上田秀人」カテゴリーアーカイブ

水城聡四郎、京都の裏の姿に出会う ー 上田秀人「抗争 聡四郎巡検譚4」(光文社文庫)

勘定筋の家の出身ながら、冷や飯ぐらいの身の上であった、水城聡四郎が、兄の死によって家を継ぎ、新井白石、徳川吉宗によって能力を見いだされ、勘定吟味役、御広敷用人として、幕府の要人や御用商人、あるいは伊賀者の企む陰謀を打ち砕いた後、「道中奉行副役」に任命され、諸国を巡って、道中の悪党を退治する「聡四郎巡剣譚」の第4弾。
前巻で、将軍・吉宗から、「しばらく京都に滞在しろ」という命令を受けて、京都の「裏」の姿を体験するのが今巻である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 遠国の風景
第二章 都の一日
第三章 無頼の生き方
第四章 各々の動き
第五章 新しい走狗

となっていて、「京」を知るために、炭問屋の「出雲屋」に接触にところからスタート。この出雲屋、「応仁の乱」のことを「前の戦」というぐらいの京都の水が骨の髄まで染み込んでいる京都商人なのだが、「公家たちは平氏の頃から六百年間、政にして」おらず、彼らに政権を渡せばm
、京都は荒れ果ててしまうと予測しています。このへん、明治維新後の「京都」を看破しているようでもありますね。「京都」というのは、「幻想の都」であるときが、一番、力をあちこちに及ぼすところかもしれません。

続きを読む

吉宗暗殺の陰謀の結果は? ー 上田秀人「動揺 聡四郎巡検譚 3」

「江戸」と「東海道」と二部構成で展開をし始めた、「聡四郎」シリーズの3season「聡四郎巡検譚」の第3弾。

今巻では、第2巻で用意されていた「吉宗暗殺事件」がとうとう勃発して大バトルへ進んでいくことになるので、時代小説のバトルシーンが楽しみなファンにはもってこいの展開となっている。

また、聡四郎も京都入りして、複雑な職制の江戸幕府の中でも、とりわけ複雑怪奇で、権力構造もよくわからない「朝廷」「公家」の様子も解説されているので、歴史の「ウンチク」を溜め込みたい方にもおすすめの出来となってます。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 叛意あり
第二章 忍の矜持
第三章 目付の意義
第四章 京の役人
第五章 古都の蠢動

となっていて、まず今巻の第一のヤマ場である「吉宗暗殺」事件の勃発から始まる。

続きを読む

吉宗を狙う新たな陰謀勃発。聡四郎へは伊賀から意外な申し出が・・ ー 上田秀人「検断 聡四郎巡検譚 2」(光文社文庫)

勘定吟味役、御広敷用人という重任を果たした後、「世間を見てこい」と徳川吉宗によって新しい職「道中奉行副役」という何をしていいのかわからない役目に任じられた水城聡四郎の活躍を描く「聡四郎」シリーズの3season「聡四郎巡検譚」の第2弾である。

シリーズ最初の頃とあって、幕府内の旧勢力である「金」「女」の続く新たな敵の姿は、跳ねっ返りの「目付」以外はまだはっきりとはしてこないのだが、相変わらずの聡四郎一行の命を狙う企みに加えて、吉宗の命を狙う企みも芽生えだし、波乱の幕開けの香りただよう本巻である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 幕臣の夢
第二章 駿河の城下
第三章 それぞれの想い
第四章 刺客百景
第五章 掟の終わり

となっていて、まずは、吉宗の幕府改革案を潰すため、聡四郎を片付けようと企んでいる目付・野辺三十郎の命令を受けた徒目付・小高三郎が、密書を駿河奉行へ届けるところからスタート。

続きを読む

加賀藩に降りかかる火の粉を、本多政長は打ち払えるか ー 上田秀人「舌戦 百万石の留守居役13」

老中筆頭・堀田備中守正俊と「手打ち」をすることのできた加賀・前田家であったのだが、安心は長くは続かず、未だに前田綱紀が将軍候補の声があったことを恨む将軍・綱吉と、先祖が取り潰された恨みを未だ忘れない大久保加賀守が敵として立ちはだかる。

