本田直之」タグアーカイブ

今こそ「個人ブランディング」を根っこから学び直してみよう ー 本田直之「パーソナル・マーケティング」(ディスカヴァー)

ひところ、個人の「ブランディング」ということは大流行して、自分をどう「売り込む」か、「どこに宣伝するか」といったことが、多くの人にとって「最重要課題」であった頃があって、「ブランディング」を売りにそてタレント的な活動をする人たちを多数デビューさせたり、SNSを流行らせたり、といった現象は記憶に新しいところであろう。

その「ブランディング」の大旋風の素の一つともなったのが、2009年に初刷がでた本書でもあったのだが、熱に浮かされたような「ブランディング」ブームも落ち着いた現在でも、変世の中の変化のスピードの速さは変わるところはなく、個人の「ブランディング」、本書でいう「パーソナル・マーケティング」のノウハウを押さえておくことの重要性は変わっていないと思う。

ただ、その「押さえ方」は、流行にのっかって出ていた数多い「類書」ではなく、「原液」のところを掴んでおくべきなのは言うまでもなく、本書『本田直之「パーソナル・マーケティング」(ディスカヴァー)』は、絶好の「原液」的なものといっていい。

【構成と注目ポイント】

構成は

パーソナル・マーケティングの基本戦略
 法則01 パーソナル・マーケティングがうまくいっている人の共通点
 法則02 パーソナル・マーケティングがうまくいっていない人の共通点
 法則03 パーソナル・マーケティングのポイント
 法則04 パーソナル・マーケティングのフレームワーク
自分の「強み」を洗い直す
 法則05 会社のブランドの頼らない
 法則06 キャリアアップよりもプロフィールアップを目指す
 法則07 プロフィールにストーリー性を持たせる
 法則08 将来の成功イメージから逆算する
 法則09 自分にタグを貼る
 法則10 アンチタグリストをつくる
 法則11 人に話を聞いてもらう
 法則12 転職エージェントに登録する
 法則13 モデルを決め、その人と自分を比較する
 法則14 「人に教えられること」を持っている
 法則15 「強み」は掛け算である
ターゲットを明確にする
 法則16 「誰の役に立つか?」を徹底的に考える
 法則17 うまくやっている人のやり方を分析する
 法則18 「相手はあなたに何を求めているか?」を考える
 法則19 時代のニーズを読み取る
 法則20 まず、狭いマーケットで一番になる
断片的な経験や能力を体系化する
 法則21 成功経験をリストアップする
 法則22 「たまたま」の成功を「何回でもできる」スキルに変える
 法則23 ニーズとマッチさせて「切り口」をつくる
 法則24 ロジカルにまとめる練習をする
他人との差別化をはかる
 法則25 「自分ならでは」の独自性をつくる
 法則26 キャリアをミックスさせる
 法則28 自分のキャッチフレーズをつくる
個人のプロモーション戦略を考える
 法則29 セルフメディアを持つ
 法則30 自分の名前を検索してみる
 法則31 独自の言い回しでクチコミをつくる
 法則32 マスメディアと上手に付き合う
 法則33 メディアキットをつくる
 法則34 本を出版する
個人ブランドをマネジメントする
 法則35 長期ブランディングを目指す
 法則37 ブランド接点をデザインする
 法則38 外見だけ立派にしようとしない
 法則39 状況に合わせてリブランディングする

となっていて、今回は目次を、かなり詳細目にレビューしたので、おおよその骨格はこれだけでも推測がつくところはあるのだが、できれば気になったところを原書を確認しておいたほうがよいのは、「原液」的な書籍を読む場合の「鉄則」であろう。

続きを読む