ビジネス」カテゴリーアーカイブ

1日7万食、配食するメガ「弁当屋」企業から組織づくり・人づくりの秘訣を盗め ー 菅原勇一郎「東京大田区・弁当屋のすごい経営 (扶桑社)

都内15区と神奈川県の一部をエリアに、会社向けに配達する税込450円の日替わり弁当だけを扱って、1日7万食を配達している、大田区の宅配弁当会社・玉子屋の二代目社長による「経営本」である。

本書によると3000食/日扱えば、弁当業界では大手といわれるそうなので、7万食/日で、年商90億円の「玉子屋」は弁当業界の「メガ企業」には間違いない。
ただ、スタンフォード大学のMBAコースの「ケーススタディ」に選ばれたのは、その「メガさ」というよりは、そのサプライチェーンのユニークさなど、経営のユニークさにあるらしい。

【構成と注目ポイント】

構成は

1章 中小記号の事業承継は先代が元気なうちに
2章 数字で語る玉子屋
3章 嫌いだった弁当屋を継いだ理由
4章 社員の心に火を灯せ
5章 玉子屋の未来

となっていて、本書の読み方としては、二代目社長への事業承継のノウハウや、二代目社長からみた創業企業の継ぎ方、といった視点か、一日7万食を配食する秘訣とか、それを支える社員育成の視点で読むか、といったところなのだが、当方は二代目社長の身の上でもないので、後者の視点に近い所で読んでみた。

続きを読む

アイデアは「新たに生み出す」のではなく、「くっつける」もの ー 水野学「アイデアの接着剤 」

ここのところ、「デザイン」や「アイデア出し」といったところや、そのための「センスアップ」についての本を読んだり、レビューしているわけなのだが、こういった関係についtねお究極のところの万人の悩みは、「どうしたら、斬新なアイデアが、ばんばん出せるようになるの?」というところであろう。

もちろん、「デザイン」や「センスアップ」が、特定の人たちの特殊な能力ではないことは、水野学氏の「センスは知識から始まる」や「「売る」から、「売れる」へ 水野学のブランディング講義」などの著作ではっきりと言われているのだが、それでも、なにか、斬新な「アイデア出し」の秘訣はないものか、とすがってみたのが本書『水野学「アイデアの接着剤」(朝日文庫)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

Prologue アイデアの接着剤
第一章 人と人
 接着剤 その1 コミュニケーション
 接着剤 その2 客観性と主観性のザッピング
 接着剤 その3 「大義」をもって仕事をする
第二章 知識と知識
 接着剤 その4 「知識+知識」のイノベーション
 接着剤 その5 「洞察力」を研げば「切り口」が変わる
第三章 ヒットのつくり方
 接着剤 その6 インプットの質を高める
 接着剤 その7 時代の「シズル」を嗅ぎ分ける
Epilogue 価値観を変えてくれるのは、いつも「人」

となっていて、まず最初に目を引くのは、最初のほうの

ところで、僕は一度たりとも「アイデアを生み出した」ことがありません。
これから先も、「アイデアを生む」なんてことは、おそらくないと思っています。
僕の仕事は、世界に無数に転がっている、アイデアのかけらとかけらを拾い集め、ぴったり合うものを、くつつけることだから。(P5)

といったところで、アイデアを出す時に、とにかく誰も考えつかないものを、とかいった発想に陥りがちなのだが、そのへんは根底から考えなおしたほうがよさそうなアドバイスに、まず驚く。

続きを読む

日本が再飛躍するためのビジョンを考えてみよう ー 落合陽一「日本再興戦略」(幻冬舎)

最近「日本はスゴイ」「日本の実力はこんなにある」という自画自賛的な論説やTV番組が増えてきていて、たしかに、今まで気づいていなかった「日本の良さ」や、歴史の中に埋もれたしまっていた優れた人物を再発見するにはいいきっかけとなるのには間違いないのだが、自分褒めの度合いが過ぎると、かえって嘘くさくなって薄ら寒くなることがあるのは、当方だけではないはず。

失われたものや隠れていたことを発見するのとあわせて、現状を見据えながら、がっつりとした「希望のある」将来展望を語ってくれるものはないのか?、と思っていたところ現代の若きオピニオン・リーダーの落合陽一氏が、力強く「日本の再飛躍」について語っているのが本書『落合陽一「日本再興戦略」(幻冬舎)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

