カテゴリー別アーカイブ: ビジネス

プレゼン能力や情報収集能力より大事な「能力」って何? ー 三浦展「「情報創造」の技術」(光文社新書)

「下流社会」や「第四の消費」などなど、日本社会を筆者独自の視点で切り取り、新しい視界をわたしたちの前に見せてくれる筆者・三浦展氏が、「情報を創造する」「ひとまねではない、オリジナルな、個性的な情報をつくる」ことについてまとめたのが、本書『情報創造の技術(光文社新書)』である。

初出は2010年で、ちょっと昔の出版である。本によってはその時間の経過が悪さをする場合もあるが、本書は、引用されている事例に古めのものはあるが、その事例に寄っかかることなく、筆者の独自の方法論などが語られていて、時間の経過はあれども、まだまだ使えるところが多いな、というのが当方の実感である。

【構成は】

序 情報創造力がないと生き残れない

第1章 情報創造はなぜ必要か

第2章 情報創造の方法

第3章 情報の収集と整理

第4章 情報創造の事例

となっていて、「情報創造」という耳慣れないワードの必要性から始まって、情報を創造するノウハウといったところまで概説している。

 

で、筆者によれば

情報を記憶したり、理解したりする力よりも、また情報を表現、プレゼンする力よりも、重要なのは情報を創造したり、情報に基づいて行動する力であることを示しています。情報を表現、プレゼンする力が大事だと思っている人も多いと思いますが、プレゼンする内容を想像する力がなければ意味がないのです(P25)

ということで、「情報を創造する」ということは、およそビジネス活動の基礎にあるといっていいもので、確かに、技術だけが先行して中身がスカスカの企画書やプレゼン資料が多い中、こうした本質のところをきちんとおさえておくべきことの大事さを教えてくれていて

本書は「まねる力」ではなく、「まねない力」をつけるための本(P12)

と断言されているあたりに、情報創造の能力の本質があるような気がしますね。

続きを読む

「マネージャーに全てを求めるな」から始まる”職場と仕事”のマネジメント ー 沢渡あまね「マネージャーの問題地図」(技術評論社)

これまでの「問題地図」シリーズでは「職場」「仕事」「働き方」「システム」と、いわば”外の枠”を中心に、そこに潜む問題点や改善策が提案されていたのだが、そんな中で「問題地図」は”マネージャー」という、いわば「生身」を取り上げているのが本書『沢渡あまね「マネージャーの問題地図」(技術評論社)』である。
で、今回、管理層ともいえる「マネージャー」を取り上げたことで、人が働いている「舞台」のほとんどの「道具立て」についての、問題があるところのMAPと処方箋が出てきたといえるのではなかろうか。

【構成は】

はじめに
 〜「残業させるな」「予算目標は達成しろ」「部下のモチベーションを上げろ」
  いったいどうすりゃイイんですか!?
1丁目 モヤモヤ症候群
2丁目 何でも自分でやってしまう
3丁目 コミュニケーション大全
4丁目 モチベートできない・育成できない
5丁目 削減主義
6丁目 気合・根性・目先主義
7丁目 チャレンジしない
おわりに
 能力と余力と協力をつくるーそれがマーネジャーの仕事

となっているのだが、本書を「管理職の心得」的なものとして読むと踏み間違う恐れが大きい。
「はじめに」のところで

日本語の「管理」。英語では、次の3つに分けられます。
・Maneger(やりくり)
・Control(統制)
・Administration(事務執行)
どうも日本で言うところの「管理職」や「マネジメント職」は、このすべてを1人の人に求めがち。そして、機能不全に陥りがち。この3つに求められる要件も違えば、遂行に必要なスキルもメンテリティも異なります。1人で全部できなければ、役割分担すればいいのです
(P5)

と書かれているように、とかくCEOや役員たちの「全能の下僕」であることが想定されがちな「日本のマネージャー像」に疑問を呈している。
そしてそれは

マネジメント不全とおさらばするための、3つの割り切り
①プレイング・マネージャーは「仕方ない」
②「マネージャーは何でもできなければならない」を捨てる
③自分たちだけでやろうとしない

ということでもあって、今までのマネージャー像を変化させるもので、マネージャーの全能感に冷水を浴びせるものではあるのだが、人手不足や組織の簡略化といった「新しい組織」における、新しい「マネージャー像」を提案するものといっていい。

続きを読む

コミュニケーションの戦略的な展開を考えることが大事 ー 谷益美・枝川義邦「コミュニケーションスキル」(総合法令出版)

「コミュニケーション」については、このブログでも何件か取り上げたことがあるのだが、うまくいけそうでうまくコミュニケーションがとれずに相手に誤解されたり、難しそうな相手にすんなりと理解をしてもらったりと、なかなか勘所が掴みづらいのも事実。本書はビジネスコーチ・ファシリテーターとして活躍する筆者が、そんな「コミュニケーション」について、その具体的スキルをトレーニングメニューとともに紹介したのが本書。
 

