ビジネス」カテゴリーアーカイブ

あなたも、新時代のリーダーの資格はある ー ピョートル・F・グジバチ「ニュー・エリート」

「世界一速く結果を出す人はなぜメールを使わないのか」「0秒リーダーシップ」「PLAY WORK」などで、新しい働く環境やスキルについて、幅広く著作をあらわしている、おなじみの「グジバチ」氏による、AIなどの進化で大きく変わっていく現代における「新しいリーダー論」である。

モルガン・スタンレーやGoogleなど最先端の企業で働いてきた筆者の手によるものなので、単なる精神論にとどまらず、具体的なノウハウにまで及んでいるのが、ありきたりの「リーダー本」とはちょっと違うところである。

【構成と注目ポイント】

構成は

第1章 2020年代の「成功者」とは?
第2章 常に学び、自分をアップデートする
第3章 決断は直感で。早く動いて結果を出す
第4章 会議・チーム作りはアウトプットから逆算する
第5章 スプリントのリズムで体調を管理する
第6章 人材をめいっぱい活かす企業のやり方

となっていて、まず、今までのエリート層を「 従来型のオールドエリートは、固定化された「地位」みたいなものでした。」で「 裏を返せば、オールドエリートには成長の余地がないということです。」と、今までのリーダー層に対する否定から始まる。このことは、うすうす、ほとんどの人が気づいていることなんであろうが

ナレッジエコノミーの時代になると、専門性や知恵が求められるようになりました。
ところが、これらも今やアウトソーシングで事足ります。
これからの働き方のステージは、クリエイティブエコノミーです。
そしてこの時代に生き残る人材や企業は、ゼロから新しい価値を生み出す人々であり、彼らに求められるのは、情熱、創造性、率先です

といったことで、ほんの少し前まで言われていた「ナレッジ・マネジメント」もすでに古びたのか・・・、としょんぼりしてしまう人もあるとは思う。

続きを読む

不安をなくすための呪文を教えます ー 大嶋信頼「「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法」

日常生活や仕事をする上で、厄介なのが「根拠がよくわからない不安感」というやつで、モチベーションを削ぐことは間違いないのだが、不安をなくする手立てが見つからなくて困ってしまった経験のある人は多いだろう。

そんな方々に向けて、ケース別に不安を解消するテクニックをアドバイスしてくれるのが本書『大嶋信頼「「すぐ不安になってしまう」」が一瞬で消える方法(すばる舎)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第1章 ちょっとしたことで不安が押し寄せる 第2章 すぐ不安になる人は緊張している 第3章 どう思われてる?人がいちいち気になる! 第4章 ブレない自分を手に入れるために 第5章 悪い妄想を断ち切り、リミットレスに人生謳歌!

となっていて、まず冒頭で指摘されているのは、

不安に強いタイプの人は不安なことに集中しすぎることなく、楽しいことに焦点を合わせて軽やかに生きていくことができます。 すぐ不安になってしまうタイプの人は、周りの出来事に敏感に反応してしまうので、当然悩み多き人生となります。

ということで、気が優しくて、几帳面な人ほど、不安に囲まれて右往左往する例が多く、「カエルの面に小便」的な人のほうが、無神経に突き進んでチャンスをつかんでしまう、といった事例はよく見かける事例であろう。

続きを読む

上手な「キレ方」は、一級の交渉術 ー 中野信子「キレる!」<その2>

中野信子さんの「キレる!」では、相手になめられたり、相手の都合のいいように利用されて、自分だけが損をしないために、「適切な場所で、適切な相手に、適切にキレる」ことを推奨しているのだが、この「適切にキレる」コツを、交渉術の観点から、その効果を検証してみた。

