コミック」カテゴリーアーカイブ

武田信玄動く。センゴクは佐久間信盛とともに家康軍に参加 ー 宮下英樹「センゴク 9」

美濃・斎藤家の落ち武者から国持大名にまで出世したのに、自らの突出によって島津との戦に敗戦して改易。一家離散のどん底から再び国持大名まで出世。さらには徳川二代将軍のときには「秀忠付」に任命されるなど徳川幕府の重鎮となった「仙石久秀」のジェットコースター人生を描く「センゴク」シリーズの第1Seasonの第9巻。第1Seasonでは、稲葉山城落城から浅井家滅亡までが描かれるのだが、三方ヶ原の戦の前夜というところが本巻。

前巻の最後のほうで、浅井勢の攻略のため、織田軍が小谷城近くのトラ午前山に砦を構築、浅井の要請を受けて朝倉勢も後詰め(救援)に動いた様子を見て、戦国最強と言われた武田軍が上洛に向けて動き始めます。一方、センゴクのほうは、比叡山焼き討ちでお蝶を助けるために脱隊した罰を受け、佐久間信盛のもとへ預けられます。武田軍の猛攻を受ける中、新しい境地のセンゴクが到達するきっかけとなります。

【構成と注目ポイント】

第9巻の構成は

VOL.80 武田の四将
VOL.81 退き佐久間
VOL.82 馬場美濃守信春
VOL.83 甲府出陣
VOL.84 第一の寄せ
VOL.85 岩村城陥落
VOL.86 届けたい想い
VOL.87 次郎三郎の賭け
VOL.88 小山田兵衛尉信茂
VOL.89 信玄の初手

となっていて、まずは信玄の居城・躑躅ヶ崎館に、山県、馬場、高坂、秋山の武田の中心となる四将が集められ、四方から織田・徳川連合軍へ攻めかかることが信玄から宣言されます。上洛を虎視眈々と狙っていた信玄が、その年齢や織田勢の台頭から満を持して、の行動ですね。これによって、比叡山の焼き討ちで綻んでしまった「信長包囲網」ががっちりと再構成されることになります。

続きを読む

北条五代の統治は、籠城による徹底抗戦を選ぶ ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 15」

 

美濃・斎藤家の落ち武者から国持大名にまで出世したのに、自らの突出によって島津との戦に敗戦して改易。一家離散のどん底から再び国持大名まで出世。さらには徳川二代将軍のときには「秀忠付」に任命されるなど徳川幕府の重鎮となった「仙石久秀」のジェットコースター人生を描く「センゴク」シリーズの第4Seasonの第15巻。

 

海外雄飛による貿易で経済政策を活性化しようと考えていたのだが、造船技術の未熟さで断念した秀吉が、帳尻を合わすための策が「北条攻め」であったのだが、その「後北条家」の二代目・氏綱から四代目・氏政までの「後北条史」そしてそれを受け、五代目・氏直は、秀吉に北条攻めに対し、どんな戦術を選択したのかが描かれるのが本巻。

 

【構成と注目ポイント】

 

構成は

 

VOL.118 後北条氏初代
VOL.119 不可思議なる御仁
VOL.120 三国同盟
VOL.121 若殿様
VOL.122 城前
VOL.123 立派な国
VOL.124 北条のために
VOL.125 合戦仕度
VOL.126 馴染み

 

となっていて、後北条氏の初代・伊勢宗瑞から二代目・北条氏綱へ代替わりしての本巻のスタート。名字のところを見ての通り、

 

 

「北条」と名乗り始めたのは二代目・氏綱からで、地味ながら版図を拡大し、関東管領の職を獲得しています。

 

続きを読む

悪夢の比叡山攻め始まる。センゴクは脱走し、お蝶のもとへ ー 宮下英樹「センゴク 7、8」

センゴク(7) (ヤングマガジンコミックス)

美濃・斎藤家の落ち武者から国持大名にまで出世したのに、自らの突出によって島津との戦に敗戦して改易。一家離散のどん底から再び国持大名まで出世。さらには徳川二代将軍のときには「秀忠付」に任命されるなど徳川幕府の重鎮となった「仙石久秀」のジェットコースター人生を描く「センゴク」シリーズの第1Seasonの第7巻と第8巻。

