ビブリア古書堂」タグアーカイブ

古書堂のマニアックな知識を引き継ぐ後継者「扉子」登場 ー 三上 延「ビブリア古書堂の事件手帖〜扉子と不思議な客人たち」(メディアワークス文庫)

シェークスピアの「ファースト・フォリオ」をめぐっての、篠川栞子・智恵子の母娘の因縁を精算する入札バトルから7年後の「ビブリア古書堂」の物語である。
設定的には、栞子・大輔は短い恋愛期間を経て結婚していて、結婚の一年後に娘が生まれ、その「扉子」も六歳になる。栞子・大輔夫婦は、「ビブリア古書堂」の経営をしながら、篠川智恵子の古書ビジネスの手伝いをしている、という形になっている。
本編で、栞子を、自分の相棒として、世界を股にかけた古書ビジネスに引き込みたかった栞子の母・智恵子であったので、大輔というおまけ付きではあるが、まあ、満足のいく展開ということであろうか。

【収録は】

プロローグ
第一話 北原白秋 与田準一編「からたちの花 北原白秋童謡集」(新潮文庫)
第二話 「俺と母さんの思い出の本」
第三話 佐々木丸美「雪の断章」(講談社)
第四章 内田百閒「王様の背中」
エピローグ

となっていて、栞子の母・智恵子のビジネスの手伝いで、上海に出発する大輔が、家のどこかに置きっぱなしにした「青い革のブックカバーをかけた自分の本」を捜す過程で、栞子が扉子に、本編で語られなかったエピソードを語る、といった仕立てである。

そして、その「扉子」なのだが、

黄色いワンピースを着た少女が座卓の前で正座していた。今年六歳になる大輔と栞子の娘だ。眼鏡をかけていないこと、年齢が違うことを除けば、整った顔立ちや長い黒髪は栞子にそっくりだった。

という様子で、末は母親に似て、別嬪さんになるんだろうことが予想されるのだが、

娘は栞子と違って、表情豊かで受け答えもはきはきしている。今は一人暮らしをしている妹の 文香 に似ていた。ただ、誰とでも親しくなる文香と違って、扉子には幼稚園にも近所にもまったく友達がいない

扉子は他の子供たちに関心を示さなかった。どこへ行くにも本を抱えて、うきうきとページをめくっている。周囲の心配をよそに、当人はいたって明るかった。幼稚園で他のお友達と遊んだ方が、と栞子が遠慮がちに勧めても、
「わたし、本が友達だから」
曇りのない笑顔で宣言されて、何も言えなくなってしまう

といったあたりに、「本」フリークで変わり者なところも、祖母・母とつながる遺伝子は健在のようである。

続きを読む

シェークスピアの古書を巡る母娘のバトル勃発 ー 三上 延「ビブリア古書堂の事件手帖 7〜栞子さんと果てない舞台」(メディアワークス文庫)

本の読めない古書店員・五浦大輔と人見知りの激しい「本」オタクの美人古書店主・篠川栞子を主人公にしてきたビブリア古書堂のシリーズもいよいよ、ひと区切り。
とはいっても、この後も外伝的なものは出版されているので、「栞子と智恵子」編が終結というべきかな。

【構成は】

プロローグ
第一章 「歓び以外の思いは」
第二章 「わたしはわたしえはない」
第三章 「覚悟がすべて」
エピローグ

となっていて、今回とりあげられるのは、洋書、しかも17世紀に刊行されたシェークスピアの作品集という大物である。正式には「ファースト・フォリオ」というものであるらしいのだが、その貴重さとか、詳しくは本書内で栞子の語る「うんちく」で確認あれ。
そして、今巻は、栞子の母親・智恵子がまだ若い頃、前作で登場した欲しい古書を手に入れるためには非道な手段をとることも頓着しない、悪辣な古書店主・久我山尚大が、彼女を後継に指名しようとするシーンがプロローグとして挿入。
この後継指名を断ったあたりから、彼女の失踪事件の原因も仕込まれているらしく、このシリーズ自体の発端といえるのでしょうね。

