七尾与史

七尾与史

社員食堂の絶品ランチが謎解きの原動力ー七尾与史「ランチ刑事の事件簿」

社員食堂や学生食堂というと十数年前は、「ボリュームがあって安いが旨くない」代表格の食堂のように扱われていたのですが、GoogleといったIT企業やタニタのような健康機器メーカーのおかげもあるのか、最近では、グルメ本にのってもおかしくないほ...
七尾与史

貧乏ライターと天才投資家の「人類」を救う大活躍を読もうー七尾与史「死亡フラグが立ちました」シリーズ

弱小出版社「文藝社」のこれまたマニアックな都市伝説を専門に扱うオカルト雑誌「アーバン・レジェンド」の契約ライター・陣内トオルを語り手にして、謎に秀才で、天才的投資言あでケンカも強いという、彼の高校時代の先輩・本宮昭夫を「アクター」として繰...
七尾与史

ゴーストに憑かれた「俺」はゴーストの死の謎に迫るー七尾与史「僕はもう憑かれたよ」

自分がプレゼントしたランニングシューズが原因で恋人が死んだのでは、という後悔の思いから立ち直れない女性・八木沼真知と、自分の知らないところで「自分」が勝手に行動していることに気付き、ドッペルゲンガー現象か夢遊病の疑いを持ち始めた男性・美門...
七尾与史

偶然にみせかけて不幸を操る「悪意」の存在を見つけ出せー七尾与史「偶然屋」

人生を左右しているのは、自らの意志だけでなく、数々の偶然の産物だよね、と感じている人は多いのではないでしょうか。あの時、あの角を曲がらなければ、とか、あの人に出会わなければ、と様々な「たまたま」の出来事があったり(なかったり)したら、人生...
七尾与史

アポフェニアの謎解きの裏にはクロい「心理ミステリー」があるー七尾与史「妄想刑事 エニグマの執着」

警察ミステリの基本というと、地道な聞き込みと綿密な現場捜査か、ほとんど何も残されていない現場のかすかな証拠や関係者のちょっとした人間関係からの抜群の推理と洞察力で犯人へと迫っていく、というのが定番なのですが、事件にまつわる何の意味もないと...
七尾与史

ドS姫・マヤはシリアルキラーの真の狙いを読み解くー「ドS刑事 二度あることは三度ある殺人事件」

漆のように黒くつややかな髪を方の下あたりまで伸ばし、日本人形のような風貌と白磁のような肌をもった極めつけの美人な上に、スプラッタ映画と殺人事件が趣味で、警察庁次長という警察官僚のトップクラスの父親の権力を平気で濫用する、ドSのお姫様刑事「...
七尾与史

ドS姫・マヤは客船爆破を阻止できるか?ー「ドS刑事 井の中の蛙大海を知らず殺人事件」

漆のように黒くつややかな髪を方の下あたりまで伸ばし、日本人形のような風貌と白磁のような肌をもった極めつけの美人な上に、スプラッタ映画と殺人事件が趣味で、警察庁次長という警察官僚のトップクラスの父親の権力を平気で濫用する、ドSのお姫様刑事「...
七尾与史

ドS姫・黒井マヤは「冤罪」絡みの事件の謎を暴くー七尾与史「ドS刑事 さわらぬ神に祟りなし殺人事件」

漆のように黒くつややかな髪を方の下あたりまで伸ばし、日本人形のような風貌と白磁のような肌をもった極めつけの美人な上に、スプラッタ映画と殺人事件が趣味で、警察庁次長という警察官僚のトップクラスの父親の権力を平気で濫用する、ドSのお姫様刑事「...
七尾与史

父の解けなかった連続殺人の謎を、ドS娘が解き明かすー七尾与史「ドS刑事 桃栗三年柿八年殺人事件」

漆のように黒くつややかな髪を方の下あたりまで伸ばし、日本人形のような風貌と白磁のような肌をもった極めつけの美人な上に、スプラッタ映画と殺人事件が趣味で、警察庁次長という警察官僚のトップクラスの父親の権力を平気で濫用する、ドSのお姫様刑事「...
七尾与史

姫様・黒井マヤは中学時代の監禁事件を清算するー七尾与史「ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件」

漆のように黒くつややかな髪を方の下あたりまで伸ばし、日本人形のような風貌と白磁のような肌をもった極めつけの美人な上に、スプラッタ映画と殺人事件が趣味で、警察庁次長という警察官僚のトップクラスの父親の権力を平気で濫用する、ドSのお姫様刑事「...
タイトルとURLをコピーしました