前巻で浅井、朝倉、斎藤、本願寺で形成する第1次信長包囲網にまんまとはまり込んだところをなんとか逃れたのだが、本願寺の武力と金力の前に翻弄しまくられる信長軍であるのだが、この7巻と8巻で史上悪評の高い比叡山の焼き討ちが描かれる。

【構成と注目ポイント】

7巻の構成は

VOL.60 報恩講
VOL.61 膠着
VOL.62 会いにゆく
VOL.63 各個撃破
VOL.64 望みなし
VOL.65 鳥居兵庫助
VOL.66 焼き討ち前夜
VOL.67 比叡山突入
VOL.68 脱走
VOL.69 にない堂

8巻は

VOL.70 強き者
VOL.71 闘え
VOL.72 死線を超えて
VOL.73 地獄の業火
VOL.74 突破
VOL.75 堪忍な
VOL.76 比叡山陥落
VOL.77 武田法性院信玄
VOL.78 三河徳川家
VOL.79 将棋の駒

となっていて、まず7巻では、本願寺顕如が改めて登場。民衆のまえで説教し、大人気の姿を見せるのだが、

一旦舞台を降りると、戦国大名の冷徹な姿を見せる二面性が印象的ですね。この顕如が取った策が、延暦寺に立て籠もる朝倉、浅井軍を包囲した信長軍の美濃との通路を封鎖して、信長軍の食料を断つという手段にでます。金を湯水のように使って、南近江の豪族や門徒宗を放棄させる作戦で、こういうのは金と宗教を握る「本願寺」でないとデキない技ですね。

続きを読む

信長の海外雄飛を脅かす「南蛮」が忍び寄る ー 梶川卓郎「信長のシェフ 25」

現代からタイムスリップをしたフレンチのシェフが、織田信長の専属料理人となった上に、彼の命を受けて信長の前に立ちはだかる様々な難題を「料理」によって解決していく「信長のシェフ」シリーズの第25巻。

時代的には、石山本願寺との争いはまだ決着しておらず、反旗を翻した「荒木村重」もまだ頑強に抵抗中ということで、浅井・朝倉はすでに滅ぼし、武田信玄。上杉謙信といった戦国の雄も亡くなって信長の天下一統の目前となっているのだが、まだまだ敵の多いときですね。

【収録と注目ポイント】

収録は

第206話 秘匿の兵器
第207話 激震
第208話 織田を討つ策
第209話 謀叛の裏側
第210話 風味よき酒
第211話 宣教師の使命
第212話 オルガンティーノの進物
第213話 偽りの理由
戦国めしRecipi パンナコッタ蜂蜜とスパイスソースがけ

となっていて、まずは、織田の九鬼水軍と、毛利の村上水軍との激突。最初の激突は、第20巻ででてくる「第一次木津川の戦」の時。織田軍の包囲網を突破して石山本願寺に物資を運び込むという同じシチュエーションなのだが、先回の時は、土鍋に火薬をつめて投げ込み船を炎上させる「焙烙火矢」や小舟の集団攻撃で、九鬼水軍は惨敗であったのだが、今回も

と村上水軍の長・村上武吉の采配は見事であるのだが、信長が用意したのは

といった完全武装の鉄鋼船。ここらには、戦の形態を「刀槍の戦」から「鉄砲の戦」に変えてしまった、信長の革新性が現れています。ここらにも信長が関所の廃止などの重商政策を進めてきた理由がわかるようです。
結果として、第二次木津川の戦では、

と「熟練」は「技術力」の前に破れてしまうのですな〜。

本巻の中ほどから、南蛮の宣教師・オルガンティーノが登場してきます。オルガンティーノは、ルイス・フロイスとともに日本のキリスト教の布教に力を尽くした人で、ネットによると「明るくて魅力的で日本人の人気があった」とあります。パンの代わりに米を食べたり、仏僧の着物を着たりとかしていたらしく、まあ人気のある外人タレントのような感じですかね。

