カテゴリー別アーカイブ: 山本巧次

天才浮世絵師「北斎」の娘「阿栄」がよい働きをいたします — 山本巧次「大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 北斎に聞いてみろ」(宝島社文庫)

シリーズも4作目となると、現代の東京での分析ラボの連中とか、江戸時代での、なかなか最後の関係まで行かない伝三郎を始めとする南町奉行所の面々とか、登場人物も設定も落ち着いてくる反面、マンネリ感が出てくるのだが、今回は、サブキャストに工夫して、それを防いでいる。
 
構成は
 
第1章 青山の贋絵
第2章 六間堀の絵師
第3章 神田の廃物問屋
第4章 本所のクリスマス
 
となっていて、大筋のところは、新美術館の目玉商品である北斎の肉筆画の真贋を鑑定する話なのだが、すでにその作品が、新美術舘の目玉として宣伝されているので、ここで「贋物」となると大騒ぎに、といった事情を抱えての真贋認定である。
 
真贋騒動の発端は、郷土史家から古文書が出て、その文書には、「鶴仙堂永吉」という当時の絵双紙屋の名で「その絵は、貞芳という絵師が自分の描いたものを北斎の贋の落款を入れてすり替えたものを自分が、贋物と気づかず中野屋という大店に売ってしまった。今回、本物の絵を八方手をつくして探し出したので、あなたに本物を売ります」と書いてある。新美術館の所蔵するのは、その「中野屋」所蔵のものだったからさあ大変、という始まり。
 
もちろん、「おゆう」こと北村優佳に絵の真贋が鑑定できるはずがないから、「江戸」へのタイムスリップと江戸での人脈をフル活用してのお仕事である。
ただ、ここで「真贋騒動」とは違った方向にいくのは、絵の作者である北斎当人が中野屋所蔵の絵は自分の描いた本物を証言し、真贋騒動は結論が出るのだが、それを、現代にいる依頼者にどう説明・信用させるか、が新たな難題になる。
 
そこで、「おゆう」は、贋物だ、という文書を書いた「鶴仙堂」に接触するが、黒幕に、唐物屋の「梅屋」とか「西海屋」といった、長崎由来の品を扱う商人の大物も現れてくる。彼女が操作しているうちに、「鶴仙屋」や偽絵を描いたらしい貞芳の娘絵師も殺され・・、といったのが大筋の展開。
 
今回は、江戸の「大物」(オランダのカピタン)はでてくるものの、あくまで原因をつくった人物としての登場で、本作の重要な狂言回しは、途中、「おゆう」に殺人の疑いがかかったり、伝三郎たちの「おゆう」への不信感の払拭するのにいい働きをする、北斎の娘「阿栄」であることは間違いない。
しかも、彼女自身が絵師であるので、当時の浮世絵をめぐる世界を垣間見ることができて、珍しく「江戸趣味」を感じることが出来た。
 
さて、巻きを進めるにつれ、「おゆう」と「伝三郎」の関係はどこまで進展するのか、という別の楽しみもでてきた。現代の技術を使って「江戸」の事件を解決する、変わり種の「捕物帳」をお楽しみあれ。
 

「錠前師」と「富くじ」の因果な関係 — 山本巧次「八丁堀のおゆう 千両富くじ根津の夢」(宝島社)

江戸と現代の東京を、祖母が残した家の押入れの奥の階段を使って行き来して暮らしている、現代の東京では失業OL、江戸では女十手持ちの、関口優佳こと「おゆう」さんの推理シリーズの第三段。
 
今回の構成は
 
第一章 本石町の蔵破り
第二章 根津の千両富
第三章 蔵前の活劇
第四章 板橋の秋日和
 
となっていて、「富くじ」をめぐる事件の謎解きである。
 
もともとの発端は、女とどこかに消えてしまった金細工師・猪之吉の行方を、細工師の女房から頼まれるところからスタート。
もっとも、その依頼とは関係なく、最初の事件は、「蔵破り」。しかもその手口が、七年前に、その見事な手口で世間をを騒がせながら、忽然と姿を消した、有名な盗賊・疾風の文蔵の仕業に似ている、ということで、当時、その盗賊を捜査していたベテランの岡っ引き・茂三や、強請などで庶民から金を搾り取っている悪徳十手持ちの長次とかいう輩も登場してきて、結構賑やかに始まる。
 
その後、最初の「天城屋」の蔵破りに始まって、骨董屋の木島屋と蔵破りが続くのだが、どうもその蔵の錠前を開けたのが、猪之吉らしいといった風で、最初の依頼事に結びついていく。さらには、猪之吉は失踪前に家に「富くじ」を残しているとともに、猪之吉は10年ほど前に、さる寺の富くじの掛け金を修理したことがあるらしく、彼の失踪も「富くじ」に関係しているようなのだが、なんとも霧の中といった具合である。
 
そして、この蔵破りの事件と並行して、「富くじ」系では、明昌院という寺がかなり大規模な「富くじ」を始める。ここの住職の「玄璋」は貧乏な小寺の住職から明昌院の住職に出世し、さらに上の門跡寺院を目指しているらしいのだが・・という噂の強欲坊主。しかも、この坊主は、前述の悪徳十手持ちの長次と関わりがあるらしく、おゆうの想い人の同心・伝三郎とと配下の源七が監視を強める最中、その長次が変死を遂げる。
 
さて、蔵破りの事件と、富くじと長次の変死は、どう結びつくのであろうか・・・、というところで、七年前の「疾風の文蔵」一味が姿を消した本当の理由へと突き当たってくる展開である。
 
