畠中恵」カテゴリーアーカイブ

手代や妖の手助けで「若旦那」は成長するか? ー 畠中 恵「ぬしさまへ」(新潮文庫)

「しゃばけ」でデビューした廻船問屋兼薬種問屋長崎屋の若旦那「一太郎」と手代の「佐助」と「仁吉」、このほかに妖の「鳴家」や「屏風のぞき」たちが活躍する。江戸ものファンタジー「しゃばけ」シリーズの第2弾が本書「ぬしさまへ」

【収録と注目ポイント】

収録は

「ぬしさまへ」
「栄吉の菓子」
「空のビードロ」
「四布の布団」
「仁吉の思い人」
「虹を見しこと」

の6編で、いずれも、独立した短編なのだが、1作目の「しゃばけ」のいくつかの場面の補遺とも思える短編もある。

全体を通じてキャストやそれぞれの役回りは前作と同じ。若旦那は相変わらず病弱で、ちょっと外に出たかと思うとすぐ熱を出して寝込んでしまうし、犬神と白沢の変化である手代の佐吉と仁吉は一太郎に大甘だし、妖たちは、一太郎のまわりをうろちょろしている。ただ、前作とちょっとかわってきたのかなと思うのが、一太郎の毎夜の菓子や酒の振る舞いになついたのか、鳴家や屏風のぞきが喜々として一太郎の事件捜査を手伝うようになってきていることと、一太郎が大店長崎屋の将来の大旦那としての自覚をもたなきゃ、と思い始めていること。
特に、後段の一太郎の変化の兆しは、次の作品の伏線ともなっていくのだろうと思わせる。

さて、この本の作品について、ネタバレにならない程度にレビューをしよう。

「ぬしさまへ」は苦味走ったイケメンの仁吉の袂に、付け文(ラブレターですよ。念のため)らしきものが入っていたことから始まる。”らしき”ものと書いたのは、その手紙の字が付け文らしからぬ、とんでもない金釘流で、なかなか読めないという代物。いったいこれはなんじゃと皆で思案中に、どうもこの付け文の出し主らしい、小間物屋天野屋の一人娘が殺される、という事件がおきる。さて犯人は・・・、というもの。

色恋のもつれであることは間違いないのだが、底意地の悪い女は怖いな、といったところ

「栄吉の菓子」は一太郎の幼馴染で、腕の”悪い”菓子屋の跡取り、栄吉の菓子を食べて隠居が死んでしまうところから始まる。いくら腕がわるくても菓子で人は死なないと思うのだが、どうやら栄吉の菓子は、死ぬほど”マズイ”らしい。筋立ては、隠居殺しにされそうになる栄吉を助けるために一太郎や手代、妖たちが走り回るお話。栄吉が一太郎の店に転がり込んでいるので妖たちにはないかと不自由で、早く栄吉を追い出すために力を尽くしている、といったこともあるらしい。

最後の「植えられた草木を、美しい花と見るか、人を殺す毒と思うか」といったあたりはヒント。

「空のビードロ」。”空”は”くう”でなくて”そら”の方。そらいろのガラスの根付。
話の中身は、一太郎の腹違いの兄の松之助が、東屋という桶屋の奉公していたときの話。「しゃばけ」で松之助の奉公先あたりが火事になった後、長崎屋に勤めを変えることになるから、その前あたりの話。「しゃばけ」では火事も付喪神になりそこなった墨壺の仕業になっているから、このあたりは「しゃばけ」の補遺ともいえる。
話の中心は、松之助の店の近くでおきる犬猫殺しの真相と、奉公先のお嬢さんの底意地。

「四布(よの)の布団」は一太郎のために新調した布団から夜中になると若い女の泣き声がする。なぜだ、というところから謎解きが始まる。「四布」は布団の幅のことだって。(勉強させていただきました。)
仕掛けは、非業の死をとげた人の魂魄が残って泣いたり話をしたりという「鳥取の布団」(鳥取の宿屋で、その布団を被って寝ると、夜、「お前寒かろ」「兄さんこそ寒かろ」と兄弟が話しをする声が聞こえる)のようなものかな、と思ったが、少し柔らかくなっていて安心。

途中で繰綿問屋の田原屋の主人が青筋立てて奉公人を怒るところは、偽装マンション事件でTVによくでてくる社長さんの怒号を思いおこしてしまった。

「仁吉の思い人」は手代、仁吉が惚れて、長年お仕えした女性(といっていいのかな?妖なのだが)のお話。若旦那が暑気あたりで半死半生になっており薬湯を飲ませるためにしょうがなくやった思い出話。相手の名は。吉野(よしの)という名前(江戸時代になったらお吉さんとなっている)の女性。ところが、とんでもなく長生きの大妖の恋愛もの。話は平安時代から始まって、江戸時代まで続く、なんとも息の長いお話。乱暴にまとめると、仁吉がいくら想いを募らせても、お吉御嬢さんは、鈴君という人間の男が好きでふりむいてくれませんでした・・・ということなのだが、鈴君の生まれ変わり譚やらが絡んでくるので、ちょっとせつない。

