カテゴリー別アーカイブ: 薬師寺涼子の怪奇事件簿

猫ハンドのお涼さまはいかが ー 田中芳樹・垣野内成美「女王陛下の招き猫ー薬師寺涼子の怪奇事件簿」(アフタヌーン・コミックス)

本巻は「魔境の女王陛下」の前の作品であるらしく、海外が舞台となることが多いこのシリーズには、珍しく「国内」しかも東京都が舞台である(もっとも東京都下の「島」なのだが)。ただ、この島は「猫だらけ」の島という設定で、女王陛下版「化け猫」の物語といったところであろうか。

【収録は】

第1話 波の果は猫の島
第2話 鈴々・猫々・オッドアイ
第3話 一難去ってまた一猫
最終話 夜の夢に鈴は鳴る
番外編 休日も!おまわりさん

となっていて、第1話から最終話までは、東京都の寝掛島の「ネコロジー祭」というイベントで起きた殺人事件に、我らが「お涼さま」が捜査に乗り出す話。

番外編は、「女王陛下の招き猫」とは関係なくて、日頃、お涼さまの下僕として日夜働いている泉田警部補の、ゆるい休日の一コマが描かれている。

【あらすじと注目ポイント】

本編の「女王陛下の招き猫」での事件の解決のキーは、この島に残る「唐羽長者の伝説」の長者の家とされている廃墟。島中が猫な中で、このハイ廃屋も猫の住処となっているのだが、ここに、猫を愛していると主張するクローリー・ロワイヤルという外人や片目を隠した少年やらが現れて、怪奇仕立てを整えている。

物語の展開は、殺人事件の犯人を、いつものメイド二人組が片付けるあたりで終わりかな、と思わせておいて、実は本題である、「唐羽長者」が隠したといわれる財宝探しへと誘導する筋立てである。

注目すべきは、物語の初めの方で、お涼さまが島に上陸してすぐの時。

猫ハンドの屋台の店員の代理として、お涼さまが、猫ハンドで、あれこれお戯れのところは、なんとも魅力的でありますよ。室町警視ファンは、彼女が猫アレルギーで、くしゅんくしゅんするところに、ニンマリするかもしれんですね。

番外編の方は、泉田警部補と室町警視の清く正しい図書館での休日に、お涼さまが乱入して邪魔立てをする話。当方はお涼さま派なのだが、この話では室町警視を応援したいですな。

【レビュアーから一言】

今回は、「猫の呪術」とか、「オッドアイ」の猫とか、怪奇ものの道具立ては揃えてあるのだが、軽いタッチで仕上げてあって、ホラー色は薄い方である。
ただ、このシリーズの、特にコミック版の楽しみは、ストーリーと同列で、お涼さまの姿を愛でるところにあって、そのあたりはきちんとおさえてあるので、安心してお読みください。

軽井沢の霧の中での、母娘の対決の行方 — 田中芳樹・垣野内成美「薬師寺涼子の怪奇事件簿 霧の訪問者」(アフタヌーンKC)

