大倉崇裕

大倉崇裕

福家の永遠のライバルっぽい老夫婦登場 ー 大倉崇裕「福家警部補の報告」

警視庁の捜査一課に属する刑事なのだが、眼鏡をかけ小柄。化粧っ気はなく、地味な色のスーツにショルダーバッグという地味な様子で、警察手帳の在り処がいつもわからなくて、事件現場では所轄の警官たちに足止めをくう、なんとも風采はあがらないの...
大倉崇裕

刑事らしくない女性捜査官の推理の冴えを楽しもう ー 大倉崇裕「福家警部補の再訪」

警視庁の捜査一課に属する刑事なのだが、眼鏡をかけ小柄。化粧っ気はなく、地味な色のスーツにショルダーバッグという地味な様子で、警察手帳の在り処がいつもわからなくて、事件現場では所轄の警官たちに足止めをくう、なんとも風采はあがらないの...
大倉崇裕

「生きもの係」の薄ちゃんは自分とタカの疑いを晴らせるか? ー 大倉崇裕「アロワナを愛した容疑者 警視庁いきもの係5」

動物や植物の関する事件や、飼い主が事件に巻き込まれて飼育できなくなったような時、動物愛護の立場から、それらをお世話する役目を担っている、警視庁総務部総務課動植物管理係、通称「警視庁生きもの係」に勤務する、動植物オタクの薄巡査部長と...
大倉崇裕

いきもの係に増員。それに関係なく、薄ちゃんの推理は絶好調 ー 大倉崇裕「警視庁いきもの係 クジャクを愛した容疑者」(講談社)

数々の難事件を、その事件に関わる動物をキーにして、不思議な視点から解決してきた須藤・薄コンビなのだが、その活躍も4巻目となって、薄ちゃんの推理も絶好調という感じである。 このコンビの活躍も、そろそろ評判になってきて、少なくとも「警察社会」の...
大倉崇裕

スズメバチを使った陰謀事件は薄巡査の推理により崩れ去るのであった ー 大倉崇裕「警視庁総務部動植物係 蜂に魅かれた容疑者」(講談社文庫)

警視庁総務部総務課動植物係に勤務する強面のもと刑事・須藤警部補と、制服姿でいるとコスプレ趣向のキャバクラ嬢と誤解される薄巡査部長の二人が、動物を巡っておきる難事件を解決していくシリーズの第2弾。今回は長編仕立てで、メインとなるのは「蜂」しか...
大倉崇裕

落語の世界でも”跡目争い”は騒動を生む ー 大倉崇裕「七度狐」

全く落語とは縁のなかったにもかかわらず「季刊落語」に配属になった新米編集者・間宮緑が、落語漬けになりながら、一癖も二癖もある編集長・牧に振り回されながら、落語絡みの事件を解決していくシリーズの二作目が本書『大蔵崇裕「七度狐」(創元推理文庫)...
大倉崇裕

”季刊落語”の「緑」さんも、二つ目昇格っぽく、良い味だしてきました。 — 大倉崇裕「やさしい死神」(創元推理文庫)

落語専門誌の編集者二人を、ホームズ役とワトソン役にした、この「季刊落語」シリーズの三冊目である。2冊めは、落語界の名門の跡目相続絡みの事件を扱った長編であったので、短編集としては2冊めとなる。編集長の「牧」と新米編集者の「間宮緑」のかけ...
大倉崇裕

「謎解き」と「落語」の見事なコラボレーション — 大倉崇裕「三人目の幽霊」(創元推理文庫)

落語ミステリーのキャストといえば、愛川晶の「神田紅梅亭」シリーズの、「福の助」「馬春」や、北村薫の「円紫」といった落語家や、同じく愛川晶の「神楽坂倶楽部」シリーズの、出版社からの出向中の新米「席亭」代理のの 希美子であったりとか、落語界...
大倉崇裕

物腰の柔らかな「推理機械」の登場 — 大倉崇裕「福家警部補の挨拶」(創元推理文庫)

最初に犯行が読者のもとに示され、それを、ホームズ役である女性刑事の「福家警部補」が、じわじわと解きほぐし、真犯人へとたどり着く、という、ずっと以前に一斉を風靡した、「刑事コロンボ」風のミステリー。もっとも、「刑事コロンボ」の場合は、犯人...
大倉崇裕

可愛いい素っ頓狂な「女性巡査」の名探偵登場ー大倉崇裕「小鳥を愛した容疑者」(講談社文庫)

橋下環奈と渡部篤郎の主演で以前テレビドラマ化されていたのでご記憶の方もあるだろう。ミステリーには「謎で読ますタイプ」と「設定で読ますタイプ」と2つあるのだが、本書は「設定で読ますタイプ」のうち主人公であるホームズ役とワトソン役の設定で読...
タイトルとURLをコピーしました