コミック」カテゴリーアーカイブ

織部は「豊徳合体」を進めるが難航。さらに、秀忠・お初の仲も微妙に ー 山田芳裕「へうげもの 18服」(モーニングKC)

茶人大名・古田織部をメインキャストにした「数寄」マンガ。年代的には1608年2月から1610年10月まで。イベント的には、織部が秀忠の茶道指南に任命されているほかに、薩摩が琉球を支配下においたり、大名の所有する500石以上の軍船と商船を幕府に没収する「大船建造の禁」がだされたり、と幕府の統制の陰が濃くなってきている時代でありますね。


ちなみに、先回のレビューで「十二服」としておきながら、「18服」と突如、数字が飛んだのは、講談社の文庫版が十二巻の「第百八十六席 けだもの来たりて」までで新刊がでていないので、当方がモーニングKC版に乗り換えしたためである。文庫版が一巻あたり16話、KC版が一巻きあたり11話となっているので、文庫版を買っている人は、ここらへんの数字を目安に乗り換えを考えるといいでしょうね。

Amazonはこちらから → へうげもの(18) (モーニングコミックス)

 

【収録と注目ポイント】

収録は

第百八十七席 未来世紀JAPAN
第百八十八席 Adam ef Eve
第百八十九席 La Dolce Vita
第百九十席  DESIREー劣情)
第百九十一席 愛の十字砲火
第百九十二席 Bloody Christmas
第百九十三席 本気でちょっちゅね
第百九十四席 沖縄Bay Blues
第百九十五席 PLEASE.PLEASE.PLEASE
第百九十六席 お嫁においでYO
第百九十七席 安泰とロープ

となっていて、冒頭は長谷川長安がお茶々様に「けしからぬ振舞」をするところで始まるのだが、史実かどうかは闇の中でありますね。

続きを読む

織部正は「豊徳合体」に向け、秘策を繰りだすのが・・ ー 山田芳裕「へうげもの 十二服」(講談社文庫)

茶人大名「古田織部」を主人公に描かれる歴史マンガ「へうげもの 十二服」では年代的には1606年8月から1608年3月までの約2年間がとりあげられる。
関ヶ原の戦から6年後、大坂冬の陣の6年前ということで、大きな歴史的な事件はないものの、陰では、豊臣家側と徳川幕府側が、主導権を巡って争っていた時代を描くのが今巻で、時代の閉塞感が漂う中、織部正の怪しげなたくらみと「へうげ」の数寄が炸裂していく。

Amazonはこちらから→へうげもの 十二服 (講談社文庫)

 

続きを読む

関が原は、茶人大名をどう変えていったか ー 山田芳裕「へうげもの 十一服」(講談社文庫)

数寄大名として戦国末期から江戸初期にかけて一世を風靡した「古田織部」を主人公にしたマンガの講談社版の文庫の第11弾。
千利休といった先人の死や、戦乱を乗り越えて、風格を増してきた「織部」なのであるが、関ヶ原という時代の景色を大きく変える事態を迎え、そのスタンスもなにかしら、権力者の望む姿と離れていく姿を描き始めているのが今巻である。

Amazonはこちらから→へうげもの 十一服 (講談社文庫)

 

【収録と注目ポイント】

収録は

第百五十四席 September Rain
第百五十五席 横綱トリッパー
第百五十六席 Flying Sohsho
第百五十七席 グリーンスパイダー
第百五十八席 ぼくたちは失敗
第百五十九席 H jungle with T
第百六十席  星屑の記憶
第百六十一席 千年のごとく
第百六十二席 名物は買わない
第百六十三席 イシダイシダ
第百六十四席 Forget Me not
第百六十五席 アイ・ラブ・ユー、OF
第百六十六席 パラダイス京都
第百六十七席 Samurai,Pottery & Violence
第百六十八席 feels So-AN good
第百六十九席 TOUCH BOYS
第百七十席 North windy lady

となっていて、時代的には、1600年9月14日から1605年6月までの間の物語なので、関ヶ原の戦、徳川家康の征夷大将軍の就任、二代目徳川秀忠が征夷大将軍位を引き継ぐといった、安土桃山時代から、江戸時代へと移っていく時代である。

続きを読む

弾正爆死から中国攻めへ。そして、ケンが「本能寺」を防ぐ鍵は? ー 梶川卓郎「信長のシェフ 23」

現代社会から戦国時代末期にタイムスリップした、フランス料理のシェフ・ケンが、織田信長の専属シェフとなって、料理だけでなく、信長の命を受けて、彼の天下統一に協力していく「信長のシェフ」シリーズの第23弾。
今回は、第22巻で、松永弾正から、助命と引き換えに「平蜘蛛」を受け取りに、信貴山城に単身乗り込む場面の続きから始まる。

