モップガール」タグアーカイブ

「桃子」の特殊能力全開は、なにを引き起こすのか ー 加藤実秋「モップガール3」(小学館文庫)

第一巻で、クリーニングサービス宝島にアルバイトで勤めて、殺人現場や事故現場の清掃によって自分の特殊能力に気付き、第二巻で、その能力が父親から伝えられたものであるとともに、同僚の「大友翔」との子供の頃からの関係や父親の死の真相を突き止めることのできた「桃子」だったのだが、父親の封印がとけ、「難聴」が現れていなくても。触れるだけでその場所で起きた出来事がわかる能力が完全開放される。
父親を殺した男から、その能力を「バケモノ」よばわりをされた桃子が、その能力とどう向き合って、どう使っていこうとするのかが描かれるのが今巻き。桃子も翔も「エイトコーポレーション」が正社員となり、「特殊清掃+素敵なサムシング」ビジネスが順調にいくのか、と思わせておいて、桃子の能力が突然失われたり、と二転三転しながら進んでいくのある。

続きを読む

桃子の「不思議な現象」の秘密の影には父親の事故死が・・ ー 加藤実秋「モップガール2」(小学館文庫)

前巻で、主人公の桃子がちょっと気になっている、同僚でイケメンの「翔」の父親に関する事件が解決したのだが、その当人が会社を去って、代わりに中国人研修生の「王」さんが「クリーニングサービス宝船」に入社して、今巻が始まる。
今回、桃子におきる現象は、掌をもぞもぞしたり、遠吠えや尻尾振りのような犬が憑いたような現象だとか、前巻よりパワーアップした怪しげなものになっているのが特徴である。

続きを読む

特殊清掃の掃除会社に、霊感的特殊能力の女の子が就職すると・・ ー 加藤実秋「モップガール」(小学館文庫)

フリーターで、時代劇フリークの長谷川桃子は、何かの才能とか隠れた能力を見つけるため、いろんな種類のバイトや職業にチャレンジしているのだが、今回就職したのは、東京都内の掃除会社なのだが、その会社、通常のビルやオフィスの清掃のほか、事件現場の掃除も扱う会社であった。
面接に行って即採用となった、桃子は早速、三角関係のもつれから女性が刺されるという
事件の起きたアパートの部屋の清掃につれていかれ・・・、てな感じで始まる、とても変わった「お掃除サスペンス」である。

【収録と注目ポイント】

収録は

「おわりの町」
「赤い衝撃」
「ファンハウス」
「ブラッシュボーイ」

となっていて、メインキャストの「桃子」は心因性の難聴を患っていて、突然、左耳が聞こえなくなるという持病があるのだが、その持病の発症中に、「念」の残された事件現場の清掃にいくと、体に変調をきたしてしまう。だが、その「変調」は、その部屋や場所でおきた「事件」の謎を解く道標にもなっていて・・・、といった感じで話が展開していく。

続きを読む