パパと親父のウチご飯」カテゴリーアーカイブ

シングルファーザー二人のこっそりとした宴 ー 豊田悠「パパと親父のウチ呑み1~2」

出版社務めの晴海と息子の清一郎、マッサージ店経営に千石と娘の愛梨というシングルファーザー親子二組の、愛情あふれる生活と父親、子どもたちそれぞれの成長物語を描いた「パパと親父のうちご飯」シリーズの外伝的位置づけの短編シリーズが「パパと親父のウチ呑み」。

父親と子どもたちにおきる様々なハプニングは本編のほうで展開されているので、こちらのほうは、清一郎と愛梨が寝てしまった後、父親二人がこっそりと料理をして、二人で「家呑み」するこぼれ話の数々が収録されている。

【収録と注目ポイント】

第1巻の収録は

1話 焼き枝豆&ハムカツ
2話 まぐろアボガドユッケ
3話 豚の角煮
4話 たたききゅうり
5話 チーズフォンデュ
6話 ベーコンとナッツの燻製
7話 あさりの酒蒸し
8話 手羽先のグリル焼き
ウチレシピ
パパ飯レシピ

第2巻の収録は

9話 鶏皮ポン酢
10話 明太マヨピザ
11話 タコス
12話 大人のポテトサラダ
13話 月見つくね
14話 スペアリブのビール煮
15話 湯豆腐
16話 蓮根まんじゅう
ウチレシピ
パパ飯レシピ

となっていて、シリーズの開始は、千石親子と晴海親子の暮らしが起動にのり始めた頃、二人の子供の世話で夜の街に繰り出すわけにもいかない父親二人のストレスを解消するため自然発生的に「ウチ呑み」が開始される、といった滑り出し。

なので、でてくる料理は、冷蔵庫の中に余っていたものや、翌日の子どもたちの弁当のおかずや夕食の下準備の材料を使っての手間暇をかけない料理を中心にしたもので、多くのものが単身赴任中のお父さんでも調理できそうなものばかり。
例えば、枝豆を洗って塩を揉み込んでフライパンで蒸し焼きにしたものであるとか、

板ずりしたきゅうりをビニール袋に入れて、かつおぶし・醤油。ラー油・白ごまと和えて冷蔵庫でい冷やしながら漬け込んだ「たたききゅうり」であるとか、

鶏皮をフライパンでカリカリになるまで炒めてネギとポン酢をかけた「鶏皮ポン酢」であるとか、

簡単ではあるが「酒の肴」にはたまらない一品ばかりが登場してくるのである。
しかも、合間合間の二人の父親の飲みっぷりが

といった感じなので、読みながらこっちも呑みたくなってしまうこと請け合いの展開となっている。さらに、筋らしい筋はないので、どこから読んでもよいので、その時の季節に合わせたところを開いてみてはいかがでありましょうか。

【レビュアーから一言】

本シリーズのほうでは、登場する場面が少なくなってしまった料理教室の「ゆかり」先生も第1巻の最後の方では

といった感じで登場して、手羽先料理を披瀝してくれますんで、

ゆかり先生ファンの人もぜひどうぞ。

シングルファーザー二組の、ひさびさのまったりとした日常 ー 豊田悠「パパと親父のウチご飯 11」(バンチココミックス)

晴海・清一郎親子は、離婚した妻との細い糸は残したままで現状維持、宮崎の実家のUターン攻勢はなんとか撃退、千石・愛梨親子は、千石の実母とのぎこちない和解をすました後、愛梨の実母のインドからのいつになるかわからない帰還をゆっくり待つ、といった状況になっていて、このあたりでガツンとした舞台転換か、新キャスト登場がまたれるところなのだが、ひとまずは、今までの大騒動を小休止というのが本巻。

争いが終わると、恋が始まるといったのが世の常なのだが、本巻では、「茜」のほんのりとした恋物語や、愛梨の初恋っぽい話が収録されています。

【構成と注目ポイント】

構成は

51話 ロールケーキ
52話 バッタイ
53話 焼売
54話 わらび餅
55話 ミートローフ
ウチレシピ
パパ飯レシピ

となっていて、まず最初の51話は、春海の誕生日祝いのケーキを清一郎が愛梨たちとつくる話。

続きを読む

千石は母親と再会。さて、二人は和解できるか・・ ー 豊田悠「パパと親父のウチご飯 10」(バンチココミックス)

