はないちもんめ」タグアーカイブ

雪だるまの中の「人魚の腕」の謎を解け ー 有馬美季子「はないちもんめ 冬の人魚」

祖母の「お紋」、母親の「お市」、娘の「お花」の三世代で経営する八丁堀近くの北紺屋町にある、小さな料理屋「はないちもんめ」を舞台に繰り広げられる時代ものミステリーの第3弾。

第一作の「はないちもんめ」が文政五年(1822年)の5月前に始まった物語も、二作目の「はないちもんめ 秋祭り」を経て、文政6年の冬となったのが本作『有馬美季子「はないちもんめ 冬の人魚」』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一話 鮟鱇鍋で熱々に
第二話 雪の日のおぼろ豆腐
第三話 不老長寿の料理
第四話 ほろほろ甘露煮
第五話 元気に軍鶏鍋

となっていて、まずはこの巻の話を全体をリードする、雨矢冬伝という江戸時代の怪奇モノ作家の「雪達磨の中の人魚」という融けかけた雪だるまの中に入っていた「人魚の片腕」に魅せられた男の話の独演会兼食事会からスタート。

続きを読む

着物品評会での毒殺事件は大店の娘誘拐事件へとつながる ー 有馬美季子「はないちもんめ 秋祭り」

三世代で経営する日本橋の居酒屋を経営する「お紋」「お市」「お花」の三人と店の常連の同心・木暮といったキャストで展開される居酒屋捕物帳「はないちもんめ」シリーズの第2弾である。
今話では、奥さんの尻の下に敷かれている上に、はないちもんめの三人にもいいようにからかわれている同心・小暮の下っ引きの大男・忠吾のカミングアウトした姿と、同僚の同心・桂の名前通りの「頭」の秘密がでてくるのでお見逃しなく。

【収録と注目ポイント】

収録は

第一話 秋刀魚飯で〆まんさ
第二話 食べ物柄の着物
第三話 南瓜すいとんの秘密
第四話 団子に枇杷で不思議哉
第五話 けんちん汁でほっこりと

となっていて、今巻は、儲かっている商家の娘が連続して誘拐される事件の謎解き。「序」のところで、誘拐された娘が意識が薄れる中、チクチクと刺す痛みを感じるのだが、これが犯人の歪んだ嗜好に関係しているので、最後のほうまで覚えておきましょう。

続きを読む

居酒屋の三世代経営者が絵師の失踪事件の秘密を解き明かす ー 有馬美季子「はないちもんめ」(祥伝社文庫)

文政時代の日本橋の居酒屋の女将・お園が自慢の料理と少しばかりのおせっかいで、市中の事件の謎を解いていく「縄のれん 福寿」をおくり出した筆者が、今回は祖母、母親、娘の三世代で切り盛りする料理屋「はないちもんめ」を舞台に、江戸の市中の事件を解決していく物語がこの「はないちもんめ」シリーズ。メインキャストとなるのは、この店の三代、祖母の「お紋」、母親「お市」、娘「お花」に、京都で修行をしていた通いの板前の「目三郎」の四人で、これをあわせて「はないちもんめ」という語呂合わせである。そして、お紋、お市はすでに亭主と死別、お花はまだ未婚ということで、それぞれに個性もあるが遠慮はなし、ただし、それぞれに秘密は抱えているという騒がしい女所帯が舞台となっている。

「はないちもんめ」のある場所は「北紺屋町」で八丁堀の同心たちの役宅の近く、現在の八重洲二丁目、京橋三丁目のあたりである。第一巻の時代設定は、文政五年(1822年)となっているので、「縄のれん 福寿」と同じ頃となっている。この時代は、ちょうど寛政の改革と天保の改革の間で、「化政文化」華やかなりし時で、緊縮ムードはほとんどないので、料理や生活も派手になっていた反面、貧しい者はその分悲哀も一層強かったであろう時代ですね。

続きを読む