出雲のあやかしホテル」タグアーカイブ

「椿木家」の次期当主が、「見初」の力を呼び覚ます ー 硝子谷玻璃「出雲のあやかしホテルに就職します 5」(双葉文庫)

「出雲のあやかしホテル」シリーズも5巻目となったのだが、今巻は、4巻目の最後で、冬緒の実家の一族である「椿木」家の次期当主が、配下の式神を引き連れて、出雲空港に降り立ったことを引き継いで、なにやら不穏なスタートである。
さらに、プロローグで、記憶を失ったらしい母親と、彼女の娘らしい存在のやりとりがなにやら「昏い」始まりで、少々、陰鬱な出だしである。

【収録は】

第一話 藍の花は枯れることなく
第二話 赤と白
第三話 青いあかりは儚く煌めいて
第四話 時は止まることなく進み続ける
番外編 テレビで学ぶストーカー撃退法

となっていて、前半は、四華の有力一族・椿木家の次期当主は、出雲にやってきた理由と、椿木家の過去のスキャンダルっぽい事件に関する話。後半の二話は、月世界の住人が出雲にやってきたり、出雲の「神在月」の話であるのだが、底のところに、「見初」の四季神としての「力」が見え隠れしていますな。

続きを読む

ホテル櫻葉に新しい「ハウスキーパー」が誕生いたします ー 硝子谷玻璃「出雲のあやかしホテルに就職します 4」(双葉文庫)

今巻以降の注目点は、

触れるだけで妖怪や幽霊、神様の力、感情までも操ってしまう。そんな能力を有していた陰陽師の一族、四季神家。見初はその四季神の血を引いているだけでなく、不完全ながらもその『触覚』の能力を使うことができる。
しかも、現在の四季神家の中で、その力を使えるのは見初ただ一人。

と前巻で明らかになった「見初」の能力がどういう波紋を巻き起こすか、というところであろう。前巻では、すでに失われていた「能力」ということであるので、これがどういう具合に展開されていくかは楽しみですな。

【収録は】

プロローグ
第一話 蓮沼家の人々
第二話 一輪の華と二人の男
第三話 深き山の中で山神が一人
第四話 狸の嫁入り
エピローグ

となっていて、今巻では、「見初」力の披瀝は、今巻ではちょっと少なめ。
最終話でこの力の威力が垣間見えるのだが、小さな女の子の山の神・柚枝の力を暴走させる方向え発揮されているので、手当たり次第にマシンガンを連射している状態で、危なくて仕方がない状況である。
そして、プロローグで永遠子が熱中症にかかる話の滑り出しに使われる程度に、そんなに大きな意味はありませんので念の為。

続きを読む

定番の「不思議話」の後で、”見初”の隠された秘密が出現する ー 硝子谷玻璃「出雲のあやかしホテルに就職します 3」(双葉文庫)

「出雲のあやかしホテル」シリーズも3巻となって、主人公の「見初」を始め、それぞれのキャラの持ち味や立ち位置も定まってきたところ。
登場人物たちも、物語の設定さえつくっておけば、勝手に動き始める時期なのであるが、次の展開への種を仕込んでおかないと、シリーズそのものがしぼんでいく可能性を持ち始めるときでもある。その意味で、今巻は、なじみの不思議話のほかに、陰陽師の一族の過去の争いを連想させるエピソードも登場させながら、次巻以降の新しい展開につなげるつくりである。

【収録は】

第一話 桜情景
第二話 太陽と月
第三話 人魚の血
第四話 ひととせ様と見初

となっていて、メインは、永遠子と祖母の思い出や天樹の生家にまつわる話など、登場人物の姿を深掘りしていく始めの二話に、八百比丘尼を連想させる「人魚伝説」をモチーフにした第三話といったメニューとなっているのだが、おさえておかないといけないのは、「見初」の能力の秘密が明らかになる第四話である。
今まで、少々行き過ぎではあっても、陰陽師の社会は平穏さが保たれてきているような印象であったのだが、どうやら冬緒の属する「椿木家」を中心にきな臭いものが漂っているようで、次巻以降に備えて、そのあたりをおさらいしておいたほうがいいかもしれんですね。

続きを読む

「見初」の周りの不思議の出来事はさらにパワーアップするのだった ー 硝子谷玻璃「出雲のあやかしホテルに就職します 2」(双葉文庫)

ベルガールとして就職した、妖怪や神様といった「怪しいもの」が見える娘「時町見初(ときまちみそめ)」が就職した島根県の出雲にある、人と人外が混合のホテル「ホテル櫻葉」でおきる、「不思議」と「大騒動」のお話を綴った「出雲のあやかしホテルに就職します」シリーズの第2弾である。

【収録は】

第一話 黄昏の夢にて
第二話 神様のために
第三話 温かさに焦がれて
第四話 恋と愛のカクテル

となっていて、就職後6ヶ月経過し、時は10月。出雲は「神在月」ということで、日本各地から、神様がやってくる時期を迎え、「見初」周辺の騒動も、ますますパワーが増加するばかりなのが、今巻である。

続きを読む

「妖かし」のお客の多いホテルの「不思議物語」の始まり ー 硝子谷玻璃「出雲のあやかしホテルに就職します」(双葉文庫)

縁結びや国引き神話で有名な「出雲」の地に、老舗で、キレイで、ご飯が美味しいホテルがある。その名も「ホテル櫻葉」というのだが、そこは、ある噂があるため、お客はまばらで閑散としているのだが、総じてみると、かなり泊り客は多いという不思議なホテルである。

そんなホテルを舞台にした、「不思議」の物語が『「出雲のあやかしホテルに就職します」(双葉文庫)』である。

【収録は】

第一話 霊感娘と就職
第二話 ホテル櫻葉
第三話 冬緒と白陽
第四話 比良と桃山

となっていて、シリーズの最初の巻とあって、まずは、シリーズの主人公である「時町見初(ときまちみそめ)」という就活中の女の子の登場から始まって、彼女がホテル櫻葉への就職、そして就職後の「不思議」の始まり、というところである。
今巻は、最初と会って、「不思議」の話もホテルの他の従業員にまつわる話が多いですな。

主な登場人物は、ホテルの経営者の櫻葉永遠子(さくらばとわこ)、総支配人の柳村雪津、ベルボーイの椿木冬緒、料理長の桃山久、バーテンダーの十塚天樹・海帆といったところで、実はこのメンバーそれぞれがワケありなのであるが、まあ、そこは物語の進展にあわせて明らかになっていくので、アセリは禁物である。

続きを読む