戦国時代

信長のシェフ

梶川卓郎「信長のシェフ」30=信長の「唐入り」政策の中身は捨て身の「日ノ本」防衛策

現代からタイムスリップをしたフレンチのシェフが、織田信長の専属料理人となった上に、彼の命を受けて信長の前に立ちはだかる様々な難題を「料理」によって解決していく『梶川卓郎「信長のシェフ」(芳文社コミックス)』シリーズの第30巻。 前巻...
新九郎、奔る

ゆうきまさみ「新九郎奔る!」8=京の都の世代交代が進み、新九郎の駿河入り間近

戦国時代の「下剋上」の典型として、堀越公方足利政知の息子・茶々丸を攻め滅ぼして「伊豆」を我が物にしたのを皮切りに、関東管領の上杉氏の家臣から小田原城を奪い取り、その後、相模国を領土とし、戦国大名の魁といわれる「北条早雲」の若き頃の姿を描く...
戦国時代

静子は浅井長政裏切りの歴史改変に成功する?・・ー「戦国小町苦労譚」9

現役女子農業高校生が、戦国時代にタイムスリップして、持ち込んだ21世紀の器具や技術を駆使して、織田信長の治める尾張・美濃の農業生産や織田軍の武器のレベルをとんでもなくUPさせて、信長の「天下統一」を助けて大活躍する、時代改変もの「戦国小町...
センゴク

「唐入り」は虚構のうちに終結するー宮下英樹「センゴク権兵衛」24

美濃・斎藤家の落ち武者から国持大名にまで出世したのに、自らの突出によって島津との戦に敗戦して改易。一家離散のどん底から再び国持大名まで出世。さらには徳川二代将軍のときには「秀忠付」に任命されるなど徳川幕府の重鎮となった「仙石久秀」のジェッ...
戦国時代

歴史の有名人はサイコパスやソシオパスでいっぱいー「戦国武将の精神分析」

織田信長や豊臣秀吉、徳川家康、淀君といった何だか綺羅星を筆頭に、戦国武将や戦国時代を彩った美姫は、歴史小説や時代小説のヒーロー・ヒロインとして、その行動のあれこれが意味深いものとして描かれることが多いのですが、そんな「偉人たち」への敬意は...
新九郎、奔る

新九郎は鬼姫に失恋し、病蔓延の都へ向かうーゆうきまさみ「新九郎奔る!」7

戦国時代の「下剋上」の典型として、堀越公方足利政知の息子・茶々丸を攻め滅ぼして「伊豆」を我が物にしたのを皮切りに、関東管領の上杉氏の家臣から小田原城を奪い取り、その後、相模国を領土とし、戦国大名の魁といわれる「北条早雲」の若き頃の姿を描く...
センゴク

秀吉の「唐入り」を誰も止めず、センゴクは佐竹と勝負ー宮下英樹「センゴク権兵衛」23

美濃・斎藤家の落ち武者から国持大名にまで出世したのに、自らの突出によって島津との戦に敗戦して改易。一家離散のどん底から再び国持大名まで出世。さらには徳川二代将軍のときには「秀忠付」に任命されるなど徳川幕府の重鎮となった「仙石久秀」のジェッ...
信長のシェフ

「南蛮」の野望と「信長」の本音が今、手を結ぶー梶川卓郎「信長のシェフ」29

現代からタイムスリップをしたフレンチのシェフが、織田信長の専属料理人となった上に、彼の命を受けて信長の前に立ちはだかる様々な難題を「料理」によって解決していく『梶川卓郎「信長のシェフ」(芳文社コミックス)』シリーズの第29巻。 前巻...
信長協奏曲

信長は武田本家を降し、毛利本体と対峙するー「信長協奏曲」18−20

現代から戦国時代へとタイムスリップしてきた高校生・サブローはなんと、あの「織田信長」とそっくり。病弱のため戦国時代を生き抜くことが難しいと自覚している「本当の信長」と入れ替わった現代高校生が天下統一へ向かっていく姿を描いたのが本シリーズ『...
信長協奏曲

竹中半兵衛死し、秀吉兄弟の陰謀は深まるー「信長協奏曲」15−17

現代から戦国時代へとタイムスリップしてきた高校生・サブローはなんと、あの「織田信長」とそっくり。病弱のため戦国時代を生き抜くことが難しいと自覚している「本当の信長」と入れ替わった現代高校生が天下統一へ向かっていく姿を描いたのが本シリーズ『...
タイトルとURLをコピーしました