下川裕治」カテゴリーアーカイブ

バンコクの「今昔」をベテランの旅行記で味わってみる ー 下川裕治「週末バンコクでちょっと脱力」

(この記事は2018.12.09にリライトしました)

旅行記あるいは滞在記というのは、時間に大きく影響されるところがあって、特に政変の多い国であると書かれていることが全くあてはまらなくなり、何かの昔話を読んでいるようなことになる恐れがある。この旅行記も例外ではなくて、本書では赤シャツ派と黄シャツ派の対立の時代なのだが、それが行き過ぎて軍によるクーデターを招くなど、これが書かれた頃にはちょっと思いもつかなかったことだと思う。ひょっとすると本書に書かれた場所もすでに荒れているのかもしれない、とは思う。

さりはさりとて、下川風の「タイ」「バンコク」である。風情はゆったりとしていて、喧噪と仕事、浮き世のあれこれに追いまくられている身には、ひとときの涼風、いや小春日和の日差しのような感すらする。

【構成は】

第一章 日本からバンコクへー北回帰線通過を飛行機の座席で祝う
第二章 空港から市内へータイ式倫理観が漂うタクシーは正しくぼる
第三章 ホテルー中級者向きホテルバンコクにようこそ
第四章 運河と寺院ーバンコク最後の運河タクシーじいさん。そして九テラめぐり・・・
第五章 道端夕食ー歩道のフードコートで孤独のグルメ
第六章 酒場ーいつも土の匂いのタイフォーク。レインツリーの二十年
第七章 早朝ー朝飯前のバンコク式マラソン。「ゆるゆる」の一時間三十七分
第八章 最後のテーブルーアジアティックから川沿い食堂。最後は川風に吹かれたい
第九章 バンコク在住者が提案する週末バンコク 

となっていて、氏の他の著作のような「沈没」系ではない。日本、成田からバンコクを訪れ、数日間を過ごし、そして帰国、というパッケージツアーというわけではないけれど、行き帰りの航空便は決まっているが、その間はフリーのツアー、といった感じである。


続きを読む

アジアのゆったり鉄道旅 ー 下川裕治「不思議列車がアジアを走る」

(この記事は2018.12.09にリライトしました)

おなじみ下川裕治氏の旅本、ひさびさに「鉄道」である。

LCCなど飛行機での旅の話に比べ鉄道の場合は、同じ「移動」であっても時間がゆっくりと流れている気がするし、バスと違って、その移動環境が過酷でないのが文章ゆったり、のびのびとした感覚を与えてくれる。 

氏の旅本のほわんとした感覚は、どちらかというと、タイなどのアジア諸国の「滞在記」でとりわけ顕著なのだが、どうかすると一カ所に沈没してしまう風情が多く、「旅」という移動による視点の変化を旅行記に求める人には、こうした「鉄道の旅」の話の方が口にあうのかもしれない。

【構成は】

第一章 インドネシア ジャカルタ環状線とボゴール線
第二章 中国南疆鉄道 ウルムチからカシュガルへ
第三章 ミャンマー ヤンゴン環状線
第四章 台湾 内湾線と西部幹線旧山線
第五章 タイ国際列車 バンコクからタナレーンへ
第六章 韓国 慶全線と廃線の街 群山
第七章 サハリン ユジノサハリンスクからノグリキへ

となっていて、アジアと言っても、過酷そうな西アジア、南アジアではなく、北東アジアから東南アジアにかけての鉄道旅、となっているのが安心できるところではある。

【注目ポイント】

ただ、安心できるとはいっても、全て「各駅停車」と決めているようなので、中国の高速鉄道や韓国のKTXといった現代的な車両には及びもつかない列車ばかりで、インドネシアのように物売りが乗り込んでくる列車であったりミャンマーの木造でさとうきびが一杯積まれている列車(けして貨車というわけではない)であったりして、もちろん亜熱帯であっても冷房などはなく、アジア特有の「街の雑踏」をそのまま持ち込んだ状態なのである。

