戦国時代

新九郎、奔る

新九郎は甥の家督相続に奮闘するが失敗続き=ゆうきまさみ「新九郎奔る!」11

戦国時代の「下剋上」の典型として、堀越公方足利政知の息子・茶々丸を攻め滅ぼして「伊豆」を我が物にしたのを皮切りに、関東管領の上杉氏の家臣から小田原城を奪い取り、その後、相模国を領土とし、戦国大名の魁といわれる「北条早雲」の若き頃の姿を描く...
戦国時代

「戦の時代」を再び振り返ってみよう=本郷和人『「合戦」の日本史 城攻め、奇襲、兵站、陣形のリアル』

ロシアのウクライナ侵攻といった21世紀のヨーロッパで起きるとは思ってもいなかった武力侵攻・衝突のリアルがおきて、防衛問題や、国際外交といったことが新型コロナ・ウィルスにかわって世の中の話題の中心となっていたのですが、この日本でも80年ほど...
戦国時代

宇佐山城の戦で破れ、織田軍大苦戦。静子は殿軍を務めるが疲労困憊=「戦国小町苦労譚11 志賀の陣・終結」

現役女子農業高校生が、戦国時代にタイムスリップして、持ち込んだ21世紀の器具や技術を駆使して、織田信長の治める尾張・美濃の農業生産や織田軍の武器のレベルをとんでもなくUPさせて、信長の「天下統一」を助けて大活躍する、時代改変もの「戦国小町...
新九郎、奔る

新九郎は京都へ帰還し、今川家相続の逆転打を模索する=ゆうきまさみ「新九郎奔る!」10

戦国時代の「下剋上」の典型として、堀越公方足利政知の息子・茶々丸を攻め滅ぼして「伊豆」を我が物にしたのを皮切りに、関東管領の上杉氏の家臣から小田原城を奪い取り、その後、相模国を領土とし、戦国大名の魁といわれる「北条早雲」の若き頃の姿を描く...
センゴク

信長・秀吉とともに駆け抜けたセンゴクの物語、ここに完結=宮下英樹「センゴク権兵衛」27

美濃・斎藤家の落ち武者から国持大名にまで出世したのに、自らの突出によって島津との戦に敗戦して改易。一家離散のどん底から再び国持大名まで出世。さらには徳川二代将軍のときには「秀忠付」に任命されるなど徳川幕府の重鎮となった「仙石久秀」のジェッ...
信長のシェフ

梶川卓郎「信長のシェフ」31=織田vs武田の最終戦争勃発。ケンは信忠の命で松姫のもとへ向かう

現代からタイムスリップをしたフレンチのシェフが、織田信長の専属料理人となった上に、彼の命を受けて信長の前に立ちはだかる様々な難題を「料理」によって解決していく『梶川卓郎「信長のシェフ」(芳文社コミックス)』シリーズの第31巻。 前巻...
新九郎、奔る

「新九郎奔る!」9=今川義忠死後の駿河の混乱収拾を巡り、新九郎は太田道灌と対決する

戦国時代の「下剋上」の典型として、堀越公方足利政知の息子・茶々丸を攻め滅ぼして「伊豆」を我が物にしたのを皮切りに、関東管領の上杉氏の家臣から小田原城を奪い取り、その後、相模国を領土とし、戦国大名の魁といわれる「北条早雲」の若き頃の姿を描く...
センゴク

宮下英樹「センゴク権兵衛 26」=センゴクは徳川家に食い込むが、豊臣政権は斜陽への一本道

美濃・斎藤家の落ち武者から国持大名にまで出世したのに、自らの突出によって島津との戦に敗戦して改易。一家離散のどん底から再び国持大名まで出世。さらには徳川二代将軍のときには「秀忠付」に任命されるなど徳川幕府の重鎮となった「仙石久秀」のジェッ...
戦国時代

「戦国小町苦労譚10 宇佐山の決戦」=静子は浅井・朝倉軍を撃破して、森可成を救えるか・・

現役女子農業高校生が、戦国時代にタイムスリップして、持ち込んだ21世紀の器具や技術を駆使して、織田信長の治める尾張・美濃の農業生産や織田軍の武器のレベルをとんでもなくUPさせて、信長の「天下統一」を助けて大活躍する、時代改変もの「戦国小町...
センゴク

宮下英樹「センゴク権兵衛」25=秀吉と秀次の対立は豊臣政権の衰退を暗示する

美濃・斎藤家の落ち武者から国持大名にまで出世したのに、自らの突出によって島津との戦に敗戦して改易。一家離散のどん底から再び国持大名まで出世。さらには徳川二代将軍のときには「秀忠付」に任命されるなど徳川幕府の重鎮となった「仙石久秀」のジェッ...
タイトルとURLをコピーしました