米澤穂信

米澤穂信

古典部メンバーは2年生となり「青春の苦味」を味わう

地方都市・神山市にあるそこそこの進学校・神山高校を舞台に、「やらなくてもいいことならやらない。やらなければいけないことなら手短に」という「省エネ」的な生き方をモットーとするものぐさながら、推理力のひらめきをみせる折木奉太郎を主人公に、旧家...
米澤穂信

「古典部」は「氷菓」「女帝」「十文字」事件の合間も大活躍ー米澤穂信「遠まわりする雛」

地方都市・神山市にあるそこそこの進学校・神山高校を舞台に、「やらなくてもいいことならやらない。やらなければいけないことなら手短に」という「省エネ」的な生き方をモットーとするものぐさながら、推理力のひらめきをみせる折木奉太郎を主人公に、旧家...
米澤穂信

青春の「日常の謎」を解く名作「古典部シリーズ」を読んでみよう。

「学校」というのは、閉じられた空間であるとともに、登場するキャストも限られるので、昔から、ミステリーの絶好の舞台となり、たくさんの傑作が生み出されています。 地方都市。神山市の中堅進学校・神山高校を舞台に、何を活動内容としているのか...
タイトルとURLをコピーしました