吉永南央」カテゴリーアーカイブ

昔なじみとの再会は、家族の自殺の真相へ続く道であった ー 吉永南央「花ひいらぎの街角 紅雲町珈琲屋こよみ」(文藝春秋)

「小蔵屋」の杉本草という、元気ではあるが、推理力抜群のおせっかいなおばあさんをメインキャストに展開される、「紅雲町」シリーズの第6弾。
はじめにとっかかった出来事があらぬ方向に進んでいって、思いもよらない隠れた事実を暴いてしまう、というのが最近のこのシリーズの特徴なのだが、今巻でも、お草さんの昔の思い出から始まりながら、それと全く関係ない、印刷屋の家族の、家族も気づかなかった謎を暴いてしまうという検討違いの方向へ進んでいく物語である。

花ひいらぎの街角 紅雲町珈琲屋こよみ (文春文庫)
吉永 南央
文藝春秋 (2019-06-06)
売り上げランキング: 1,100

【収録と注目ポイント】

収録は

第一話 花野
第二話 インクのにおい
第三話 染まった指先
第四話 青い真珠
第五話 花ひいらぎの街角

の五話。

まず第一話の「花野」は、メインキャストの「お草さん」と、彼女の昔なじみのフレンチ・レストランのシェフ・バクサン(寺田博三)が若かった頃の、文学仲間との再会の話。
かつて、この町で「芸樹家村」をつくろうと活動してた芸術家集団の一員であった男性・田中初之輔と再会した二人は、彼が書いたのだが世に埋もれた名作「香良須川」という小説を自費出版しようと計画する。
自費出版の相談のため、市内の大手印刷会社・アルファ印刷工業に相談に行くと、「個人情報」が漏洩したと密かに話し合われていて・・、というのが今巻の始まり。

続きを読む

祭りの「山車庫」移転話が転じて廃工場の秘密が・・ ー 吉永南央「まひるまの星 紅雲町珈琲屋こよみ」

紅雲町の「和食器と珈琲小売り」の店・小蔵屋の女主人・杉本草の亡き母親が、仲違いしてしまった旧友に遺した形見の着物をなんとかして、その旧友に届けて、今更ではあるが仲直りさせようとしたことと、小蔵屋の敷地内に、祭りの「山車庫」を移転するという話が出るのだが、小蔵屋の将来はどうなるのか、といったごく私的なことが発端で始まる話。

ところが、この小さな転がりが、大きくなって、とんでもないものを引きずり出してくるのだが、それは・・といった展開の「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズの第五弾である。

【収録と注目ポイント】

収録は

第一話 母の着物
第二話 探しもの
第三話 冷や麦
第四話 夏祭り
第五話 まひるまの星

の五話で、今巻は、とても仲がよかったのに、突然仲違いしてしまったお草さんの母親「お瑞(たま)」と鰻屋「うなぎの小川」の女将・清子の仲違いの理由(わけ)を突き止めてしまう話。

第一話の「母の着物」では、小蔵屋に祭りの「山車」を置く「山車庫」の移転話がもちこまれる。もともと小蔵屋の拡張地を買った時の契約で、いずれ「山車庫」を移す約束であったのだが、売り主・山上が株で大損をしたので、今「山車庫」のある土地を売りたい、ということである。山上は実の息子が株で大損して息子と絶縁状態になっていて、「株取引」は大嫌いなはずなのだが・・・、というのが、この話の謎解き。この「山車庫」の移転先として、小倉屋のほかに、「うなぎの小川」の真向かいの工場跡地が候補地なのだが、鰻屋の女将・清子が猛反対しているらしい、というところで本編へ滑り出していく。

続きを読む

寂れたショッピングモールの改修の陰に何がある? ー 吉永南央「糸切り 紅雲町珈琲屋こよみ」(文春文庫)

こういったシリーズ物によっては、より大きな世界を揺り動かす事件であるとか、今進行している巨悪の陰謀といった、より大きな謎に向かっていくものがあって、それにつれてメインキャストの性向が変わってたり、他のキャストにメインの座を譲ったりということがあって、それはそれとして楽しめても、シリーズ最初の頃からの読者は違和感が膨らんでくることがある。

この「紅雲町シリーズ」は有り難いことにそういうことがなくて、シリーズ最初に比べて、「お草さん」の狷介さや気難しさが薄れるという良い意味での変化だけで、その謎解きも、紅雲町周辺の昔に隠されて「謎」を解き明かしていく、という方向を強めている。

【収録と注目ポイント】

収録は

第一話 牡丹餅
第二話 貫入
第三話 印花
第四話 見込み
第五話 糸切り

の五話となっていて、紅雲町の外れにある「ヤナギ・ショッピング・ストリート(通称「ヤナギ」)という名の長屋形式の、昔流行したショッピングストリートの改装にまつわる出来事が今巻の舞台設定。

続きを読む

おばあさん探偵、郷土史に残る捏造事件の謎を解き明かす ー 吉永奈央「名もなき花の 紅雲町珈琲屋こよみ」(文春文庫)

