時代小説・歴史小説

時代小説・歴史小説

井原忠政「鉄砲大将仁義」=武田の裏切者・穴山梅雪の寄騎になった茂兵衛の功績は?

三河の国の、まだ小国の領主であった松平(徳川)家康の家臣団の最下層の足軽として「侍人生」をスタートさせた農民出身の「茂兵衛」。吹けば飛ぶような足軽を皮切りに、侍としての出世街道を、槍一本で「ちまちま」と登っていく、戦国足軽出世物語の第六弾...
赤神諒

「酔象の流儀ー朝倉盛衰記」=傾く名門を支えた「律儀」な武将の清々しい生き様

天下布武を掲げて、天下を統一した織田信長の「戦人生」にはいくつかのターニングポイントと呼べるものがあります。「桶狭間の戦」「本願寺攻め」「延暦寺焼き討ち」といったところが有名なのですが、「浅井・朝倉攻め」は、第一次信長包囲網で織田軍が苦し...
時代小説・歴史小説

幽霊が見える娘「るい」は”不思議”の商売に手を染めるー「ぬり壁のむすめ 九十九字ふしぎ屋商い中」

江戸に暮らす町娘「るい」は、八つのときにおっ母さんが流行り病で亡くなり、十二のときに、左官をしていた父親も卒中でぽっくりいってしまい、15歳でひとりぼっちになってしまいます、彼女は住みこむで働ける奉公先を探すのですが、しばらく経つと、「あ...
高田郁

「幸」は勧進相撲で浴衣の新境地を開くー「あきない世傅 金と銀11  風待ち篇」

大坂・天満の呉服屋・五鈴屋の女衆として奉公に上がった、村の寺子屋師匠の娘・幸が、この大店を引き継いだ後、女性実業家として店を立て直した後、女性が経営者になれない大坂のしきたりをかいくぐるため、江戸へ進出し、さらに事業を拡大していくサクセス...
今村翔吾

くらまし屋は、芝居の一座を救う”赤也”を見捨てる?ー「立つ鳥の舞 くらまし屋稼業7」

「依頼は必ず面通しの上、嘘は一切申さぬこと」「決して他言せぬこと」「捨てた一掃を取り戻そうとせぬこと」といった七箇条の約定を守りさえすれば、現在の暮らしから、だれでも「くらます」が、この約上を破った時は、この夜から「くらます」ことを生業と...
時代小説・歴史小説

茂兵衛はゲリラ戦の隊長を務めるー「砦番仁義 三河雑兵心得5」

三河の国の、まだ小国の領主であった松平(徳川)家康の家臣団の最下層の足軽として「侍人生」をスタートさせた、農民出身の雑兵「茂兵衛」。吹けば飛ぶような足軽を皮切りに、侍としての出世街道を、槍一本で「ちまちま」と登っていく、戦国足軽出世物語の...
時代小説・歴史小説

茂兵衛は長篠の合戦の奇襲に参陣するー「弓組寄騎仁義 三河雑兵心得」

三河の国の、まだ小国の領主であった松平(徳川)家康の家臣団の最下層の足軽として「侍人生」をスタートさせた、農民出身の雑兵「茂兵衛」。吹けば飛ぶような足軽を皮切りに、侍としての出世街道を、槍一本で「ちまちま」と登っていく、戦国足軽出世物語の...
時代小説・歴史小説

家康最大の危機、三方ケ原の戦の真相は?ー「足軽小頭仁義 三河雑兵心得」

三河の国の、まだ小国の領主であった松平(徳川)家康の家臣団の最下層の足軽として「侍人生」をスタートさせた、農民出身の雑兵「茂兵衛」。吹けば飛ぶような足軽を皮切りに、侍としての出世街道を、槍一本で「ちまちま」と登っていく、戦国足軽出世物語の...
時代小説・歴史小説

茂兵衛は「旗指」に出世するが、初恋の行方は?ー「旗指足軽仁義 三河雑兵心得2」

三河の国の、まだ小国の領主であった松平(徳川)家康の家臣団の最下層の足軽として「侍人生」をスタートさせた、農民出身の雑兵「茂兵衛」。吹けば飛ぶような足軽を皮切りに、侍としての出世街道を、槍一本で「ちまちま」と登っていく、戦国足軽出世物語の...
時代小説・歴史小説

雑兵・茂兵衛の「戦国足軽出世物語」がはじまるよー「足軽仁義 三河雑兵心得1」

織田信長の天下布武や豊臣秀吉の天下一統といった「天下統一」のずっと前。三河の国を舞台に、まだ小国の領主であった松平(徳川)家康の家臣団の最下層の足軽として「侍人生」をスタートさせた、農民出身の雑兵「茂兵衛」が侍としての出世街道を、槍一本で...
タイトルとURLをコピーしました