で、このオルガンアティーを信長が安土に呼ぶのですが、その発端は、九州の貿易商人から先だって信長がつくったように大筒を積んだ船を肥前で見たいう話から。信長には、将来の対外戦略を睨んだ魂胆があるのですが、オルガンティーノのほうにも

といった含むところがあるようです。まあ、イエズス会っていうのはインドでもアメリカでも布教活動がスペインとかポルトガルとかの当時のヨーロッパ列強の侵略と同一軌道にあったことは有名なので、本書で描かれている路線もあながち虚構でもないかも。もっとも、オルガンティーノは禁教令後も日本に残り、1597年の日本二十六聖人の殉教の際には、彼らの削ぎ落とされた耳の受取人になって、彼らの供養(?)をするなどしてくれているし、「輪たちには全世界じゅうでこれほど天賦の才能をもつ国民はないと思われる」と日本人のことをベタ褒めしてくれているので、あまり悪く言っちゃいかんかもしれんですね。

本巻では、ケンの調理場に

といった風情で現れて

と言い放ちます。しかも、ケンたちではけして「作れない」料理をつくるというのですが、彼がつくるのは果たして・・、と言ったところで、詳細は本書で確認してください。本書でオルガンティーノの生まれ故郷がイタリアであることは間違いないです。

ちなみに、本巻でのケンの料理は「鳩の卵と季節料理の温かい前菜・アイオリソース」「シュトレン」「パンナコッタ蜂蜜とスパイスソースがけ」「雌牛肉と米の煮込み」といったラインナップですので、詳しくは原書で。

【レビュアーから一言】

本巻のなかほどで、信長が

と光秀に謎をかける場面がでてきます。光秀は信長を殺すための条件として、信長の警備が手薄で近くに重臣の軍がいないこと。徳川家康を封じること、などの条件を出し、その条件が揃うのはほぼ無理、となるのですが、「本能寺の変」は、光秀がこうしたシミュレーションを繰り返すうちに、「今ならできる」と魔がさしたこのかもしれんですね。

信長のシェフ 25 (芳文社コミックス)
梶川卓郎
芳文社 (2019-10-16)
売り上げランキング: 661

【関連記事】

「信長のシェフ1〜3」

梶川卓郎/西村ミツル「信長のシェフ 4」(芳文社)

西村ミツル・梶川卓郎「信長のシェフ 5」(芳文社コミックス)

梶川卓郎・西村ミツル「信長のシェフ 6」(芳文社コミックス)

西村ミツル・梶川卓郎「信長のシェフ 7」(芳文社コミックス)

西村ミツル・梶川卓郎「信長のシェフ 8」(芳文社コミックス)

西村ミツル・梶川卓郎「信長のシェフ 9」(芳文社コミックス)

西村ミツル・梶川卓郎「信長のシェフ 10」(芳文社コミックス)

西村ミツル・梶川卓郎「信長のシェフ 11」(芳文社コミックス)

西村ミツル・梶川卓郎「信長のシェフ 12」(芳文社コミックス)

西村ミツル・梶川卓郎「信長のシェフ 13」(芳文社コミックス)

西村ミツル・梶川卓郎「信長のシェフ 14」(芳文社コミックス)

西村ミツル・梶川卓郎「信長のシェフ 15」(芳文社コミックス)

織田の家督相続の宴はクーデターの危機をはらんでいた ー 梶川拓郎「信長のシェフ 16」

本願寺挙兵ス — 梶川卓郎「信長のシェフ 17」(芳文社)

「陰謀」は敗れるからこそ面白い — 梶川卓郎「信長のシェフ 18」(芳文社)

「瑤子」と「松田」、それぞれの旅立ち — 梶川卓郎「信長のシェフ 19」(芳文社)

天下の情勢は急変、越後の龍・謙信起つ — 梶川卓郎「信長のシェフ 20」(芳文社)

織田と上杉の激突、いよいよ決戦前夜 — 梶川卓郎「信長のシェフ 21」(芳文社)