紅雲町の和食器+珈琲小売の店「小蔵屋」の女主人・杉本草をメインキャスト、店の従業員・久美ちゃんをアシスタントに展開されるミステリー、「紅雲町珈琲屋こよみ」の第三弾。

このシリーズは、血なまぐさい殺人であるとか、日本中を巻き込む「巨悪」とかは登場しないのだが、近くにありそうな「地方都市」を舞台に、隣でおきていそうな事件の謎解きと、その陰にある「哀しみ」みたいなものを描いているのだが、今巻も、小倉屋におきる商売の危機とか、地方の歴史研究家の世界に隠れた事件とかを扱っている。

【収録と注目ポイント】

今巻の収録は

第一話 長月、ひと雨ごとに
第二話 霜月の虹
第三話 睦月に集う
第四話 弥生の燈
第五話 皐月の嵐に
第六話 文月、名もなき花の

の六話となっているのだが、第一話から第四話までは一話ごとにそれぞれの事件の解決をしながら、第五話話から最終話までの、この巻の主題となる、この地方の「円空仏」にまつわる、十数年前の地域の歴史研究の不祥事というか捏造事件の真相解明へとつなげていく、といった全体構成となっている。

まず、第一話の「長月、ひと雨ごとに」は、小蔵屋の商売の危機に関する話。
小蔵屋は、お草さんの知り合いの珈琲の卸業者から、かなり破格の値段でコーヒー豆を卸してもらっているので、お草さんが気ままな商売をしてもなんとかなっているのだが、その卸業者の「ミトモ珈琲商会」が代替わりして、アメリカ帰りの娘が事業を受けついだのを機会に、その卸値を見直す動きや、小倉屋の近くにコーヒーショップと小売の店を出すという計画が持ち上がるのである。
「ミトモ珈琲商会」の本音を聞くために、前の社長である現社長の父親に会うのだが、どうやら、父娘の間には、意思疎通がうまく図られていない事情があるようで・・、という展開である。結局のところ、その陰には、出世を図る「ミトモ珈琲商会」の幹部が絡んでいて、とよくある企業内の内紛であるのだが、どこかの家具大手企業とは違って、この父娘は若いしますので、ご安心を。

続きを読む

小蔵屋にライバル出現、しかし、本当の事件は・・・ ー 吉永奈央「その日まで 紅雲町珈琲屋こよみ」(文春文庫)

大観音像のそびえる地方の中核都市で、「小蔵屋」という和食器とコーヒー豆の小売を商う小さな店を営んでいる、70歳がらみの初老の女性、「お草さん」こと「杉本草」を主人公としたミステリーの第二弾である。

ここで「初老の女性」としたのは、このシリーズの帯には「気丈なおばあちゃん」とあるが、この主人公、「じゃじゃ馬」であった女性が年を経て、それなりに丸くはなっているのだが、時によってはトゲを出し、犯人探しの捜査にも乗り出す、といった風情であるためで、クリスティの「ミス・マープル」のような老女性をイメージしては間違ってしまうのでご注意を。

【収録と注目ポイント】

収録は

第一話 如月の人形 第二話 卯月に飛んで 第三話 水無月、揺れる緑の 第四話 葉月の雪の中 第五話 神無月の声 第六話、師走、その日まで

となっていて、それぞれの話の最初の、和暦の「月名」でわかるように、ほぼ1年間の「小蔵屋」の出来事を綴った物語となっている。

続きを読む

ブラックコーヒーのごとく、ほろ苦い「おばあちゃん探偵」ミステリーをどうぞ – 吉永南央「萩を揺らす雨 紅雲町珈琲屋こよみ」(文春文庫)

地方の小都市で、和食器とコーヒー豆の小売をしている「小蔵屋」という店を営んでいる「お草(そう)」さんという、数えで七十六歳という「おばあちゃん探偵」が主人公となるのが、この「紅雲町」シリーズである。

舞台は、本書の中の「小蔵屋のある紅雲町は、二十四万人が暮らす市の市街地に近く、大きな白い観音像が立つ丘陵と幅の広い川の間に位置する地域で・・」や「上越新幹線の本庄あたりで降っていた土砂降りの雨を、草は思い出していた」といったあたりから、群馬県前橋市あたりと推測したのだがどうであろうか。当方は、前橋市の様子には疎いので、詳しい方はお知らせくださいな。

【収録と注目ポイント】

収録は

「紅雲町のお草」
「クワバラ、クワバラ」
「0と1の間」
「悪い男」
「萩を濡らす雨」

の五話。

まず最初の「紅雲町のお草」は、本シリーズのデビューとなる作品で、まずは「小蔵屋」の様子とか、メインキャストとなる小蔵屋を営む「お草」さんや従業員の「久美」ちゃんの紹介のあたりから始まる。そして、この小蔵屋は小売を商っているのだが、店の宣伝のため、コーヒーの試飲サービスを行っていて、ここでの話が事件の兆しを嗅ぎつけたり、事件の解決のヒントを手に入れたり、といった設定である。

続きを読む