時代小説・歴史小説

宮部みゆき

「頼りない」親分候補生の捕物帖が始まりますー宮部みゆき「きたきた捕物帖」

宮部みゆきさんの時代ものというと、「はつものがたり」の回向院の茂七親分をはじめ、世の中の裏表を知っていて、酸いも甘いもかみ分けた、頼りがいのある岡っ引きたちが登場してくることが多いのですが、そういうタイプとは全く違う、「文庫」の振り売りで...
西條奈加

「南星屋」の新名物は諸国の菓子づくしー西條奈加「亥子ころころ」

江戸の麹町六丁目の狭い裏通りをはいったところにある小さな菓子舗「南星屋」を舞台に主人の治兵衛、娘でおかみのお永、孫娘のお君の三人をメインキャストに、南星屋の商売繁盛と菓子に由来する小さな謎解きと人情話が語られる「南星屋」シリーズの第2弾が...
時代小説・歴史小説

お家騒動の最中で見せる義将兄弟の意気地とは?ー赤神諒「大友二階崩れ」(日本経済新聞社)

戦国ものというと、信長・秀吉や家康が活躍した畿内や尾張・三河を中心としたものか、最近では戦国下剋上の先行馬となった北条早雲あたりまでがメジャーなところで、九州を舞台にしたものというと、関ケ原で敗れてもなお、徳川家を恐れさせた島津義久を描い...
山本巧次

山本巧次「留萌本線、最後の事件」ーローカル鉄道廃止の陰にかくれた不正を暴け

「八丁堀のおゆう」シリーズで、幕末の動乱もまだ遠い文政期の江戸で、現代科学をつかって事件を解決していく、元OLの「関口優佳」こと「おゆう」の活躍を描いている筆者なのですが、かなりの「鉄道オタク」であるらしく、「開化鐵道探偵」をはじめとした...
篠綾子

「雪ひとひら 江戸菓子舗照月堂7」ー 「なつめ」の恋は破れ、兄との再会もままならず・・

徳川綱吉の時代を舞台にして、駒込の菓子屋・照月堂を舞台に、京都で御所侍をしていた両親と兄を火事で失い、江戸の了然尼のもとに身を寄せながら、女性職人見習いの「なつめ」の菓子職人修行を描く『篠綾子「江戸菓子舗照月堂」』シリーズの第7弾。 ...
山本巧次

ロシアからの異邦人の秘密を解き明かせ ー 山本巧次「北からの黒船 八丁堀のおゆう」

元OLのフリーター・関口優佳が、祖母が遺した東京下町の古い家の押入れから江戸時代へとタイムスリップし、江戸と東京を行き来しながら、南町奉行所の同心・鵜飼伝三郎配下の小粋な岡っ引きとして、江戸市中の事件を解決していく「関口優佳」こと「おゆう...
中島久枝

樅助の抜群の記憶力も年齢には勝てない?ー 中島久枝「お宿如月庵へようこそ 上弦の月」

上野広小路から湯島天神に至る坂の途中にある、切妻破風の二階屋で、部屋数が十二の小さな宿だが、料理も旨く、もてなしもよい、という旅館に、火事で焼け出されたことが縁で、部屋係となって働くことになった十五歳の娘・梅乃が同僚の「紅葉」や、仲居の「...
中島久枝

桔梗の過去の思い出が、苦く決着する ー 中島久枝 「お宿如月庵へようこそ 三日月の巻」

上野広小路から湯島天神に至る坂の途中にある、切妻破風の二階屋で、部屋数が十二の小さな宿だが、料理も旨く、もてなしもよい、という旅館に、火事で焼け出されたことが縁で、部屋係となって働くことになった十五歳の娘・梅乃が同僚の「紅葉」や、仲居の「...
坂井希久子

火事の炎が、お妙に父母の死の記憶を呼び覚ます ー 坂井希久子「とろとろ卵がゆ 居酒屋ぜんや8」

前巻までで、お妙の元亭主善助の死の原因が明らかになり、その陰に幕府の有力者の影があったことから、実家の林家の屋敷を出て、「ぜんや」の近くの長屋に転がり込んだ只次郎。恋敵と思われて重蔵も自ら身をひいたことで、お妙との間が一挙に近づくかと思い...
中島久枝

小萩は菓子職人として「脱皮」する ー 中島久枝「それぞれの陽だまり〜日本橋牡丹堂5」

宿屋の娘でありながら、美味しい「菓子」をつくる職人になりたい、と思いたって、鎌倉のはずれの村から江戸へやってきた、つきたてのお餅みたいなふっくらとした頬に黒い瞳、小さな丸い鼻。美人ではないが愛らしい顔立ちの娘・小萩が、日本橋の菓子舗・二十...
タイトルとURLをコピーしました