はじめに:なぜ今、僕は日本再興戦略を語るのか?
第1章 欧米とは何か
第2章 日本とは何か
第3章 テクノロジーは世界をどう変えるか
第4章 日本再興のグランドデザイン
第5章 政治(国防・外交・民主主義・リーダー)
第6章 教育
第7章 会社・仕事・コミュニティ
おわりに:日本再興は教育から始まる

となっていて、見てのとおり、日本が「復活」を遂げるために必要となる分野について、おおむね網羅して言及してあるといってよく、まず、

我々は今、デザインにしても教育にしても、あまつさえ効果不明な健康法すらも無秩序に「日本はだめで、何々に見習え」と言うばかりで、考え方の基軸がありません。我々はいったい何を継承してきて、何を継承してきていないのか。それを正確に把握した上で、今後勃興するテクノロジーとの親和性を考えていかないと、日本を再興することはできません。
日本にも考える基軸は絶対にあるはずです。我々は他の国に引けを取らない長い歴史を持ち、歴史の中で何度もイノベーションを起こしてきました。

といったスタンスには、自家中毒で酩酊することなく、隣の芝生だけを見て無駄に卑下することもなく、冷静で、偏ることのないスタンスで語ろうという意志が見えて、安心感を覚える。

続きを読む

「諦めること」に積極的な意味を見出す”生き方”もある ー 為末大「諦める力 勝てないのは努力が足りないからじゃない」

先日は、同じ為末さんの「限界の正体」で、限界をどうしたら突破できるか、限界を感じるのは全力を尽くしてから、といった書評を書いたのだが、同じ筆者のものながら、今回は「諦める」ということについてである。

先に取り上げたものとちょっと背反するんじゃないの、という声も聞こえてきそうなのだが、筆者は「限界の正体」でも「努力してもどうにもならないことがある」ことは認めていて、全力で壁を超えようとチャレンジした後に「諦めてしまうこと」は善くないことなのか?、もうお終いということなのか?、について言及し、「諦めること」の肯定的な意味を教えてくれるのが本書『為末大「諦める力 勝てないのは努力が足りないからじゃない」(プレジデント社)』である。

 

【構成と注目ポイント】

構成は

第1章 諦めたくないから諦めた
第2章 やめることについて考えてみよう
第3章 現役を引退した僕が見たオリンピック
第4章 他人が決めたランキングに惑わされない
第5章 人は万能ではなく、世の中は平等ではない
第6章 自分にとっての幸福とは何か

となっていて、最初にいうと、筆者自体が100メートルからハードルに転向し、オリンピックの銅メダルの獲得後ほどなく競技生活から引退し、という「諦めた」人である。

通常、何かを諦めた人は、他の分野に移ってもわだかまりをかかえていることが多いのだが、筆者の場合、「諦めた」後が輝いていて、それは

続きを読む

「もう限界だ」の先に踏み込み「未来」を開くためのノウハウ ー 為末大「限界の正体  自分の見えない檻から抜け出す法」

仕事にしろ勉強にしろ、なにかを活動していてぶち当たってしまうのが、「限界」というやつで、それを感じてしまうといままでの努力がなにか価値のないものに思えたり、これから努力をしようといく気力を削いでしまう、もっとも厄介な代物である。

そんな「限界」というものについて、陸上のハードル競技のオリンピックの元メダリストで、引退後も幅広い分野で現役時代に劣らず活動している筆者が、自らの経験から「限界」というものを正面から見すえ、

もしかすると、限界とは、超えるものでも、挑むものでもないのではないか。
自分の思い込みや、社会の常識が心のブレーキになっているのであれば、それを外しさえすれば、今この瞬間にも、自己ベストを更新できると思うのです。

として、「限界というもの」が持っていいる「人を萎えさせる力」が脱却する方法を説いたのが本書『為末大「限界の正体  自分の見えない檻から抜け出す法」(SBクリエイティブ)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

序章 誰かができれば自分にもできるという心理
第1章 限界とは可能性を閉じ込める檻である
第2章 なぜ人は自ら限界の檻に入るのか
第3章 自分の見えない檻から脱出する
第4章 無意識をつかって、自分の可能性を拓く

となっていて、まずなにより

「多くの人は、自分の限界の『もっと手前』を、限界だと思いこんでいる」

といったフレーズには最初「えっ」と思ってしまうのだが、それに続いて筆者が「矛盾するとように、思うかもしれませんが、僕が限界はあると思っています。しかし、その限界は、力を出し切った人の前にしか、あらわれないものです。人間は本気で挑んだときにしか、自分のハ範囲を知ることができません」というところとセットで考えると、100メートルで挫折してハードルに転じて実績をあげたオリンピアンの言葉だけに重みが違う感がある。

