ビジネス」カテゴリーアーカイブ

限界を超えるためのアスリートからのアドバイス ー 為末大「心のブレーキをはずす」

自分の夢や希望をかなえようと頑張った経験のない人はいないと思うのだが、夢を追いかけていると、立ちはだかってくるのが、「自分の限界」というやつで、これのせいで夢をあきらめてしまった人は多いはず。

そんな「自分の限界」に対して

「限界とは、人間のつくり出した思い込みである」
「人は、自分でつくり出した思い込みの橘に、自ら入ってしまっている」

として、その「限界」の超え方をアドバイスしてくれるのが本書『為末大「心のブレーキをはずす」 (朝日文庫)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

序章 うまくいかないのは、能力のせいじゃない
第1章 考え方を変えるふだけで結果は変わる
第2章 「自分にはできる」と信じていないのは自分だけ
第3章 自分の見えない檻から脱出する
第4章 「限界の正体」を知り、自分の可能性を拓く

となっているのだが、思うに、「限界の超え方」のアドバイスを受けるのに最適なのは、自らその限界に突き当たって、苦しみつつ限界を乗り超えてきた人からのもので、その意味で、アスリート、それも百メートルからハードルに転向し、さらには陸上選手のすべての最終目標のオリンピックでの金メダルを目指しつつも「銅メダル」に終わりつつも、今なお他分野ながら元気に活躍している筆者のアドバイスは最適なもの、といっていいだろう。

続きを読む

何が「負け」なのかは世間が決めるものじゃない ー 為末大「負けを活かす技術 」

人間誰しも負けたくはないのだが、「負ける」機会は、「勝つ機会」に比べて圧倒的に多いのが世の中の常というもの。
そんな時に、「負け」から何を学んで、何を次につなげていけるかが、未来に向けて大事なことだ、とはよく言われるのだが、なかなか、「負け」を活かすことは言うほど簡単なものではない。

そんな時に、参考となりそうなのが、「負ける」ということに一番よく接している「アスリート」のアドバイス。そんなアスリートの中でも、オリンピックのハードルの「銅」メダリストでありながら、100メートル選手からの転身の経験をもっている「勝ち」も「負け」双方の大きな経験を持つ筆者が、アドバイスしてくれるのが本書『為末大「負けを活かす技術」(朝日文庫)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第1章 自分を「見つめる」
第2章 「負け」を恐れるな
第3章 「勝利条件」を設定せよ
第4章 「強い自分」を作る
第5章 「勝つヒント」を知る
第6章 自分を活かす「選択」
第7章 「日常」を整える
第8章 「お金」に人生を賭けるな
第9章 小さな「幸せ」をこそ求めよ

となっていて、まず

続きを読む

仕事ができる人ほど身に着けたい「聞く」技とは ー 澤村直樹「聞き上手の法則 (NHK出版 生活人新書)

「仕事ができるのは認めるけれど、こっちの言うことを遮ぎって自分の主張ばかり」や「話をどこまでs真剣に理解しようとしてくれているのかわからない。」などなど、職場の人間関係がぎくしゃくしたり、コミュニケーションがうまくいかない原因の多くは、「相手の言うことをよく聞かない環境」にあることが多い。

そんな大事な「聞くこと」について臨床心理カウンセラーでもある筆者によって

聞き方は、話し方以上に人間関係を左右する。
ちょっとしたコツを掴むことで、誰でも聞き上手になることができる。

として、「そのコツを15にまとめ、分かりやすく解説」してあるのが本書である。

【構成と注目ポイント】

構成は

はじめに
1 相手の「得意なフィールド」を尊重する
2 自分の「承認欲求」と「防衛反応」を知る
3 話し手が使ったキーワードを共有する
4 無能なって聞き、無知になって終わる
5 相づちは「話し手のトーン」に合わせる
6 「同調効果」の実用的な使い方
7 相手の意見を「受容」でいてから「共感」する
8 言葉の意味よりも「気持ち」に耳を傾ける
9 求められていないアドバイスをしない
10 話し手の存在価値を大きく感じさせる
11 前向きさを取り戻させる技術「リフレーム」
12 「見えない言葉」で相手の気持ちを伝える
13 話し手のキャラクターを尊重する
14 相手が「評価してほしい部分」を評価する
15 「聞き方のクセ」と「心のクセ」を知る
【付録】「聞き方のタイプ」を知る簡易エゴグラム