今回の舞台は、久々に国内で、「軽井沢」という、けっこうベタな設定である。
もちろん、お金持ちのお嬢様である「お涼サマ」は昔からの避暑地「奥軽井沢」に別荘をお持ちで・・・、というところなのだが、そこに、アメリカの食品と農業の世界最大級のグループ企業のUFAのオーナー一族であるロートリッジ家の女性当主マイラとその娘アーテミシアがやってきて、日本の企業との提携協定のパーティーを開催。事件はそのパーティーでの出来事が発端。
話の冒頭のほうで、お涼さまの忠実な部下である泉田刑事が、娘のアーテミシアの車と接触事故を起こして彼女に保護されたり、といったハプニングはあるのだが、これは単なる呼び水。アーテミシアの世間知らずのお嬢様ぶりを紹介する設えであろう。
事件の中心は、アーテミシアのパーティー会場での「焼身自殺」。何不自由ない金持ちの娘が、なぜ日本のこんなところで、といったところなのだが、事件を解くカギは、彼女が自殺するときの母親マイラの「お前の体は私のものですよ」という発言と、娘の「もう おしまい。細胞の一欠片だってあなたには遺してやらない」という言葉で象徴される、自殺の陰に隠された母娘の秘密をあきらかにしていく筋立てである。
謎を追っていく途中で、母親マイラのメシア願望や不死願望であるとか、アーテミシアが父親の存在しない人間であるとかのTipsが散らされていくのだが、今回はの事件の謎は二重三重の扉が用意されているので、「アーミテシアがクローン人間では」などといった情報で安心しないこと。最後の最後まで「どんでん返し」があるので、お楽しみに。
さて、今回の「お涼さま」の名言は、アーテミシアの恋人の弟を救出したところでの
「アタシはドラ娘に同情なんかしない。
(中略)
自力で逃げられなくても誰かに助けてほしいのなら・・求める・・ってことを「やる」
(中略)
目的は勝つこと
勝つために戦う
戦力をたくわえ、時機を待ち、戦略を立て、戦術を練る・
泣くヒマがあったら計略をめぐらせろ
自己憐憫にひたる時間があるなら敵の弱点をさぐれ!
母親や主治医におぞましい秘密があるならそれをネタに脅迫。
そうやって、自分の自由と尊厳を守る!
 でしょ」
といったところ。
あいかわらずの高ピーの発言なのだが、弱気になっているときには妙に元気づけられますな。

お涼サマ、シベリアでも大乱闘 — 田中芳樹・垣野内成美「薬師寺涼子の怪奇事件簿 魔境の女王陛下」(アフタヌーンKC)

今巻のお涼サマの活躍の舞台はロシア・極東。
金融工学を駆使したファンドの運営者で、しかも猟奇殺人者の捜査行である。
原作の発刊が2012年なので、2008年のリーマンショック以後の金融工学の弊害があれこれ言われていたあたり。もっとも、この話の標的の悪党がそうしたファンドの主であったといった設定であって、本筋の「怪奇」のところとは関係ない。
本筋のところは、ロシア・ハバロフスク地方の廃都市を舞台に、本巻の悪党・日下とその一派の逮捕劇と彼らが飼育・繁殖させている古代の猛獣との大乱闘といったところなのであるが、どうも、このロシア・極東というところは、だだっ広くて茫漠としていて、ロシアギャングについてのバックグラウンドの知識が曖昧なので、「怪奇」のイメージングがし辛いのがちょっと残念なところ。
まあ、物語のほうは涼子サマグループは、泉田警部補、貝塚巡査、安倍巡査も含めほぼフルキャスト。室町・岸本のライバルグループは、いつものように日本の高官の随行で登場という、定番のところで、猛獣や標的の悪党も残虐で、と安心してお涼サマの美しさを楽しめる出来具合であります。
腕利きのメイド「リュシエンヌ・マリアンヌ」コンビの素性が明らかにされそうなシーンもあるのだが、詳しい所は別の所でといった辺が残念ではありますな。

美女と美女の「格闘」は、とても魅力的ですなぁ — 田中芳樹・垣野内成美「薬師寺涼子の怪奇事件簿 水妖日にご用心」(アフタヌーンKC)