 

 

今回、加賀藩に仕掛けられる罠の対象は本多政長で、彼を江戸へ呼び寄せて「直参」にするか、なにか落ち度を見つけて加賀藩を窮地に陥れようとする巧妙な手口である。さらには、加賀藩上屋敷へ「武田党」の乱入を許し、犠牲者も出してしまった不始末の証拠を、大久保加賀守の命を受けた旗本・横山長次が手に入れ、大目付に訴えも出されるという二重の「加賀藩存続の危機」である。

 

ここまでの危機となると、新米留守居役の瀬尾数馬では「役不足」ということで、本多政長が先頭に立って采配をふるうのが「百万石の留守居役」シリーズの第13弾が『「舌戦 百万石の留守居役13」(講談社文庫)』

 

続きを読む

裏切り者をおびきだせ。獅子身中の虫の狙いは何? ー 上田秀人「金の記憶 日雇い浪人生活録7」(時代小説文庫)

前巻で表舞台に登場した「分銅屋」であったが、己と田沼意次との関係を外へ漏らしている「内通者」探しとその黒幕の意図を探るのが本巻の主なところ。

もう一つは、分銅屋を狙った盗賊たちと対決する村越伊勢こと売れっ子芸者の加壽美の勇姿で、なんとも美しい武闘派姿が楽しめます。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 日々の糧
第二章 浪々の記憶
第三章 出世の代償
第四章 身中の虫
第五章 乱麻の始まり

となっていて、田沼意次の御用商人として表にでた分銅屋なのだが、表に出て儲かっている様子が明らかになると、たくさんの盗人もよってくるようで、まずは、左馬之助の昔の知り合いの浪人・津川が接触してくるのが、今巻の戦闘シーンの始まり。

続きを読む

元同心と目付けは密かに罠をはる一方で、分銅屋は表舞台に登場 ー 上田秀人「金の裏表 日雇い浪人生活録6」(時代小説文庫)

今までは田沼意次との関係を秘密にしていた、分銅屋がとうとう表に出始めるのが本巻。そのせいか、分銅屋の前に現れてきそうな敵の姿も札差だけでなく、権威と結びついていそうな商人や、いきずりの盗賊やら、いろんなのを引き寄せるようになってくる。

おそらく、江戸の商家のうちで、一番、盗賊に狙われたり、浪人に襲撃される回数の多い店になっているはずで、おそらくは両替とか金貸しとか、分銅屋の商売に差し支えが出てるんではないでしょうか。

あと、左馬之助の恋模様なのだが、治療中に世話をしてくれたお礼に、お喜代に櫛をプレゼントしようとするのだが、クールビューテーィー忍者の村垣伊勢こと芸者の加壽美も絡んできて、恋愛ものとしても展開が気になる本巻であります。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 追放の日
第二章 執念の影
第三章 血統の力
第四章 用心棒の覚悟
第五章 齟齬の始まり

となっていて、加賀屋の襲撃で怪我をした左馬之助の傷が癒える一方で、分銅屋と左馬之助を執拗に追っていた佐藤猪之助がとうとう同心の役を解かれて、奉行所から追放される、というところからスタート。

続きを読む

札差・加賀屋の猛攻が分銅屋を襲う。左馬之助はどうしのぐ? ー 上田秀人「金の邀撃 日雇い浪人生活録5」(時代小説文庫)

今まで分銅屋にちょっかいを出しても全て失敗してきた加賀屋が、目付けの後ろ盾を得て、本格的に「分銅屋潰し」を行った顛末が描かれるのが本巻。

目付けの牽制で、町奉行所は加賀屋の動きを「見てみぬふり」を決め込む環境のもとで万全の体制で仕掛けを始めるのだが、そういう「政治」の世界とは別物の力と力がぶつかる、バトルシーンがひさびさに用意されています、