【構成は】

 
第1章 まずは相手の対応と自分のタイプを知ろう
第2章 必ず知っておきたいコミュニケーションの基本
第3章 相手と良好な関係を築くための心構え
第4章 今日からできる!コミュニケーショントレーニング
第5章 一歩先に進む!コミュニケーションのコツ
 
となっていて、構成的には、コミュニケーションスキルの本で一番に取り上げられる、人のタイプ別対応といったところから始まって、コミュニケーションの戦略構築と心構え、そしてトレーニングの方法という順序でまとめられている。
 
 
 

続きを読む

「冤罪」経験から日本型組織の改革案をアドバイスしよう ー 村木厚子「日本型組織の病を考える」(角川新書)

元厚生労働省の官僚で、補助金詐欺の事件で検察の特捜部のでっち上げに巻き込まれた筆者が、事件を振り返って、事件の渦中でも自分を見失わず、真実を主張し続けることができた理由と、その事件から見出した「日本の組織」、「日本の組織に働く人」について考察したのが本書である。
筆者の巻き込まれた事件は、大阪地検特捜部の解体という結果になったのだが、最近の。財務省の決裁文書偽造の事件なども考えると、日本の組織に組み込まれている「病」の根深さを感じざるをえない。

【構成は】

第1章 国家の暴走に巻き込まれた日
第2章 拘置所で目にした日本社会の陰
第3章 日本型組織で不祥事がやまない理由
第4章 公務員はこれからどう生きるか
第5章 村木流「静かな改革」の極意
第6章 退官後も「世直し」を続ける
終章 闘いを支え続けてくれた家族へ

となっていて、第1章から第2章は、補助金詐欺の事件で筆者が勾留され、検察の取り調べを受け、でっちあげに近い形で調書がつくられ、という過程と、その真相が暴露され、筆者が解放されるまで。

第3章以降は、この事件での経験を踏まえながらの、筆者ならではの、この事件の陰に潜む、「日本型組織」の陰の部分とその改革案についてが語られている。

 

続きを読む

多忙なビジネスマンが「学び直す」には独学が一番 ー 野口悠紀雄「「超」独学法」

学校を出たら「勉強」は終わり、社会人になったら日々の仕事で手一杯で勉強している暇なんかない、っていうのが許されたのは、平成の初期まで。
AIが我々の仕事を奪うことが心配されたり、人生100年時代といわれる現在、いつまでも「勉ぶこと」を続けないといけない時代になっている。とはいうものの、日々の仕事に追われ、「学校」に行く時間もまとまったお金はなかなか捻出できないビジネスマンに、「独学で十分」とエールを贈ってくれるのが本書『「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ(角川新書)』である。

【構成は】

第1章 独学の第一歩を踏み出そう
第2章 独学者たちの物語
第3章 私も独学で勉強した
第4章 独学は新しい働き方を可能にする
第5章 なぜ学校でなく独学のほうがよいのか?
第6章 独学を継続させるには
第7章 学ぶべきことをどのように探し出すか?
第8章 英語は独学でしかマスターできない
第9章 検索は独学の重要な道具
第10章 人工知能の時代に独学の必要性は高まる

となっていて、第1章から第3章までは、独学のススメや歴史上の人物、例えば、シュリーマンやリンカーンといった人たちは独学で深い知識を身に着けた、といったことや筆者自身の独学体験。
第4章から第5章は、独学の新しいメリットや学校での「学び」との比較。
第6章以降は、具体的な「独学」の方法論。
といった構成になっているので、各自の目的意識に沿って「飛ばし読み」や「落下傘読み」でも十分効果はある。 

 

続きを読む

「ほぼ日」経営の秘訣をインタビューで丸裸にする ー 糸井重里・川島蓉子「すいません、ほぼ日の経営」(日経BP社)

伝説的なコピーライターであって、現在は作詞、エッセイ、ゲーム制作など多方面で活躍している糸井重里氏に、なうてのインタビュアーである川島蓉子氏が絡んで、”ほぼ日手帳”で有名な「ほぼ日」について、すみずみまで語らせたのが本書である。
もともと、ユニークな視点と語り口の糸井氏と、テンポよく切れ味のいい質問を投げ込んでくる川島氏とのかけあいであるので、面白くないはずがない。

【構成は】

第一章 ほぼ日と事業
第二章 ほぼ日と人
第三章 ほぼ日と組織
第四章 ほぼ日と上場
第五章 ほぼ日と社長

となっていて、ユニークな商品開発やサービスを考え出すことで定評のある「ほぼ日」のアイデアが生まれる源泉となっている組織、社員とともに仕事の進め方について語られるのが、第一章から第三章まで。
第四章は、通常の「会社組織」とは一風変わっている「ほぼ日」がなぜ株式上場したのか、といった表の話と裏話。第五章は、そんな「ほぼ日」を立ち上げから引っ張ってきた「糸井重里」氏の「経営者」観がとりあげられている。

