岡崎琢磨」タグアーカイブ

アオヤマくんの「初恋」の結末は”鴛鴦茶”のごとく複雑な味わい ー 岡崎琢磨「珈琲店タレーランの事件簿5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように」(宝島社)

第4巻は短編仕立てであったのだが、第5巻は従前に戻って長編仕立てと、京都風味が復活している。
ただ、今までの巻と違うのは、今の巻のメインキャストは「アオヤマ」くんで、しかも、美星バリスタへの恋模様ではなくて、彼の中学生時代の年上の女性への初恋から始まり、現在での再会というストーリーで、いつも妙な推理をして美星に叱られている彼らしくなく、リリカルな仕立てになっている。

【構成と注目ポイント】

構成は

プロローグ 大きな川の流れる風景
第一章 少女のショートカットはなぜ魅力的だったのか
第二章 猿が辻にて濡れる袖
第三章 ワールド・コーヒー・ツアーズ・エンド
第四章 コーヒードール・レゾン・デートル
第五章 大長編は幕切れの地へ
第六章 嵐に夜に浮かぶ舟
エピローグ この鴛鴦茶がおいしきなりますように

特別収録:このアップルパイはおいしくないね

となっていて、本編は、まず、プロローグで、アオヤマくんが、年上の初恋の人・眞子さんに出会うところからスタート。ここのところで、彼が何故、理想のコーヒーを探すようになったのか、その理由が明らかになる。もっとも、ご想像のとおり、彼女の気を惹くためという邪心ゆえなんでありますがね。

筋立てのほうは、まず第一章で、アオヤマくんが眞子さんとの再会に続いて、中学生時代、学校に馴染めずに孤立していた時に、彼女の機転によって救われるエピソードが示される。このエピソードが、傘の取り換えであるのが第一話のタレーランでの逸話へと続く、といった雰囲気を漂わせていますね。

続きを読む

美星バリスタの周辺の謎のアラカルトをどうぞ ー 岡崎琢磨「珈琲店タレーランの事件簿4 ブレイクは五種類のフレーバーで」(宝島社)

京都の純喫茶「珈琲店タレーラン」を舞台にして、童顔ながら美人のバリスタ「切間美星」が、お客さんが悩む様々な事件を解決する、珈琲店ミステリーの第4弾である。
第一巻から第三巻までは、単話仕立ての感じを出しつつも、基本的には長編構成であったのだが、第四巻は、短編集の仕立てになっていて、美星バリスタの推理は共通するものの、様々な語り手による物語が語られる、アラカルト、といった仕立てである。

【収録と注目ポイント】

収録は

「午後三時までの退屈な風景」
「パリエッタの恋」
「消えたプレゼント・ダーツ」
「可視化するアール・ブリュット」
「純喫茶タレーランの庭で」
「リリース/リリーフ」

の六話。

まず「午後三時までの退屈な風景」は、喫茶タレーランの家猫である「シャルル」の目撃した事件。金持ちらしい男性とみすぼらしいみなりをした女性のカップルと男の子と母親の二組の客の話なのだが、母親が小さな男の子が飲みたいというコーヒーを甘くするために砂糖を大量に使い、さらに隣のテーブルのシュガーポットと交換した理由や、男性がカバンの中身を取っ散らかして、指輪のケースを転がしてしまった時に女性が取った行動の陰に、なんとも欲にまみれた行動を美星バリスタが明らかにするもの

続きを読む

美星が、バリスタ・コンペで起きる「混入事件」をすっぱりと推理する ー 岡崎琢磨「珈琲店タレーランの事件簿3 心を乱すブレンドは」(宝島社)

