上田秀人

上田秀人

加賀の留守居役は紀州徳川家の陰謀を撃破ー上田秀人「要訣 百万石の留守居役17」

徳川第二代将軍・徳川秀忠の娘で、加賀・前田家の二代当主・前田利常の奥方・珠姫の「御陵守り」という閑職から一躍、江戸詰の留守居役に抜擢され、さらには加賀藩で「堂々たる隠密」と異名をとる本多正信を祖先とする筆頭宿老・本多政長の娘・琴姫の婿とな...
上田秀人

数馬は大久保老中の謀略を三度粉砕。加賀の家督騒動も決着ー上田秀人「乱麻 百万石の留守居役16」

徳川第二代将軍・徳川秀忠の娘で、加賀・前田家の二代当主・前田利常の奥方・珠姫の「御陵守り」という閑職から一躍、江戸詰の留守居役に抜擢され、さらには加賀藩で「堂々たる隠密」と異名をとる本多正信を祖先とする筆頭宿老・本多政長の娘・琴姫の婿とな...
上田秀人

左馬介と分銅屋の新たな敵は「水戸」と「会津」ー上田秀人「金の美醜」

歴史上、「賄賂政治」と悪評の高い田沼意次の時代を、八代将軍・徳川吉宗が仕掛けた幕府再生のための「米(コメ)」から「金(カネ)」へと武家の価値観を転換する仕掛けがなされた時代と位置づけ、田沼意次に協力してその施策を進める両替商の用心棒となっ...
上田秀人

左馬介を陥れる岡っ引きと会津藩士に逆襲せよー上田秀人「金の色彩」

歴史上、「賄賂政治」と悪評の高い田沼意次の時代を、八代将軍・徳川吉宗が仕掛けた幕府再生のための「米(コメ)」から「金(カネ)」へと武家の価値観を転換する仕掛けがなされた時代と位置づけ、田沼意次に協力してその施策を進める両替商の用心棒となっ...
上田秀人

伊賀の抜け忍の最後の襲撃から「紬」を救えー上田秀人「急報」「総力」 聡四郎巡検譚5・6

勘定筋の家の出身ながら、冷や飯ぐらいの身の上であった、水城聡四郎が、兄の死によって家を継ぎ、新井白石、徳川吉宗によって能力を見いだされ、勘定吟味役、御広敷用人として、幕府の要人や御用商人、あるいは伊賀者の企む陰謀を打ち砕いた後、「道中奉行...
上田秀人

福井藩主の「詫び状」の仰天な使い方ー上田秀人「布石 百万石の留守居役 15」

徳川第二代将軍・徳川秀忠の娘で、加賀・前田家の二代当主・前田利常の奥方・珠姫の「御陵守り」という閑職から一躍、江戸詰の留守居役に抜擢され、さらには加賀藩で「堂々たる隠密」と異名をとる本多正信を祖先とする筆頭宿老・本多政長の娘:琴姫の婿とな...
上田秀人

歴史上の大事件の陰には、もっと大きな「謀略」が隠れている ー 上田秀人「軍師の挑戦」

「勘定吟味役」「御広敷用人」「聡四郎巡検譚」の水城聡四郎シリーズや「奥右筆秘帳」、「百万石の留守居役」など江戸時代を舞台にした時代小説も作家である筆者の初期の作品を集めた短編集が本書『上田秀人「軍師の挑戦 上田秀人初期作品集」(講...
上田秀人

左馬之助を付け狙う同心、ついに奈落の底へ ー 上田秀人「金の悪夢 日雇い浪人生活録8」

歴史上、「賄賂政治」と悪評の高い田沼意次の時代を、八代将軍・徳川吉宗が仕掛けた幕府再生のための「米(コメ)」から「金(カネ)」へと武家の価値観を転換する仕掛けがなされた時代と位置づけ、田沼意次に協力してその施策を進める両替商の用心...
上田秀人

加賀藩潰しの「隠れた」攻勢はまだ続く ー 上田秀人「愚劣 百万石の留守居役14」

徳川第二代将軍・徳川秀忠の娘で、加賀・前田家の二代当主・前田利常の奥方・珠姫の「御陵守り」という閑職から一躍、江戸詰の留守居役に抜擢され、さらには加賀藩で「堂々たる隠密」と異名をとる本多正信を祖先とする筆頭宿老・本多政長の娘:琴姫...
上田秀人

水城聡四郎、京都の裏の姿に出会う ー 上田秀人「抗争 聡四郎巡検譚4」(光文社文庫)

勘定筋の家の出身ながら、冷や飯ぐらいの身の上であった、水城聡四郎が、兄の死によって家を継ぎ、新井白石、徳川吉宗によって能力を見いだされ、勘定吟味役、御広敷用人として、幕府の要人や御用商人、あるいは伊賀者の企む陰謀を打ち砕いた後、「道中奉行...
タイトルとURLをコピーしました