なっているのだが、本書の特徴は、いわゆる「理屈」によるアドバイスではなく、筆者のカウンセラーとしての経験を活かしたアドバイスがされているところで、例えば

続きを読む

「モノ」を売るためには、視点を変えることが大事 ー 川上徹也「売れないものを売る方法? そんなものがほんとにあるなら教えてください! 」(SB新書)

「良いもの」なのに売れない、PRもしっかりしているはずなのに「売れない」・・・。多くのマーケターに共通する悩みでもあるし、そんな営業部やマーケターから「この商品なんとかならないの」と謂れのない非難をうける製造部門の悲哀でもある。

そんなみんなに共通する「売れない問題」について

「物を売る」ためには、色々な小難しいマーケティング理論やフレームワークもありますが、私なりに極力シンプルに言い表すと。
「商品力」☓「売り方」
これがすべてです。

として、そのうちの「売り方」についての「指南書」である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第1章 ダムで「カレー」が、水族館で「パン」が飛ぶように売れる理由
〜「ウリ」を変える〜
第2章 なぜタクシーはのろのろ走り、たたみ屋は24時間営業を選んだのか?
〜「売る時間」を変える〜
第3章 漁港で「ケーキ」を、地球の裏側で「雨どい」を売る
〜「売る場所」を変える〜
第4章 おじさんがダメなら女子高生、女子高生がダメならおじさんに売れ
〜「売る人」を変える〜
第5章 「2割引き」と「2割キャッシュバック」どとらが売れるのか?
〜「売る値段」を変える〜
第6章 売れないならお客さんに売らせるワザもある!?
〜「売る方法」を考える〜
第7章 「もったいない」や「社会貢献」でもっと売れ
〜「売る目的」を変える〜

となっていて、前段で「指南書」と書いたのは、商品を売るための「法則」を教えてくれるというのではなく、自分が抱えている商品をどうやったら売れるのか、それぞれが考えるヒントを与えてくれるという意味を込めている。
 

続きを読む

事業を軌道に乗せるには「3ヶ月」が “肝” ー 佐々木大輔『「3ヶ月」の使い方で人生は変る』

インターネットリサーチの草分け「マクロミル」を最初に博報堂、Googleを経て、クラウド会計ソフト「freee」を世に送り出した筆者・佐々木大輔氏による、Googleの「クォーター」「3ヶ月サイクル」によるプロジェクトの進め方。時間術に関する解説本が、佐々木大輔『「3ヶ月」の使い方で人生は変る』(日本実業出版社)。

こういうGoogle流云々というビジネス本は、とかく効率性と生産性をあげる手段のみに言及していて、「で、生産性あげてどうするの」といったところになると途端に陳腐な話や儲け話になってしまうことが多いのだが、本書の場合

僕は「時間術」や「タイムマネジメント」は、効率化して生み出した時間で、非効率なことに時間や情熱を注ぐことがゴールだと考えている

とあって、イノベーションの根幹を捉えている言葉ではある。

3kagetu hyousi

【構成と注目ポイント】

構成は

第1章 「3ヶ月」で人生は変る
第2章 3ヶ月のテーマを決める
第3章 3ヶ月のゴールを決める
第4章 3ヶ月の「時間泥棒」を決める
第5章 3ヶ月の「生産性」を高めるスケジューリング
第6章 成功は「アウトプット」しなければ始まらない

続きを読む

超簡単なロジカルシンキング的会話術のおすすめ本 ー 「まんがでわかる 必ず伝わるロジカル会話術」

「ロジカル・シンキング」というと気の利いたビジネスの基礎みたいな扱いで、企業とか自治体の研修コースでも人気あるいは定番のコースといっていいのだが、研修を受けてもなんか実践では仕えない、なんとなく借り物知識みたいで上滑りする、といった意識を持っているビジネスマンは多いと思う。

それは、勉強した手法やキーワードを「言葉」だけで理解しようとしているところに根本の原因があるといっていい。そんな悩めるビジネスマンにオススメなのが、船川淳志監修の本書「まんがでわかる 必ず伝わるロジカル会話術」(双葉社)で、ある。

【構成と注目ポイント】

構成は

第1章 ロジカル・シンキングからロジカル・ダイアローグへ
第2章 大工と話す時は大工の言葉で
 ー伝える技術をつけよう
第3章 分けるは分かる、論理+感情=納得の公式
 ー相手を説得する技術
第4章 聞き上手は相づち上手
 ー相手の心を開き、情報を引き出す聞く技術
第5章 詭弁に負けるな!
 ー議論を混乱させず、問題解決を導く
第6章 無知を恐れず、未知を楽しもう!
 ー思考のアルゴリズム「口ぐせ」を活用しよう