京都の小さな小路にある純喫茶を舞台にして、珈琲にちなんだ事件を解決していく「珈琲店タレーラン」シリーズの第3弾。
第一巻では、アオヤマの助けを借りながら、彼女の優しい行動が仇となって起きた事件のトラウマから脱し、第二巻では、妹・美空が巻き込まれた事件を解決することによって、父親の事故の思い出の残る過去を克服して、ますます推理に冴えが増してきた、美星バリスタが、今巻では、全日本コーヒー協会が定めた「コーヒーの日」にあわせ開かれる「第五回関西バリスタコンペティション」でおきる事件の解決に乗り出すのが、今巻のストーリー。

【構成と注目ポイント】

構成は

プロローグ
第一章 大会へ
第二章 前夜
第三章 一日目
第四章 二日目
第五章 三日目・真相
第六章 後日
エピローグ

となっていて、まずは、タレーランで、シュガーポットの中が塩にすり替えられていた、美星の昔からの知り合いのお客から苦情を言われる出来事からスタート。ただ、ここの場面では、この出来事の謎解きに展開することもなく、「第五回関西バリスタコンペティション」に美星バリスタが「出場する」という方向に進んでしまうので、当然スルーしてしまうのだが、実は最後の謎解きのところで大きな意味をもってくるので、ここは記憶にとどめておいてくださいな。

続きを読む

美星バリスタの妹・美空が「賑やか」に登場。二人の父親の謎もまた。 ー 岡崎琢磨「珈琲店タレーランの事件簿2 彼女はカフェオレの夢を見る」(宝島社)

純喫茶・タレーランを舞台にしたミステリーの第二弾。第一巻目で、過去の怖い思いでの影響を振り払った「美星」バリスタの推理はますます冴えてきて、さらには、犯人に立ち向かう「大胆さ」も発揮されてくるという成長ぶりが見られる第二巻である。

一方で、第一巻では美星の「ワザ」を盗もうとするいう「ワル」なところを見せていた「アオヤマ」くんはすっかり毒気を失ってしまって、美星にぞっこん、という役回りになってきた。
今巻は、そんな二人の間に、美空という賑やかな妹が乱入してきて、動きの早い展開となっている。

【構成と注目ポイント】

構成は

プロローグ 彼女の夢
第一章 拝啓 未来様
第二章 狐の化かんす
第三章 乳白色のハートを壊す
第四章 珈琲探偵レイラの事件簿
第五章 (She Wanted To Be)WANTED
第六章 the Sky Occluded in the Sun
第七章 星空の下で命を繋ぐ
エピローグ 彼女はカフェオレの夢を見る

となっていて、単話仕立ての味も持ちながら、全体としては美星の妹・美空の京都滞在中の出来事が主筋となっている。

続きを読む

コーヒーミルを挽きながら謎を解く「童顔美人バリスタ」登場 ー 岡崎琢磨「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたならあなたの淹れた珈琲を」(宝島社)

食べ物屋を舞台にしたミステリーというと、最近では、「尾道茶寮」や「スープ屋しずく」のシリーズなどがあるのだが、その始まりは、2012年頃からスタートした本シリーズであろう。

舞台は、京都の珈琲店、といっても歴史を誇る「老舗」ではなく、代々土地持ちの家を継いだ女性が趣味と実益を兼ねた比較的歴史の浅い店。そして、メインキャストは奥さんが始めた店を引き継いでいる「若い女子」好きの老店主と、店のバリスタを称する、「切間美星」という20代半ばの女性で、彼女が探偵役。そして、物語のワトソン役の語り手は、究極の珈琲を探している「僕」こと「アオヤマ」という美星より少し若い男性という、見方によって、かなり頼りのないキャストで繰り広げる、街場のミステリーである。

 

【構成と注目ポイント】

構成は
第一章 事件は二度目の来店で
第二章 ビタースウィート・ブラック
第三章 乳白色にハートを秘める
第四章 盤上チェイス
第五章 past. present. f・・・・?
第六章 Animals in the closed room
第七章 また会えたならあなたの淹れた珈琲を

となっているのだが、長編仕立てではなく、各章がそれぞれに独立した話となっていて、それが組み合わさって、最後の話に繋がっていくという構成である。

続きを読む