月別アーカイブ: 2015年3月

「AIは仕事を奪うか」についての再びの考察

Wiredの2015.3.25のWeb記事で「人工知能やロボットには奪われない8つの職業」が出ていたので、再びにAi、ロボットと我々の仕事について考えてみた。
この記事によるとAIやロボットに奪われない仕事は
・記憶の演出家
・コミュニティ・オプティマイザー
・ロボット・アドヴァイザー
・企業文化のエキスパート
・単純化の専門家
・輸送アナリスト
・健康ガイド
・3Dプリンタの構造設計者
が挙げられているのだが、いずれも聞いた覚えのない職業であることには間違いなく、それ以外の共通点としては
必要な能力として浮かび上がってくるのは「横断的な能力」とでもいえばいいだろうか、社会科学やコミュニケーション技術などが結びついたものだ。

といったことが結びとなっている。当然、現在、そこかしこにある仕事はちょっと違っていて、「奪われない」のは間違いないのだろうが、今のありふれた仕事を再構築しないとやっていけないような気がする。

一方で
President Onlineの「日本の農業復活の鍵はロボット化だ」といったクボタの社長の主張とか


問い合わせは現金自動預払機(ATM)の場所や営業時間、通帳の切り替え方法などさまざま。ワトソンは蓄積した膨大なデータから、音声入力したキーワードに関連する回答候補を分析して、瞬時に示す。オペレーターは通常、二十冊近い分厚いマニュアル本を机に並べて対応している。ベテラン職員なら即座に必要なページを開き対応できるが、力量の差が出てしまうという。橘正純所長は「ワトソンを使うことでサービスの均質化が期待できる」と話す。

といった記事が出てきていることを見ると、膨大化するいっぽうの業務情報に対応するためには、人間がコンピュータを統御することはおよそ不可能な時代に突入していて、コンピュータ、AIのアシスタントあるいは共棲、もっとひどい言葉でいうと「人間のAiへの寄生」なくしては、どうにもうまくいかない時代に突入し始めているような気がする。

そうした中でBlogosで湯川鶴章氏が主張するような『「働かない人がいてもいい」がこれからの時代の価値観に』すんなりと移行できるかどうか、近世以来培ってきた、先進国の発展モデルである「勤勉礼賛」が、そんなにすんなりと価値転換できるかどうか、というのがAIやロボット社会の軟着陸という面では課題でもあるのだろう。

そうしてみると、今までともすれば揶揄の対象でもあったつげ義春的な生き方とか、東南アジアの労働観であるとかは、今後の注目株かもしれないですね。

(ブックレビュー)北森 鴻(浅野里沙子) 「邪馬台」(新潮社)

蓮丈那智のフィールドファイルシリーズの最終話。もともとは最終話になる予定ではなかっただろうが、北森氏が執筆中に急死し、その遺稿に氏と親い関係にある浅野氏が手をいれて完成させたのが本書。
構成は
序章 鬼霧の夜
第一章 廃村記
第二章 雅蘭堂
第三章 冬狐堂
第四章 鬼米道
第五章 箸墓抄
第六章 記紀考
第七章 解明譚
第八章 阿久仁
第九章 鏡連殺
終章 卑弥呼
となっているのだが、目次をみただけでは判じ物と同じ類で何のことやらわからない。
雅蘭堂の主人 越名が、鳥取県と島根県との県境に位置する村の廃村に残っていた古文書の争奪騒ぎに巻き込まれるところからスタートするのだが、この村というのが、鳥取県が独立していた時には存在していたのに、鳥取県と島根県が合併し、鳥取県が再独立した時には消えていた(抹消されていた)らしい、といった感じで「蓮杖那智もの」特有の古代史のおどろおどろしい世界と現代社会が交錯していく、といった筋立て。
「蓮杖那智もの」は短編が主であるのだが、珍しく本書は長編なせいか、このミステリーに関わってくる古代史ネタも、邪馬臺国、製鉄民族、後南朝の血筋、はては明治政府や皇室とチベット王族といった国際的なキワモノまで飛び出してくるのが、他の「蓮杖那智もの」との違いではある。
直線的にこうしたネタをつないだ単純な歴史ミステリーではなく、横糸に騒ぎの発端となる古文書(阿久仁文書)の謎解きと、冬狐堂などの登場人物も加わり、歴史の謎解きに加えて、古文書・古道具などのお宝ミステリーともなっているのが、さすが北森ミステリーの技というもの。
さらに
交通の要衝から取り残され、廃村となった集落にも同じことが言える。路線とは常に必然によって整備されるという原則がある。その必然性には人の流れ、自然の条件が大きく英帰郷する。現代に至っては、地元の建設業者の需要、利権といったものも加味されるようではあるが、それはさておき、必然性によって整備される路線の要衝から外れているということは、すなわち廃村に至る遺伝子が、すでに存在していたということではないのか
とか
税のようなものだ。その収奪、そして鉄器を製造する者たちが木を乱伐したために、水害も多発しただろう。邪馬台国の農業指導は優秀だった。ゆえに富は邪馬台国に集まる。その富を元に、さらに鉄器が生産される。木を伐り尽くすと、別の場所に行く。邪馬台国が通り過ぎた土地には、荒廃と悲しみだけが残ることになる。邪馬台国は、そして卑弥呼は、英雄ではない。憎むべき存在、倒されるべき存在であった
といったような本編にまつわるコンテンツに「うむ」と唸る、北森ミステリーの斜めから見た楽しみ方も健在である。
著者すでに亡く、こうしたミステリーの新作が読めないのは残念ではあるが、古典としておそらくは残っていくであろうことを念じながら、この稿は了としよう。