旧勢力は去れ、と信長は言った ー 「信長のシェフ 22」

弾正爆死から中国攻めへ。そして、ケンが「本能寺」を防ぐ鍵は? ー 梶川卓郎「信長のシェフ 23」

信長の世界雄飛の志は、水軍の若き頭領に届くか? ー 梶川卓郎「信長のシェフ 24」

” t

信長への第1次包囲網成立。強敵の本願寺が姿を表す ー 宮下英樹「センゴク 6」ネタバレ

美濃・斎藤家の落ち武者から国持大名にまで出世したのに、自らの突出によって島津との戦に敗戦して改易。一家離散のどん底から再び国持大名まで出世。さらには徳川二代将軍のときには「秀忠付」に任命されるなど徳川幕府の重鎮となった「仙石久秀」のジェットコースター人生を描く「センゴク」シリーズの第1Seasonの第6巻。

 

前巻で、浅井勢の奇襲をうけて、あわや全滅という危機から、センゴクが浅井勢の先駆け大将・山崎新平を討ち果たしてことによって、一挙に戦局を逆転した織田軍であったのだが、この快挙がボスキャラを呼び出すっていうのが、RPGでも戦国ものでもお決まりで、織田勢の包囲網が形成されるともに、織田信長の仇敵・石山本願寺が信長勢の前に現れるのが本巻。

 

【構成と注目ポイント】

 

構成は

 

VOL.50 蠢動
VOL.51 聖地・比叡山
VOL.52 謀略の夜
VOL.53 本願寺 下間頼廉
VOL.54 信長包囲陣
VOL.55 野田・福島総攻撃
VOL.56 水蜘蛛のごとく
VOL.57 女郎蜘蛛の計
VOL.58 包囲陣完成
VOL.59 本願寺顕如

 

となっていて、まずは斎藤龍興が稲葉山城をおわれた後、復帰を虎視眈々と企んでいる「京都」からスタート。
ここには、龍興が愛人や侍女たちも連れてきていて、センゴクの想い人「お蝶」もその中の一人です。ただ、お蝶は、自分の愛人にする気はなくて、行儀作法を身に付けさせて、美しい「兵器」として使う予定ですね。

 

続きを読む

浅井軍の猛将を、捨て身の攻撃で打ち倒せ ー 宮下英樹「センゴク 5」ネタバレ

美濃・斎藤家の落ち武者から国持大名にまで出世したのに、自らの突出によって島津との戦に敗戦して改易。一家離散のどん底から再び国持大名まで出世。さらには徳川二代将軍のときには「秀忠付」に任命されるなど徳川幕府の重鎮となった「仙石久秀」のジェットコースター人生を描く「センゴク」シリーズの第1Seasonの第5巻。

 

前巻で朝倉攻めを始めた織田信長に対し、野心に燃える信長の妹・お市の方に煽られて、尊敬する義兄・信長に反旗を翻した浅井長政であったのだが、その浅井・朝倉連合軍とオ度・徳川連合軍が激突する「姉川の合戦」が描かれるのが本巻。

 

【構成と注目ポイント】

 

構成は

 

VOL.40 母喰鳥の計
VOL.41 静かな進軍
VOL.42 突撃
VOL.43 山崎心平馬上槍
VOL.44 日本の矢
VOL.45 ゴン兄ィの仇
VOL.46 見してくれ
VOL.47 センゴクvs山崎
VOL.48 断末魔
VOL.49 姉川合戦始末

 

となっていて、通説では、滋賀県北部を流れる姉川をはさんで浅井・朝倉軍1万8千、織田・徳川軍2万8千が戦ったもので、浅井軍の先鋒・磯野員昌が織田軍十三段構えの十一段まで破り、信長の面前まで迫られるが徳川軍の活躍によって窮地を逃れた、というのだが、筆者は

 

 

と「浅井・朝倉軍の奇襲説」を指示していますね。

 

続きを読む

浅井の裏切りによって織田勢、あわや全滅。秀吉とセンゴクは凌げるか ー 宮下英樹「センゴク 3〜4」ネタバレ

センゴク権兵衛(3) (ヤングマガジンコミックス)

 