【構成と注目ポイント】

構成は

第190話 信貴山城燃ゆ
第191話 ケンの処罰
第192話 信長の土産
第193話 彼方へ
第194話 光秀の仕事
第195話 招かれざる訪問者
第196話 康長の故郷
第197話 混沌の先

となっていて、天正五年十月の松永弾正の爆死から、上杉謙信の死去と秀吉が但馬を制覇し、次の三木城攻めにとりかかるところと荒木村重の謀反前夜の天正六年の早春までが本巻。
なので、今巻は大規模な戦闘らしい戦闘はなく、中国攻めの本格化により毛利の本体との激突と荒木村重の謀反までの、しばらくの間の「ため」の期間なのだが、主人公の「ケン」的には、天正十年六月の本能寺の変をなんとか食い止めようとして、一緒にタイムスリップした現代人を探し出そうとして、霧の中を彷徨っているような期間である。

続きを読む

タミルとスミスが再会。愛は「砂漠」を乗り越えるのだ ー 森薫「乙嫁語り 11」(芳文社コミックス)

砂漠の中で、両方が想い合っていながら、わずかな行き違いから別れてしまった、スミスとタミルの再会である。再会自体は先巻の10巻で果たしているのだが、今巻は再会するまでのアミルの旅であるとか、再会してからの二人の行く末について描かれるのが本書である。

【収録と注目ポイント】

第七十話 寒中歌
第七十一話 あれから
第七十二話 約束
第七十三話 湿板写真
第七十四話 前日
第七十五話 南へ
第七十六話 時計
第七十七話 アンタリヤ

となっていて、第七十話は、このシリーズで時折、挿入歌っぽく入れられる「ポエム」のような短編で、メインとなるのは、鷹好きのティレケが、カルルクが冬営しているところまでやってくる話。物語が始まる前の、食前酒みたいな味わいですね。

 

続きを読む

女子たちによる「ふぁーっ」としたキャンプ・マンガに癒やされる ー あfろ「ゆるキャン 1」(芳文社)

キャンプや登山というとむさ苦しい男たちが、大きなリュックを背負って、大汗をかきながら険しい道を登り、山中のクマでもでそうなところで、テントを張って、焚き火で飯盒で飯を炊く。目指すは、あの「山の頂」ってなシチュエーションが一昔までの定番であったのだが、昨今は豪華なホテルの脇のキャンプ場で、セッティングされたテントで、調理された料理を楽しむ、ってな「グランピング」がブームとなってきて、そのイメージも変わってきた。
ただ、「キャンプ」や「登山」というイメージを大事にすると、そういう「至れりつくせり」の設定もどうかな?、と思う人も多いハズで、そういう流行に、ちよっと一石を投じるのが、登山でいえば「ヤマノススメ」、キャンプでいえば、本書、あfろの「ゆるキャン」であろう。

【収録は】

第1話 ふじさんとカップラーメン
第2話 野クルへようこそ
第3話 ふもとのソロキャンガール
第4話 富士山と鍋キャンプ
第5話 道具を揃える所からがキャンプです
第6話 冬キャンプと山カフェ
番外編 日曜日とロッキングチェア

 

が第一巻の収録となっていて、登場人物は、メインキャストが、キャンプ初心者の「各務原なでしこ」とソロキャンプ大好きで群れない少女「志摩リン」、「野外活動サークル」略して「野クル」の先輩部員「犬山あおい」「大垣千明」といったキャストで、まあ、フツーにいそうな女子高生たちである。

続きを読む

古代ローマ人に”とりあえず、風呂!”の「生き方」を学ぶ ー ヤマザキマリ「仕事にしばられない生き方」(小学館新書)

古代ローマ帝国と現代の日本を舞台にしたタイムスリップもの的お風呂マンガ「テルマエ・ロマエ」で大ヒットし、現在は、同じく古代ローマの政治家にして博物学者の「プリニウス」を主人公したマンガを連載中の筆者が、自らの半生を振り返りつつ「仕事」「お金」についてのあれこれの雑感をまとめているのが本書。