(ブックレビュー)北尾トロ「猟師になりたい」(信濃毎日新聞社)

フリーライターの北尾トロ氏による猟師チャレンジの私的ルポ。最近は「ジビエ」とかのプチ・ブームが来ているらしく、ちらほらと「猟師」系の本を見かけるようになっているのだが、「漁師」や「農家」に比べ「猟師」はマイナーなことは間違いない。
構成は
第1章 山が呼んでいる

1 松本へやってきた
2 猟銃講習会でいきなり試験
3 空気銃に狙いを定める
4 狩猟免許試験を突破
5 銃を撃たずに銃を持つ?
6 ついにスタートラインに立つ
第2章 たのもー!いよいよ猟へ
1 射撃場でスコープ調整
2 猟友会に入ってみた
3 鳥撃ちの師匠が見つかった
4 見学ツアー、いざ出発
5 ボートの上から実践デビュー
6 絶品のヤマドリ鍋
7 悪夢の”半失”2連発
8 七つ道具とオフシーズンの夢
9 ひとり猟の午後
10 ベテランコンビ、鳥を追う
11 無情な最終日とシュタタの話
第3章 猟期は終わっても
1 先輩猟師からのプレゼント
2 娘と激論!命を獲るのは残酷か
3 プロ猟師という生き方
4 射撃練習はオフシーズンの必修科目
5 ミキティ・シューティング・クラブ
6 信州の山は大丈夫か

7 ジビエ料理のすごい実力
となっていて、東京から長野県松本市に居を移したのをきっかけに、猟銃免許を取って鳥猟の随行(単独行はまだ無理みたいらしい)を始めた1年間の記録である。
いったいに「猟」というのは「漁」に比べて偏見に包まれているのが事実としてあって、同じ命を奪うものでありながら、より残酷な印象を持たれてしまうところは、本書でも、猟銃免許をとったときの知人の反応や、猟についての我が子の反応などでも明らかだ。
しかし、本来は
仕事の中心は農業だが、集落には1人か2人の、”鉄砲ぶち”(長野では漁師のことを
こう呼んだ)がいて、彼らはあまり農作業をせず、昼間からぶらぶらしていること
を許された・武器を持つ彼らには、侵入者から集落を守ることや、肉の調達をする
役割があったからだ(P158)
といったように山里の生活にビルトインされたものであったはずなのだが、「収穫」というものの抽象化の波とともに、どこか遠くの世界の話となってしまっているのは、この国のそこかしこに見られる「具象」の軽視と同じと捉えて良いのかもしれない。
でまあ、そうした狩猟がなぜ今注目なのかは、表向きの理由は有害鳥獣の対策とかなのであろうが、本音のところは倫理的なところでは
50歳を前にプロ猟師という職業に身を投じ、収入も減った。なれない営業などもこ
なさなければならない。ところが、加藤さんの表情はじつに明るい。好きなことを
仕事にしたからではないそうだ。
「生活かかっていいるから、前ほど楽しめなくなりました。でもなんだろう
な、獲った物を売って暮らすシンプルさが気持ちいいんでんですよね」(P173)