ネタバレ的に付け加えると、「玄璋」を捕まえる際の、寺社奉行所と町奉行所の網の張り方と、盤の詰め方は結構、読みどころでありますし、この寺社奉行が、後の老中・水野忠邦で、「富くじ」を禁止した張本人というのも、結構凝った設定でありますね。
 
本書では、優佳の祖母の江戸生活の話も聞くことが出来て、このシリーズ、だんだんと円熟味が増してきましたね。

御落胤騒動ってのは、いつの時代も変わらぬ騒動を引き起こすな — 山本功次「大江戸科学捜査 八丁掘のおゆう 両国橋の御落胤」(宝島社)

現代と江戸時代を往復して江戸の市中の謎を解く「おゆう」こと現代名・関口優佳の活躍を描くシリーズの第二作。
 
構成は
 
第一章 牛込からの手紙
第二章 備中から来た男
第三章 四谷の地蔵菩薩
第四章 押上の茶会
 
となっていて、今回、「おゆう」が扱う事件は両国の小間物問屋・大津屋にに突如投げ込まれた、「若旦那は生まれた時に入れ替わった別の家の子供」という、なにやら昨今、実話でとりあげられていたような話。
ところが、その文の差出人の産婆は行方不明にとなっていて。事の真相は闇の中。
さて、というところで、産婆の家で、八丁堀の同心・鵜飼伝三郎に出くわす。彼もも同じ産婆を探していて、彼の追う事件は、時の老中が町奉行に命じた備中の大名家の御落胤の噂話の真相究明。おゆうが請け負った大津屋の事件は、この御落胤の話とすりあってくるのだが・・、といった展開である。
 
今回は「御落胤騒動」とあって、その大名家(備中矢懸藩)を二分する対立に巻き込まれたりするのだが、もうひとつの興味は、極秘の捜査とあって奉行所や役宅が使えず、おゆうの家に入り浸りになる鵜飼伝三郎との恋模様といったところで、硬軟取り混ぜて筋は展開する。
 
で、今回の掟破りは、前巻で指紋分析やらの現代の科学捜査の技術を使ったものよりさらにバージョンアップして、現代の備中(高梁市っぽいな)に出向いての証拠集めと偽造というもの。「捕物帳」という性格なので許されるが、「ミステリー」なんて名乗っていたら、エライ目にあいますな、これは。
 
まあ、ちょっとネタバレすると、御落胤騒動ってのは、吉宗の御落胤・天一坊の例に漏れず、うまくいかないってのが世の常であるのだが、御落胤をめぐって、悪知恵と猿知恵の限りをつくして大乱闘と暗闘がくりひろげられる、っていうのが楽しいところで、この作品もそこのところはきちんとおさえてあるんでご安心あれ。
 
まあ、捕物帳の魅力の一つは、歴史的事実はちょっとおいといて、異世界で起きる出来事をうひゃうひゃと愉しむところでもある。難しく考えず、作者の掌の上で楽しみませんか。

東京育ちの現代娘、「江戸」で名探偵になる — 山本功次「大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう」(宝島社)

タイムスリップもののミステリーは柴田よしきさんの「小袖日記」などいくつかあるのだが、大抵は主人公が何かの天災に巻き込まれて別の時代に飛ばされて、とか、その時代の人物の精神と混じり込んでしまって、といった設定が多い。ところが、本作は主人公が現代と江戸時代を自由に行き来して、江戸時代に起きた事件を解決をするという、ちょっとお気楽というか便利な設定である。
 
構成は
 
第一章 神田佐久間町の殺人
第二章 小石川の悲劇
第三章 本所林町の幽霊
第四章 深川蛤町の対決
第五章 八丁堀の女
 
となっていて、主人公の「おゆう(現代名:関口優佳)」は、元OLで、祖母から東京の(作中で優佳が地下鉄の馬喰横町駅から阿佐ヶ谷の向うシーンがあるので、おそらくは)日本橋にある一軒家を遺産相続する。ところが、なんとこの家、押入れを通じて、江戸時代とつながっていることが判明。現代と江戸時代の二拠点生活を始めた彼女は、現代の知識や道具を使って、江戸時代の人々のよろず困りごとを解決していくうちに、町奉行所の同心・鵜飼伝三郎たちと知り合いになり、江戸のその時を揺り動かす大事件に巻き込まれていく、といった展開。
 
巻き込まれる事件は、薬種問屋・藤屋のドラ息子が殺される事件に始まり、偽薬の流通、薬を検査する和藥種改会所の創設を巡る利権争い、アヘンの抜け荷と、あれよあれよという間に事件が大きくなっていく。とりわけ、おゆうが訪れる時代は、将軍家斉の治世で、寛政の改革失敗後、田沼意次の時を上回る賄賂政治の時代と言われた水野忠成が老中首座の時代なので、まあ、時代小説的には悪人には事欠かない面白い絶好の時代である。
 
その事件の解決に、「おゆう」こと優佳は、警察以上の分析能力を誇る知り合いのラボを使って、指紋、薬の成分分析、血液分析などなど捜査に必要なデータをいわばカンニングして捜査協力するわけでが、その分析結果をありのままに、江戸の同心や岡っ引きたちに伝えられないのが苦しいところ。
 
結局は、英語教育を受けている現代人の「関口優佳」の知識によって、権門(水野老中)の虎の威を借りて、アヘンでボロ儲けを企む、薬種商や水野老中の家臣たちをお縄にできました〜、といったところなんであるが、善人と見えた藤屋の隠された一面とか、鵜飼伝三郎の正体とかが最後の方で、手品の種明かしのようにバラバラと開陳されるので、ぜひ最後まで気を許さないでお読みあれ。途中、鵜飼伝三郎との色模様もあって、捕物だけではない楽しみもありますよ。