タグ別アーカイブ: 蕎麦

日野町”そば道場たたらや”で「たたらんち たたら鉄板焼き蕎麦御前」を食して、「食」による地域おこしを考えた

先だって、鳥取県日野町に仕事で出向いた際に、訪問先の人から珍しいものがあるから、といって予約してもらったのが、”そば道場たたらや”の「たたら鉄板焼き蕎麦御前」

ここ日野郡はたたら製鉄が盛んだったということで、それにちなんだ「食」による地域興しに取り組んでいるとのことで、この店も、本来は蕎麦屋であるのだが、一肌脱いで独自メニューを提供している。メニューは、夏、冬とあるのだが、本日は夏メニューの「鉄冷やし水そば」、「せいろ蒸し大山おこわ」、「そば刺し」、「じゃぶ汁」、「カシスソルベ&ケラチョコ」を食すことに。

大山おこわ、じゃぶ汁も郷土色豊かな料理なのだが、本日、「ほう」と思ったのは「鉄冷やし水そば」と「そば刺し」。

「鉄冷やし水そば」はこんな風で、冷たいそばなんであるが、出し汁にオクラが入っている。オクラのネバネバ感とそばのつるつる感のマッチングが良。さらに、「たたら」といえば製鉄なので”熱する”イメージが強いのだが、今回は”鉄で冷やす”というのはこの店のオリジナル発想らしい。

秀逸は「そば刺し」。広めにカットしてある蕎麦に、薬味としてわさびと粗塩、蕎麦だしをつけて食す。特に粗塩は人工塩ではないらしく、味に深みがある。これを少し蕎麦にまぶして食すと蕎麦の香りが感じられて風情がありますな。季節の野菜で日南町のトマトが添えてあって、蕎麦に巻いて食べても、ということであったが、当方的にはこれ単独で食した方が美味であった。

で、これを食しながら、最近、地元の食材や料理をテーマにした地域興しが数々あるが、さてどれだけ残っていくのかな、と思った次第。このたたらんちもお値段は1200円で、この店の他のメニューに比べて、馬鹿高価い、というわけではない(ちなみに、ざるそばは820円らしい)のだが、手間が尋常ではないようだ。

食により地域興しで、ネックになっていくと思われるのが、地元の「食習慣に根ざしているか」ということと、並んで「将来にわたって恒常的に提供できるか」ということがあるように思う。旨いものをつくるのは、そこはプロの料理人がかかれば何とかなるものなのだが、それを「常態」として提供していけるか、となると、食材の値段や仕入れのしやすさ、普段食として提供できる手間の少なさがキーになるような気がするんである。

さて、日野のたたらんち、このハードルを超えて、繁盛してほしいものですね。

松江・一色庵で「小判割子そば」を食す

本日は松江で会議ということで、早めに松江市内で昼食。松江といえば「蕎麦」、ということで、一色庵へ。昼休み前についたので、どうにか待たずに着席。

20161118114451

出雲そばといえば「割子」となるのが通例ではあるのだが、本日はちょっと豪勢に「小判割子そば」をチョイス。まずはそば湯がくるので飲みながらまつことしばし。するとこういうのが到着

20161118121648

薬味は3皿に分けて使うのだが、卵は左の二皿にとき卵にして投入。するとこんな仕上がりに

20161118121903

卵は実は黄身だけで白身の方は同時にやってくる蕎麦湯の方に入っている

20161118121049

それぞれの皿にそばつゆを直接投入して食すのが、割子そば。つゆはかなり濃いめなので、少しづつ入れて味を調整したほうがよろしい。昔、お武家さんが姿勢を正して食したので、割子がテーブルの上において食するのではなく手で持ち上げて食すのが正統、とは店の親父さんの言。

蕎麦は正統の出雲そばなので「もくもく系」ではあるのだが、更科系に比べて「食べた〜」というか感じが強い。

店は観光客、修学旅行の学生さんといったところでかなり混雑しているので、少し時間を外すのがオススメではありますな。

米子市「林そば屋」のざるそば  を食す

昼休憩に少々の余裕があったので、地元の人に案内してもらって、米子市東倉吉町の「林そば屋」で遅めの昼食。こうした遅めの昼食を遠慮なくとれるのが出先の気楽さではある。

食べログにも紹介されているので、場所とか店の佇まいとかは略させてもらうのだが、人に良い店ですよ、と教えてもらわないと、営業中の札が掛かっていてもスルーしがちな様子ではある。

とりわけ米子の昔ながらの店特有の、町家造りの、近くの専属の駐車場もない、といった様相であるので、口コミなしの一見客を撥ね付けるに十分な資格を有している。

とはいうものの、そうしたハードルを乗り越えて来店すれば、丁寧な物腰のご主人と風情ある店の佇まいに癒やされるのは間違いなくて、一時、喧騒と仕事に追い立てられることを忘れさせてくれる。

本日注文したのは、通常のザル蕎麦で、550円。葱が青ネギでなく白ネギで、しかも「みじん切り」なのが米子らしくてよろしい。しかも量たっぷりであるのが、ますます良し。総じて、米子という街は、キャッチアップ系の新しい店と、こうした昔ながらの店が妙に共存しているところが味な風情で、再開発がメインになっている昨今の「街」とは違ったアンバランスを醸し出していて、危うくも、好ましいところではある。

20160427060022

蕎麦は出雲系ではなく更科系。そばつゆも辛過ぎもせず、程よい濃さである。デフォルトで「蕎麦湯」がついてくるのもよろしいですな。