続きを読む

予測不可能な「成功」をつかみとる方法はこれ ー フランス・ヨハンソン「成功はランダムにやってくる 「クリック・モーメント」のつかみ方」

「成功するためには綿密に準備して、計画を立てて」とはよく言われることで、計画を立てたりする方法を解説したビジネス書は、本屋のビジネスコーナーに行けば、たくさん見つかる。多くの人がそういう類の本を買い込んで、実践を試みるのだが、多くの場合、途中で挫折してしまうのが、常であるのだが、もし、そんな計画立てが全く無意味であったとしたらどうだろう。

本書は

本書は、非常にシンプルで衝撃的な、二つの考え方をテーマにしている。
一つは、成功は私たちが考えているよりはるかにランダムに起きるということ。もう一つは、個人や組織がランダムに起きる成功をつかみ、うまく利用するためにできる行動はいろいろあるということ

と、今までの「成功に至る方法論」の秩序性や計画性を否定して、いわば、臨機応変な成功のための行動原理を教えてくれている。

【構成は】

PARTⅠ 予測不可能な世界
 CHAPTER1 成功の法則は、ある
 CHAPTER2 セリーナ・ウィリアムズ 強さの秘密
 CHAPTER3 ノキアはなぜ迷走したのか?
 CHAPTER4 空前のベストセラー小説『トワイライト』が生まれた理由
 CHAPTER5 ランダム戦略

PARTⅡ チャンスをつかめ
 CHAPTER6 ダイアン・フォン・ファステンバーグの三つのランダム戦略
 CHAPTER7 クリック・モーメントとは何か
 CHAPTER8 クリック・モーメントを起こす方法
 CHAPTER9 目的ある賭けとは何か
 CHAPTER10 目的ある賭けをする方法
 CHAPTER11 複雑エネルギーとは何か
 CHAPTER12 複雑エネルギーを利用する方法

となっていて、PARTⅠが、「成功」が起こる時の法則性について解説し、PARTⅡで、PARTⅠで明かされた、成功の法則=ランダムの法則をつかむためにどうしたらよいかを解説するという構成になっている。

 

続きを読む

新しい「リーダー」の形を模索する ー 中竹竜二「リーダーシップからフォロワーシップへ ー カリスマリーダー不要の組織づくりとは」(CCCメディアハウス)

「リーダーシップ」という言葉を聞くと、高らかに「目標」を宣言し、矢継ぎ早にチームメンバーに指示している、カリスマ型のリーダーを思い浮かべる人が多いのではなかろうか。書店のビジネス書のところに行くと、そういうリーダーになるにはどうしたらいいのかといったものや、そういうリーダーを希求するもので溢れているといっても過言ではない。

そんな「リーダー像」に対して

トップダウンの命令をただこなすだけの「指示待ち人間」ばかりが増え、リーダーのアイディアが枯渇した途端、組織の成長は停滞する。 「優秀なリーダーを据えているはずなのに、業績が伸びないのはなぜなのか」
多くの経営者たちが壁に突き当たった、というのがこの 10 年で起きていたことではないだろうか

と疑問を投げかけ、新しい「リーダー論」を提案するのが本書『中竹竜二「リーダーシップからフォロワーシップへ ー カリスマリーダー不要の組織づくりとは」(CCCメディアハウス)』である。

【構成は】

第1章 組織論の見直し
 ー組織論の定義と分類
第2章 リーダーのためのリーダーシップ論
 ーリーダーに求められる資質とは
第3章 スタイルの確立
 スタイルの必要性
 スタイル確立の鉄則
 VSSマネジメント
 スタイル確立の罠
 スタイルの強み
第4章 リーダーのためのフォロワーシップ論
 ーフォロワーをいかに育てるか
第5章 フォロワーシップの実践
 ーフィロワ−育成の中竹メソッド
第6章 フォロワーのためのフォロワーシップ論
 ー個人と組織の関係性
第7章 フォロワーが考えるリーダーシップ論
 ーフォロワーによる組織変革
終章 これからの時代のリーダーとは
 優れたコーチの共通項
 私自身の試行と成果、そしてこれから

となっていて、著者・中武竜二氏は、早稲田大学のラグビーチームの監督をしていた人で、名監督・清宮克幸氏の後をうけながら、前任とは違ったスタイルを確立し、学生たちの自主性を高めながら、チームの好成績を誘導した人物である。

続きを読む

”宮前久美”、イノベーションを学んでグレードアップする ー 永井孝尚「100円のコーラを1000円で売る方法 3」(中経出版)

