佐藤可士和」タグアーカイブ

”デザイン思考”の大御所が語る佐藤可士和「世界が変わる「視点」の見つけ方 」

佐藤可士和さんといえばビジネス現場で「デザイン」というものが語られるようになった、その大元締めというか元祖的なイメージが当方にはある。

その佐藤可士和氏の「デザイン論」を語った第一章と第三章の間に、慶応大学で氏が「未踏領域のデザイン戦略」というテーマで講義と実習を行ったときの記録を挟めた、デザイン思考お理論と教育を語るといった感じに仕上げられているのが本書『佐藤可士和「世界が変わる「視点」の見つけ方 (集英社新書)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

巻頭言 デザインの可能性について
第一章 「デザイン」を広義に解き放つ
第二章 「未踏領域」をデザインするー慶應SFCでの実践記録ー
 1 授業の組み立て
 2 学生たちのプレゼン事例
 3 学生たちの感想
 4 Q&A
 5 対談 佐藤可士和×オオニシタクヤ
第三章 「視点」をつかむためのヒント

となっているのだが、今回は、第一章と第三章を中心にレビュー。
当方が、まず注目したのは

アウトプットがグラフィツクでも、プロダクトでも、あるいは空間でも、僕の場合、常に核に置いているのは「コミュニケーション」です。
いい換えれば、僕のデザイナーとしての専門領域は「コミュニケーションのデザイン」であり、そのコミュニケーシヨンを最大化するメディアとして、グラフィツクや空間がある、という思考プロセスになります

というところで、「デザイン」というとどうしても「ビジュアル」なアート的なものを思い浮かべるのだが、佐藤可士和氏の「デザイン」とはそれとは違って、よりビジネス活動や日常生活の活動に近いところにあるようである。

続きを読む