30代〜40代の若い方なんですが、始めた動機を尋ねたら「生まれた子供に自分の手
で肉にしたものを食べさせたい」と思ったからです」と(P186)
といったところであるし、もうひとつは
野生の鳥は余計な脂がないから、ギトギトしすぎず上品なスープになるのだ。
ヤマドリが素晴らしいのは売買禁止の鳥であること。ジビエレストランに行ったっ
て、この鍋は食べられない。つまり、ヤマドリが食卓に載るのは猟師がいる家庭の
特権なのである(P106)
といった「味覚」の誘惑であるのだろう。
個人的には腰が悪いのと、「アームチェア」なんとかを地でいく武将さなので、とても「猟」に出ることはないと思うのだが、そうした無精者ほど「アウトドア」とか「野外生活」に憧れるもので、見果てぬ夢として楽しんでおこうではないか

今年も「カツオのタタキ」に出会えたんである

「目に青葉」云々のことからみると季節的にはちょっと早いには違いないのだが、例年と変わらず「カツオのタタキ」。

カツオもマグロの仲間なのだが、例のマグロの漁獲制限との絡みはどうなっているのかは寡聞にして知らず、うかうかと今年も、きゅうりと一緒に三杯酢につけて、ニンニクの輪切りと一緒に食した。
20150322124449.jpg
ニンニクは当然生で、この辛味がなんとも酢とカツオの旨味とマッチして極上なのであるが、翌日に勤務がない日に限られるという制約を伴うのが、残念といえば残念。
ただ、こうしてうかうかと食しているうちに、資源の枯渇といった話がヒタヒタと足元まで来ているのはよくあることで、来年も今年と同じように食せるかどうかはわからないとことは、飽食の民として自戒せねばならないところだろう。

「亀山みそ焼きうどん」に思う連邦国家としての「日本」

ご当地グルメやご当地名物っていうのは十数年前までは、その場所まで行かないと食せないというのがお決まりではあったのだが、最近の冷凍、流通の便利さのせいか、冷凍・冷蔵もののご当地ものが増えてきたように思う。

兄弟が名古屋にいるせいで、時折、こうした東海のB級系の味が楽しめるのは、最近のロジスティックのお陰というべきかもしれなくて、今日の昼ご飯は冷蔵物の「三重 亀山みそ焼きうどん」
20150315121757.jpg
とはいっても、山陰の辺境に住まう身としては、通常のルートでは、全国ものの北海道ないしは九州レーベルか、あるいは岡山レーベルが主流ではあるのだが(関西レーベルはすでに全国臭が強くてご当地レーベルとは言えないような気がする)、三重 亀山といったちょっと西日本ではなじめのない味が楽しめるのは良しとすべきであろう。
20150315130001.jpg
できあがりはこんな感じなのだが、そこは伊勢が近いせいか、津山のホルモンうどんの様子と違って、麺が伊勢うどんに近くて柔らかめのような気がする。しこしこというよりは「もちもち」と柔らかめなのが、讃岐とも津山とも稲庭とも違う感じが出ていて面白い。
このあたり、「うどん」と一言で言っても、やはり、それぞれの地の「粉」なり、「水」なりが影響して、それぞれの地の味と風合いが出るのが、狭いとはいえ百数十年までは、藩を中心とした連邦国家であった「日本」という国の面白さなのかもしれない。
「江戸」あるいは「東京」という価値の大きさ、力強さがあたりを睥睨していたのが明治以来のこととは思うのだが、どうも、最近のインターネットの普及や賛否はあろうがスコットランド、ウクライナ、バスクなどなどの事を思うと急速に「リージョン」化は進んでいっているような気がして、食品における「ご当地」化は復権というべきかもしれない。
そうしてみると、批判もいろいろあろうが、今の政府の「地方創生」というのも、「リージョン」を志向したものといえるのかもしれないな、と妄想するんである。

(ブックレビュー)高城 剛「2035年の世界」(PHP研究所)