そして、そういった混沌の話を読むのが、アームチェア・トラベラーの醍醐味と言ってよく、韓国の列車のように保育園児がたくさん乗り込んできたり、運転席にのせてもらえたりするといったレベルでは少し物足りなく感じるのも事実である。

【レビュアーから一言】

とりたてての美味や、とりたてての冒険談が載っているわけではないが、目的のない旅や子供や家族というしがらみのない旅に出るのがなかなか難しいアームチェア・トラベラーがひととき日常から離れてぼんやりと時をうっちゃるのに良い旅本である。

東南アジアの最南端駅から「茶のシルクロード」へと続く鉄道旅 — 下川裕治「ディープ過ぎるユーラシア縦断鉄道旅行」(KADOKAWA)

旅行記には、ひとところにどっぷりと落ち着いて”沈没”をするものと、ひたすら”移動”を続けるものがあって、どちらがより旅行記らしいかといえば、そこは好みの問題もあってなんともいえないのだが、両方こなせる旅行作家が下川裕治氏であろう。

収録は

第1章 最南端駅からアジアの風に吹かれて北上千九百二十キロ

ーシンガポールからバンコクへ

第2章 ようやく開いた土煙の国境三百四十キロ

ーバンコクからダウェイへ

第3章 激しい揺れとダニにやられるミャンマー列車千六百八十キロ

ーダウェイからセムへ

第4章 茶葉を追いつつ中国縦断五千百八キロ

ー瑞麗から北京へ

第5章 マイナス二十度の草原を北上、千七百三十五キロ

ー北京からスフバートルへ

第6章 寝ても覚めてもタイガのシベリア

ーキャフタからムルマンスクへ

附章 万里茶路を行く

となっていて、シンガポールから極東ロシアまでの気候変動の激しい「鉄道旅」である。で、その「移動の旅」の交通手段も、徒歩から、キャンピングカー、バス、飛行機、鉄道と様々あるのだが、当方の好みからいえば、飛行機・徒歩・クルマは論外。バスは埃っぽい様相が漂うので、旅の風情と食の楽しさが期待できる”鉄道”が一番、といったところである。

ただ、”一番”といったところで、そこは飛行機であれんば数時間あれば移動できる距離を、到着時間の遅れを気にしながら乗り継いだり、鉄道がいつのまのか休止していたりといった苦難を乗り越えながら、暑さ寒さの影響をもろに受けながらの旅であるので、けして快適とはいえないことも多い上に、国境をまたぎ陸上を走る交通手段であるので、その国の政治情勢を色濃く反映する。

それは例えば、ミャンマーでの

どれほどの揺れなのか・・・想像するのは難しいかもしれない。飛行機が乱気流に入ってしまうことがある。急に期待が揺れ、通路を歩くことも大変になる。ときにジェットコースターが急傾斜をおりるときのような浮遊感にも襲われる。それが列車で延々と続くと思ってもらうことがいちばん近い気がする。とにかく車内の通路を歩くことが難しいのだ

といった、日本、中国、韓国の高速列車に慣れた身には過酷な移動環境であったり、

中国の駅は強い権力のにおいがそこかしこに漂っている。切符を買うにはパスポートが必要で、切符には、パスポート番号と名前が印字される。駅舎に入る前にセキュリティーチェックがあり、その先でパスポートと切符の照合が行われる。昆明駅はとくにぴりぴりした空気が流れていた。2014年、駅前広場や切符売り場で無差別殺傷事件が起きた。ナイフを手にした集団が通行人を次々に切りつけた事件だった。この犯人としてウイグル人三人に死刑判決がでている

といった民族紛争であったり

マレーシアにはマレー人、華人、インド系住民などで構成される多民族国家である。それは運送業に世界では、みごとに色分けされていた。マレー鉄道はマレー人、長距離バス会社を経営するのは華人、LCCのエアアジアはインド系だった。

(中略)

マレー鉄道は違う。マレー人が運営し、マレー人優遇策、つまりブミプトラ政策のなかにあった。

(中略)

しかし民族間の能力の違いは冷酷な結果を招いてしまう。マレー人はのんびりとした人々である。そこが魅力でもある。しかし華人やインド系の人々とひとつの国をつくり、世界が経済の時代へと進むなかでは、その差が浮き彫りになっていく。

