滝田務雄」タグアーカイブ

田舎の警察署の珍事件は、ますます絶好調 ー 滝田務雄「田舎の刑事の闘病記」(東京創元社)

片田舎にある警察署の刑事課を舞台に、黒川鈴木巡査部長をメインキャストに、その部下、白石、赤木、そして黒川の奥さんをサブキャストにして繰り広げられる、ドタバタかつ支離滅裂なミステリー「田舎の刑事」シリーズの第2弾である。
奥さんの一言で精神崩壊していく黒川刑事のトホホさはますます快調であるし、世間の常識から何万光年も遠いところにある「白石巡査」の奇怪な思考回路と行動もまたスゴさを増してきているので、常識的なミステリーファンは警戒して読まないといけないですね。

【収録と注目ポイント】

収録は
「田舎の刑事の夏休みの絵日記」
「田舎の刑事の昆虫記」
「田舎の刑事の台湾旅行記」
「田舎の刑事の闘病記」
「田舎の刑事の動物記」
「田舎の刑事の冬休みの絵日記」
の六話。

第一話の「田舎の刑事の夏休みの絵日記」でおきるのは、自称フリージャーナリストで強請りの常習犯の男が殺害されて、ブルーシートに包まれて河川敷に遺棄されていた事件。

ただ、このシリーズの只者ではないのが、この死体は、署内で子供用のプールで水浴びしていた白石を黒川が追いかけていた最中に発見されたというあたり。さらには、このビニールプールの提供者が黒川の奥さんというおまけつきである。
この事件には産廃業者の不法投棄事件を捜査していた、他の署の狛沢犬彦・猿比古という双子の刑事が絡んでくるのだが、なぜ突然、管轄外の刑事が・・、てのが謎解きのヒントですな。

ただまあ、謎解きの重要な鍵が、昼食代が浮いため、というのがこのシリーズを象徴しているところである。

続きを読む

「田舎の事件」は自然味あふれるも、隠し味が「奇妙な」味 ー 滝田務雄「田舎の刑事の趣味とお仕事」(創元推理文庫)

田舎の警察署の刑事課を舞台に、ワサビ泥棒であったり、ストーカーの殺人未遂事件であったりを、田舎風に味付けした事件を、探偵役の「黒川鈴木」が見事な推理で解決していく話なのだが、この投げやりな名前を見てもわかるように、颯爽としたミステリーではない。

どちらかというと、黒川鈴木と白石高作の漫才チックなやり取りにあるとか、黒川の奥さんのストレートで、奇想天外な行動を主菜に、推理をオカズにするという、少し変わった味のミステリーである。

【収録とあらすじ】

収録は

「田舎の刑事の趣味とお仕事」
「田舎の刑事の魚と拳銃」
「田舎の刑事の危機とリベンジ」
「田舎の刑事の赤と黒」
「田舎の刑事のウサギと猛毒」

の六編。

 

第一話の「田舎の刑事の趣味とお仕事」は、彼らが住む町のさらに山の中にあるワサビ田から300本以上の天然ワサビが盗まれる事件。事件を難しくしたのは、事件当夜、目撃された車のライトで推測される車種と数人の容疑者が持っている車が一致しないこと。
ここは、探偵役の「黒川」がオンライン・ゲームで解き明かす「ダンジョンの謎」が解決の鍵となるのだが、黒川と白石と奇妙な人間関係がゲームの途中に明らかになって、ツッコミの黒川とボケの白石という役柄を、シリーズ第一作らしく、舞台設定がされている。

続きを読む