聡四郎巡検譚」タグアーカイブ

水城聡四郎、京都の裏の姿に出会う ー 上田秀人「抗争 聡四郎巡検譚4」(光文社文庫)

勘定筋の家の出身ながら、冷や飯ぐらいの身の上であった、水城聡四郎が、兄の死によって家を継ぎ、新井白石、徳川吉宗によって能力を見いだされ、勘定吟味役、御広敷用人として、幕府の要人や御用商人、あるいは伊賀者の企む陰謀を打ち砕いた後、「道中奉行副役」に任命され、諸国を巡って、道中の悪党を退治する「聡四郎巡剣譚」の第4弾。
前巻で、将軍・吉宗から、「しばらく京都に滞在しろ」という命令を受けて、京都の「裏」の姿を体験するのが今巻である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 遠国の風景
第二章 都の一日
第三章 無頼の生き方
第四章 各々の動き
第五章 新しい走狗

となっていて、「京」を知るために、炭問屋の「出雲屋」に接触にところからスタート。この出雲屋、「応仁の乱」のことを「前の戦」というぐらいの京都の水が骨の髄まで染み込んでいる京都商人なのだが、「公家たちは平氏の頃から六百年間、政にして」おらず、彼らに政権を渡せばm
、京都は荒れ果ててしまうと予測しています。このへん、明治維新後の「京都」を看破しているようでもありますね。「京都」というのは、「幻想の都」であるときが、一番、力をあちこちに及ぼすところかもしれません。

続きを読む

吉宗暗殺の陰謀の結果は? ー 上田秀人「動揺 聡四郎巡検譚 3」

「江戸」と「東海道」と二部構成で展開をし始めた、「聡四郎」シリーズの3season「聡四郎巡検譚」の第3弾。

今巻では、第2巻で用意されていた「吉宗暗殺事件」がとうとう勃発して大バトルへ進んでいくことになるので、時代小説のバトルシーンが楽しみなファンにはもってこいの展開となっている。

また、聡四郎も京都入りして、複雑な職制の江戸幕府の中でも、とりわけ複雑怪奇で、権力構造もよくわからない「朝廷」「公家」の様子も解説されているので、歴史の「ウンチク」を溜め込みたい方にもおすすめの出来となってます。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 叛意あり
第二章 忍の矜持
第三章 目付の意義
第四章 京の役人
第五章 古都の蠢動

となっていて、まず今巻の第一のヤマ場である「吉宗暗殺」事件の勃発から始まる。

続きを読む

吉宗を狙う新たな陰謀勃発。聡四郎へは伊賀から意外な申し出が・・ ー 上田秀人「検断 聡四郎巡検譚 2」(光文社文庫)

勘定吟味役、御広敷用人という重任を果たした後、「世間を見てこい」と徳川吉宗によって新しい職「道中奉行副役」という何をしていいのかわからない役目に任じられた水城聡四郎の活躍を描く「聡四郎」シリーズの3season「聡四郎巡検譚」の第2弾である。

シリーズ最初の頃とあって、幕府内の旧勢力である「金」「女」の続く新たな敵の姿は、跳ねっ返りの「目付」以外はまだはっきりとはしてこないのだが、相変わらずの聡四郎一行の命を狙う企みに加えて、吉宗の命を狙う企みも芽生えだし、波乱の幕開けの香りただよう本巻である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 幕臣の夢
第二章 駿河の城下
第三章 それぞれの想い
第四章 刺客百景
第五章 掟の終わり

となっていて、まずは、吉宗の幕府改革案を潰すため、聡四郎を片付けようと企んでいる目付・野辺三十郎の命令を受けた徒目付・小高三郎が、密書を駿河奉行へ届けるところからスタート。

続きを読む