薬師寺涼子の怪奇事件簿

薬師寺涼子の怪奇事件簿

猫ハンドのお涼さまはいかが ー 田中芳樹・垣野内成美「女王陛下の招き猫ー薬師寺涼子の怪奇事件簿」(アフタヌーン・コミックス)

本巻は「魔境の女王陛下」の前の作品であるらしく、海外が舞台となることが多いこのシリーズには、珍しく「国内」しかも東京都が舞台である(もっとも東京都下の「島」なのだが)。ただ、この島は「猫だらけ」の島という設定で、女王陛下版「化け猫」の物語と...
薬師寺涼子の怪奇事件簿

軽井沢の霧の中での、母娘の対決の行方 — 田中芳樹・垣野内成美「薬師寺涼子の怪奇事件簿 霧の訪問者」(アフタヌーンKC)

今回の舞台は、久々に国内で、「軽井沢」という、けっこうベタな設定である。 もちろん、お金持ちのお嬢様である「お涼サマ」は昔からの避暑地「奥軽井沢」に別荘をお持ちで・・・、というところなのだが、そこに、アメリカの食品と農業の世界最大級のグル...
薬師寺涼子の怪奇事件簿

お涼サマ、シベリアでも大乱闘 — 田中芳樹・垣野内成美「薬師寺涼子の怪奇事件簿 魔境の女王陛下」(アフタヌーンKC)

今巻のお涼サマの活躍の舞台はロシア・極東。 金融工学を駆使したファンドの運営者で、しかも猟奇殺人者の捜査行である。 原作の発刊が2012年なので、2008年のリーマンショック以後の金融工学の弊害があれこれ言われていたあたり。もっ...
薬師寺涼子の怪奇事件簿

美女と美女の「格闘」は、とても魅力的ですなぁ — 田中芳樹・垣野内成美「薬師寺涼子の怪奇事件簿 水妖日にご用心」(アフタヌーンKC)

「薬師寺涼子の怪奇事件簿」シリーズのコミック版は、マガジンZKCから11冊にバインディングされて出版されているものがあるのだが、これは講談社からの出版で、上記のシリーズとは別物。 とはいうものの、漫画家は同じなので、絵柄は変わらず、涼子サ...
薬師寺涼子の怪奇事件簿

地底から湾岸へ。涼子サマ、大暴れ — 田中芳樹・垣野内成美「薬師寺涼子の怪奇事件簿 夜光曲」(マガジンZKC)

コミック版「薬師寺涼子の怪奇事件簿」シリーズの6話目、最終話である。舞台は久々に東京。 事件の発端は新宿御苑でおきた「樹木」の一斉枯死事件。「事件」というのも変なのだが、新宿御苑中の樹が一斉に枯れてしまうというものなのだが、ここで「公...
薬師寺涼子の怪奇事件簿

劫を経た「毒蜘蛛」も涼子サマには敵わない — 田中芳樹・垣野内成美「薬師寺涼子の怪奇事件簿 黒蜘蛛島」(マガジンZKC)

コミック版「薬師寺涼子の怪奇事件簿」シリーズの第5話である。 今回の舞台は、カナダ・バンクーバー。この近くの森で、在留の日本人男女二人が殺されているところからスタートする。 地元の総領事館がカナダ警察の捜査を拒否するので、我らがお涼...
薬師寺涼子の怪奇事件簿

悪辣な元大統領も、涼子サマにはカタナシですな — 田中芳樹・垣野内成美「薬師寺涼子の怪奇事件簿 クレオパトラの葬送」(マガジンZKC)

さて、涼子サマの「怪奇事件簿シリーズ」のレビューも4作目となった。今回は、豪華客船「クレオパトラ八世号」で香港までのトラベル。もちろん、仕事がらみであって、任務は「ラ・パルマ共和国」という南米の国の前大統領・ホセ・モリタの護衛である。この人...
薬師寺涼子の怪奇事件簿

涼子サマ、パリで仇敵の美女+女性錬金術師と対決 — 田中芳樹・垣野内成美「薬師寺涼子の怪奇事件簿 巴里・妖都変」(マガジンZKC)

「摩天楼」「東京ナイトメア」に続いての、「怪奇事件簿」シリーズのコミック版の三作目は「巴里・妖都変」ということで、海外雄飛(かなり表現が古いな)。 海外出張の理由は、涼子サマが、パリ第二大学での犯罪学の実践講座に招かれたという次第。調...
薬師寺涼子の怪奇事件簿

財務省の豪華ビルで涼子サマ、悪夢に出くわす — 田中芳樹・垣野内成美「薬師寺涼子の怪奇事件簿 東京ナイトメア」(マガジンZKC)

さて、摩天楼での警視庁復活を経た涼子サマの次なる活躍というか乱暴狼藉の場は、東京・三田の高級ホテルの横に立つ「三田分室」という怪しいんだが怪しくないんだかわからないところが舞台。 話は、高級ホテルで行われる名族の結婚式のバージンロード...
薬師寺涼子の怪奇事件簿

涼子サマ、都心の高層ビルで大暴れで伝説の獣退治 — 田中芳樹・垣野内成美「薬師寺涼子の怪奇事件簿 摩天楼」(マガジンZKC)

田中芳樹氏のミステリー「薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ」をコミック化したものの一冊。もとは「摩天楼 薬師寺涼子の怪奇事件簿」かな。 小説のコミック化と実写化は、その出来が極端に出るもので、仮に変なものにあたると、主人公のイメージやら...
タイトルとURLをコピーしました