森谷明子」カテゴリーアーカイブ

田舎の図書館に起こる「ほんわり」とした謎の数々 ー 森谷明子 「れんげ野原のまんなかで」(創元推理文庫)

最近、流行のミステリーは、心理サスペンス的にちょっと陰惨なところがあるものが多いのだが、そうした中で、ほっとさせる風合いのミステリーがこれ。

舞台は、秋庭市という中小地方都市(雪の降り具合とかを考えると南東北か北陸あたりかと勝手に推測。)のこれまたはずれにある、ススキ野の真ん中に立つ秋庭図書館が舞台。主人公は、一応、ここに配属になった新米司書の「文子」なのだが、まあ狂言まわし、語り部、ワトソン役としての主人公と考えておけばいい。

【収録と注目ポイント】

収録は

第一話 霜降ー花薄
第二話 冬至ー銀杏黄葉
第三話 立春ー雛支度
第四話 二月尽ー名残の雪
第五話 清明ーれんげ野原

となっていて、おおむねススキの咲く晩秋頃からレンゲの咲く早春までの図書館で起こるあれこれの事件というかエピソードで、ワトソン役の「文子」を語り手としながら、ホームズ役のベテラン司書の能勢が謎解きをしていくという筋立て。

売り上げに触らない程度に、判じ物風にレビューすると

第一話の「霜降」は図書館の閉館後もあの手この手で図書館の中に潜り込んでおこうとする小学生たち。彼らが、そんなことをする理由は実は、家族思いの・・・。

第二話の冬至は、図書館の本を使った「暗号」のお話。「暗号」を使って何をしようかってのは、謎を解くまでが興味津々なのだが、なんとなく昔風の軟弱者の恋っていうのはぞっとしないというところか。

第三話の立春は図書館の貸し出しリストの一部が漏洩したことが発端の話。古ぼけた館の中にある宝物は、わかる人にだけわかるってな例え

第四話の二月尽は、突然の雪に降り込められ、秋庭図書館に敷地を提供した秋葉氏の邸宅に泊まられることになった、文子が、秋葉氏が子供の頃に遭遇した「雪女」の謎を解く話。

第五話の清明も、この地の少し昔の事件といえば事件といえる老女の凍死事故の謎解き。春らしく明るくっぽく仕上げようとしてはいるのだが、最近の子供たちが苦難に遭う事件の中で読むと、ちょっと苦い。

といった掌編たちである。

【レビュアーから一言】

少しばかりの苦みはあって、すっきりさわやかといかないところはあるが、血が飛び散ったり、凄惨な争いと殺し合いがあるわけではないので、不満の向きもあるかもしれないが、心が弱っているときのミステリーにはもってこいと思う。

秋葉図書館の人間模様 ー 森谷明子「花野に眠る」(東京創元社)

東京の郊外、秋葉市の秋葉図書館を舞台にした図書館ミステリーの第2弾。
今回の構成は
第一話 穀雨
第二話 芒種
第三話 小暑
第四話 白露
第五話 寒露
となっていて、それぞれが独立した話で秋葉図書館の寄贈者であった秋葉家の孫の佐由留くん父親の実家の秋葉家に滞在中の出来事の謎解きや両親の離婚話の顛末が大きな流れではある。
ただ、途中、第一作の「二月尽ー名残の雪」の秋葉家の現在の当主が子供の頃に見た「雪女」の謎や「冬至ー銀杏」の深雪さんと若き日のの恋愛話の遅まきながらの決着といったことが並行した流れとしてでてくるので、できれば一作目を読んでから、二作目にかかったほうがよいのではないかと、老婆心ながら思うところ。

 

図書館や美術館を舞台にしたミステリーは、世間離れしたところと認識される図書館・美術館で世間のドロドロを持ち込んだような殺人事件や、あるいは贋作・盗作ものといったところが通例であるのだが、この秋葉図書館シリーズはそれとは一線を画すもので、秋葉図書館を舞台にして地域の人々が持ち込んだり、地域の人のそばにある謎解きをするという、ホンワリ系のミステリーといっていい。

 

今回は「雪女」の謎のところで、どことなく暗いイメージが漂うのだが、最後に「希望」を遺した感じで終わらせていて、そのあたりに筆者のこのシリーズに対する温かい目線を感じないでもない。
心荒む時に、しばし殺人や社会的陰謀や深い怨恨のないミステリーで時間と精神をうっちゃるのもいいのではないかな

泉にまつわるストレンジ・ストーリー ー 森谷明子「七姫幻想」(双葉文庫)

「七姫」の謂れは、織女の7つの異称、秋去姫、朝顔姫、薫姫、糸織姫、蜘蛛姫、梶葉姫、百子姫であるらしい。

そのあたりを受けて、収録は

ささがにの泉

秋去衣

薫物合

朝顔斎宮

梶葉襲

百子淵

糸織草子

となっていて、それぞれが独立の物語。話は「七姫」となっているとおり、なにかしら男女の色恋沙汰にまつわる話で、その主人公は、「ささがにの泉」は衣通姫、「秋去衣」は軽大郎女、「薫物合」は軽女、「朝顔斎宮」は藤原娟子、「梶葉襲」は藤原生子こと梅壺女御、「百子淵」は不二原の里の水都刃、「糸織草子」は京都西町奉行所同心の奥方の志乃、といったように素性も、知名度もバラバラで、時代も古代から江戸時代までと、かなり幅広い。