「薬師寺涼子の怪奇事件簿」シリーズのコミック版は、マガジンZKCから11冊にバインディングされて出版されているものがあるのだが、これは講談社からの出版で、上記のシリーズとは別物。
とはいうものの、漫画家は同じなので、絵柄は変わらず、涼子サマの麗しいお姿を拝見できる。
筋のほどは、南アジアのメヴァト王国の第二王子で内務大臣のカドカ王子が、東京ディズニーランドをもじった「ザナドゥ・ランド」という遊園地内で、半魚人に模した女性に目を竹串で刺されたところから事件がスタート。
実はこのメヴァト王国、前国王一家が変死して現国王に王位が引き継がれたという、おきまりの国家内乱の種が仕込んであって、半魚人女に、王子を殺した時に「弑逆者の末路を見たか!」と叫ばせたり、「メヴァトの建国よりもっと古い・・もっとおぞましい秘密」の存在を示唆したりとか、相変わらずの「怪奇」方面への誘導も「しっかり」である。
その後の展開は、カドカ王子が実は影武者であったり、とか、メヴァト王国に伝わる「ゴユダ」というワニの化身の伝説であるとか、APCというアメリカのシリコンバレーに本社をおく、希少金属を扱うグローバル企業であるとか、話の深みを増す「Tips」は十分用意されているので、このへんをサイドメニューにしながら、メインディッシュである、涼子サマと半魚人女との警視庁の屋上での大バトルを楽しむ、ってのが良いと思うのである。
今回は、憎たらしい金の亡者や、ゲスな権力亡者+スケベオヤジといった、典型的な「悪役」キャラはでてこない。純粋に、美女と美女との「果し合い」をお愉しみあれ。

地底から湾岸へ。涼子サマ、大暴れ — 田中芳樹・垣野内成美「薬師寺涼子の怪奇事件簿 夜光曲」(マガジンZKC)

コミック版「薬師寺涼子の怪奇事件簿」シリーズの6話目、最終話である。舞台は久々に東京。
事件の発端は新宿御苑でおきた「樹木」の一斉枯死事件。「事件」というのも変なのだが、新宿御苑中の樹が一斉に枯れてしまうというものなのだが、ここで「公安部」が登場、そして「刑事部」のお涼サマが邪魔にはいる、というのが、本シリーズのユニークな設定である。
事件は、「人を襲う蛍」とか「記者会見場での多数のネズミ」であるとか「自然系」のものが続く一方で、「オタク」の官僚の秘密パーティーで、防衛大臣が誘拐・拉致されたり、といった具合で、あいかわらずの盛り沢山のハチャハチャであるのだが、これがまた愉しみでもある。
そして、関東一帯を、後北条氏が支配していた頃(後北条氏は北条早雲の家系だから、戦国時代だな)、「一夜明タル二、人山の草木コトゴトク枯レタリケリ」という「ヤマガラシ(山枯らし)」という現象や、それに食いついて研究している、マッドサイエンティストの出現、というお決まりの「怪奇」ネタも準備されている。
まあ、今回の標的は、一見、都知事、あるいは防衛大臣かな・・・と思わせながら、実は湾岸を舞台にして、涼子サマが大暴れしたかっただけじゃね、と思わないでもないのですが、まあ、美女のアクションものは、それだけで「好!」とすべきでありますな。

劫を経た「毒蜘蛛」も涼子サマには敵わない — 田中芳樹・垣野内成美「薬師寺涼子の怪奇事件簿 黒蜘蛛島」(マガジンZKC)

コミック版「薬師寺涼子の怪奇事件簿」シリーズの第5話である。
今回の舞台は、カナダ・バンクーバー。この近くの森で、在留の日本人男女二人が殺されているところからスタートする。
地元の総領事館がカナダ警察の捜査を拒否するので、我らがお涼サマにこの事件の捜査がまわってくるわけだが、彼女が、有名映画監督・グレゴリー・キャノン二世の別荘「黒蜘蛛島」に招待されるところから、単純な殺人事件に終わらない、今回の話が本格スタート。
この島、昔大きな黒いクモが生息していて人間の体液を吸っていたということから名付けられていて、今回の「怪奇」は、皆様の推察どおり「巨大な黒いクモ」。その怪物が、なぜか知らぬが、涼子サマ一行を襲ってくる。それに加えて、日本の警察官の格闘技大会で賭博・八百長をして懲戒免職された警察官3人連れも登場して、そいつらが、涼子サマのライバル・室町由紀子に恨みを抱いている・・といった設定。
事件の謎を解く鍵は、グレゴリー・キャノン二世の祖父、グレゴリー・キャノン一世がつくった「怪奇クモ女」というC級ホラー映画と「ドミニク・H・ユキノ」というグレゴリー・キャノン二世の秘書の女性。
「クモ女」「女性秘書」なんてところから、推察の良い読者には、ネタバレっぽくなってしまうのだが、ネタが薄々分かっても、涼子サマの黒クモとのアクションシーンは十分堪能できますので、ご安心を。

