日雇い浪人生活録」タグアーカイブ

裏切り者をおびきだせ。獅子身中の虫の狙いは何? ー 上田秀人「金の記憶 日雇い浪人生活録7」(時代小説文庫)

前巻で表舞台に登場した「分銅屋」であったが、己と田沼意次との関係を外へ漏らしている「内通者」探しとその黒幕の意図を探るのが本巻の主なところ。

もう一つは、分銅屋を狙った盗賊たちと対決する村越伊勢こと売れっ子芸者の加壽美の勇姿で、なんとも美しい武闘派姿が楽しめます。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 日々の糧
第二章 浪々の記憶
第三章 出世の代償
第四章 身中の虫
第五章 乱麻の始まり

となっていて、田沼意次の御用商人として表にでた分銅屋なのだが、表に出て儲かっている様子が明らかになると、たくさんの盗人もよってくるようで、まずは、左馬之助の昔の知り合いの浪人・津川が接触してくるのが、今巻の戦闘シーンの始まり。

続きを読む

元同心と目付けは密かに罠をはる一方で、分銅屋は表舞台に登場 ー 上田秀人「金の裏表 日雇い浪人生活録6」(時代小説文庫)

今までは田沼意次との関係を秘密にしていた、分銅屋がとうとう表に出始めるのが本巻。そのせいか、分銅屋の前に現れてきそうな敵の姿も札差だけでなく、権威と結びついていそうな商人や、いきずりの盗賊やら、いろんなのを引き寄せるようになってくる。

おそらく、江戸の商家のうちで、一番、盗賊に狙われたり、浪人に襲撃される回数の多い店になっているはずで、おそらくは両替とか金貸しとか、分銅屋の商売に差し支えが出てるんではないでしょうか。

あと、左馬之助の恋模様なのだが、治療中に世話をしてくれたお礼に、お喜代に櫛をプレゼントしようとするのだが、クールビューテーィー忍者の村垣伊勢こと芸者の加壽美も絡んできて、恋愛ものとしても展開が気になる本巻であります。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 追放の日
第二章 執念の影
第三章 血統の力
第四章 用心棒の覚悟
第五章 齟齬の始まり

となっていて、加賀屋の襲撃で怪我をした左馬之助の傷が癒える一方で、分銅屋と左馬之助を執拗に追っていた佐藤猪之助がとうとう同心の役を解かれて、奉行所から追放される、というところからスタート。

続きを読む

札差・加賀屋の猛攻が分銅屋を襲う。左馬之助はどうしのぐ? ー 上田秀人「金の邀撃 日雇い浪人生活録5」(時代小説文庫)

今まで分銅屋にちょっかいを出しても全て失敗してきた加賀屋が、目付けの後ろ盾を得て、本格的に「分銅屋潰し」を行った顛末が描かれるのが本巻。

目付けの牽制で、町奉行所は加賀屋の動きを「見てみぬふり」を決め込む環境のもとで万全の体制で仕掛けを始めるのだが、そういう「政治」の世界とは別物の力と力がぶつかる、バトルシーンがひさびさに用意されています、

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 襲撃の前
第二章 一夜の策
第三章 それぞれの戦
第四章 最後の手立て
第五章 目付けの独立

となっていて、まず第一波は、出入りのならず者の頭・久吉に命じて、ならず者6人を集めての襲撃である。このへんは、「本格的」といいながら、金をケチる加賀屋らしいところで、襲撃の主体は縄張りを奪われた無頼の残党ばかりで、彼らに御庭番が守るところを襲撃させるのは、ちょっと任が重すぎるというものだよね。

続きを読む

目付けの狙いは分銅屋。左馬之助には仕官の罠が・・ ー 上田秀人「金の権能 日雇い浪人生活録4」(時代小説文庫)

田沼意次とともに「米から金」の世界をつくろうとする分銅屋とその用心棒・諫山左馬之助が、反対勢力の札差や目付けたちとがっぷり四つで対決する時代物「日雇い浪人生活録」の第4弾。

度重なる攻撃や買収工作を防いでいる左馬之助ではあるのだが、戦線は拡大する一方となっていくのが本巻である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 監察の思惑
第二章 建前と本音
第三章 動く闇
第四章 対権対金
第五章 反撃の緒

