時代小説・歴史小説」カテゴリーアーカイブ

江戸・神田相生町の女性「上絵師」の活躍と恋バナが始まる ー 知野みさき「落ちぬ椿」ネタバレあり

時は徳川十二代将軍・徳川家慶の頃、江戸の神田相生町に住む、女性の上絵師・律を主人公にして、彼女の絵師としての成長と、彼女が描く「似面絵」(似顔絵)を手がかりに、幼馴染の葉茶屋の跡取り息子・涼太とともに、もちこまれる様々な事件を解決していく「上絵師 律」シリーズの第一巻が本巻『知野みさき「落ちぬ椿 上絵師 律の似面絵帖」(光文社文庫)』である。
「上絵師」というのは、着物に花や鳥、紋様、家紋など、様々な絵を入れる仕事で、当方が最初思い浮かべた、陶磁器の上絵下絵の方とは違っておりました。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 落ちぬ椿
第二章 母の思い出
第三章 絵師の恋
第四章 春暁の仇討ち

となっていて、まず第一章の「落ちぬ椿」はこのシリーズのスタートとあって、メインキャストの「律」、幼馴染の「涼太」「香」が、彼らが幼い頃通っていた寺子屋の師匠・今井の長屋で「お茶」をごちそうになる場面から。「涼太」の生家である葉茶屋の青陽堂は、茶葉を売る大店で、彼はそこの跡取り息子で、今は「手代」として家業の見習い中。涼太の妹・香はすでに銀座の薬種問屋・伏野屋に嫁いでいる。そして「律」のほうは、弟・慶太郎と二人暮らしで、母親・美和は5年前で辻斬りにあって亡くなり、その時に怪我をした上絵師をしていた父親・伊三郎も最近亡くなった、という設定です。

律は父親の手伝いで、上絵描きをしていたのだが、腕のほうはまだまだで、父親が亡くなってから上絵の仕事を請けるため、情はあるが仕事には超厳しい呉服屋・池見屋の女将「お類」の指導を受けながら修行し、腕を磨いていくのだっが、本巻では、ひよっこもひよっこの腕前の段階です。
そのため、なかなか注文が取れずに生活費も乏しくなっているところを、涼太の店の得意客の南町奉行所の同心・広瀬保次郎が、律が人物絵がうまかったことを見込んで、事件の犯人の似顔絵を依頼してくる。もちろん、これによって「律」に報酬を定期的に支払って生活を助けようということですね。

続きを読む

お妙と只次郎の仲は足踏み状態。そこに三河屋の娘が横入りする ー 坂井希久子「ふうふうつみれ鍋 居酒屋ぜんや 7」(時代小説文庫)

神田花房町にある美人女将・お妙が営む居酒屋・ぜん屋を舞台に、常連の旗本の次男坊で鶯飼育の名手・林只次郎、お妙の姉で口の悪いお勝、そして常連の大店の店主たちによって展開される江戸人情話「居酒屋ぜん屋」シリーズの第7巻である。

前巻でお妙の亡き亭主・善助の死が事故死ではなく「殺し」で、その犯人の近江屋のしっぽをつかんだのだが、その背後に幕府の大物がからんでいることがわかり、彼の命を助けるかわりに月に1回、ぜん屋で食事をする罰を与えてから2月ほど経った、寛政五年の弥生(三月)から本巻の物語が始まる。

【収録と注目ポイント】

収録は

「春告げ鳥」
「授かりもの」
「半夏生」
「遠雷」
「秋の風」

となっていて、最初の「春告け鳥」は、只次郎の愛鳥で鶯の亡き合わせで首席をとっている名鶯「ルリオ」の子鶯の飼い主探しの話。

続きを読む

老中の「昔の恋バナ」を「くらまし屋」は完結できるか? ー 今村翔吾「冬晴れの花嫁 くらまし屋稼業5」

七箇条の約定を守りさえすれば、現在の暮らしから、だれでも「くらます」ことを生業とする「くらまし屋」シリーズの第5弾が本書『今村翔吾「冬晴れの花嫁 くらまし屋稼業5」(時代小説文庫)』

