青崎有吾」タグアーカイブ

天馬と柚乃がレモンザメのプールでおきた殺人の謎を解き明かす ー 青崎有吾「水族館の殺人」(創元推理文庫)

シリーズの第一巻「体育館の殺人」で、神奈川県立風ケ丘高校の文化部室棟の一階一番奥に住みついている、生活面ではダメ人間ながら抜群の推理力を発揮した「裏染天馬」と、卓球部の1年生で見た目は文学少女、実態はスポーツ少女の袴田柚乃、天馬の同級生でいつもハイテンションの新聞部部長の向坂香織たちが、警察の迷惑もなんのそのの捜査と推理を繰り広げる「風ケ丘高校」シリーズの第二弾である。

【構成と注目ポイント】

構成は

賑やかなプロローグ
第一章 夏と丸美と私と死体
第二章 兄の捜査と妹の試合
第三章 探偵の到着とアリバイの解明
第四章 日曜のデートと水際の実験
第五章 多すぎる容疑者と少なすぎる手がかり
第六章 黄色いモップと青いバケツ
静かなエピローグ

となっていて、今回の事件の舞台は、横浜港の端っこにある「横濱丸美水族館」という、イルカショーで最近人気を復活しはじめた、地元のオススメスポットの小さな水族館。

 

ここに訪れていた、向坂香織たち三人の新聞部員が取材中に、「レモンザメ」の水槽に、ここの飼育員・雨宮が転落して落下して、サメに食われる事件がおきる。
ただ、この事件はサメのプールの上にあるサメにエサをやるための橋が血まみれになっていて、どうやら、雨宮は傷つけられてからプールに落とされてようで、殺人事件の可能性が高い、というものである。

続きを読む

天馬、柚乃、鏡華がそれぞれに大活躍なのであった ー 青崎有吾「風ケ丘五十円玉祭りの謎」(創元推理文庫)

「体育館の殺人」「水族館の殺人」での見事な推理劇と生活ダメ人間ぶりを披瀝した「裏染天馬」と、元気ハツラツの文学少女風スポール少女の「袴田柚乃」が巻き起こす、学園ミステリーの第三弾。

今回の舞台は表題作の「風ケ丘五十円玉祭りの謎」のほかは、天馬や柚乃が通う「神奈川県立風ケ丘高校」か鏡華の通う「緋天学園」のいずれかなので、正真正銘の学園ミステリーである。

さらに、今巻では、天馬の妹で、かなりの美貌で、かなりの性格破綻者の「裏染鏡華」もメインキャストで登場して、さらにはストーリー展開の破天荒さがパワーアップしてしますな。

【収録と注目ポイント】

収録は

「もう一色選べる丼」

「風ケ丘五十円玉祭りの謎」
「針宮理恵子のサードインパクト」
「天使たちの残暑見舞い」
「その花瓶にご注意を」

の五話。

続きを読む

しばし、青春時代を思い出させる学校を舞台の本格ミステリーの世界に浸ろう。 — 青崎有吾「体育館の殺人」(創元推理文庫)

ミステリー、しかも謎解きを主眼とする「本格もの」はその舞台が大事で、心を騒がす浮世事や、欲にまみれた社会的事件がうろちょろしていてはいけないと思う。
その点、「学校」という、主な登場人物は教師と生徒という環境は本格ものの絶好の舞台であろう。
本書は、そうした「環境」を十分に生かし、神奈川県の風ケ丘高校の旧体育館でおこる事件である。

構成は

プロローグ 前口上
第一章は事件とともに始まる
第二章において探偵役が登場する
第三章は容疑者絞りに費やされる
第四章の末尾で全てのヒントが出そろう
幕間ー読者への挑戦
第五章は解決編である
エピローグ 舞台裏

となっていて、まずは、旧体育館のステージで、放送部の部長・朝島友樹(3年生)が刺殺されるところから事件は始まる。ナイフから指紋は検出されず、出入り口はどこも鍵がかかっていたか、生徒がいて”密室状態”という、まあ、典型的な滑り出しでありますな。

続きを読む