前巻は、愛梨と清一郎が幼稚園で遊んでいる姿をこっそりと見守る初老の女性が登場したところで終わっていたので、さては次巻の主題はこのあたりかな、と思わせていたのだが、やはり今巻は、千石の最後の和解テーマ「母親との和解」がメインになります。
今回、この和解テーマが無事解決すれば、千石、晴海の抱えるわだかまりはほぼ解決することになります。

【構成と注目ポイント】

構成は

46話 手巻き寿司
47話 ゴーヤチャンプル
48話 メンチカツ
49話 豚汁
50話 だご汁
ウチレシピ
パパ飯レシピ

となっていて、まずは晴海が、愛梨の遊ぶ姿を見守る千石の母親に話しかけるところからスタート。46話から48話までは、千石と彼の母親との「歩み寄り」の物語ですね。

続きを読む

愛梨と清一郎は「はじめてのおつかい」に挑戦する ー 豊田悠「パパと親父のウチご飯 9」(バンチココミックス)

前話で共同生活を始めたきっかけが明らかになったのだが、もちろん、千石・愛梨と晴海・清一郎の共同生活は終わらない。晴海の包丁恐怖症のもととなった事件のケリがきちんとついたり、「茜」が素直に「千石」にお礼が言えたり、と今までのいろんなわだかまりが溶けていくのが今巻である。
パパ飯レシピでは、夏の定番なのだが、秋になってもまだ残っている「そうめん」の活用法が出ています。

【収録と注目ポイント】

収録は

41話 懐かしのナポリタン
42話 鶏肉のスタミナ漬け焼き
43話 ビーフストロガノフ
44話 サワークリームドーナツ
45話 茶碗蒸し
ウチレシピ
パパ飯レシピ

となっていて、41話、42話では、晴海が「包丁恐怖症」になる原因となったマンガ家・山代が登場。
前巻までの回想シーンでは、この漫画家は、晴海を逆恨みして自殺未遂、みたいなイメージがあったのだが、どうやら、少年誌で人気のあった山代を成人誌で再デビューさせたまでは良かったのだが、人気を上げるのに焦って、無理な書き直しをさせたのが原因のようですね。

続きを読む

二組のシングルファーザー親子は、かくして共同生活を始めた ー 豊田悠「パパと親父のウチご飯 8」(バンチココミックス)

「千石・愛梨」と「晴海・清一郎」の二組の親子の共同生活のドタバタと愛情物語を描いた本シリーズも8巻目となった。
性格の全く異なる二組というシチュエーションがこの話のキモとなっているのだが、そもそも、この千石と晴海がなぜ友人関係を継続していたかといったところや、共同生活のきっかけは、といったところは謎のままであった。そしていよいよ、それが明らかになる、といったところで1年間の共同生活のひとまずのまとめ、といった趣の今巻である。

【収録と注目ポイント】

収録は

36話 ソース焼きそば
37話 エビフライ
38話 チャーハン
39話 かぼちゃスープとローストチキン
40話 チンジャオロースー
ウチレシピ
パパ飯レシピ

となっていて、36話は就活中にギックリ腰になった晴海が、彼を会社までおくってやった千石へお礼を言うための千石のもとを訪れるところからスタート。ただ、この時、千石は、師匠の整体院で修行を始めたあたりで、まだ実家にいる頃なので、母親との喧嘩中に

といった感じで晴海が来訪するという間の悪い再会シーンですね。

続きを読む

愛梨と清一郎は、健気に成長しています ー 豊田悠「パパと親父のウチご飯 7」(バンチココミックス)

前話で、愛梨と清一郎に大阪出身の同級生の友人ができたり、千石の鍼灸院に新しいバイトが入ったり、とキャストが増えたのだが、今回は新キャストは脇役程度の登場で、中心となるのは、レギュラー陣となります。
全巻を通じて、料理教室を経営する壇姉妹の登場シーンが久々に多いので、「ゆかり」ファン、「茜」ファンには嬉しいところでありますね。

