永井孝尚」タグアーカイブ

「プライシング(値付け)」の秘訣を “行動経済学目線” で解き明かす ー 永井孝尚「なんで、その価格で売れちゃうの?」(PHP新書)

ビジネスの現場で常に話題にのぼるのが、「値下げしたのに、なぜ売れないの」とか「ライバル社の商品はうちより高いのになぜ売れるの」といった「価格」と「売り上げ」に関することであろう。

そんなビジネスマンの悩みに対して、「100円のコーラ」シリーズで、宮前久美という魅力的なキャラを登場させて、マーケティング理論について、わかりやすく説明してくれた筆者・永井孝尚氏が今回、「価格戦略」「プライシング(値付け)」をとりあげたのが本書『なんで、その価格でうれちゃうの? 行動経済学でわかる「値付けの科学」(PHP新書)』である

【構成と注目ポイント】

構成は

はじめに ー いくら頑張っても儲からないのは、価格戦略を知らないからだ
 第1章 水道水と同じ味なのに、100円のミネラルウォーターを買う理由
第1部 値下げしても儲かるカラクリ ー よいものを安く売る仕組みをどう作るか
 第2章 なぜミシュラン一つ星の香港点心が激安580円なのか
 第3章 参加費0円。婚活パーティーのナゾ
 第4章 服は「売る」よりも、月5,800円で「貸す」が儲かる
 第5章 1000円の値引きより、1000円の下取り
 第6章 商品数を1/4にしたら、6倍売れたワケ
第2部 値上げしても爆売れするカラクリ ー お客さんを見極め、高く売る
 第7章 大人気・順番待ちの1本25万円生ハムセラー
 第8章 価格を2倍にしたら、バカ売れしたアクセサリー
 第9章 1ドル値下げのライバルに、1ドル値上げで勝ったスミノフ
おわりに ー 価格を知ることは、人の心理を知ることである

となっていて、「はじめに」のところで

ビジネスで儲かるかどうかは、価格戦略次第だ。
どんなに苦労して一生懸命に働いても、価格戦略を間違えると、儲からない。
価格戦略がわかれば、楽しみながら儲かるようになる。

と意欲的な書きぶりがされていることを反映してか、本書では、「アンカリング」「コストリーダーシップ戦略」、「サブスクリプションモデルとリカーリングモデル」や「バリュープロポジション」など、価格戦略に関するマーケティング理論が幅広く取り上げられている。

さらには、以前の「100円のコーラ」シリーズでは、宮前久美を主人公にした「物語」仕立てとなっていて、こういうアメリカ風のビジネス書のスタイルには好みが分かれたのだが、今回は、紹介される事例が具体的なところはそのままに、マーケティングのわかりやすい「経済書」のような仕立てになっているので、生真面目な方々も安心して読めると思う。

続きを読む