数々の新しいメッセージを世の中に送り続けている高城 剛氏による未来予想図である。

分野的には
SECTION1 身体科学
SECTION2 科学
SECTION3 移動
SECTION4 スタイル
SECTION5 リスク
SECTION6  政治
SECTION7 経済
SECTION8 環境
と芸術の分野を除いた我々の生活のほぼ全般に関しての予測といっていい。
まあこういう類の本は、予測が外れた、だの、倫理的でない、などといった野暮なことは言わずに、おお、そういう捉え方があったのか〜、と面白がりながら読むのが良いのだが、あまりに荒唐無稽だと興醒めなもの。そのあたり高城氏の予測は、我々の凡庸な予測の、手が届きそうで届かないところにボールを落としてくれるのが見事なところである。
で、「予測」というものはあまり詳しくレビューしてしまうと身も蓋もなくなってしまうので、ざっくりとしたところでいうと、どうも20年後の世界は、長寿命化がすすむものの、今までの国家的な強固な縛りと保護は緩んでいき、個人は移動の自由を手に入れるも流動化はとまらない、といった感じであろうか。
そのあたりは、
12 人間不在の起業
AIが人間社会にうまく溶け込めるかどうかは、AIが古いしきたりを守っている、と表面的にはプレゼンテーションすることにかかっている。AIは人類の敵ではなく、人間以上に人間的、すなわちそれは人間以上に古いしきたりを守ることを意味し、まるで何千年も生きているおじいさんのようなキャラクターを演じるだろう
23 No move,No life
一か所に定住するのは、ビジネスチャンスも小さく、非常にリスクが高い生き方になる。・・20世紀は国境という見えない壁が強固で、移動コストも高かった。だから移動可能な人や企業に富が集中した。しかし21世紀は国家が融解して移動が大幅に自由になり、技術の進歩によって移動や通信のコストもさらに下がっていく
45 ガバメント・オプトアウト
これまで国民と国と一蓮托生の関係であった。国が順調に成長しているときはそれでもよかったが、これから、何らかの大きな転換やハードリセットが起きれば、国家の破綻に国民も巻き込まれてしまう。それを避けるために、国に対して物理的に距離を置く動きがいま広がっている。
といったあたりで示されている。
そうした中で、個人が不幸かというと
51 人生100年時代における「第二の人生」
平均寿命が82歳のいまでも、すでにリタイアした人たちは暇を持て余している。これが人生100年時代に入ったらどうなるのか。おそらく第二の人生の過ごし方が、いまよりもっと深刻な社会問題になるだろう。
ただ、裏を返せば、人生100年時代は、人生を従来の2倍楽しめる時代だといえる。僕が思うに、まずリタイアという概念がなくなる。60代で会社を定年退職してもまだピンピンしているのだから、おそらくその年齢から起業したり就職し直す人が激増する。
といった感じで、私のようなロートルの部類に入った年代にも少しは救いはあるのかも、と思うのは楽観がすぎるか・・
最後に、氏が他の著述でも主張している「地域づくりと観光」のあたりは、
86 観光都市
都市には経営センスが必要で、現代中小都市経営の中心は観光戦略だと思う。観光をきっかけに「この町はいいな」と感じてもらえれば、人が増え、投資が増え、産業が興り、産業がさらに人を呼び寄せ、地価があがることは、世界の常識である。このサイクルが回り始まれば、都市は勝手に成長していく
日本の都市を見ると観光資源はあっても、まともな観光戦略をほとんど持っていないのが現状である。
と、辛口まじりではあるが、取り上げてある。
地方創生で浮かれるのもいいが政府のタクトに踊らず、きちんと戦略を練らなば、という地方政府の関係者への檄をもって、本書のレビューは〆とするか。

(ブックレビュー)佐々木正悟 「Evernote仕事術」(東洋経済新報社)