「交渉術」については、いろんな流儀が乱立している状況でちょっと迷うところなのだが、「藤沢晃治氏の『「交渉力」を強くする(ブルーバックス新書)』という本では

〇交渉に新青する10の原則
〇交渉の五大原則
〇交渉で勝つための16の基本原則

がアドバイスされていて、その3つ目の「交渉で勝つための基本原則」として

①欲しがらないふりをせよ
②交渉決裂の恐怖に耐えよ
③正しい根拠で主張せよ
④相手の期待値を下げよ
⑤巧みにふっかけよ
⑥効果的に脅せ
⑦相手をあせらせよ
⑧相手の話はよく聞け
⑨相手に共感を示せ
⑩相手を助けよ
⑪「相手の譲歩案」を自ら提案せよ
⑫自分の譲歩は高く売れ
⑬譲歩は小出しにせよ
⑭成果を欲張るな
⑮第三の道を探せ
⑯メールだけの交渉には注意せよ

があげられている。

この「交渉術のキモ」的なところが一番奇をてらっておらず、網羅的で、なおかつオーソドックスなようなので、これを使わせてもらうことにしよう。

(それぞれの基本原則の詳細については原書のほうで、具体の事例を引用して、悪い交渉と上手い交渉とを例示してあるので、興味ある方は原書のほうで)

続きを読む

「キレる」ことへの対処法は、現代人必須の技術 ー 中野信子「キレる!」

最近、あなたは相手の些細なことに反応して急に感情的になってしまったことはないだろうか、あるいは、知り合いやビジネスの相手方が思ってもなみないところで急に怒りだした場面に遭遇したことはないだろうか、もし、両方ともないなら、あなたはとても幸運です。
だが、そうしたあなたがいつ遭遇したり、自分がやってしまうかわからないのが「キレる」という現象である。
そうした「キレる」行為に対しての、全般的な「処方箋」をアドバイスしてくれるのが、本書『中野信子「キレる!」(小学館文庫)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 損するキレ方、得するキレ方
第二章 キレる人の脳で起こっていること
第三章 キレル人との付き合い方
第四章 キレる自分との付き合い方
第五章 戦略的にキレる「言葉の運用術」

となっているのだが、本書は、「キレる」行為をすべて封じ込めてしまう手法を教えてくれる本ではないところにまず注意しておこう。本書によれば

前述した″テレビ文化人にとどまらず、政治やビジネスの世界でも、自分のポジションを築き、成功している人は、怒らない人、キレない人ではなく、怒るべきときにきちんとキレることができる人です。
怒るべきときに怒らず、つまリキレないで、その怒りをため込むのではなく、上手にキレることで、多くの人の心をつかみ、自分の立場を手に入れています。
キレることは、激しい感情の発露ですから、それだけ人の心も揺さぶることになるわけです。
つまり、キレるという行為は、上手に使うことで、人間関係において自分の居場所をつくり、成功するためには欠かせないコミュニケーションのスキルであると言えます

ということで、「キレないけれど搾取される人」ではなく、「キレるけれど尊敬される人」のススメである。

続きを読む

優れたビジネススタイルはアメリカ流だけじゃない ー 可児鈴一郎+オッレ・ヘドクヴィスト「北欧流 小さくて最強の組織づくり」

ビジネススタイルのトレンドは、移り変わりが結構厳しいところがあって、以前、韓国のIT産業が勢いを増してきていた時は「サムスン」のビジネススタイルがひっぱりだこのこともあったし、ちょっと古いところでは、Dellのスタイルが一番、なんて時もあった。
最近は、というと、ディズニーやGoogleをはじめとしたアメリカ風のサービス業やIT企業のビジネススタイルが話題にのぼることが多いように思うのだが、イケアをはじめとした「北欧」出身の企業のビジネススタイルについて解説するが、本書『可児鈴一郎+オッレ・ヘドクヴィスト「北欧流 小さくて最強の組織づくり」(講談社+α新書)』である。

【構成とチェックポイント】

構成は

はじめに  今も海賊商人文化が生きる北欧ビジネス
第1章 なぜ、幸福度も生産性も北欧は世界トップクラスか
第2章 日本を世界一に押し上げた「ビジネス道」
第3章 三代続くH&Mの類いまれなるマネジメントカ
第4章 不可能を可能にしたイケア流世界進出
第5章 人脈づくりを徹底する「ヴァイキング商人の教え」
第6章 スウェーデン流小さくて最強の組織づくり
第7章 北欧企業はなぜ人づくりがうまいのか
第8章 シンポリック・リーダーが成長の原動カ
おわりに ワイルドなアイデアも評価される社会