続きを読む

栞子に限らず「古書」愛好家の怖さが伝わってくる ー 三上 延「ビブリア古書堂の事件手帖 6〜栞子さんと巡るさだめ」(メディアワークス文庫)

本の読めない古書店員・五浦大輔と人見知りの激しい「本」オタクの美人古書店主・篠川栞子を主人公にしてきたビブリア古書堂のシリーズなんであるが、二人の仲も接近する一方で、栞子の母・篠川智恵子の干渉も強くなってきて、シリーズも終盤のクライマックスに近づいているようだ。
本巻は、第一巻で栞子を襲った田中敏雄が再登場して、再び太宰の古書をめぐる謎解きが開始されるのだが、大輔の祖母の秘密も含めた、第一巻で残った謎の解決編といった位置関係である。

【構成は】

プロローグ
第一章 「走れメロス」
第二章 「駈込み訴へ」
第三章 「晩年」
エプローグ

となっていて、病院に入院している五浦大輔のもとに、篠川智恵子が訪ねてきて、彼が怪我をするに至るまでの10日間の出来事を聞く、という設定である。
中心として取り上げられる古書は、第一巻の第一作と同じように「太宰治」のもので、さらには第一巻で、栞子を石段から突き落とした、田中敏雄が再登場である。

続きを読む

古書の謎は雨あられと降りかかる中、大輔と栞子の恋は進展するか? ー 三上 延「ビブリア古書堂の事件手帖 5〜栞子さんと繋がりの時」(メディアワークス文庫)

母親・智恵子からの「古書の暗黒面」への誘いを断り、ビブリア古書堂へ残ることを決めた「栞子」に告白をした、五浦大輔であったが、栞子からの回答はなかなかもらえないで落ち着かない状態。
そんな二人の「恋バナ」の方向がやっとはっきりしてくるのが本書なのだが、人見知りがひどく、世間に疎い「栞子」と、ガタイはごついが、意外に優しいヘタレの「大輔」の「恋愛」であるから、まあそうトントン表紙にはいかず、あれこれの事件やイベントを経ないと進んでいかないというRPGもどきの進展である。

【構成は】

プロローグ リチャード・ブローティガン「愛のゆくえ」(新潮文庫)
第一話 「彷徨月刊」(弘隆社・彷徨舎)
断章Ⅰ 小山清「落穂拾ひ・聖アンデルセン」(新潮文庫)
第二話 手塚治虫「ブラック・ジャック」(秋田書店)
断章Ⅱ 小沼丹「黒いハンカチ」(創元推理文庫)
第三話 寺山修司「われに五月を」(作品社)
断章Ⅲ 木津豊太郎「詩集 普通の鶏」(書肆季節社)
エピローグ リチャード・ブローティガン「愛のゆくえ」(新潮文庫)

となっていて、久々の単話仕立て。
途中途中に挟まる「断章」は、大輔と栞子の恋のゆくえについてをリードする挿入話で、断章Ⅰは志田、断章Ⅱは滝野リュウ、断章Ⅲは篠川智恵子の述懐。謎解きと恋バナをつなぐ重要なパーツになっていますね。

続きを読む

栞子さんの母親が、栞子さんを古書の暗黒面へ誘いにくる ー 三上 延「ビブリア古書堂の事件手帖 4〜栞子さんと二つの顔」(メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の店員も板についてきた、本の読めない古書店員・五浦大輔と、本の知識は豊富なのだが、人見知りが激しい、巨乳で楚々とした美人古書店主・篠川栞子のコンビの活躍も数々の事件を解決して、まさに油がのっている状況。
今巻は、シリーズ初の長編で、「江戸川乱歩」の収集家の古書を巡る謎解きである。

【構成は】

プロローグ
第一章 「孤島の鬼」
第二章 「少年探偵団」
第三章 「押絵と旅する男」
エピローグ

となっていて、「江戸川乱歩」と聞いただけで、自らのミステリーの読書経験を熱く思い出す、年配のミステリー・ファンも多いのではなかろうか。
今巻では、第2巻以降、その姿を濃くしてきていた、「栞子」の母親・智恵子がとうとう、リアルに姿を現す。「プロローグ」のところで

