脳科学」カテゴリーアーカイブ

「キレる」ことへの対処法は、現代人必須の技術 ー 中野信子「キレる!」

最近、あなたは相手の些細なことに反応して急に感情的になってしまったことはないだろうか、あるいは、知り合いやビジネスの相手方が思ってもなみないところで急に怒りだした場面に遭遇したことはないだろうか、もし、両方ともないなら、あなたはとても幸運です。
だが、そうしたあなたがいつ遭遇したり、自分がやってしまうかわからないのが「キレる」という現象である。
そうした「キレる」行為に対しての、全般的な「処方箋」をアドバイスしてくれるのが、本書『中野信子「キレる!」(小学館文庫)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 損するキレ方、得するキレ方
第二章 キレる人の脳で起こっていること
第三章 キレル人との付き合い方
第四章 キレる自分との付き合い方
第五章 戦略的にキレる「言葉の運用術」

となっているのだが、本書は、「キレる」行為をすべて封じ込めてしまう手法を教えてくれる本ではないところにまず注意しておこう。本書によれば

前述した″テレビ文化人にとどまらず、政治やビジネスの世界でも、自分のポジションを築き、成功している人は、怒らない人、キレない人ではなく、怒るべきときにきちんとキレることができる人です。
怒るべきときに怒らず、つまリキレないで、その怒りをため込むのではなく、上手にキレることで、多くの人の心をつかみ、自分の立場を手に入れています。
キレることは、激しい感情の発露ですから、それだけ人の心も揺さぶることになるわけです。
つまり、キレるという行為は、上手に使うことで、人間関係において自分の居場所をつくり、成功するためには欠かせないコミュニケーションのスキルであると言えます

ということで、「キレないけれど搾取される人」ではなく、「キレるけれど尊敬される人」のススメである。

続きを読む

「不倫」は”文化”じゃなくて、”脳科学的”な現象です ー 中野信子「不倫」

筆者である脳科学者の中野信子氏は「サイコパス」や「シャーデンフロイデ」などの著作で、
人間の「思いやり」とか「妬み」とかの心理について、「脳内物質」というキーワードをもとに、これらの感情の問題を、理想論や思想的に捉えることの危うさと、むしろ、生物学的にとらえたほうがすっきりと腑に落ちることを教えてくれていた。
今回は、最近、有名タレントをはじめ、世の中の至るところで、大っぴらに出くわすようなった「不倫」をとりあげて、不倫が生まれる、脳科学的な原因と、それに起因する社会的要因を明らかにしたのが本書『中野信子「不倫」(文春新書)』である。

【構成は】

はじめに なぜ「不倫」はなくならないのか
第1章 人類に一夫一婦制は向いていない
第2章 不倫遺伝子
第3章 あなたの恋愛体質を診断する
第4章 不倫はなぜ叩かれるのか? 社会的排除のしくみ
第5章 不倫をやめられないあなたへ

となっていて、第1章は、不倫の国家事情というか、どういう社会で不倫が批判されやすいか、といった「不倫の社会学的分析」ってな感じ。第2章と第3章は、個人に着目して、なぜ不倫しやすい、浮気しやすい人と「貞淑」といわれる人に分かれるのか、といった脳科学による「ヒト」の「不倫因子」の分析。
第4章では、不倫はなぜ避難の的になるのか、といったところを倫理的な視点ではなく、これまた脳科学に基づいた「社会学」的な分析を試みる。
第5章は、「不倫」や「浮気」についてのまとめ的なもので、いくら非難されても、浮気がやまない向きは読んでおくと少しは気が晴れるかもしれない。

 

続きを読む

「愛」「正義」「協調性」は脳内物質の仕業にすぎない ー 中野信子「シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感」(幻冬舎新書)

「サイコパス」や「脳内麻薬」あるいは「ヒトは「いじめ」をやめられない」などの著作で、おせっかいにも、我々が信頼してやまない「人間性」や、理性があれば抑制できると思っている「不健全な感情」が、実は、脳の中に生成される「薬物」の仕業であることを明らかにしてくれた著者・中野信子先生なんであるが、今回は、人間の社会生活の善の部分を支えているともいえる「愛」や「正義」の感情についてメスを入れたのが本書『中野信子「シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感」(幻冬舎新書)』である。

【構成は】

第1章 シャーデンフロイデ
第2章 加速する「不謹慎」
第3章 倫理的にあるということ
第4章 「愛と正義」のために殺し合うヒト

となっていて、表題の表題の「シャーデンフロイデ」とは「誰かが失敗した時に、思わず湧き起こってしまう喜びの感情のこと」で、悪いこととは思いつつも、誰もが思い当たる節のある感情である。
本書は、こうした感情がなぜ起こるか、といった脳科学的な解説から始まって、「妬み」感情と「愛」や「正義」との関係性や「愛」や「正義」の持つ「負の部分」について言及されていくのであるが、良識的なところがグラグラ揺さぶられるので、ご注意いただきたい。