となっていて、まず

興味深いことに、サムライ文化をルーツに持つ日本企業と、海賊文化をルーツに持つ北欧企業とは、似ているところが多々あります。
徹底した現場主義の実践、チームワークを大切にすること、人の上に立つ者に対する要求水準の高さなどがそれです。

と、日本の企業文化をもちあげつつも、少ない人口規模の北欧諸国から、グローバルな企業が生まれてくる要因に「異文化適応能力」をあげていて、このキモを解き明かすことが本書の目的といっていい。

続きを読む

ムダの多い会議をなんとかするのは運営者の腕次第 ー 「コクヨの3ステップ会議術」

コクヨの3ステップ会議術 (中経出版)

「コクヨ」という会社は、文具メーカーというポジションだけでなく、最近は文具やオフィス用品のノウハウを活用しながら、「整理術」「ノート術」といった、「仕事を進めるノウハウ」のジャンルについても役に立つアドバイスをしてくれている会社でもある。

そんなコクヨの[コクヨの研修]スキルパーク シニアトレーナによって、「会議」を活発に、しかも円滑に運営するためのコツを教えてくれるのが、本書『コクヨの3ステップ仕事術』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

序章 これだけは覚えておきたい!会議の心得
STEP1 会議のアイデア発想法
STEP2 会議のタイムマネジメント
STEP3 会議のチームワーク・マネジメント
おさらい さらに半歩先をいく会議を行うためのポイント

となっていて、設定的には、課長に代わって、新商品のイベント展示会の出展企画を話し合うための会議の進行を任された中堅職員が、その会議を、「沈黙の続く」」「雰囲気のギスギスした」「ダラダラと続き」「結論の出ない」会議にしてしまったことを反省し、リベンジしていくといった筋になっていて、STEPごとに、アイデアの引き出し方、時間管理、会議のチーム的な運営、といったことについて学べる仕掛けになっている。

続きを読む

職場の絶えない「揉め事」のケーススタディ ー 各務晶久「職場の紛争学 実践コンフリクトマネジメント」

「人出不足」「世代間ギャップ」「グローバリズム」「ダイバーシティ」などなど、「働く場」を取り巻く環境は、激変といっていいほど変化が激しくなっていて、筆者が冒頭で言う

特に実感するのは、人手不足問題と呼応するように、約5年前から、急激に関与先企業内でのコンフリクトが増加していること

というのは、大なり小なり、ほとんどの「働く人」の実感するところであろう。

そして、その「コンフリクト」は、職場だけにとどまらず、組織全体に波及して大きな影響をもたらしてしまうのは、「ブラック職場」問題を見てもあきらかなところ。
そんな状況の中で、人事コンサルタントとして、「職場のトラブル」に関わってきた筆者が、現代的な職場の問題事例を実例に即しながら、問題点を明らかにして、解決の方向性を探っているのが、本書『各務晶久「職場の紛争学 実践コンフリクトマネジメント」(朝日新書)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

はじめに
事例1 オーナー社長VS大企業OB
 「自分の給料分は利益を上げてください」
 「なぜ、私が営業をやるんだ!」
事例2 ゆとり社員 VS バブル上司
 「何でも手落ちと責められてもう限界!」
 「まず上司の壁を突破するのは仕事の基本」
事例3 専門志向 VS 上昇志向
 「社内飲み会に出ていてはスキルが保てません」
 「将来の幹部には社内人脈が大事だ」
事例4 営業トップ VS 経営層
 「これだけ部下の話を聞きヤル気を引き出しているのに」
 「マネージャーは具体的な問題解決が第一」
事例5 「意識高い系」部下 VS 実直上司
 「地味な下積みを続けるのは時間のムダです」
 「財務の仕事を任せるには10年勉強しないと」
事例6 女性総合職 VS 男性上司
 「幼い子供がいるのに宿泊出張は無理です」
 「一般職の倍近い給料の総合職としてどうか」
コンフリクトマネジメント入門(理論編)