【収録と注目ポイント】

収録は

31話 肉まん
32話 かつ丼
33話 炊き込みご飯
34話 クレープ
35話 ピーマンの肉詰め
ウチレシピ
パパ飯レシピ

となっていて、31話と32話は、お料理教室の美人経営者の「壇ゆかり」サマが重要なポジションを務めます。最初の話では、肉まんをつくってはみたがカチカチの出来だった千石の名誉挽回の再挑戦の貴重なアドバイザー。二番目の話では、ゆかりサマが主役になりますね。

続きを読む

大阪育ちの同級生や鍼灸院の新バイトの登場で新展開か? ー 豊田悠「パパと親父のウチご飯 6」(バンチココミックス)

晴海の元妻による清一郎奪還作戦や、シングルファーザー暮らしを心配して宮崎へUターンさせようとする晴海の母親の猛攻をなんとか凌いで、愛梨と清一郎との暮らしを死守した、千石・晴海のシングルファーザー二人なのだが、今巻では、愛梨の新しい友人ができたり、千石の鍼灸院に新メンバーが参加したり、とキャストに大きな変化が訪れます。

【収録と注目ポイント】

収録は

26話 バターロール
27話 鯖の味噌煮
28話 お好み焼き
29話 豚キムチ
30話 肉じゃが
ウチレシピ
パパ飯レシピ

となっていて、はじめの26話は、晴海の故郷の「宮崎編」の結末。晴海によく似て感情や思いを顔に出さない彼の父親の心を溶かすのは、バターロールという仕掛けなのだが、本当の功労者は、無邪気に声をかける清一郎と愛梨ですね。やはり「孫」は最強でありますね。

続きを読む

元妻の再婚で、父と子は離れ離れになるのか? ー 豊田悠「パパと親父のウチご飯 5」(バンチコミックス)

千石・愛梨親子のドタバタ愛情劇にひきずられて、隙間風の入りがちであった仲もしっくりいってきた晴海・清一郎親子であったのだが、前巻の最後で別れた妻から、再婚する旨の連絡と、清一郎を引き取りたい、という電話が入ったことから、大波乱が予測される第5巻である。
今までの巻では、晴海のワーカホリックと優柔不断が離婚の原因という描かれ方がされていて、別れた奥さんは、彼の優しさの陰に隠れた無神経さに疲れて、といった風情であったので、意外にヒール(悪役)としての登場である。

【収録と注目ポイント】

収録は

21話 和風ローストビーフ
22話 あんかけうどん
23話 ロールキャベツ
24話 ミートソースのタリアテッレ&鮭のファルファッレ
25話 手作りアイスクリーム
ウチレシピ
パパ飯レシピ

となっていて、今巻は最初から、晴海の元妻が、彼女の再婚相手とともに、清一郎を引き取りにやってくるといういきなりのピンチである。

しかも、その時に彼女が清一郎と食べようと思って作ってきたお弁当が

といった、エビフライ、ミートローフ、ローストビーフと最強の布陣で、これには料理が上手になったとはいえ、千石が勝てるはずはありません。

さらに、再婚相手がやり手の会社社長という設定で、晴海、千石のシングルファーザーたちはかなりの劣勢なのだが、ここで味方になるのは

といったママ友たちでありますね。前巻まででママ友たちを味方に引き入れた「愛梨」たちの手柄ですね。
ということで、21話から23話までは、清一郎を巡っての親権争いのドラマあんおだが、22話で清一郎が自ら元妻のところへ行くというハプニングがおきて、事態を難しくしてます。
ただまあ、元妻のつくった豪華版弁当と比べても、晴海のつくる、第22話で風邪をひき熱を出した千石に作った「あんかけうどん」や

第23話でつくった「ロールキャベツ」はけして引けを取らない出来で、

これは清一郎の

こんな顔が証明してますね。そして、清一郎が元妻のところへ行ったわけは優しい彼らしいものなおだが、真相は原書で確認してください。も一つ付け加えると、元妻の再婚相手の保岡という男が結構な「上から目線男」で、読者のほとんどは千石・晴海に味方してしまうと思いますね。