堤平九郎、赤也、七瀬たち「くらまし屋」が手掛ける仕事が成功するにつれ、それを快く思わない、人さらいの「虚」や、世の中から姿を隠している人間を探し出す「炙り屋」万木迅十郎など、くらまし屋の対抗軸も明らかになってきた。さらには、そこに、幕府の道中方や御庭番、幕府の老中の動きも絡んできて、さらに話が大きくなっていくのが本巻である。

【構成と注目ポイント】

構成は

序章
第一章 御庭番の憂鬱
第二章 昼行灯
第三章 もう一つの人生
第四章 大名行列
第五章 母の白無垢
終章

となっていて、まずは、前巻の幕府の本草学者・阿部将翁の「くらまし」の時に、将翁の暗殺のリーダーを努めていた、御庭番の曽和一鉄が幕閣から厳しく、将翁の暗殺失敗の不手際を責められるところからスタート。時代的には、徳川吉宗死去の二年後となっていて、将軍の専権を強めた吉宗の将軍時代、大御所時代も終わりを告げ、老中などの幕閣の力が強まり、御庭番たちは肩身が狭くなってきているころですね。

で、その一鉄に「くらまし屋」へのわたりをつけてくれ、と老中筆頭を目の前にしている松平武元が依頼をするところから、今巻の話が本格的に始まります。
 

続きを読む

市五郎と桂花の「供養絵額」は「一揆」へつながる ー 澤見彰「ヤマユリワラシ 遠野供養絵異聞」

岩手県の「遠野地方」というのは、民俗学の大家・柳田国男の著した「遠野物語」で書かれた数々の伝説や伝承によって、なにか「日本の不思議」の残る地としての印象をかちえているのだが、その遠野地方のいくつかの寺には、大きさが縦60~80センチ、横70~100センチの大きさで、なくなった人の戒名と姿を描き、菩提寺に奉納された「供養絵額」というものがある。
その絵は 「死者の多くは、美しい着物や軍服などで装い、ご馳走や酒・菓子などが置かれた豪華な屋敷の座敷に座っています。死者はまた、生前に好んだ趣味や特技・遊び・仕事をしている姿に描かれ、子供なら玩具や好んだ動物とともに描かれています」

(出典:Internet Museum「供養会額ー残された家族の願い」)といった特徴のある、ネットで見ると一種独特の雰囲気をもっている。その「供養絵額」を始めた画家とその弟子の出会いと、そして当時の盛岡藩の窮乏の中で、彼らがどう向き合ったかか、描かれるの、が本書『澤見彰「ヤマユリワラシ 遠野供養絵異聞」(ハヤカワ文庫JA)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一部
 赤い花咲く郷
 マヨイガ幻影
第二部
 座敷童子の弟子
 ウツツエ
 天下の民
第三部
 野辺送り
 命の花

となっていて、まずはこの物語の主人公となる南部遠野藩の普請組に属する外山市五郎という武士が、増水した川の見回りの役目が終わったあと、画帳に、一心不乱に絵筆を走らせる場面からスタート。この市五郎は、民俗学者の柳田国男の記した「遠野物語」の増補という形で刊行された、いわば遠野物語の第二部といえる「遠野物語拾遺」の194に「遠野の六日町の外川某の祖父は、号を仕候といった画を描く老人であった。毎朝散歩をすいるのが好きであったが、ある日早くこの多賀神社の前を通ると、大きな下駄が落ちていた、老人はここに悪い狐がいることを知っているので・・」と出てくる人物であろう。彼は、外川家の次男坊で盛岡で暮らしていたが、兄の急死によって急遽、家を継ぎ、ここ遠野に帰ってきた、という設定で、もともと兄とは年が離れていたし、なんとなく「疎外感」を否定できない、という境遇である。

続きを読む

長唄の美人師匠と薙刀の達人の奥方が、江戸の悪党をなぎ倒す ー 西條奈加「世直し小町りんりん」

舞台は江戸。日本橋を北に渡った東側にある高砂町に住む、長唄の師匠で「高砂弁天」こと「お蝶」を主人公に、彼女の義姉で、兄で南町奉行所の当番与力・榊安之の奥方・沙十(さと)、お蝶と同じ長屋に住む「雉坊」「千吉」とともに、持ち込まれている面倒な相談事を、お蝶の気風の良さと沙十の薙刀の腕で解決していく仕立てなのが、本書『西條奈加「世直し小町りんりん」(講談社文庫)』