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 襲撃の前
第二章 一夜の策
第三章 それぞれの戦
第四章 最後の手立て
第五章 目付けの独立

となっていて、まず第一波は、出入りのならず者の頭・久吉に命じて、ならず者6人を集めての襲撃である。このへんは、「本格的」といいながら、金をケチる加賀屋らしいところで、襲撃の主体は縄張りを奪われた無頼の残党ばかりで、彼らに御庭番が守るところを襲撃させるのは、ちょっと任が重すぎるというものだよね。

続きを読む

目付けの狙いは分銅屋。左馬之助には仕官の罠が・・ ー 上田秀人「金の権能 日雇い浪人生活録4」(時代小説文庫)

田沼意次とともに「米から金」の世界をつくろうとする分銅屋とその用心棒・諫山左馬之助が、反対勢力の札差や目付けたちとがっぷり四つで対決する時代物「日雇い浪人生活録」の第4弾。

度重なる攻撃や買収工作を防いでいる左馬之助ではあるのだが、戦線は拡大する一方となっていくのが本巻である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 監察の思惑
第二章 建前と本音
第三章 動く闇
第四章 対権対金
第五章 反撃の緒

となっていて、前巻で旗本・田野里の家臣殺害を田沼意次がごにょごにょにしてしまったのだが、目付けの目がごまかせるはずもなく、目付けが差し向ける「徒目付」が本格捜査を開始する。かれらの前任の三人の徒目付は御庭番によって倒されているのだから、幕府内の内輪もめの気配があるのだが、上田秀人的時代ものでは、幕府内の部署ごとの対立はお家芸でありますね。

続きを読む

札差の刺客の剣を、左馬之助、鉄扇で防げ ー 上田秀人「金の策謀 日雇い浪人生活録3」(時代小説文庫)

「米から金へ」という大政策がどうなるかもあるのだが、江戸の有力者である「札差」と武士が恐れる「目付け」を敵方に回してしまった両替商・分銅屋と、その用心棒・諫山左馬之助が、彼らの攻撃をどう防戦するか、がひとまず主流となっている「日雇い浪人生活録シリーズ」なのだが、第3弾の「金の策謀」は今まで左馬之助を金で誘惑したり、勘定吟味役を使ったり、と「柔」の戦術を中心に攻めてきた加賀屋が、とうとう「剛」の手段に打って出るのが本巻。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 それぞれの策
第二章 恩と奉公
第三章 伸びる手
第四章 叶わぬ夢
第五章 返された手

となっていて、まずは加賀屋から金を借りている旗本・田野本の家臣・井田とのバトルシーンが最初の山場。この侍、一応剣術の心得はあるようなのだが、「剣豪」とか「使い手」といったものではない。しかし、この程度でも苦戦してしまうのが、左馬之助の「戦闘レベル」のまだまだ低いところなんであるが、この戦闘で「人を倒す」ということの陰惨さを体験したことで、次の段階にレベルアップすることになりますね。

続きを読む

札差と目付けの攻撃が左馬之助たちに忍び寄る ー 上田秀人「金の諍い 日雇い浪人生活録2」(時代小説文庫)

徳川吉宗から徳川家重へ時代が移行する時代、吉宗から「幕政を米から金に変えよ」という遺命を受けた田沼意次を軸にした「金」主導派と「米」主導派の対決を底流に、田沼の町方の主戦力として働く両替商・分銅屋仁左衛門の用心棒として雇われた二代続いての浪人者・諫山左馬之介の悪戦苦闘を描いた「日雇い浪人生活録」シリーズの第2弾が本巻。
札差・加賀屋、目付けたちとの戦いの幕開け、といったところである。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 争う商人
第二章 策の交差
第三章 新たな闇
第四章 地下の戦い
第五章 裏のやりとり

となっていて、「札差との闘争」篇は第二巻で、分銅屋の隣家からでてきた旗本への金の貸付帳を渡せとの要請を断られた札差・加賀屋が、怒り狂って分銅屋への仕返しを企み始めるところからスタート。

続きを読む