続きを読む

サイコパスは珍しくない ー 中野信子「サイコパス」(文春新書)

今までは冷酷で残虐な殺人犯などの病理を表していた「サイコパス」が、大企業のCEOや弁護士、外科医といったいわゆる「リーダー」層にもいるんだとしてセンセーショナルな話題を呼んだのが本書『中野信子「サイコパス」(文春新書)』である。

 

【構成は】

はじめに 脳科学が明らかにする「あなたの隣のサイコパス」
第1章 サイコパスの心理的・身体的特徴
 1 サイコパス事件簿
 2 サイコパスの心理的・身体的特徴とは?
第2章 サイコパスの脳
 1 サイコパスの脳の知覚能力、学習脳力
 2 「勝ち組サイコパス」と「負け組サイコパス」
第3章 サイコパスはいかにして発見されたか
第4章 サイコパスと進化
第5章 現代に生きるサイコパス
第6章 サイコパスかもしれないあなたに

となっていて、第1章から第3章までが「サイコパス」の犯罪歴や生物学的な特徴など、第4章は「サイコパス」という生物学的特徴がなぜ淘汰されなかったのか、第5章が「サイコパス」ではないかと思っている人への人生指導といった構成である。

【注目ポイント】

サイコパスの生物学的な特徴、例えば

「サイコパスは扁桃体の活動が低い」ということは、恐怖や不安など、動物が本来持っている基本的な情動の働きが弱い、ということです

といったことや、サイコパスにも「勝ち組サイコパス」と「負け組サイコパス」がいて、「サイコパスは最近になって急に現れてきたそんざいではありません。「サイコパス」という名称がなかっただけで、昔からそれにあたる人たちはいたのです」や」「歴史上の人物には、排除されずにのし上がった勝ち組サイコパスだと思われる人物も散見されます。あくまで個人的な見解であり、脳機能画像やDNAなどの証拠が存在するわけではありませんが、日本ならば、織田信長がその典型といえそうです。」という話など興味深いものがある。

だが、このレビューで取り上げておきたいのは、いいとこ取りをして、組織を食い荒らしかねないサイコパスは、非サイコパスの人間にとって非常に厄介な存在であるのも関わらず、なぜ生き残ってきたのかというところ。

このあたり、本書では

人類という種の繁栄のためには必要だったーそういう個体が一定数いたほうが、マクロな視点から見れば、生存に有利なこともあったのかもしれません。

として、戦場であるとか、前人未到な地への探検や危険物の処理などといった極限の状況の中で、サイコパスが有効に働けたといったことや

戦争や殺人も、時代を遡れば遡るほどに、短にあったのです。人が傷つくことも死ぬことも、理不尽な目に逢うことも、今よりずっと多かった環境においては、サイコパスの暴力性はそれほど目立たなかったのかもしれません。・・・むしろ争いの渦中にあった時代のほうが長いわけです。

と、今までの歴史環境がけして「サイコパス」を根絶する方向にはなかったことを示しているのだが、もう少し乗り出すと、サイコパスの存在が、特定の場合の組織の再生とか復活とかに寄与していることもあったのでは、思った次第。

例えば、本書でサイコパスでは、と言われている織田信長にしても、中世から近代へ至るための大破壊を行なったところで、非サイコパスであったろう明智光秀によって攻め滅ぼされる、といった図式で、考えようによっては、サイコパスが非サイコパスが中心の集団意思によって使われたとも言っていいのかもしれない。

【まとめ】

「サイコパス」というと特殊な存在というように思うのだが、本書によると、実は100人に1人存在しているようで、けして少ないとは言えない形質である。本書も結びで「好むと好まざるとにかかわらず、サイコパスとは共存してゆく水戸を模索するのが人類にとって最善の選択であると、私は考えます」と結んでいる。
歴史と時間による淘汰を除いては、こうした形質の機械的な排除はしてはいかんのでしょうね。

人間はそんなに「自由な意思」で動いてはいない ー 中野信子「脳内麻薬」

近代を経て現代を生きる我々によって、自由な意思決定ができることや、行動の自由があることは、民主主義の基礎みたいに思っているのだが、本当のその行動が「自由意志」に基づくのか、そんなところをグラグラと揺さぶってくれるのが本書『中野信子「脳内麻薬 ー 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体」(幻冬舎新書)』である。
 

【構成は】

 
第1章 快感の脳内回路
第2章 脳内麻薬と薬物依存
第3章 そのほかの依存症
第4章 社会的報酬
 
となっていて、目次もみてわかるように、脳内物質と我々の行動との関係を解き明かくれているのだが、こんな風に「脳科学」が我々のところに降りてきてくれたのは、池谷裕二さんの「進化しすぎた脳」をはじめとした「脳」シリーズ以来ではなかろうか。
 
 

続きを読む

いじめは「倫理」や「理性」だけでは解決しないことを認識すべきか? — 中野信子「ヒトは「いじめ」をやめられない 」(小学館新書)