時代的には、最後のほうで、南町奉行の岩渕是久が「これまでさまざまな御役についてきたが、役を重ねるごとに城中の暗愚ばかりが際立つ。二百年を経て、すでに根太が腐っているのだ」と言うあたりをみると、文化文政の頃あたりでしょうか。まあ、町民文化が爛熟して最盛期であるとともに、牧野 の賄賂政治が横行した時であるので、あれこれ揉め事が起きるにはうってつけの時代ですね。

【収録と注目ポイント】

収録は

「はなれ相生」
「水伯の井戸」
「手折れ若紫」
「一斤染」
「龍の世直し」
「朱龍の絆」
「暁の鐘」

となっていて、まず第一話の「はなれ相生」は、お蝶の弟子のの本橋の瀬戸物問屋伊藤屋の娘・お久美が遊び人の男と度々会っているようなので、これをなんとかしてくれ、という伊藤屋の女将さんからの頼みを「沙十」が受けたもの。

続きを読む

若き江戸の「庭師」が、庭を使った悪事をぶっ潰す ー 朝井まかて「ちゃんちゃら」(講談社文庫)

「庭」っていうのは、はるか古代のバビロンの空中庭園あたりから歴史を刻んでいるらしく、日本でも7世紀あたりから仏教の須弥山を模した石を配置した庭がつくられていたのだが、本作の舞台となる江戸時代になると、将軍や大名を始めとする武家が、城や屋敷を築く際に、庭園内を回遊することができる「回遊式庭園」を盛んにつくるようになっていた時代である。

本作は、大名や有力武家、あるいは、裕福な商人たちが、贅をこらして庭を作っていた文化の時代、庭師「植辰」の若い職人「ちゃら」を主人公にした物語である。

「文化」といえば、この後の「文政」とあわせて「化政文化」と呼ばれる、浮世絵、川柳、歌舞伎など現代へつながるものが盛んになった町民文化が華やかな時代で、景気のよい町人が羽振りをきかす一方で、流行り病に苦しむ貧しい人も多数出ている、格差の大きい社会で、それは本作の主人公ちゃらの身の上にも現れている。

【構成と注目ポイント】

構成は

序章 緑摘み
第一章 千両の庭
第二章 南蛮好みの庭
第三章 古里の庭
第四章 祈りの庭
第五章 名残の庭
終章 空仕事

となっていて、まずは主人公である「ちゃら」、彼の師匠の植辰の主人・辰蔵、その娘・百合、庭師の福助、穴太衆の末裔で石組みの玄林といった主なキャストが登場するところからスタート。ちなみに、「緑摘み」というのは4〜5月に行う作業で、梅雨に入るまでに、松の新芽を一つずつ摘んでおく作業で、これをやらないと夏になると脂がふいて芽を潰してしまうものらしい、「松の姿は新芽をどう摘んだかで、全く異なるものになる」らしく、本書中にはこんな「造園」のTipsがあちこちででてきます。

続きを読む

女の三人旅は、いつの時代も大騒ぎなのだ ー 朝井まかて「ぬけまいる」

舞台となるのは、弘化二年(1845年)の江戸。「弘化」のいうのは、ちょうど天保から嘉永の間、出来事的には、天保の改革、蛮社の獄、天保の飢饉と、いった天災人災の多かった「天保」と、黒船来航・日米和親条約といった国際的な出来事のある「嘉永」に挟まれて、少し地味な時代である。ちなみにWikipediaで調べてみても、目を引くような記述はない。

そんな時代に、三十歳近くなった、一膳飯屋の娘・お以乃、御家人の妻・お志花、小間物屋の女主人・お蝶の三人の幼馴染、通称「いのしかちょう」が、突然思い立って、伊勢参りにでかけるのだが・・・、といった感じで展開するのが本書『朝井まかて「ぬけまいる」(講談社文庫)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

一 木の芽どきは
二 とびきり
三 渡りに舟
四 抜け駆け
五 良し悪し
六 悪しからず
七 なめんじゃねえ
八 のるかそるか
九 しゃんしゃん

となっていて、「ぬけまいる」というのは「抜け参り」のことで、親や主人、村役人に無断で家を抜け出し、伊勢神宮への集団参詣で、「お陰参り」ともいったもの。だいたい60周年周期で大発生したようで、本書の舞台の弘化二年の近くでは、約15年前の天保元年(1830年)に大流行したようで、その時は420万人余がお詣りしたようですね。