悪辣な元大統領も、涼子サマにはカタナシですな — 田中芳樹・垣野内成美「薬師寺涼子の怪奇事件簿 クレオパトラの葬送」(マガジンZKC)

さて、涼子サマの「怪奇事件簿シリーズ」のレビューも4作目となった。今回は、豪華客船「クレオパトラ八世号」で香港までのトラベル。もちろん、仕事がらみであって、任務は「ラ・パルマ共和国」という南米の国の前大統領・ホセ・モリタの護衛である。この人物、日本国籍を保有しながら南米の国の大統領となるという輩であるから、こうした話のお決まりの設定で、日本からの援助金の着服や国内の民主派や反政府ゲリラの弾圧・殺害といった悪行もなんのその、といったところである。
事件は、出港したての船内のアトラクションで、若い手品師がバラバラでされる殺人が起きるところから始まる。すわ、テロリストか、と普通のミステリーではなるのだが、そこは「怪奇事件簿」であるから、「人」ではない。ネタを少しあかせば、南米の怪物「生きた水銀」の登場となるのだが、その形状と退治方法は本書で確認あれ。
さて、物語は、このホセ・モリタの手先らしいところとの戦闘やら、怪物が涼子サマ一行を襲ってくるので、それとの死闘やらと、あいかわらずの展開の早いアクションの連続であるので、このあたりは作者の手の内に乗って、ほいほいと楽しめばよい。
「おっ、そうであったか」と嬉しくなるのは、ホセ・モリタの隠された野望とそれを無慈悲に打ち砕く、涼子サマのあいかわらずの腕の冴えである。このへんは物語の最後の方で明らかになるので、最後まで読むべし。
さて、豪華客船というと周りはすべて「海」という状況であるから、古来より、優等寝台列車と並んで、密室ミステリーの格好の舞台である。ただ、難点は、乗船者数が列車と違って桁違いに多いことで、どうかすると事件に気づいた乗船客のパニックやら大量殺人や大量人質などがでた、収拾がつかなくなるのだが、そこは反則スレスレの解決策が用意されている。
なにはともあれ、今回は、なかなかの素材の片鱗はありつつも、活躍の場がなかった、貝塚巡査(香港名:呂芳春(自称))が活躍するほか、いつものメイドたち、リュシエンヌとマリアンヌも大活躍ということで、美少女ファンも大歓喜の展開であります。

涼子サマ、パリで仇敵の美女+女性錬金術師と対決 — 田中芳樹・垣野内成美「薬師寺涼子の怪奇事件簿 巴里・妖都変」(マガジンZKC)

「摩天楼」「東京ナイトメア」に続いての、「怪奇事件簿」シリーズのコミック版の三作目は「巴里・妖都変」ということで、海外雄飛(かなり表現が古いな)。
海外出張の理由は、涼子サマが、パリ第二大学での犯罪学の実践講座に招かれたという次第。調べてみると、パリ大学ってのは13個の大学の総称であるらしい。
まあ、パリ派遣は、ある意味、警視庁の厄介払いでもあるのだろうが、読者としては、「パリ」、「妖都」といったところで、期待が増すというもの。
事件の方は、ド・ゴール空港で、子鬼を連れた老人が変死するところからスタート。まあ、このあたりから、今作はゴブリンとか西洋の怪物がご登場かな、と思わせる設定である。で、今回の敵対相手は、アルゴという情報通信とPCのグローバル企業のヨーロッパ総支配人で、フランス大統領の愛人でもある藤城奈澄という美女とアルゴに飼いならされている政権政党の代議士と日本大使館の職員、という典型的設定。さらには、MITで教授職を勤めながらネオナチ思想に染まった科学者とか、結構なキャストではありますな。
ただ、このシリーズの醍醐味は、涼子サマが、悪役たちをとことんいたぶるところとあわせて、どんな怪物が登場するかな、といったところであるのだが、「巴里」というヨーロッパ屈指の都らしく、錬金術ばりばりのしろものであるので、まあ本編でお愉しみあれ。
 