となっていて、前巻で旗本・田野里の家臣殺害を田沼意次がごにょごにょにしてしまったのだが、目付けの目がごまかせるはずもなく、目付けが差し向ける「徒目付」が本格捜査を開始する。かれらの前任の三人の徒目付は御庭番によって倒されているのだから、幕府内の内輪もめの気配があるのだが、上田秀人的時代ものでは、幕府内の部署ごとの対立はお家芸でありますね。

続きを読む

札差の刺客の剣を、左馬之助、鉄扇で防げ ー 上田秀人「金の策謀 日雇い浪人生活録3」(時代小説文庫)

「米から金へ」という大政策がどうなるかもあるのだが、江戸の有力者である「札差」と武士が恐れる「目付け」を敵方に回してしまった両替商・分銅屋と、その用心棒・諫山左馬之助が、彼らの攻撃をどう防戦するか、がひとまず主流となっている「日雇い浪人生活録シリーズ」なのだが、第3弾の「金の策謀」は今まで左馬之助を金で誘惑したり、勘定吟味役を使ったり、と「柔」の戦術を中心に攻めてきた加賀屋が、とうとう「剛」の手段に打って出るのが本巻。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 それぞれの策
第二章 恩と奉公
第三章 伸びる手
第四章 叶わぬ夢
第五章 返された手

となっていて、まずは加賀屋から金を借りている旗本・田野本の家臣・井田とのバトルシーンが最初の山場。この侍、一応剣術の心得はあるようなのだが、「剣豪」とか「使い手」といったものではない。しかし、この程度でも苦戦してしまうのが、左馬之助の「戦闘レベル」のまだまだ低いところなんであるが、この戦闘で「人を倒す」ということの陰惨さを体験したことで、次の段階にレベルアップすることになりますね。

続きを読む

札差と目付けの攻撃が左馬之助たちに忍び寄る ー 上田秀人「金の諍い 日雇い浪人生活録2」(時代小説文庫)

徳川吉宗から徳川家重へ時代が移行する時代、吉宗から「幕政を米から金に変えよ」という遺命を受けた田沼意次を軸にした「金」主導派と「米」主導派の対決を底流に、田沼の町方の主戦力として働く両替商・分銅屋仁左衛門の用心棒として雇われた二代続いての浪人者・諫山左馬之介の悪戦苦闘を描いた「日雇い浪人生活録」シリーズの第2弾が本巻。
札差・加賀屋、目付けたちとの戦いの幕開け、といったところである。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 争う商人
第二章 策の交差
第三章 新たな闇
第四章 地下の戦い
第五章 裏のやりとり

となっていて、「札差との闘争」篇は第二巻で、分銅屋の隣家からでてきた旗本への金の貸付帳を渡せとの要請を断られた札差・加賀屋が、怒り狂って分銅屋への仕返しを企み始めるところからスタート。

続きを読む

貸し倒れの帳面をきっかけに「田沼」の企みが動き始める ー 上田秀人「金の価値 日雇い浪人生活録 1」(時代小説文庫)

上田秀人さんの時代小説は「お武家もの」、それも江戸幕府のちょっとひねった役職についた若者、というのが主人公であることが多いのだが、今回はそれとはがらっと変わって「浪人」が主人公。しかも、活躍する舞台は、江戸城中とかの武士たちの世界ではなく、「江戸市中」ということで、ああ、これはいわゆる「人情時代物」の一種かな、と思わせるのだが、そうではない。江戸市中と商人たちの間の話ではあるのだが、「刀」を「米」と「金」にもちかえた、例えば今、継続中の「百万石の留守居役」シリーズや、「聡四郎巡検譚」シリーズと似た味わいの時代小説である。

時代は、吉宗が没する寛延の終わりから宝暦のあたりで、「聡四郎」シリーズでは幕政改革を行おうと、大奥やら幕閣たちの争っている姿が、とても元気がよく、先進性にあふれていた「徳川吉宗」だったのだが、このシリーズでは、自らの死期も近く、さらには自分が進めてきた政策がうまくいかなかったという後悔もあって元気のないのが印象的である。ただ、死ぬ前の最後っ屁のような「米から金へ」という指示が、このシリーズの札差、両替商といった豪商たちの争うの発端になるのだから、やはり、最後まで、人騒がせな”将軍様”であったのは間違いない。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 その火ぐらし
第二章 米と金
第三章 商家と武家
第四章 難題追加
第五章 継がれたもの

