行」(新潮文庫)

肉の次は何、となるとそこはやはり「酒」となるのが世の習いで、先の「世界ぐるっと肉食紀行」の続きとして、西川 治「世界ぐるっとほろ酔い紀行」(新潮文庫)をとりあげよう。

「酒」をとりあげる場合、どうかすると「酒」単体をとりあげるものが多くて、やれ豊潤さがどうの、コクが、キレがとかの話に終始するものが多くて、どうかすると「酒」のスノッブ的な知識の中に埋もれ混んでしまう場合が多いのだが、本書はそうした愚行からは離れていて、「坂」と「肴」の関係をきちんととらえているところが好ましいところ。
構成は

アジア編
ラープの輝き(タイ*メコンウィスキー)/バナナ林のセンミン屋(タイ*ラオ・カーオ)/暑い部屋(フィリピン*サンミゲール)/チャガチ市場の老婆(韓国*眞露)/誕生日はポキャンマチャで(韓国*眞露)/目の前に、さっと真鍮の細い箸が(韓国*マッコリ)/一日十数杯もの馬乳酒を(モンゴル*馬乳酒)/椰子酒を飲みながら(インドネシア・トゥアック)/ビットロンを食う(ベトナム*ビアホイ)酔っ払い(ベトナム*ルーカン)

続きを読む

もっとも安い食べ物が、もっともうまい ー 西川治「世界ぶらり安うま紀行ーもっとも安い食べ物が、もっともうまいー」

世界のグルメ紀行は数々あれど、高価なものがうまいと書かれても、それは当たり前のことで、「もっとも安い食べ物が、もっともうまい」と断言したルポはちょっと小気味がいい。それが本書 西川治「世界ぶらり安うま紀行ーもっとも安い食べ物が、もっともうまいー」である。

構成は
楽しい昼食は、いつも街の中にある
 いつも食べたいブルスト(ソーセージ)/小さな村の小さなパン屋さん/小さい実のつまったもの/イタリアの駅弁/スープを飲めば、冷麺のうまさがわかる/カルクックスは、韓国式手打ちうどん/裏町で子どもたちと食べたトゥポギ/大学生街で食べ始められたサムギョプサル/ホーショールがあるのだけれど/混沌の味覚 バイン・ミ・ティット/バイン・セオというベトナム風お好み焼き/素焼きのタジンを待ちながら/トルコ式ピッツァがあるって知ってますか/鯖をはさんだサンドイッチをかじりながら
甘いおやつと飲み物の効果は絶大
 椰子の木が一本あれば・・・/なんだかなつかしい、ハロハロ/こんなに甘いものを食べたことはなかった/甘いミント_ティーがなくては、始まらない/ナツメヤシの実/悪魔のような果物の王様/カボチャの馬車でなくて、お菓子/ポケットの中のクリ/油で揚げたいくつかのお菓子がある/佐藤キビのジュースにもスパイス/人参だけで作ったデザート/人参汁の絶対的効果/ルジャックという果物スナック/朝から菓子をクエと言われてもなァ/カキ(cachi)って何だろう?/
米料理・鍋料理は、どこでも食べたい
 アランチーニを食べながら/チーズを使った二つの料理は・・・/石焼ビビン・バップ/韓国式海苔巻きは、うまい/ムールの汁かけご飯/原価ゼロの魚の頭のカレー/ガラム・マサラ、すべてがカレー風味
見た目は悪いけど、味は最高
 ウニはパンと一緒に/新鮮な内臓を生で/見た目はグロテスクだが、その味には自信あり/唐辛子を見ただけで舌が潤ってくる/豚の顔が笑っている/この世に、こんなうまいものが!子豚の丸焼き/パンの木って、あるの
思い出深い夕食、旅の醍醐味
 チリ・ドッグは、チリがボタボタと/ブイヤベースの元祖/カラマーリの感慨/パーティー・サンドイッチを一人で食う/ミッパチャンでかなりの酒を呑む/食べてはいけない海亀のサテの味は/バナナの葉に盛られたサテ七〇本を食べつくす/ソムタムは美容食/五月二十六日の噴汗ディナー/船上の食卓/「清蒸海鮮」の思い出
となっていて、出てくる食べ物の多くは、街角・漁港の屋台や場末の店で食べ
る「肉まん」「麺」、「串焼き」、「ソーセージ」、「菓子」、「果物のデザート」等々、基本「ポケットの中の小銭」で買える類いのものである。

続きを読む