最後のところで、一太郎にかかわりがでてくるところで「ほーっ」と感心。

最後の短編「虹を見しこと」は、ある日、無断外出して帰ってくると、いつもまわりでわちゃわちゃしている妖の姿が見えなくなっている。手代たちは、いつものような過保護でなく、なにかしらよそよそしい。これは一体・・・、というお話。
誰かの夢の中に入りこんでしまった、のでは一太郎が疑ってあれこれかぎ回るあたりから、「虹を見しこと」という表題と虹は大ハマグリが見ている夢だという話が結びつく。

【レビュアーから一言】

坂田靖子さんのコミック「珍見異聞」(珍見異聞―芋の葉に聴いた咄、珍見異聞 (2))の中に、御殿暮らしの夢を見て、目が覚めたところで、夢がかなうことを予測させるような公達と出会う、漁師の娘の話があったことをふいに思い出す。
 
 親の看病に帰省している女中のことがきっかけで、一太郎が、

私は・・・私は本当に、もっと大人になりたい。凄いばかりのことは出来ずとも、せめて誰かの心の声を聞き逃さないように

と自省を始めるあた り、次の作品での新展開を期待させる終わりかたである。

病弱若旦那と妖怪使用人に江戸ものファンタジー開幕 ー 畠中恵「しゃばけ」(新潮文庫)

江戸を舞台にしたファンタジーは、ちょっと手を出し辛かったのだが、登場人物たちの設定と語り口の軽妙さに惹かれ、思わず手にしてしまったのが、この「しゃばけ」
このシリーズは続々と続き、映画化もされるほどの人気シリーズになるのだが、その第一作目にあたる作品。

【あらすじと注目ポイント】

江戸ものの主人公というと、やおいっぽい御役者か過去をもってる岡っ引、あるいはニヒル浪人か剣豪マッチョ・・・といったところが定番で、定番くずれでも、暇を持て余す旗本か大店の次男坊といったところ。

犯人探しとはいっても、若旦那はすぐ熱を出して寝込んでしまうような質だから、捜索の主体鳴家で、あとは店出入りの岡っ引や幼馴染の菓子屋からの情報といったアームチェア・ディクティティブ。しかし、若旦那が、どっちかというと”ぽー”とした”のほほん”タイプでなんとも頼りないので、こうした安楽椅子探偵にありがちのスノッブな臭みがないのが嬉しいところ。

この「しゃばけ」の主人公は廻船問屋の一人息子の”一太郎”というところは定番を掠めているのだが、小さな頃から病弱で、店では、とんでもなく過保護にされている。
おまけに屏風のぞきや鳴家(やなり)といった妖がまわりをうろうろしているし、幼い頃から一緒に育った手代の佐助の仁吉は、これまた犬神と白沢という妖怪変化。

このシチュエーションを考え付いた時点で、この話を面白くなるよな、と感じさせるような仕掛けである。

で、こうした若旦那と妖が何をするかというと、若旦那が店に内緒で外出した帰りに、大工の棟梁が殺されるところに出くわしたところから、次々とおこる殺人事件の犯人捜しに手を出してしまうという筋立て。

話は、没薬のようなものを探しているような男に、若旦那の店が、内緒で木乃伊を切り売りしているとばっちりで若旦那が殺されかかったり、付喪神になりそこなった妖怪がでてきたり、果ては若旦那の腹違いの兄まで出現したり、火事おきたりといった具合に人、妖怪いりまじったてんこ盛状態で展開していき、果ては、何故、若旦那を守るように妖怪がうろうろしているのか、といった若旦那の謎も解明されていく。
ネタバレしてもいけないので、ここらあたりで止めておくが、軽いタッチの語り口もあるのか、とんとんと調子よく読み進めることができ、後味はほんのり甘口、といった印象。

【レビュアーから一言】

巧妙なトリックに満ちた推理ものというわけではなく、また、因縁渦巻くおどろおどろしい怪異譚でもなく、軽妙洒脱な、江戸もの+妖怪ものファンタジーとして読んでいただきたいお話である。

「廃仏毀釈」の因果が明治になって復讐をはじめる ー 畠中恵「明治・金色キタン」(朝日文庫)

明治の二十年代、銀座にある派出所に勤務する「滝」と「原田」の二人の警察官を主人公にするシリーズの第2弾。
第1弾の「明治・妖モダン」は江戸から明治に時代が移る中で、こっそりと人間の世の中へ忍び込んでいた「妖」たちが、その姿をそろそろと現してくる物語であったのだが、今巻は、幕末に地方の小藩「甫峠藩」の「甫峠村」でおきた「廃仏毀釈」の前触れともいえる、「五仏五僧失踪事件」を発端に、その事件の関係者が明治になって出会った怪異事件に、牛鍋屋・百木屋の常連たちが絡んでいく物語である。

