畠中恵」カテゴリーアーカイブ

「廃仏毀釈」の因果が明治になって復讐をはじめる ー 畠中恵「明治・金色キタン」(朝日文庫)

明治の二十年代、銀座にある派出所に勤務する「滝」と「原田」の二人の警察官を主人公にするシリーズの第2弾。
第1弾の「明治・妖モダン」は江戸から明治に時代が移る中で、こっそりと人間の世の中へ忍び込んでいた「妖」たちが、その姿をそろそろと現してくる物語であったのだが、今巻は、幕末に地方の小藩「甫峠藩」の「甫峠村」でおきた「廃仏毀釈」の前触れともいえる、「五仏五僧失踪事件」を発端に、その事件の関係者が明治になって出会った怪異事件に、牛鍋屋・百木屋の常連たちが絡んでいく物語である。

話のもととなる「五仏五僧失踪事件」のおきた「甫峠村」は架空の村であろうから場所探しをしてもしょうがないのだが、維新後「筑摩県」に編入されたとあるので、今の長野県中信地方・南信地方、岐阜県飛騨地方のどこか、菜種油が名産で江戸にも出荷していたとあるので、太平洋側に近い諏訪市などのある南信のどこかかな、と推察してみる。

明治の初期にここの「菜の花」が病気のために不作になって菜種油の生産ができないうちに、西洋から石油が入って廃れたといったエピソードは、明治初期のエネルギー転換による日本の産業の構造変換と、維新の開国によって外国から産物だけでなく病もはいってきたのか、といったことを思わせて、「開国」による「陰」の部分を連想させる。

続きを読む

明治の女性も強かった。沙羅ちゃん、世界へ雄飛する ー 畠中恵「若様とロマン」(講談社文庫)

警視庁の巡査となった、元旗本の長瀬健吾とその友達の若様たち、横浜の居留地育ちの西洋菓子職人・皆川真次郎、成金の金持ちの美人でお侠なお嬢様・小泉沙羅たち、明治時代の元気いっぱいの向こう見ずな若者たちが活躍する「若様」シリーズの第3弾。

今回は、貧乏旗本の末裔で徳川方の賊軍のせいでいつも金欠状態だが、武術に腕は確かで結束も固い「若様」たちの「見合い話」が突然持ち上がっての大騒動である。

見合い話が持ち上がった訳は、戦争の気配が強まってきた時勢に危機感を持った沙羅の父親の小泉琢磨が、彼と意見を同じくする警察の大幹部・大河出警視や巡査教習所の元幹事・有馬たちと、戦争を阻止したいグループの数を増やすため、「若様」たちを見合い結婚させ、その親族を味方に引き入れようと考えたことによる。時代設定的には、明治政府の初めての大掛かりな対外戦争となる「日清戦争」間際という辺りと推測するので、明治24〜25年といったところであろうか。

続きを読む

元旗本の若様、巡査教習所で大暴れの毎日 ー 畠中恵「若様組まいる」(講談社文庫)

「アイスクリン強し」であっけらかんとしたデビューをした、元二千石の旗本の若様・長瀬健吾たちをメインキャストにした「明治の若様組」シリーズの第二弾。

第二弾ではあるが、前作の「アイスクリン強し」などのシリーズ各話の後を受け継ぐ話ではなく、長瀬たち元旗本の若様たちがなぜ集団で「巡査」になったか、そして、薩長の側なのに、彼らと仲のよい「玉井」たちとどこで知り合ったのか、といったことが語られる「前日譚」である。

続きを読む

元旗本の若様たち、明治政府の”巡査”となる ー 畠中恵「アイスクリン強し」(講談社文庫)

維新後に巡査となった、元旗本の跡取りで組織する「若様組」のリーダー格「長瀬健吾」と、旗本家柄ながら孤児となり横浜の居留地で育った「皆川真次郎」、成金の娘で、お侠ながらスゴイ美人の「小泉沙羅」の三人を中心に、明治の中盤である明治二十年代を舞台に繰り広げられる「明治の青春小説」。

明治時代に限らず戦前の時代を舞台にした小説の主人公は、人生や実らない恋愛に悩んでいたり、あるいは日本が秀吉の時以降経験のなかった外国との戦争に翻弄されたりといったことが多いのだが、帝国憲法の制定から日清戦争の開始前という時代の空気を反映してか、将来の戦争の暗雲を感じながらも、「元気」に動き回るのが、なんとも「あっけらかん」として楽しくなる。

続きを読む

「明治」になっても闇に潜む「妖」は江戸と同じ ー 畠中恵「明治・妖モダン」(朝日文庫)

明治時代を舞台にした小説というと、司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」や「翔ぶが如く」といった歴史小説か、梁田風太郎さんの「明治断頭台」シリーズや坂口安吾さんの「勝海舟」を主人公にした「安吾捕物帳」といったところが目立つところで、本書のような幻想小説の風味のあるミステリーには、最近お目にかかっていない。
本ブログでもレビューしたのは、山本巧次さんの「開化鉄道探偵」ぐらいではないだろうか。

「明治」という時代が遠くなってしまった、ということもあるのだろうが、文明開化や日清・日露戦争など、欧米諸国へ追いつけ追い越せと国を発展させる色合いが強くて、闇の中から伺うようなところのあるミステリーや幻想小説には向かない時代とみられているところもあるのだろう。

本書は、そういう中で明治二十年頃、銀座四丁目のある派出所に勤務する警察官を主人公として、銀座を舞台に起きる数々な奇妙な事件を解決していくミステリーなのだが、単なる謎解きでなく、あちらこちらに「妖」が顔を出す「怪奇風ミステリー」である。

続きを読む