美濃・斎藤家の落ち武者から国持大名にまで出世したのに、自らの突出によって島津との戦に敗戦して改易。一家離散のどん底から再び国持大名まで出世。さらには徳川二代将軍のときには「秀忠付」に任命されるなど徳川幕府の重鎮となった「仙石久秀」のジェットコースター人生を描く「センゴク」シリーズの第1Seasonの第3巻から第4巻。

 

前巻では、尾張・美濃を手中にした織田信長が足利義昭を奉じて上洛し室町幕府を復興したのだが、すでに室町幕府の力はどん底まで落ち込んでいるので、後ろ盾の信長が気を許すとたちまちグラグラとし始めます。

 

第3巻から第4巻までは、そのグラグラの余波と信長の天下統一に向けた動きが反作用となって、信長の妹・お市を嫁にしていて、信長を尊敬していた浅井長政が裏切り、史上最悪の撤退戦となった「金ケ崎の退き口」が始まります。そして、その危機を辛くも逃れ、信長が反撃に転じる「姉川の戦」の前夜までが描かれます。

 

【構成と注目ポイント】

 

構成は

 

第3巻が

 

VOL.20 六条合戦①
VOL.21 六条合戦②
VOL.22 六条合戦始末
VOL.23 越前進軍
VOL.24 金ケ崎城陥落
VOL.25 殿軍決定
VOL.26 生きる理由
VOL.27 激闘
VOL.28 久蔵
VOL.29 地獄

 

第4巻が

 

VOL.30 両雄激突
VOL.31 殺し間
VOL.32 織田全軍戦闘態勢
VOL.33 坂田・長比争奪
VOL.34 欲望だけで
VOL.35 謀略前夜
VOL.36 謀略 
VOL.37 小谷城焼き討ち
VOL.38 後詰めの計
VOL.39 次郎三郎家康

 

となっていて、まずは、信長の岐阜への帰還を待っていた三好三人衆と斎藤龍興が将軍・足利義昭の御所へ攻めかかります。そこに、当時は、足利家と織田家の両方に臣従している「明智光秀」が登場します。多くの作品では「怜悧」で「繊細」な感じで描かれることが多いのですが、このシリーズでは、

 

 

と顔に化粧を施した「妖しげ」な様子で描かれています。

 

続きを読む

戦国時代随一のジェットコースター人生をおくった男の物語始まる ー 宮下英樹「センゴク 1・2」ネタバレ

センゴク(1) (ヤングマガジンコミックス)
センゴク(1) (ヤングマガジンコミックス)
posted with amazlet at 19.10.14
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 10,717

 

美濃・斎藤家の落ち武者から国持大名にまで出世したのに、自らの突出によって島津との戦に敗戦して改易。一家離散のどん底から再び国持大名まで出世。さらには徳川二代将軍のときには「秀忠付」に任命されるなど徳川幕府の重鎮となった「仙石久秀」のジェットコースター人生を描く「センゴク」シリーズの第1Seasonの第1巻と第2巻。

 

戦国時代の末期、織田信長が天下統一に乗り出していくところから描かれる大長編なのであるが、この時代を描く小説やコミックは、たいてい信長や秀吉、家康といったトップ層か、かれらの側近や軍師として近くにいた黒田官兵衛や石田三成といったところを取り上げることが多いのだが、秀吉の側近とはいっても、戦働きがメインで、しかも大名から一介の浪人までのアップダウンを経験しながらまた復活するという戦国時代でも稀有な人生をおくった「変わり種武将」が主人公という、「変わり種戦国コミック」の幕開けである。

 

【構成と注目ポイント】

 

構成は

 

第1巻が

 

VOL.1 権兵衛登場
VOL.2 馬上の武者
VOL.3 信長の指令
VOL.4 殺し合い
VOL.5 天下布武
VOL.6 藤吉郎秀吉
VOL.7 試し合戦
VOL.8 竹林の軍師
VOL.9 藤吉郎の煙管

 

第2巻が

 

VOL.10 最強の軍団
VOL.11 激突
VOL.12 形勢逆転
VOL.13 センゴクvs可児
VOL.14 決着
VOL.15 武士への本分
VOL.16 信長への使者
VOL.17 センゴク上洛
VOL.18 お蝶の決意
VOL.19 邂逅