話のもととなる「五仏五僧失踪事件」のおきた「甫峠村」は架空の村であろうから場所探しをしてもしょうがないのだが、維新後「筑摩県」に編入されたとあるので、今の長野県中信地方・南信地方、岐阜県飛騨地方のどこか、菜種油が名産で江戸にも出荷していたとあるので、太平洋側に近い諏訪市などのある南信のどこかかな、と推察してみる。

明治の初期にここの「菜の花」が病気のために不作になって菜種油の生産ができないうちに、西洋から石油が入って廃れたといったエピソードは、明治初期のエネルギー転換による日本の産業の構造変換と、維新の開国によって外国から産物だけでなく病もはいってきたのか、といったことを思わせて、「開国」による「陰」の部分を連想させる。

続きを読む

明治の女性も強かった。沙羅ちゃん、世界へ雄飛する ー 畠中恵「若様とロマン」(講談社文庫)

警視庁の巡査となった、元旗本の長瀬健吾とその友達の若様たち、横浜の居留地育ちの西洋菓子職人・皆川真次郎、成金の金持ちの美人でお侠なお嬢様・小泉沙羅たち、明治時代の元気いっぱいの向こう見ずな若者たちが活躍する「若様」シリーズの第3弾。

今回は、貧乏旗本の末裔で徳川方の賊軍のせいでいつも金欠状態だが、武術に腕は確かで結束も固い「若様」たちの「見合い話」が突然持ち上がっての大騒動である。

見合い話が持ち上がった訳は、戦争の気配が強まってきた時勢に危機感を持った沙羅の父親の小泉琢磨が、彼と意見を同じくする警察の大幹部・大河出警視や巡査教習所の元幹事・有馬たちと、戦争を阻止したいグループの数を増やすため、「若様」たちを見合い結婚させ、その親族を味方に引き入れようと考えたことによる。時代設定的には、明治政府の初めての大掛かりな対外戦争となる「日清戦争」間際という辺りと推測するので、明治24〜25年といったところであろうか。

続きを読む

元旗本の若様、巡査教習所で大暴れの毎日 ー 畠中恵「若様組まいる」(講談社文庫)

「アイスクリン強し」であっけらかんとしたデビューをした、元二千石の旗本の若様・長瀬健吾たちをメインキャストにした「明治の若様組」シリーズの第二弾。

第二弾ではあるが、前作の「アイスクリン強し」などのシリーズ各話の後を受け継ぐ話ではなく、長瀬たち元旗本の若様たちがなぜ集団で「巡査」になったか、そして、薩長の側なのに、彼らと仲のよい「玉井」たちとどこで知り合ったのか、といったことが語られる「前日譚」である。

続きを読む

元旗本の若様たち、明治政府の”巡査”となる ー 畠中恵「アイスクリン強し」(講談社文庫)

維新後に巡査となった、元旗本の跡取りで組織する「若様組」のリーダー格「長瀬健吾」と、旗本家柄ながら孤児となり横浜の居留地で育った「皆川真次郎」、成金の娘で、お侠ながらスゴイ美人の「小泉沙羅」の三人を中心に、明治の中盤である明治二十年代を舞台に繰り広げられる「明治の青春小説」。

明治時代に限らず戦前の時代を舞台にした小説の主人公は、人生や実らない恋愛に悩んでいたり、あるいは日本が秀吉の時以降経験のなかった外国との戦争に翻弄されたりといったことが多いのだが、帝国憲法の制定から日清戦争の開始前という時代の空気を反映してか、将来の戦争の暗雲を感じながらも、「元気」に動き回るのが、なんとも「あっけらかん」として楽しくなる。

続きを読む

「明治」になっても闇に潜む「妖」は江戸と同じ ー 畠中恵「明治・妖モダン」(朝日文庫)

明治時代を舞台にした小説というと、司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」や「翔ぶが如く」といった歴史小説か、梁田風太郎さんの「明治断頭台」シリーズや坂口安吾さんの「勝海舟」を主人公にした「安吾捕物帳」といったところが目立つところで、本書のような幻想小説の風味のあるミステリーには、最近お目にかかっていない。
本ブログでもレビューしたのは、山本巧次さんの「開化鉄道探偵」ぐらいではないだろうか。

「明治」という時代が遠くなってしまった、ということもあるのだろうが、文明開化や日清・日露戦争など、欧米諸国へ追いつけ追い越せと国を発展させる色合いが強くて、闇の中から伺うようなところのあるミステリーや幻想小説には向かない時代とみられているところもあるのだろう。

本書は、そういう中で明治二十年頃、銀座四丁目のある派出所に勤務する警察官を主人公として、銀座を舞台に起きる数々な奇妙な事件を解決していくミステリーなのだが、単なる謎解きでなく、あちらこちらに「妖」が顔を出す「怪奇風ミステリー」である。

続きを読む