続きを読む

大坂町火消をまとめ上げて、火災旋風に立ち向かえ ー 今村翔吾「双風神(ふたつふうじん) 羽州ぼろ鳶組 9」

第四巻の「鬼煙管」で、初代長谷川平蔵を六角獄舎の火災で失って後、江戸が物語の中心となっていて「上方」とはご無沙汰となっていた。
今回、その時に知り合いとなった、淀藩常火消の「蟒蛇」こと野条弾馬の要請と、幕府と朝廷との「暦編纂」の争奪争いが絡み、「大坂」で羽州ぼろ鳶組が活躍する姿が描かれるのが「ぼろ鳶組」シリーズ第9弾となる『今村翔吾「双風神(ふたつふうじん) 羽州ぼろ鳶組 9」(祥伝社文庫)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 緋鼬
第二章 水の都
第三章 天理人足
第四章 秘策
第五章 大坂
第六章 赤舵星十郎

となっていて、まずは、ぼろ鳶が誇る「風読み」加持星十郎が、幕府の天文方が京都の土御門家から「暦の編纂」の権利を取り戻すための勝負に、幕府方として参加するため、休暇がほしいと申し出るところからスタート。この時、羽州ぼろ鳶組の頭取・松永源吾のもとには、淀藩常火消の野条弾馬から、大坂で頻発する、複数の小火から緋鼬へと広がっていく火事の対応の援助を求められており、ふ星十郎+源吾+武蔵の三人組で、暦争いと緋鼬退治に大阪へ出かけていく、という展開である。

続きを読む

悪辣な老中の”参勤の命”下る。地方の小藩の闘い方はいかに ー 土橋章宏「超高速!参勤交代」+「超高速!参勤交代 リターンズ」(講談社文庫)

参勤交代というのは、外様大名の力を削ぐために江戸幕府が考案した優秀な策といいてよく、例えば加賀百万石の前田家などでは、行列の人数が3000人を超え、費用も3000両近くも費やしたものであるらしい。
このあたりは、上田秀人さんの「加賀百万石の留守居役」でも主人公の瀬能数馬が苦労したところなのだが、本シリーズ「超高速!参勤交代」「超高速!参勤交代リターンズ」は、時の老中・松平信祝が、 内藤政醇の湯長谷藩の隠し金山(らしきもの)に目をつけて、鉱山を自分のものとするために、通常なら8日間かかる参勤交代を5日間で江戸まで来い、という命令を下したことに始まる物語である。

【あらすじと注目ポイント】

時代設定的には「徳川吉宗」の時代。本書で湯長谷藩に無茶な命令を出した「松平信祝」というのは、実在の人物で、奏者番、大阪城代、老中を歴任した人で、ネットで調べる限り、本書にでてくるような悪辣なところは見つからないのだが、この悪辣さで物語の面白さが数倍増しているので、ご子孫もお許しください。

続きを読む

マラソン大会を開催した、お殿様の意図はどこに? ー 土橋章宏「幕末まらそん侍」

舞台となるのは、今の群馬県安中市を城下町としていた上野(こうずけ)国の「安中藩」。ここの五代目藩主である「板倉勝明」が、”鍛錬のため”と言う理由で、安中城から碓氷峠の上にある熊野神社まで、組をつくって遠足(今のマラソンですな)を命じたことから始まる、藩内のドタバタを描いたのが本書『土橋章宏「幕末まらそん侍」(時代小説文庫)』である。

この命令を下した「板倉勝明」というお殿様は名君であったらしく、藩内の学問奨励や杉の木の栽培などの改革をした人らしいですね。本書の物語にもととなったのは、彼が実際に藩士に命じた「安政遠足(あんせいとおあし)」がモチーフとなっていて、この安中市には「日本マラソン発祥の地」があって、毎年、仮装してマラソンする「安政遠足侍マラソン」が開催されているようですね。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 遠足
第二章 逢い引き
第三章 隠密
第四章 賭け
第五章 風車の槍

となっていて、この「遠足」が開催されたのは安政2年ということなので、安政5年に始まる「安政の大獄」や安政7年の「桜田門外の変」より数年前、黒船来航の1年後といったところで、時代がわさわさしながらも、まだ大動乱にはなっていないところですね。

続きを読む