(中略)

マレー鉄道もそのひとつだった。上り下り合わせて一日に十本にも満たない列車しか運行していない。その列車はアジアの流儀で走り、ときに大幅に遅れる

という多民族国家の少々歪な政策を反映した鉄道旅でもある。

続きを読む

少し懐かしい「香港」の物語 — 下川裕治「週末香港・マカオでちょっとエキゾチック」(朝日新聞社)

旅行記といえば、秘境魔境的なところや、最近売り出しの観光地といったところが目立って、以前のようなバックパッカー的な沈没旅はお目にかかれなくなている。その点、下川裕治氏の旅行記は、沈没旅の風情を色濃く残しながら、とはいうものの旅する人も年を重ねてきているので、どことなく「お疲れ感」が漂うのが、一風変わった魅力である。

構成は

第1章 香港 重慶大廈 安宿が教えてくれるこの街に抱かれる気分

第2章 香港 山と島々 都市に隣接する深い森と漁村

第3章 香港 食 茶餐廊で悩む食の異空間と隣人感

第4章 香港 樹 大粒の雨に打たれる香港の「自由」

第5章 マカオ 福隆新街 辿り着いた安宿街は、売春宿だった

第6章 マカオ カジノ 台湾からカジノへと言う危うい綱渡り

第7章 在住者がすすめる週末香港・マカオ

西貢でリラックス&海鮮料理

キャットストリートで探す、レトロな雑貨

知られざる香港のビーチで過ごす贅沢な週末

大航海時代が育んだ味「マカオ料理」

マカオの祭り

となっていて、香港・マカオの街の魅力から食の魅力まで知れるつくりにはなっているのだが、例えば、旅の宿でも

これから何回、香港の土を踏むのかはわからない。しかし泊まるのは、いつも、重慶大厦と入口に看板を掲げた重慶マンションのなかにあるゲストハウスのような気がする。それ以外の選択肢が僕にはみつからないから

であったり、香港の「食」で

茶餐廳に足を踏み入れるかどうかで、香港の旅はずいぶん変わることに気づいてほしい。香港人が欧米文化をとり込んでいった面妖な食の領域を知りたいというなら、ずんずんと茶餐廳の店内に入るべきである。店員はきっと無愛想だが的確にオーダーを受けてくれるはずだ。しかし、せっかく香港なのだから、満足のいく……と考えるなら、茶餐廳に近寄らないほうがいい。ガイドブックや香港を紹介するサイトでは、無責任に香港人の庶民の味として茶餐廳を紹介しているが、そこで出合う味は、だいたい裏切られる。

といったように、地元の「食の美味」が語られない旅行記も珍しい。

さらにその地の政治情勢を語るところでは

中国人が湧いてくるように香港にやってくるようになって、香港人は普通話を口にするようになった。でも、あまりうまくはないんです。中国人は、自分の国なんだから当然……といった面持ちで普通話を口にする。しかし香港人の応対には、微妙な間があるんですよ。さっと答えない。なにかその間のなかに、香港人の思いが込められているような気がしてね。

「あの店、なくなりましたよ。いい飲茶の店だったんですけどね。なんでも家賃を三倍にするって、ビルのオーナーからいわれたそうです。突然にね。要は出ていけってことですよ。しかけているのは、四大財閥のどこかです。出ていったあとに自分の傘下の店を入れるんですよ。香港から、独立系の店がどんどんなくなってるんです。もう街が変わってしまうぐらい。香港がどんどんつまらなくなってくる。これで財閥はひと儲けですね。これもある種の地産覇権かもね」

といった風に、良悪を言わず、土地の変化を伝えるという手法は、とりわけ一筋では行かない場所について、意外に効果的であるのだなと、思い至るのである。

少し心が疲れてはいるのだが、さりとて旅行に出る時間も無いというときに、こうした旅行記は、「旅」のなにかしらの代用になることは間違いない。休日の午後、ページを繰ってみるのは如何であろうか。