後半の24話、25話は、かなりヘビーな話が前半に続いたので、ちょっと軽めの仕上がりです。春休みに帰国するという愛梨の母親に振り回される千石の姿であるとか、いつも父親と一緒のことが多い愛梨に嫉妬する清一郎をなだめる晴海であるとか、それなりに悩みは尽きないのだが、なんとなく嵐が過ぎ去ったあとの平穏感が漂います。

【レビュアーから一言】

第24話では母親が帰国したら離れ離れになるんだろうな、と予測する千石が愛梨のために手作りパスタに挑戦します。そして、その教官となるのは、もちろん壇ゆかり先生、ということで、

といった久々の「ゆかり」さんの麗しいお姿がたくさん登場しますので、「ゆかり」ファンは見逃せませんね。

【関連記事】

シングルファーザー親子二組みの”ほっこり”する物語が始まります ー 豊田悠「パパと親父のウチご飯 1」(バンチココミックス)

愛梨は”千石”を父親と認め「パパ」と呼ぶのか、それとも・・ ー 豊田悠「パパと親父のウチご飯 2」(バンチココミックス)

愛梨の行動力はすべての困難を打ち負かす ー 豊田悠「パパと親父のウチご飯 3」(バンチココミックス)

二組のシングルファーザー親子の固い絆を確かめよう ー 豊田悠「パパと親父のウチご飯 4」(バンチココミックス)

大阪育ちの同級生や鍼灸院の新バイトの登場で新展開か? ー 豊田悠「パパと親父のウチご飯 6」(バンチココミックス)

愛梨と清一郎は、健気に成長しています ー 豊田悠「パパと親父のウチご飯 7」(バンチココミックス)

二組のシングルファーザー親子は、かくして共同生活を始めた ー 豊田悠「パパと親父のウチご飯 8」(バンチココミックス)

愛梨と清一郎は「はじめてのおつかい」に挑戦する ー 豊田悠「パパと親父のウチご飯 9」(バンチココミックス)

千石は母親と再会。さて、二人は和解できるか・・ ー 豊田悠「パパと親父のウチご飯 10」(バンチココミックス)

シングルファーザー二組の、ひさびさのまったりとした日常 ー 豊田悠「パパと親父のウチご飯 11」(バンチココミックス)

二組のシングルファーザー親子の固い絆を確かめよう ー 豊田悠「パパと親父のウチご飯 4」(バンチココミックス)

シングルファーザー二組の共同生活と、それぞれにギクシャクを抱えていた親子の仲もなんとか融和してきた感のある、「千石・愛梨」と「晴海・清一郎」親子。
今までは、それぞれの関係を固めるために、あれこれとトラブル続きの感があったのだが、今巻はちょっと小休止。二組の親子の周囲の人物たちに関係する「ほっこり話」が中心になっている。

【収録と注目ポイント】

収録は

16話 一口オムライス
17話 天ぷら
18話 いわしの蒲焼き
19話 豚肉のしょうが焼き
20話 筑前煮
ウチレシピ
パパ飯レシピ

となっていて、まず最初の「一口オムライス」は、千石と晴海がお世話になっている料理教室の美人経営者の壇ゆかりの妹・壇茜の友情話。

続きを読む

愛梨の行動力はすべての困難を打ち負かす ー 豊田悠「パパと親父のウチご飯 3」(バンチココミックス)

第2巻までで、千石と愛梨はとても親子らしくなったのだが、晴海と清一郎の仲はまだ双方が遠慮しているような感じが漂っているところが気がかりな第3巻。
さらに、幼稚園の他の園児の保護者や、晴海の実家など、まだまだ二組のシングルファーザー親子を見る目は冷たくて、今巻ではそこらを打開していけるかどうかがテーマになってますね。

【収録と注目ポイント】

収録は

11話 手作りピザ
12話 チキン南蛮
13話 四川麻婆茄子
14話 カスタードプリン
15話 ハンバーグ

となっていて、まず最初の「手作りピザ」は、幼稚園のママたちが味方になってくる話。この話の仕掛けの中心は、もちろん元気娘の「愛梨」で、彼女が女友達に限らず清一郎の友達まで招待してくるのだが、この大量動員力は素晴らしいですね。さらに、自分の家のことを

と言う発言はシビレますな。

続きを読む