【構成は】

はじめにーどんな場所でも行きていける私になりたくて
序章 やりたいことで生きていく
 ー母・量子の場合
第1章 働くこと、自立すること
 ージュゼッペとの日々
第2章 持てる力をすべて使って
 ーテルマエ前夜
第3章 風呂か、それとも戦争か
 ー先人たちが教えてくれること
第4章 私の働き方改革
 ートラブルから学んだこと
第5章 仕事とお金にしばられない生き方

となっていて、第1章から第2章までは、、演奏家で自由な母親と妹との幼少時代にはじまり、イタリアへの絵画留学、そこで知り合った詩人・ジュゼッペとの同棲、そして、彼と別れた後、現在は小さな出版社を経営する、歴史研究家のペッピーノとの結婚と息子・デルスの成長といった、彼女の半生記的なところ。
第3章が、「テルマエ・ロマエ」などのローマものを通じて筆者が考えた、皇帝ネロやプリニウス、ハドリアヌス帝の生き方と、古代ローマ人の「風呂好き」についての考察。
第4章が、「テルマエ・ロマエ」の大ヒットによって生じた生活や周りの環境の大変化をどう乗り越えたかといったあたり。
そして、最後の第5章が、前章までを受ける形で、お金や仕事、あるいは人生全般についての雑感という形でまとめられていて、どちらかというと主義主張を述べるというより、エッセイに近いものであるので、拾い読みをしていくよりも、読み飛ばしでもいいから、ざっくりと最初から最後に向かって読んでいく、という読み方が良いようですね。

 

続きを読む

「ゆきちゃん」と「おかあさん」の心がほっこりと温まる物語をどうぞ ー ながしまひろみ「やさしく、つよく、おもしろく」(株式会社ほぼ日)

「ほぼ日刊イトイ新聞」に連載され、離婚したて(?)の「おかあさん」と小学校1年生の「ゆきちゃん」の一年を描き、「こころをふるわせる」マンガとして評判をとっていたものが書籍化されたのが本書「やさしく、つよく、おもしろく」。

一話ごとの終わりには糸井重里さんのことばがはさまっていて、これがまたそれぞれの話をきちんと締めくくっているので、一話で二度楽しめる、というつくりになっている。

【収録は】

ひとりぼっちは北極星の光/変わる/ほんとに話かったのは/ぼくの夢/青春は/
ありがとうを受け取る耳/Only is not Lonely./ともだちとは/
『こどものときには言えなかった。』/美しいもの/ツリーハウスの精神/
口角をあげろ/おにいちゃんのように/寝ちゃう/みんなが持てるもの/記憶/
まだ名付けられていない肯定的な感情/無敵の人/「じぶん」という作品/
てらだくん/ちゃんと食ってるかい/目を自分から離さないと/うまく言えないこ/
やみくもに変わろうとするな/カッパは待っている/夢は、ほらに似ていて/
「がんばれ」/おかあさん/好きも嫌いも/まずは、ボールだ/世の中を嘆かず/
なんども、思わず/be動詞/誕生日も結婚記念日も/そのやさしさを/愛がなくて/
こころを引き受けろ/ちかちゃん/あとあとのために/平凡に美しい季節/紙一重/
暗闇なんかない/あらゆるものごとは生きもの/哀しき王様/伝わらない荒野の面積/
弱気と勇気/さよなら/未来のじぶんが/じぶんが誠実かどうか/はたらこう/
冬の雨/肯定的どっちでもいい/ことばがきれいなほうが/とても当たり前のこと/
ハッピーエンド

となっていて、Webの連載に加えて、何作かのかきおろし版も加えられているので、Web版で読んだよ、という人にも「お得」なつくりとなっている。

「ゆきちゃん」の一年生の一年間を扱った、収録されている掌編の数々の前後に、プロローグとエピローグのような話がセットされている。
プロローグは、離婚して娘との新生活を始めたばかりのようで、新入生にとなる「ゆきちゃん」と新しい職場に勤める「おかあさん」の不安な雰囲気を漂わせていているのだが、エピローグは、当方的には、成長した「ゆきちゃん」が新しい職場に勤め、「雪」の降りそうな夜空を見上げているように解釈した。
成長した「ゆきちゃん」が幼い頃を回想したのが、この一冊という展開で、それまでのゆきちゃんとおかあさんの二人の一所懸命で健やかな年月を思わせて、最終話の「ハッピーエンド」の暗転する舞台からの大団円のような展開とあわせると、最後に「ふぅ」と安堵させてくれる。

続きを読む

猫ハンドのお涼さまはいかが ー 田中芳樹・垣野内成美「女王陛下の招き猫ー薬師寺涼子の怪奇事件簿」(アフタヌーン・コミックス)

