浅井まかて」タグアーカイブ

大坂の「青物」は日本一。青物問屋が舞台のドタバタ恋愛ドラマが面白い ー 朝井まかて「すかたん」

上方の青物市場の大店を舞台にしたドタバタ恋愛ものが、朝井まかてによる本書『すかたん(講談社文庫)』。

メインキャストは、美濃岩村藩の大阪城代の上屋敷御側用人を務めて夫を亡くした「知里」という実家が江戸の饅頭屋というヒロイン。相手となるのは、大坂の大手の青物問屋・河内屋の若旦那の「清太郎」で、この男、茶屋の支払いが月に百両はくだらないという遊び好きなのだが、「青物」つまり野菜にはとことん入れ込んでいて、母親の実家の庄屋のところへは足繁く通ったりしていて、野菜の知識も半端ない、という設定である。

大坂の食文化というのは、今は「関西人」たちによってかなり地位が上がっているが、江戸時代、特に商家ではそうそう贅沢なものを食していたわけではないらしく

船場あたりの商家の食事というのは、朝はあたたかい、ぬくい御飯に漬物でんねん。で、 さい昼はぬくい御飯に、お菜が何か一品つきます。で、晩は冷飯と漬物で、もう漬物ばっかり 食べてた。そのかわりその漬物と御飯は、なんぼ食べてもかまわなんだんやそうです。 (落語「百年目」)

といったことであったらしく、本書でも

献立はつつましく、一日と十五日には魚の切り身や干物がつくらしいが、あとはお番菜に漬物。おつけと呼ばれる味噌汁ばかりである。

といった具合で至って慎ましやかである(このあたりは高田郁さんの「あきない世傅」でも出てますね)、ただ、魚が稀である分、「野菜」の重要性というのは今以上であったのだろうな、と推測され。青物問屋あるいは青物市場といった舞台は、現代であれば大手商社あるいは証券市場といったところか、と妄想してみる。

続きを読む