いたましい自殺が相次いでも、なくなる気配をみせないのが「いじめ」。なくならない原因や根絶策があれこれ議論されるのだが、そこに、生物学的アプローチを持ち込んだのが本書。

構成は

第一章 いじめの快感
 第一節 いじめのメカニズム
第二章 いじめに関わる脳内物質
 第一節 オキシトシン
 第二節 セロトニン
 第三節 ドーパミン
第三章 いじめの傾向を脳科学で分析する
 第一節 いじめられやすい人の特徴
 第二節 いじめがより深刻化するとき
 第三節 男女のいじめの違い
 第四節 学校現場のいじめの現状
第四章 いじめの回避策
 第一節 大人のいじめの回避策
 第二節 子どものいじめの回避策
 第三節 教育現場における環境的回避策

 

いじめの本質にあるものは

冒頭のあたりで

もしかしたら「いじめを根絶しよう」という目標そのものが、問題への道を複雑にさせているのではないでしょうか。
「いじめは『あってはならない』ものだ」と考えることが、その本質から目をそらす原因になってしまっているのではないでしょうか。

といった提言に少々ドキッとする。

 

もちろん、筆者の言いたいところは、「いじめ」の肯定では当然なくて

近年、こうした人間集団における複雑かつ不可解な行動を、科学の視点で解き明かそうとする研究が世界中で進められています。
その中でわかってきたことは、実は社会的排除は、人間という生物種が、生存率を高めるために、進化の過程で身につけた「機能」なのではないかということです。
つまり、人間社会において、どんな集団においても、排除行動や制裁行動がなくならないのは、そこに何かしらの必要性や快感があるから、ということです。

といったように、この問題を「倫理観」や「哲学」あるいは「教育」の側面だけで考えるのでなく、生物学的なアプローチ、すなわち、この排除活動が我々に遺伝子に組み込まれてきた理由とか、この排除活動をすることと、オキシトシンなどの分泌などが関連していることなどの科学的アプローチ、心理学的アプローチでも捉えることの重要性を訴えている。

そして、

もともとセロトニントランスポーターS型が多い日本人です。
慎重型、体制順応型が多い日本人の、裏切り者検出モジュールの検出基準は、いじめる人も、いじめを傍観する人、さらには担任の先生も、それほど違いはありません。
ですから、オーバーサンクションを受ける人の、いじめる側が指摘する部分に、それらの人が無意識に同調してしまうということがあります。

といったところは、「民族的な遺伝形質」とも無縁ではないことを教えてくれるのであるが、こうなってくると、「いじめ問題」の解決には、学校単位や市単位の議論ではおさまらない気がしてきて、少々暗澹としてくる。

 

かといって、国レベルの広域的な議論で解決するか、というと文科省はじめ国においてもスローガンや教育委員会へのお達しは目にするものの、決め手となるものは見当たらないような気がするところが問題っちゃ問題ですな。

 

ただ希望のタネと思うのは、イジメは生物学的な要素や民族的な要素もあるということは、いじめられている当人が自分に責任があるんじゃ、などと悩む必要はないということでもある。

ならば、理不尽な圧迫からは逃げ出すことも、立派な防衛手段になるということ。だって、時の政府が弾圧してきたときに、亡命するってのは

 

いじめへの対処法は

もちろん本書でも、いくつかの対処方法は示されていて、

・類似性を刺激しないために、たとえば「若さ」とか「女性らしさ」を強調しすぎない

・獲得可能性を下げるために「この分野はあの人には敵わない」と思わせるためにプロフェッショナルであることを演出する

・自分を「斜め上から目線」で観察し、自分の行動を考えたり制御する。自分はどういう類いの人間で、周りからどう見えているのか、どう思われているのか、自分の発言で周りの人にどういった影響を与えるのかなどを考え、自分のとるべき言動を判断する。

といったものなのだが、どちらかというと個人的な防衛策に力点があるように思えるのは、「いじめ」のもつ「構造的な原因」ゆえであろうか。

まとめ

いずれにせよ、この問題、依然として教育あるいは社会的に暗い側面を増してくることは間違いない。

案外に、本書にいうように「不寛容は理性や知性によって克服できるはずだと考える人もいるかもしれませんが、脳の仕組みからは、それは極めて困難です。」といった生物学的な限界・性向をきちんと認識しながら、医学的、生物学的な対処方法を考えていく、そんな方法論が必要なのかもしれない。

そうした時、そんな分析体制や検討体制が、市レベル、県レベルでつくれるかとなるとちょっと心もとない。とりわけ、臨床医学でなく、実践的な脳科学も含めた研究者たちの関与を入れようと思えば、ここは国レベルの関与が必要担ってくるように思う。

 

その上で、「いじめ」の地域性という面も否定できないから、県あるいは市といった「地域」の目線をいれることのできる主体がそれに乗っかってくという構図が一番好ましいのではないだろうか。

 

少なくとも、当事者たちが寄り集まって議論する場だけで、原因分析と解決策を考えさせていても、全く有効打にならないような気がしますが、いかがでありましょうか。