宮前久美という、美人なのだが、とても気が強くて負けるのが大嫌いな女性を主人公に、第一巻は「マーケティング全般」、第二巻は「競争戦略」をテーマにしていた「100円のコーラ」シリーズも最終巻である。
今巻は、第二巻の最終章で、「ガンジーネット」という会計ソフトのグローバル企業の日本法人社長となった、駒沢商会の上司で、マーケティングの指導者でもあった「与田」を相手のバトルを通じて「イノベーション」について物語仕立てでレクチャーしてくれる。

【構成は】

Prologue ガンジーネット・ジャパン社長・与田譲
Target1 破壊的なライバルは外からやってくる
 ーグローバル市場の怖さ
Target2 iPhoneやKindleはなぜ世界中で使えるのか?
 ー個別カスタマイズから標準品へ
Target3 企業メッセージの99.996%はスルーされる
 ー共感の時代のマーケテイング戦略
Target4 無料でも儲かる仕組みとは
 ーフリーミアムのビジネスモデル
Target5 トランジスタラジオが真空管ラジオを駆逐した理由
 ーイノベーションのジレンマ
Target6 買収するほうは立場が強いとはかぎらない?
 ー交渉の成否を握るBATNA
Target7 なぜグーグルはYouTubeを買収したのか?
 ーM&Aを成功させる方法
Target8 アップルがiPadでパソコンを否定した理由
 ーイノベーションの作法
Target9 有料で1万人に売るか、無料で100万人に使ってもらうか?
 ー数が生み出す新たな価値
Target10 動きながら考える
 ーイノベーターの素養
Epilogue それぞれの新天地へ
あとがき 現状維持は破滅

となっていて、大筋的には、グロバール企業のガンジーネットが、そのフリーミアム戦略で、「駒沢商会」はおろか、市場大手で大企業のシェアのほとんどを持っている「バリューマックス社」の経営を脅かすようになっっている状況下で、両社が共同して、自社製品の、画期的なイノベーションを行って、商品ラインナップから業態まで、がらっと変えてしまう、というもの。
あいかわらずの「宮前久美」流の大騒ぎは健在で、まるで、ジェットコースターに乗ってアップダウンしているようなストーリー展開なのだが、爽快感のある展開で、「久美」の乱暴な活躍を楽しみながら、経営理論の知識が手に入るのは、儲けものには間違いない。

続きを読む

宮前久美と一緒に「競争戦略」を学んでみよう ー 永井孝尚「100円のコーラを1000円で売る方法 2」(中経出版)

会計ソフトを扱う「駒井商会」を舞台に、美人だが鼻っ柱の強い「宮前久美」を主人公にして、マーケティング理論などを、ストーリー仕立てで描く「100円のコーラ)シリーズの第2弾。本書のテーマは「競争戦略」である。 2012年の刊行なので、今までのビジネス界につきものの栄枯盛衰はあるので、例示されている「企業名」の違和感を感じる向きもあるかも知れないが、その当時の、その企業の戦略の評価と考えて読み進めよう。

【構成は】

Prologue 宮前久美再び 1st Match 業績悪化の真犯人は誰だ? ー日本型コンセンサスの落とし穴 2st Match なぜマクドナルドはリーダーであり続けるのか? ー弱者の差別化戦略と強者の同質化戦略 3st Match 実験は「結論」から始めろ ーPDCAの本質とストーリー戦略 4st Match ”あらゆる事態”に備えるな ー網羅思考のワナ 5st Match 「平等から公平へ」シフトしたパナソニック ー仮設思考と論点思考 6st Match マツダがガソリン車でハイブリッド車に対抗できた理由 ー弱者に不可欠な「選択と集中」 7st Match ローコストキャリアが大手航空会社に勝つ方法 ー「やらないこと」を決める差別化戦略 8st Match 「1+1+1=3」を超えるチームづくり ーミンツバーグの創発戦略 9st Match 撤退する勇気 ートレードオフの見きわめ方 10st Match 社員14人で業界シェア80%を握るコミーの戦略 ー参入障壁の築き方 Epilogue 与田誠の転身 あとがき 成功体験からの脱却

となっていて、あらすじは、「社長の会計」というクラウド型の会計ソフトを売り出して順風満帆に見えた「駒井商会」なのだが、ライバルの大手企業・バリューマックス社が類似のソフトを売り出し、業績に暗雲が漂い始める。 この事態を重くみた新社長から、久美は「社内タスク・フォースチーム」の責任者に任じられ、張り切るのだが、彼女の性格もあってか、社内の古手の営業担当専務と対立する事態に。これに乗じてライバル企業は、さらに攻勢をかけてくるのだが、果たして宮前久美はどう挽回するのか・・?、といった展開である。

100円のコーラを1000円で売る方法2

続きを読む