続きを読む

今こそ「個人ブランディング」を根っこから学び直してみよう ー 本田直之「パーソナル・マーケティング」(ディスカヴァー)

ひところ、個人の「ブランディング」ということは大流行して、自分をどう「売り込む」か、「どこに宣伝するか」といったことが、多くの人にとって「最重要課題」であった頃があって、「ブランディング」を売りにそてタレント的な活動をする人たちを多数デビューさせたり、SNSを流行らせたり、といった現象は記憶に新しいところであろう。

その「ブランディング」の大旋風の素の一つともなったのが、2009年に初刷がでた本書でもあったのだが、熱に浮かされたような「ブランディング」ブームも落ち着いた現在でも、変世の中の変化のスピードの速さは変わるところはなく、個人の「ブランディング」、本書でいう「パーソナル・マーケティング」のノウハウを押さえておくことの重要性は変わっていないと思う。

ただ、その「押さえ方」は、流行にのっかって出ていた数多い「類書」ではなく、「原液」のところを掴んでおくべきなのは言うまでもなく、本書『本田直之「パーソナル・マーケティング」(ディスカヴァー)』は、絶好の「原液」的なものといっていい。

【構成と注目ポイント】

構成は

パーソナル・マーケティングの基本戦略
 法則01 パーソナル・マーケティングがうまくいっている人の共通点
 法則02 パーソナル・マーケティングがうまくいっていない人の共通点
 法則03 パーソナル・マーケティングのポイント
 法則04 パーソナル・マーケティングのフレームワーク
自分の「強み」を洗い直す
 法則05 会社のブランドの頼らない
 法則06 キャリアアップよりもプロフィールアップを目指す
 法則07 プロフィールにストーリー性を持たせる
 法則08 将来の成功イメージから逆算する
 法則09 自分にタグを貼る
 法則10 アンチタグリストをつくる
 法則11 人に話を聞いてもらう
 法則12 転職エージェントに登録する
 法則13 モデルを決め、その人と自分を比較する
 法則14 「人に教えられること」を持っている
 法則15 「強み」は掛け算である
ターゲットを明確にする
 法則16 「誰の役に立つか?」を徹底的に考える
 法則17 うまくやっている人のやり方を分析する
 法則18 「相手はあなたに何を求めているか?」を考える
 法則19 時代のニーズを読み取る
 法則20 まず、狭いマーケットで一番になる
断片的な経験や能力を体系化する
 法則21 成功経験をリストアップする
 法則22 「たまたま」の成功を「何回でもできる」スキルに変える
 法則23 ニーズとマッチさせて「切り口」をつくる
 法則24 ロジカルにまとめる練習をする
他人との差別化をはかる
 法則25 「自分ならでは」の独自性をつくる
 法則26 キャリアをミックスさせる
 法則28 自分のキャッチフレーズをつくる
個人のプロモーション戦略を考える
 法則29 セルフメディアを持つ
 法則30 自分の名前を検索してみる
 法則31 独自の言い回しでクチコミをつくる
 法則32 マスメディアと上手に付き合う
 法則33 メディアキットをつくる
 法則34 本を出版する
個人ブランドをマネジメントする
 法則35 長期ブランディングを目指す
 法則37 ブランド接点をデザインする
 法則38 外見だけ立派にしようとしない
 法則39 状況に合わせてリブランディングする

となっていて、今回は目次を、かなり詳細目にレビューしたので、おおよその骨格はこれだけでも推測がつくところはあるのだが、できれば気になったところを原書を確認しておいたほうがよいのは、「原液」的な書籍を読む場合の「鉄則」であろう。

続きを読む

「プライシング(値付け)」の秘訣を “行動経済学目線” で解き明かす ー 永井孝尚「なんで、その価格で売れちゃうの?」(PHP新書)

ビジネスの現場で常に話題にのぼるのが、「値下げしたのに、なぜ売れないの」とか「ライバル社の商品はうちより高いのになぜ売れるの」といった「価格」と「売り上げ」に関することであろう。

そんなビジネスマンの悩みに対して、「100円のコーラ」シリーズで、宮前久美という魅力的なキャラを登場させて、マーケティング理論について、わかりやすく説明してくれた筆者・永井孝尚氏が今回、「価格戦略」「プライシング(値付け)」をとりあげたのが本書『なんで、その価格でうれちゃうの? 行動経済学でわかる「値付けの科学」(PHP新書)』である