となっていて、まずは、死が近い大御所・吉宗が、後の老中・田沼意次に「幕府を米依存から脱却させろ」という命令を下すところからスタート。この時、意次は「小姓番頭兼御用取次見習い」という長ったらしい役職で、まだまだ「軽輩」の身分である。ところが、この吉宗の命令を果たすために、これからトントンと出世して幕政を動かしていくことになるらしいので、悪名高い「賄賂政治」の原因は「徳川吉宗?」ということになり、(現存しているかどうかは不明だが)「暴れん坊将軍」ファンにとってはがっかりする設定かもしれませんね。

話のほうは、浅草門前町にある両替屋・分銅屋が店の拡張のために購入した隣の商家の片付けに、諫山左馬之介という浪人者が雇われるのだが、彼が隣家から、金を貸した先を記した帳面を発見するところが本編の始まり。その帳面には、あちこちの武家に多額の金を貸し付けていることが記録されているのだが、返済がほとんどされていないことが記されていて、その隣家のもとの持ち主が夜逃げしてしまったのも無理ないな、と思わせるものであった。ところが、その帳面を依頼主の分銅屋に渡し、仕事を終えて一杯引っ掛けて帰宅する途中、どこの誰ともしれぬ男が寄ってきて、その隣家で見つけたものを教えてくれれば一両出す、さらにはその金を受け取って江戸を出ろ、と脅しをかけてくるのだが・・・、といった展開。

一度は撃退したものの、左馬之介は引き続き男につきまとわれる上に、彼の長屋に忍び込んでくる忍者のような女も出現して、と発展していくのだが、たかが一軒の夜逃げした商家に遺された帳面に何が隠されいるのか、といったのが今巻の前半部の筋立てですね。

その後、この左馬之介に起きた出来事や隣家の残されていた帳面に、商売ネタの臭いをかぎつけた分銅屋は、左馬之助を日雇いから月極めに雇って用心棒がわりに使うようになるのだが、その二人の前に現れたのは、御庭番を連れた田沼意次。彼は二人に、自分の味方するよう要求してくるのだが、彼の狙いは果たして・・・、さらに武家の禄米を預かる札差たちの影もちらついてきて・・、といった感じで話が動いていきますね。

【レビュアーから一言】

面白いのは、たいがいこういうシリーズにでてくる武士、特に「田沼意次」のように世間から「悪人扱い」される人物は、主君から何かを命じられると待ってました、とばかりに策謀が次々と出てきたり、出世のチャンスと張り切るのが通例なのだが、このシリーズの意次は、吉宗か『幕府を米依存から脱却させて「金」主導にしろ』と命じられても、「さて、どうしたらいいんだ」と悩んで途方にくれたり、将軍・家重に「お役目返上」をお願いしたりするところであろう。

主人公が「浪人」ということで、幕府のエライ方も少々変わった風情で、上田秀人流「江戸時代もの」の新基軸が楽しみなシリーズの滑り出しであります。

日雇い浪人生活録(一) 金の価値 (ハルキ文庫)
上田秀人
角川春樹事務所
売り上げランキング: 33,446

【関連記事】

札差と目付けの攻撃が左馬之助たちに忍び寄る ー 上田秀人「金の諍い 日雇い浪人生活録2」(時代小説文庫)

札差の刺客の剣を、左馬之助、鉄扇で防げ ー 上田秀人「金の策謀 日雇い浪人生活録3」(時代小説文庫)

目付けの狙いは分銅屋。左馬之助には仕官の罠が・・ ー 上田秀人「金の権能 日雇い浪人生活録4」(時代小説文庫)

札差・加賀屋の猛攻が分銅屋を襲う。左馬之助はどうしのぐ? ー 上田秀人「金の邀撃 日雇い浪人生活録5」(時代小説文庫)

元同心と目付けは密かに罠をはる一方で、分銅屋は表舞台に登場 ー 上田秀人「金の裏表 日雇い浪人生活録6」(時代小説文庫)

【スポンサードリンク】

金の諍い―日雇い浪人生活録〈2〉 (時代小説文庫)

日雇い浪人生活録(三) 金の策謀 (時代小説文庫)

金の権能―日雇い浪人生活録〈4〉 (時代小説文庫)

日雇い浪人生活録(五) 金の邀撃 (時代小説文庫)

日雇い浪人生活録(六) 金の裏表 (時代小説文庫)

日雇い浪人生活録(七) 金の記憶 (ハルキ文庫 う 9-7 時代小説文庫 日雇い浪人生活録 7)