影のように黒いコートと同じ色のロングスカートー顔かたちは相応に年を取っているが、遠目にはぞっとするほど栞子さんに似ている。母親というよりは、不吉な分身のようだった。

と描写されていて、このシリーズでの、「智恵子」の役回りがなんとなく想像される出だしである。

続きを読む

「栞子」のまわりには古書がらみの事件が相次ぐ ー 三上 延「ビブリア古書堂の事件手帖 3〜栞子さんと消えない絆」(メディアワークス文庫)

第二巻のあたりから、「栞子」と「文香」の姉妹の母親・智恵子の存在が物語の展開に大きな影響を及ぼしてきているのだが、彼女のことは、古書に関するとてつもない量の知識を優しているとともに、目的のためには手段を選ばないといったところしか明らかになっていない。
本巻は、それぞれの単話の謎解きのほか、その「智恵子」の若い頃のエピソードが、かつての知り合いのもとから集まり始めるというのが特徴の一つなのだが、次巻以降の展開の「幕開け」といった位置関係であろうか。

【構成は】

プロローグ 「王様のみみはロバのみみ」(ポプラ社)Ⅰ
第一話 ロバート・F・ヤング「たんぽぽ娘」(集英社文庫)
第二話 「タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいなの」
第三話 宮沢賢治「春と修羅」(関根書店)
エピローグ 「王様のみみはロバのみみ」(ポプラ社)Ⅱ

続きを読む

栞子と彼女の母の因果な関係が浮上するのだ ー 三上 延「ビブリア古書堂の事件手帖 2〜栞子さんと謎めく日常」(メディアワークス文庫)

前作の最後の方で、食品会社の職がきまりそうであった、五浦大輔なんであるが、案の定というか、シリーズ物のおきまりで、あっさりと面接不合格ということで、ビブリア古書堂のアルバイトに復帰。
第二作は、登場人物も、設定も、ひとまずの落ち着きを見せたところで、新たな謎の始まりである。

【構成は】

プロローグ 坂口三千代「クラクラ日記」(文藝春秋)
第一話 アントニイ・バージェス「時計じかけのオレンジ」(ハヤカワ文庫NV)
第二話 福田定一「名言随筆 サラリーマン」(六月社)
第三話 足塚不二雄「UTOPIA 最後の世界大戦」(鶴書房)
エピローグ 坂口三千代「クラクラ日記」(文藝春秋)Ⅱ

となっていて、プロローグとエピローグの「クラクラ日記」は、栞子の母親が失踪する前に彼女に残していった本なのであるが、本書から、彼女の「母親」の存在が大きな影を落としてきそうな感じでありますね。

続きを読む

美貌の古書店主「栞子」さん登場 ー 三上 延「ビブリア古書堂の事件手帖 1〜栞子さんと奇妙な客人たち」(メディアワークス文庫)

「ビブリア古書堂の事件手帖」は、2013年の1月14日から3月25日のほぼ2ヶ月間だけ剛力彩芽主演でテレビドラマ化されたのだが、原作との「溝」ゆえか高評価を博したとはいえなかったのだが、今回、黒木華さんと野村周平さんの主演で映画化された。
映画の評判は今後に任せるのだが、当方の感覚として、今回の主演の黒木華さんは、TV版より原作の「栞子」のイメージにあうので、記念に原作をレビューしておこう。

【構成は】

プロローグ
第一話 夏目漱石「漱石全集・新書版」(岩波書店)
第二話 小山浩「落穂拾ひ・聖アンデルセン」(新潮文庫)
第三話 ヴィノグラードフ・クジミン「論理学入門」(青木文庫)
第四話 太宰治「晩年」(砂子屋書房)
エピローグ

となっていて、本が読めないビブリア古書店のアルバイト「五浦大輔」、それにビブリア古書堂の店主の妹・文香とか、せどりを商いにしている「志田」たちがでくわす、本がもとの事件の数々を、古書店の美人店主「篠川栞子」が、本に関する知識を披瀝しながら、解き明かしていくミステリーである。

続きを読む