となっていて、6つの事例を取り上げて、事例に即して「紛争(コンフリクト)」が起きる原因を、それを起こしている人物ごとに「腑分け」してみるといった仕立てになっている。

続きを読む

コミュニケーションの基礎「雑談」のキモをまとめてみた

「雑談」というと以前は「ムダ話」とか「ヒマつぶし」といったマイナスのベクトルで語られることが多かったのだが、企業のビジネス環境や働く環境が厳しくなって、職場がギスギスしたり、対人関係に苦手意識を持つ人が増えていくにしたがって、円滑にコミュニケーションをとる方法として、その価値が再評価されてます。

そんなあたりから、何冊かの「雑談本」をもとに、 コミュニケーション技術の基礎でもある「雑談」の達人になるキモをまとめてみました。

続きを読む

出退勤を社員に任せたら工場経営はどうなるか? - 斎藤北斗「生きる職場」

普通、ビジネスの効率性を上げたりしようと思うと、社員の勤務時間であるとか、出退勤の管理であるとか、「職場統制」を強めていくことが、一般的なやり方だと思うのだが、それとは逆に、社員の自主性に任せた「フリースケジュール制」とか「嫌いな作業はやらなくてよい」といったルールを導入して成果をあげている企業がある。

その企業は、東北大震災で被災後、宮城県石巻市から大阪に製造拠点を移した、エビの加工をする」パプアニューギニア海産」という会社なのだが、その企業の若い後継社長の手による、かなり変わった就業ルールの導入の理由(わけ)と、導入による効果レポートが、本書『斎藤北斗「生きる職場ー小さなエビ工場の人を縛らない働き方」(イーストプレス)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 人を縛らない職場はなにを生んだか
第二章 僕らを突き動かしたもの
第三章 人を縛らない職場ができるまで
第四章 エビと世界の意外な関係
第五章 『生きる職場』の作り方

となっていて、おおまかにわけると、「フリースケジュール」などの、一風変わった就業ルールに関するところと、東北大震災や原発に関する筆者の思いとにわけることができるのだが、「ビジネス本」レビューを取扱う本ブログらしく、前者のスタンスからアプローチしたい。

続きを読む

あなたの職場の「隣席」の外国人とうまくやっていくには ー 千葉祐大「異文化理解の問題地図」

今まで外国人の社員・労働者というと、大手企業か、あるいは実務研修生を受け入れている製造業、あるいは、男性が通う〇〇といったところが多くて、一般の日本の働く現場では、ちょっと遠いところにあることだったのだが、人手不足の深刻化や入管法の改正などで、にわかに身近な問題として議論され始めた気がする。

とはいいながら、では現実的に、その受け入れがしっかり馴染んだものになっているかというとそういうわけではなく、体制の話もだが、実際に受け入れる「職場」の環境的には、ギシギシしたところが、これを契機に顕在化しているようだ。

ということで、新たな「職場の問題地図」となってきている、この問題について、実際の受け入れのコンフリクトを、日本人側・外国人側、双方の立場から解決の道筋をアドバイスしてくれるのが本書『 千葉祐大「異文化理解の問題地図(技術評論社) 』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

はじめにー職場が外国人だらけの時代がやってきた
1丁目 指示が正しく伝わらない
2丁目 主張だらけ
3丁目 チームワーク不全
4丁目 空気を読めない
5丁目 自信過剰
6丁目 すぐに辞める
おわりにーまずは小さなことから始めてみよう

となっていて、この問題でまず上がってくる「外国人になぜ言っていることが伝わらないんだ」ということの根本には

①伝わりにくい言葉を多用する(「あいまい言葉」「カタカナ言葉」「専門的すぎる用語」が多い)
②伝わりにくい話し方をする(「無表情」「ボソボソ話す」「滑舌が悪い」で伝わらない)
③言わなくてもわかると思っている(テレパシー問題)

とされているのだが、思い当たるビジネスパーソンの方々も多いはずで、意識しないでやってしまうところが一番の課題。

続きを読む