ただ、根っこのところは、先日の「葛野盛衰記」のように、「土地」が主人公の物語といってもいいのかもしれなくて、どれも「藤原の泉」あるいは、そこの出身者ということが共通していて、連続で読むと、独特の共通した風合いが感じられてくる。

ミステリーという分類になるかどうかはちょっと「?」がつくのだが、ストレンジ・ストーリー、異色短編といったところであろう。変わった風味の話が好きな人はぜひどうぞ。

「都」という魔性の存在 ー 森谷明子「葛野盛衰記」(講談社)

この物語をミステリーととらえるかどうか微妙なところであるが、古代に京都府にあった郡で、区域の一部が平安京になっているところ葛野あるいは葛野郡を舞台にした、いかにして「京都」あるいは「平安京」は「都」となり、「都」でありえたのか、という広い意味での時代ミステリーととらえておこう。

構成は

第一部 葛野川

壱之章 兄国弟国

弐之章 宴の松原

参之章 糺の森

第二部 六波羅

壱之章 興隆

弐之章 焼亡

となっていて、第一部は長岡京の建設から始まり、葛野の地に都が築かれ、平城帝の時代を経て、嵯峨帝の時代まで、第二部は、平家一門が権門にのし上がり、清盛の死とともに権勢が衰え、滅ぶまで、という時代背景となっている。

物語の中心となる人々は、各章ごとに替わるのだが、「兄国弟国」では山部皇子の后で乙訓の国出身の伽耶と、その従姉妹の真宗、「宴の松原」では藤原薬子の元夫の藤原縄主、「糺の森」では嵯峨帝の娘の有智子内親王、「興隆」では平忠盛とその妻の宗子、焼亡では忠盛の次男の頼盛と、いずれも、その時代の大きな流れをつくった人の近くにはいるが主流の流れにのってはいない人が「狂言廻し」となっている。

「狂言廻し」と書いたのは、これらの人々が物語の中心ではなく、中心は「都」そのものであるからである。いや「都」というよりも表題の「葛野の松林」が主人公で、そのものがいかにして「都」であり続けることができたか、といった妙な筋の通った物語であるからである。

で、その狂言回しも、中心から少しはずれた人たちを起用したせいで、妙な幻想感をまとっていて、そこが「時代ミステリー」として定義して良いのかな、という冒頭の言葉につながるのである。

少々、読み難い感があるし、人を選ぶミステリーかもしれないが、ガジガジと雰囲気を噛みしだきながら読んでいけば、味わい深い小説であります。

平安時代の女房生活の追体験という不思議な読み心地 ー 森谷明子「白の祝宴ー逸文 紫式部日記」

「千年の黙 異本源氏物語」で大胆にも、紫式部の源氏物語の創作秘話として「かがやくひのみや」の帖がなぜ失われてしまったか?をとりあげ、「古典」も時代ミステリーになるんだと驚かせてくれた、森谷明子氏の「源氏物語ミステリー」の第二弾である。

構成は

序章 応仁二年(一四六八年)

第一章 「御産日記」

第二章 木曽駒

第三章 「中宮女房日記」

第四章 呪符

第五章 「紫日記」

終章 寛文二年(一〇一八年)

となっていて、応仁の頃、「紫式部日記」に祖先の記述があることを確かめることが人生の最大の目的となっている、落魄貴族の娘の後述から始まる。序章で、古い記述では「紫日記」となっていたものがなぜ「紫式部日記」となったのかは突然提示されるのだが、謎解きの本筋はそういうとことではなくて、では「むらさき」とは誰、といったことは本編を読まないとわからない仕掛けである。

物語は、「千年の黙 異本源氏物語」で、左大臣道長に手籠めにされて里下がりした式部が、中宮彰子に請われて再出仕するところからスタートする。中宮御所での仕事は、中宮彰子の御産の時のお仕えする女房たちの記録を集大成すること、なのだが、そこは人間関係の難しい後宮のこと、どろどろの自己顕示欲も渦巻いて、女はコワイな、という感じ。

こういう後宮ならではの人間関係と、当時の左大臣道長を中心とする政治的な闘争、一条帝の後継争いなどがないまぜになって進行するのだが、謎そのものは、中宮彰子の御産の時に、土御門邸に忍びこんだとされる盗賊はどこに消えたのか、というもの。

この謎解きが、冒頭の「むらさき」「紫」とは誰ということに結びつくのだが、これは本編を読まれてのお楽しみ。

こうした時代ミステリーは、謎を解くことが目的と楽しみみたいな「純・本格もの」と違って、今まで疎遠であった、歴史の一時代の空気を感じ、バーチャルで同時体験するのが、楽しみの大きな柱である。謎は謎として、日頃なじみのない平安貴族の宮中のお話をわくわく読むのも良いではないですかな。