もはやビジネス・アプリとしてほとんどの人に利用されているであろうEvernoteなのだが、そのレシピ本。

マニュアル本とせずに「レシピ本」としたのは、Evernoteのアカウントの取り方といった基本編のところはすっとばして、手練れたちはEvernoteをどう使っているか、また筆者はどう使っているか、というところに絞ったものであるため。
構成は
Chapter1 達人の活用術
 倉下忠憲さん、濱中省吾さん、五藤隆介さん、海老名久美さん、中島 紳さん、富さやかさん、横井菜穂美さん、とゆさん、大橋悦夫さん
Chapter2 Evernoteをもっと便利に使う
   Evernote活用10の原則
   01 原則1 IN-BOXをゼロにするよう整理す
   02 原則2 プロジェクト=スタックを作る
   03    原則3 ノートブックごとに散らばったノートをまとめたいときには「タグ」を使う
   04 原則4 あらゆる記録が自動的にEvernoteに集まるように設定する
   05 原則5 よく使うファイルはEvermoteにいれてしまう
   06   原則6 タスクをは管理せず、資料を管理する
   07 原則7 仕事の資料をワンタッチで呼び出せるようにしておく【iPhone編】
   08   Evernoteのリマインダー機能を使えば資料が自動でポップアップしてくれる
   09 クラウドタスク管理サービスと Evernoteのリマインダーを同期する
   10 原則8 「これは何に使うのか」に答えるのがノートブック
   11 原則9 単層式タグを使う
   12 「領収書」を「ノートブックではなく」「単層式タグ」で管理する
   13 原則10 Evernoteはアイデアを生き長らえさせるために使う
Chapter3 Evernoteを使いこなすために最低限知っておきたいこと
 01 まずIN-BOXノートブックをつくろう
 02 Evernoteの中でアイデアをまとめていく
 03 チェックリストをEvernoteに作っておく
 04 「すべてのノート」+「更新日順」を検索に活用する
 05 「節約スタック」を作る
 06 あらゆるアイデアをIN-BOXにため込む【クイックノート編(Mac)】
 07 あらゆるアイデアをIN-BOXにため込む【スマートフォンアプリ編】
 08 「レファレンス」ノートブックをつくろう
 09 「いつかやりたいこと」のノートブックを作ろう→「先送りノートブック」も
となっていて、目次を見たところで、どういうことが書いてありそうかがわかるのは、かなり使い込んでいる人であろう。ただ、こういう類の本を事細かに解説しては、ネタバレもよいところなので、ここは印象に残ったところ、自分の使い方の参考になりようなところをピックアップしておこう。
まずは全般的な使い方として
とゆさんのEvernoteの使い方で注目したいのは、メモや資料をキャプチャリングするためのチャネルをたくさん持っている点です。紙にメモを書いた場合は、メモをiPhoneで撮影してから、iPhoneアプリのCamScannerというスキャナーアプリを利用してEvernoteに保存することもあるとのこと
「ノートブック」のまとめ方では
「プロジェクト別」に分けるのが一番現実的ではないかと考えるようになりました。
「メモ」とか「ログ」といったものは結局のところ恣意的な分類です。・・これに対して「プロジェクト」は多くの場合、他人を巻き込んでいるので、どちらのプロジェクトに入れればいいのかわからない資料というのは意外と少ないのです

「仕事に関する資料やネタ」をとにかくノートブック名にしてEvernoteのあらゆる資料はこのどこかに入れるようにしています。セミナーで使ったプレゼンテーションの資料であれば、 PowerPointの拡張子である『PPT」というノートブックに入れておきます。この原稿は『Evernote仕事術原稿」です。
『Evernote仕事術の原稿である」と同時に「セミナーのPPTでもある」ということはまずないので、「これは何に使うのか?」で分けようとすればまず困ることはありません。
後になって「セミナーの作りかけの資料を完成させよう」と思ったらノートブックをすぐ探してみれば見つかります
この分類を使うコツとして「作りかけでもなんでも必ずノートブックに集めておく」ことです
タスク管理ソフトとの使い分けでは
Evernoteでは(機能が豊富すぎてどうしてもタスクが埋もれがちになるから)タスク管理はせずに、仕事の資料はEvernoteに入れていく
タグの使い方では
単層式タグ、例えば接頭辞に+とか$とかの特別な記号をつける。それぞれを「企画系」であるとか「感情系」などで分けておく。後で検索するときに「+」をタグ欄で打ってみればそ、その分類の多義しか現れなくなり、かつ過去にどんなタグを自分で使ったかがわかる
といったあたり。
実は、Evernoteの使い方で個人的に固まりきっていないのが、Dropboxとの使い分けのところなのだが、この辺についてはちょっと明確なヒントは得られなかった。今の所、自分せ作成している資料、参照することが多い資料、アイデア、その仕事の連絡先や領収素といった小片はEvernote、報告書や大部の参考資料といったものはDropboxといった感じかと思っているのだが、そこは実地検証してからまらレポート、ということで、このブックレビューは了とする。