今回は、これからのシリーズ展開で、お涼サマのとても強い従者役を努めるリュシエンヌと、マリアンヌが登場。どちらも可愛らしいメイド姿なのであるますが、侮れない存在でありますよ。
 

財務省の豪華ビルで涼子サマ、悪夢に出くわす — 田中芳樹・垣野内成美「薬師寺涼子の怪奇事件簿 東京ナイトメア」(マガジンZKC)

さて、摩天楼での警視庁復活を経た涼子サマの次なる活躍というか乱暴狼藉の場は、東京・三田の高級ホテルの横に立つ「三田分室」という怪しいんだが怪しくないんだかわからないところが舞台。
話は、高級ホテルで行われる名族の結婚式のバージンロードに死体が落ちてくるところからスタート。しかも、この死体を運んできたのは「有翼人」らしい、といった具合で、今回は最初のスタートから「怪奇色」満載である。
そして・・・、である。この建物の総工費が500億円、年間維持費が60億円と破格の値段。その所有は、なんと◯◯事件で、その「お力」の凄さがしれた「財務省」という設定である。もっとも、執筆は2005年あたりなので、時代がマンガに追いついた、ってなところか。
登場人物は、大蔵省あがりの大物政治家、多くの政治家に影響力を振るうオカルティスト、海外の大学卒の3世議員かつボンボンの国家公安委員長、といったぐあいで、涼子サマが敵意を持つ資格十分な面々が登場するので、彼らとの掛け合いのまたよろしいですね。
残念ながら、涼子サマの良きライバル、清楚派のマドンナ・室町由紀子参事官は、今回は、分室潜入などで「色っぽい」アクションが必要となって、かなり涼子サマに引っ張り回されて主導権が発揮できないのが残念。できうれば、涼子サマと対等近くまで張り合ってほしいのだが、ちょっと展開的にムリかも。
まあ、あいかわらずのアップテンポの展開。小難しいことは考えず、涼子サマの色っぽい「お姿」に拍手しながらページをホイホイとめくって楽しみましょうよ。

涼子サマ、都心の高層ビルで大暴れで伝説の獣退治 — 田中芳樹・垣野内成美「薬師寺涼子の怪奇事件簿 摩天楼」(マガジンZKC)

田中芳樹氏のミステリー「薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ」をコミック化したものの一冊。もとは「摩天楼 薬師寺涼子の怪奇事件簿」かな。
小説のコミック化と実写化は、その出来が極端に出るもので、仮に変なものにあたると、主人公のイメージやらが、固定化されて、どうかすると作品の魅力を損なってしまうことがるのだが、本作の場合は成功例といえる。
なぜかといえば、まあゲスな話ではあるが、薬師寺涼子がとてつもなく色っぽく魅力的に仕上がっているから。こうしたコミック化の成功の要因は、読者の想像力、造形力を超えた魅力的なキャラを見せることができるかということであるのだが、本作の場合、「涼子さま」の我儘さも気位の高さも含めて、まあなんとも見事な造形であります。
筋立ては、インターポールの出向から警視庁に帰還する辺りから始まる。
事件は、ベイシティホテルでの政治パーティーの参加者の集団監禁と連続殺人である。しかも、大理石の石の中を走る、怪しい影というところで、
まあ犯人は?となると「怪奇」事件簿という名のとおり、普通の人間ではありませんわな。
まあ、このシリーズの醍醐味は、謎解きがどうこうというところではなく、涼子さまの傍若無人な大活躍と、このやろーと思う大悪党をたたきのめすカタルシスである。すっきりすることは請け負いますね。