三好昌子」タグアーカイブ

京の戯作者と美人絵師の恋模様は、彼の過去に復讐されるのか ー 三好昌子「京の絵双紙屋 満天堂 空蝉の夢」(宝島社文庫)

代々、男の子は生まれず、しかも娘は26歳になると突然死する「祟りつき」の家である京都の口入業「縁見屋」の跡継ぎの一人娘・お輪を主人公にした前作「京の縁結び・縁見屋の娘」に続く「京」シリーズの二つ目である。

今巻は「縁見屋」とはちょっと離れて、絵双紙屋・満天堂書林を舞台に、忌まわしい過去を隠し、本名を捨てて、京に暮らす駆け出し戯作者・月乃夜行馬、料亭・若狭屋の娘ながら、これまた秘密を抱えている美人絵師・刈谷冬芽をメインキャストにした物語で、最初は、錦絵づくりを巡っての行馬と冬芽の出会いといった男女の恋愛ものっぽいスタートなのだが、行馬が津山藩にいた当時の仲間が斬殺されはじめるところからにわかにきな臭い展開になってくる。

 

【構成と注目ポイント】

構成は

其の一 幽霊図の事
其の二 満天堂の夢
其の三 冬芽の夢
其の四 八重の夢
其の五 若狭屋の夢
其の六 辰蔵の夢
其の七 嵐山の夢
其の八 般若刀の事
其の九 春次の事
其の十 秘めケ淵の事
其の十一 横田源之丞の事
其の十二 おぶんの事
其の十三 岸田松庵の事
其の十四 紅屋の隠居の事
其の十五 津鷹惣吾郎の事
其の十六 泣き般若の事
其の十七 空蝉の事

となっていて、時代的には、明和七年あたりが設定されている。明和という時代は。宝暦と安永の間で、時の公方様は十代の徳川家治。この人は趣味三昧に生きた将軍であるとともの、田沼意次を登用した人で、あまり誉めた話を聞かないのだが、明和二年に錦絵が誕生したり、明和九年には江戸で明和の大火があったり、と文化爛熟の気配がありつつも災害の多い年代といった感じであろうか。

続きを読む