 

となっていて、まずは斎藤龍興の治める稲葉山城が織田信長に攻められ、落城するところからシリーズがスタート。

 

続きを読む

秀吉は対外戦略を諦め、その矛先は小田原の「北条」へ ー 宮下英樹「センゴク権兵衛 14」

美濃・斎藤家の落ち武者から国持大名にまで出世したのに、自らの突出によって島津との戦に敗戦して改易。一家離散のどん底から再び国持大名まで出世。さらには徳川二代将軍のときには「秀忠付」に任命されるなど徳川幕府の重鎮となった「仙石久秀」のジェットコースター人生を描く「センゴク」シリーズの第4Seasonの第14巻。

前半部分は、九州攻めが終わって次は海外雄飛か、というはずだったのが、一転して北条征伐と転じるあたりが描かれます。そして後半部分は、攻められる「北条氏」の初代・北条早雲の一代記。早雲は、主筋にあたる堀越公方・足利政知の子の茶々丸を討って、北伊豆を支配下においたことで、戦国の下剋上の幕開けをつくった人物とされていて、かなり悪辣な人物のように描かれることもあるのだが、果たしてそうだったのか、といったところに注目したいですね。

【構成と注目ポイント】

構成は

VOL.109 落首事件
VOL.110 死と生
VOL.111 東へ
VOL.112 すわ
VOL.113 新九郎
VOL.114 裁判
VOL.115 罰
VOL.116 場
VOL.117 国割り

となっていて、前半部分は淀君に子供ができたのを中傷する落首が見つかるところからスタート。
ネット調べてみるとその落首は「大仏の くどくもあれや やりかたな くぎかすがいは 子たからめぐむ」といったもので、今まで子供ができなかったのに、刀狩りで金属を集めて大仏をつくったら子供ができたのね〜、といった内容なのだが、実際のものがどうだったかはきちんとした記録が残っていないようす。案外、淀君懐妊の秘密を知っている者からの情報に基づくもっと「ドギツイ」えげつないものだったのかもしれません。

続きを読む

天才数学者の「大和建造阻止」の「大逆転技」は味方も怪我する「ワザ」 ー 「アルキメデスの大戦 3」

太平洋戦争前の時代を舞台にして、若き天才数学者が、「戦艦大和」の建造中止を企むなど、その数学知識を使って戦争を食い止めようとする異色の戦争マンガの第3巻。菅田将暉さんが主演を務め2019年7月に実写化された「アルキメデスの大戦」の原作ですね。

前巻までで、平山造船中将の提案する大鑑(のちの「大和」)の建造費のごまかしを暴き出した後の顛末が描かれるのが今巻。
建造費偽装を暴いても、それで悪人たちは成敗されました、といかないのが水戸黄門的時代劇と違うところで、大人の事情もからんで紆余曲折することになります。そして、さらにこの会議で「櫂」が見つけ出した当時の海軍の軍艦共通の弱みが大きくドラマを違う方向に誘導していきますので、そこらの流れの変化も楽しんでください。
なお、櫂少佐が売れっ子の芸者さんに入れ込んでいくところもでてきますので、そこらもあわせてどうぞ。

【構成と注目ポイント】

構成は

第19話 踊る会議
第20話 ヒートアップ
第21話 国と巨大建造物
第22話 違和感の正体
第23話 会議の後
第24話 一抹の不安
第25話 水雷艇「峰鶴」
第26話 責任の所在
第27話 藤岡の手紙
第28話 櫂の決断

となっていて、前巻で、平山中将の提案する「大和」の本当の建造費を独自の方法で算定し、彼の報告の嘘を明らかにしたにとどまらず、平山中将が尾崎財閥とつるんでいる、とすっぱ抜いた主人公の「櫂」であったのだが、当然、そんな話が素直に信じられるはずもなく、新艦建造会議は大荒れになります。

ただ、その「荒れ方」が、櫂の女癖の中傷や、永野長官や嶋田少将の芸者遊びなどなど、本筋とは関係のない口喧嘩となってしまい、これでは「海軍」の権威も・・・、という風情です。

続きを読む