となっていて、ファミレスチェーンの営業部に勤務するキャリアウーマンの「三上さつき」が売上げの落ち込んでいる「デリシャス三葉町店」業績をなんとか上向きにして、閉店の危機から救おう、ということで、海外をふらふらしている父親が残していったノート「ロジカル会話術」と父親からの時折のアドバイスをもとに奮闘していくのであった・・・、という筋立て。

続きを読む

人間関係を劇的に変える「マジックワード」を見つけよう ー マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法(すばる舎)

「いつもひと目が気になって気分が落ち込む」「一所懸命気を使っているのに、かえって上から目線で言われる」
などなど、周囲の人に黄を使っているわりに批判されたり、便利使いされたりといったことに悩んで、この環境をなんとかしたいと思っている人は多いはず。


本書はそんな人に向けた「言葉を唱えることによって自分を変える」ノウハウ本である『大嶋信頼「「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法』のマンガ化で、原書のうち、人間関係の処方箋についピックアップしてまとめられている。

続きを読む

「諦める」に続く「逃げる」の為末流解釈 ー 「為末大「逃げる自由 」(プレジデント社)

世界選手権で銅メダルも取り、オリンピックにも三度出場している、400メートルハードルの伝説的アスリートである「為末大」氏の、「限界の正体」や「諦める力」に続く人生指南書で、読者からの「悩み相談」への回答をまとめつくりになっているのが本書。

100メートルからハードルに転向したり、メダルが期待されながらオリンピックではそれに届かなかったりという経歴があるせいか、氏のアドバイスはアスリートにありがちの居丈高なところがなく、本書の「はじめに」のところで書かれているのだが、自分の役割は

「世の中を変える」ことではなくて、「物の見方を変える」ということではないか

とされているせいか、そのアドバイスの数々も、相談者を導いたり、啓蒙するといったスタンスではなく、共に考える、少し前方から教えてくれるという立ち位置で、心にすっと入ってくるところが筆者の人柄というものであろう。

続きを読む

「昭和的強制のつながり」は令和になってどうなるか? ー 本田直之「ゆるいつながり」

ほぼ十年ぐらい昔の、ちょうど「平成」の真ん中頃に、「レバリッジ」ブームを起こした、本田直之氏による「人のつながり」についての著述が本書『「ゆるいつながり 協調性ではなく、共感性でつながる時代」(朝日新書)』である。「人のつながり」と書いたのは、本書の「はじめに」のところから引用すると


「なにかを得るために人脈をつくろう、人脈をつくればなにか得をするだろう」というような発想で人とのつながりを築こうとすることは、スタートから間違っています

ということで、世間でよくいう「「人脈は金脈」「人脈をつくってビジネスを成功させる」といったこととはちょっと違っている。筆者によれば「仲間に貢献することを大前提としたコミュニティやネットワークのあり方」について書いたとのことだが、レバリッジ人脈術、レバリッジ時間術、レバリッジ・リーディングなど「レバリッジを効かす」というフレーズで、ブームを起こした筆者による、新しい時代の「人脈」「人とのつながり方」は、よくある「人脈本」とは一味ちがうのは間違いない。

続きを読む

「話し下手」でもコミュニケーション上手になれる ー 吉田照美『「コミュ障」だった僕が学んだ話し方 」』(集英社新書)

 文化放送のアナウンサーで、ラジオ番組の「セイ・ヤング」、テレビ番組の「ぴったし カン・カン」などの司会でいられる売れっ子アナウンサーの「吉田照美」さんによる話し方、コミュニケーション・スキルについてのノウハウ本。

本文中にもあるのだが、筆者は浪人時代に、「コミュニケーション障害」どころか、幻聴も聞こえるノイローゼ状態になって人付き合いがほとんどできなかった時代があるそうで、そこからの立ち直りの体験談も含めての「コミュニケーション」「話し方」についてのアドバイスは値打ちがある。

「コミュ障」だった僕が学んだ話し方 (集英社新書)

「コミュ障」だった僕が学んだ話し方 (集英社新書)

posted with amazlet at 19.05.17
吉田 照美
集英社 (2017-12-15)
売り上げランキング: 229,332

続きを読む