本巻は「魔境の女王陛下」の前の作品であるらしく、海外が舞台となることが多いこのシリーズには、珍しく「国内」しかも東京都が舞台である(もっとも東京都下の「島」なのだが)。ただ、この島は「猫だらけ」の島という設定で、女王陛下版「化け猫」の物語といったところであろうか。

【収録は】

第1話 波の果は猫の島
第2話 鈴々・猫々・オッドアイ
第3話 一難去ってまた一猫
最終話 夜の夢に鈴は鳴る
番外編 休日も!おまわりさん

となっていて、第1話から最終話までは、東京都の寝掛島の「ネコロジー祭」というイベントで起きた殺人事件に、我らが「お涼さま」が捜査に乗り出す話。

番外編は、「女王陛下の招き猫」とは関係なくて、日頃、お涼さまの下僕として日夜働いている泉田警部補の、ゆるい休日の一コマが描かれている。

【あらすじと注目ポイント】

本編の「女王陛下の招き猫」での事件の解決のキーは、この島に残る「唐羽長者の伝説」の長者の家とされている廃墟。島中が猫な中で、このハイ廃屋も猫の住処となっているのだが、ここに、猫を愛していると主張するクローリー・ロワイヤルという外人や片目を隠した少年やらが現れて、怪奇仕立てを整えている。

物語の展開は、殺人事件の犯人を、いつものメイド二人組が片付けるあたりで終わりかな、と思わせておいて、実は本題である、「唐羽長者」が隠したといわれる財宝探しへと誘導する筋立てである。

注目すべきは、物語の初めの方で、お涼さまが島に上陸してすぐの時。

猫ハンドの屋台の店員の代理として、お涼さまが、猫ハンドで、あれこれお戯れのところは、なんとも魅力的でありますよ。室町警視ファンは、彼女が猫アレルギーで、くしゅんくしゅんするところに、ニンマリするかもしれんですね。

番外編の方は、泉田警部補と室町警視の清く正しい図書館での休日に、お涼さまが乱入して邪魔立てをする話。当方はお涼さま派なのだが、この話では室町警視を応援したいですな。

【レビュアーから一言】

今回は、「猫の呪術」とか、「オッドアイ」の猫とか、怪奇ものの道具立ては揃えてあるのだが、軽いタッチで仕上げてあって、ホラー色は薄い方である。
ただ、このシリーズの、特にコミック版の楽しみは、ストーリーと同列で、お涼さまの姿を愛でるところにあって、そのあたりはきちんとおさえてあるので、安心してお読みください。

300歳の独身魔女の「こじらせ」ストーリー ー 「魔女は三百路から」(白泉社)

地味で年齢を重ねた、職場のお局様という存在は、漫画の主人公としてはあまり向いている方とは思えないのだが、三百路(みおじ)となった独身魔女となると、年季が入って熟した魅力が出てくるものらしい。
まあ、こんな感じの女性であるので、300歳とは思えないほど若々しい感じでありますね。

Majyo 300sai 01

【収録は】

第1夜 300年の孤独
第2夜 冒涜的夜会
第3夜 憤怒の満ち
第4夜 生涯魔女宣言
第5夜 魔女の血
第6夜 逢魔が時
第7夜 運命の悪戯

の7編なのであるが、魔女が主人公とはいっても、おどろおどろしい怪奇ものっぽいストーリーや、魔女がその魔術を使って男性を・・、といった展開を期待してはいけない。実のところ、300歳を重ねた独身(魔女)女性の「こじらせ」ストーリーである。

 

【注目ポイント】

主人公の黒川御影は、江戸時代には「月影の魔女」として恐れられた(なんで恐れられたのかは定かではないが)経歴のせいか、悲しい男性経験は積み重ねるほどたくさんあるようで、梅毒で死んだ男や、男に借金を踏み倒された話などなど、普通なら複数の女性のダメンズとの経験を、一人で経験しているのだから、その鬱積も数人分というわけである。

とはいうものの、おひとりさま結婚式を挙行したり、過去の片思いの相手・高杉晋作の生まれ変わりらしい同僚のに鰹節まみれの姿を見せて自己嫌悪に陥ったり、とか、かなり痛々しい行動がつづくわけで、
第一巻の結末は

Majyo 300sai 02

ということなんである。

【まとめ】

今後の展開はどうなることやら霧の中なんであるが、まあひとまずは、300歳魔女の「おひとり様」継続中のあれやこれやと気楽に読んでおきましょう。