東村アキコ

東村アキコ

姫武将・謙信は、幕府奉公衆と恋におちるー東村アキコ「雪花の虎 8・9」

「越後の虎」あるいは「越後の龍」と称され、「甲斐の虎」武田信玄とがっぷり四つで死闘を繰り広げ、「風雲児」織田信長を怖れさせ「軍神」でありつつも、生涯、妻を娶らず、子もなさなかった、「義」に厚い武将「上杉謙信」が実は女性であったという、驚き...
東村アキコ

東村アキコ「雪花の虎 5〜7」ー謙信と信玄の因縁の戦い「川中島の戦」はじまる

「越後の虎」あるいは「越後の龍」と称され、「甲斐の虎」武田信玄とがっぷり四つで死闘を繰り広げ、「風雲児」織田信長を怖れさせ「軍神」でありつつも、生涯、妻を娶らず、子もなさなかった、「義」に厚い武将「上杉謙信」が実は女性であったという、驚き...
東村アキコ

東村アキコ「雪花の虎 2-4」-景虎の将才は心ならずも「兄」を当主の座から追い落す

「越後の虎」あるいは「越後の龍」と称され、「甲斐の虎」武田信玄とがっぷり四つで死闘を繰り広げ、「風雲児」織田信長を怖れさせ「軍神」でありつつも、生涯、妻を娶らず、子もなさなかった、「義」に厚い武将「上杉謙信」が実は女性であったという、驚き...
東村アキコ

「女人」上杉謙信、越後の守護神が始動する ー 東村アキコ「雪花(ゆきばな)の虎 1」

「キリストが日本に渡ってきて秦氏の祖先となった」とか「チンギスハンは大陸に渡った源義経だった」とか、歴史上の「秘話」ってのは、にわかには信じられないようなものもあるのですが、その「死因が「大虫」であった」とか、「”男もおよばぬ大力無双”と...
東村アキコ

マリアがついに無差別犯行を手を染める ー 東村アキコ「美食探偵 明智五郎 6」

イケメンながら妙なデザインのジャケットと時代遅れのループタイを見につけ、美食家ではあるが、普段の昼食がデリバリーの弁当という探偵「明智五郎」が、行きつけのデリバリー弁当屋の若いオーナー「小林苺」とともに、明智が生み出してしまった「殺人狂」...
東村アキコ

アイドルにつきまとうストーカーの冴えた撃退法 ー 東村アキコ「美食探偵 4・5」

イケメンながら妙なデザインのジャケットと時代遅れのループタイを見につけ、美食家ではあるが、普段の昼食がデリバリーの弁当という探偵「明智五郎」が、行きつけのデリバリー弁当屋の若いオーナー「小林苺」とともに、明智が生み出してしまった「殺人狂」...
東村アキコ

姑からの「キッチン・ハラスメント」が殺人を呼ぶ ー 東村アキコ「美食探偵 明智五郎 3」

イケメンながら妙なデザインのジャケットと時代遅れのループタイを見につけ、美食家ではあるが、普段の昼食がデリバリーの弁当という探偵「明智五郎」が、行きつけのデリバリー弁当屋の若いオーナー「小林苺」とともに、明智が生み出してしまった「...
東村アキコ

無礼な「グルメサイト投稿者」を抹殺したのは誰? ー 東村アキコ「美食探偵 明智五郎 2」

イケメンながら妙なデザインのジャケットと時代遅れのループタイを見につけ、美食家ではあるが、普段の昼食がデリバリーの弁当という探偵「明智五郎」が、行きつけのデリバリー弁当屋の若いオーナー「小林苺」とともに、明智が生み出してしまった「...
東村アキコ

殺人は美味い料理の香りとともに ー 東村アキコ「美食探偵 明智五郎 1」

2020年4月開始の日曜ドラマ「美食探偵」が面白そうなので、原作を読んでみました。名探偵というとオシャレやグルメには全く関心がないタイプと、とことんこだわるタイプの二種類に分かれるですが、「東京タラレバ娘」や「海月姫」でおなじみの筆者の手...
タイトルとURLをコピーしました