【構成と注目ポイント】

構成は

はじめに ー いくら頑張っても儲からないのは、価格戦略を知らないからだ
 第1章 水道水と同じ味なのに、100円のミネラルウォーターを買う理由
第1部 値下げしても儲かるカラクリ ー よいものを安く売る仕組みをどう作るか
 第2章 なぜミシュラン一つ星の香港点心が激安580円なのか
 第3章 参加費0円。婚活パーティーのナゾ
 第4章 服は「売る」よりも、月5,800円で「貸す」が儲かる
 第5章 1000円の値引きより、1000円の下取り
 第6章 商品数を1/4にしたら、6倍売れたワケ
第2部 値上げしても爆売れするカラクリ ー お客さんを見極め、高く売る
 第7章 大人気・順番待ちの1本25万円生ハムセラー
 第8章 価格を2倍にしたら、バカ売れしたアクセサリー
 第9章 1ドル値下げのライバルに、1ドル値上げで勝ったスミノフ
おわりに ー 価格を知ることは、人の心理を知ることである

となっていて、「はじめに」のところで

ビジネスで儲かるかどうかは、価格戦略次第だ。
どんなに苦労して一生懸命に働いても、価格戦略を間違えると、儲からない。
価格戦略がわかれば、楽しみながら儲かるようになる。

と意欲的な書きぶりがされていることを反映してか、本書では、「アンカリング」「コストリーダーシップ戦略」、「サブスクリプションモデルとリカーリングモデル」や「バリュープロポジション」など、価格戦略に関するマーケティング理論が幅広く取り上げられている。

さらには、以前の「100円のコーラ」シリーズでは、宮前久美を主人公にした「物語」仕立てとなっていて、こういうアメリカ風のビジネス書のスタイルには好みが分かれたのだが、今回は、紹介される事例が具体的なところはそのままに、マーケティングのわかりやすい「経済書」のような仕立てになっているので、生真面目な方々も安心して読めると思う。

続きを読む

「人」を育てた経営者の片鱗に触れてみる ー 東海友和「イオンを創った女 評伝 小嶋千鶴子 」(プレジデント社)

企業創業者の伝記、評伝というと、創業者やその企業の業績や名声が高いほど、伝聞とか憶測の衣が厚くなるもので、それらを除いて、その人本来のところを見ようとすると、やはり、直に接したり、部下として働いた人の言を聞いたり、読んだりした上で、取捨選択するという作業が必要になるものだ。

筆者紹介によると、総務、営業、新規事業などの会社の幅広い分野で人事教育を中心に、岡田屋当時からイオンに勤務し、創業者小嶋千鶴子の私設美術館の設立にも関わった人らしいので、本書は「小嶋千鶴子」というある意味、「イオンを創り上げた人」の一人の肉声を直に効いていた人による評伝といってよく、小嶋千鶴子の「実体」を推察していくのにもってこいであろう。

【構成と注目ポイント】

構成は

第1章 小嶋千鶴子を形成したものーその生い立ちと試練
第2章 善く生きるということー小嶋千鶴子の人生哲学
第3章  トップと幹部に求め続けたものー小島千鶴子の経営哲学
第4章 人が組織をつくるー小嶋千鶴子の人事哲学
第5章 自立・自律して生きるための処方箋
終章 いま、なぜ「小嶋千鶴子」なのか

となっていて、「評伝」とはいいながら、彼女の人生を時代を追ってトレースしているのは、第1章ぐらいといってよく、残りの章は彼女が仕事の中で発した「言葉」の紹介とその解釈でるので、どちらかというと「言説集」に近い。

続きを読む

「デザイン」と「ブランディング」のキモを手軽に知るなら本書がオススメ ー 水野学「「売る」から、「売れる」へ 水野学のブランディング講義」(誠文堂新光社)

グッドデザインカンパニーの代表でクリエイティブデイレクターとして、熊本の「クマもん」、東京ミッドタウン、中川政七商店などなどのプロイデュースに携わってきた筆者が、慶応大学湘南藤沢キャンパスで行った講義「ブランディングデザイン」の主要なところを書籍用に編集したのが本書『水野学「「売る」から、「売れる」へ 水野学のブランディング講義」(誠文堂新光社)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第1講 なぜ、いいものをつくっても売れないのか?
第2講 デザインは誰にでも使いこなせる
第3講 ブランディングでここまで変わる
第4講 「売れる魅力」の見つけ方

となっていて、本書の解説によれば、第1講から第3講は2014年、第4講は2015年に講義されたものをベースにしているらしく、文中に出てくる時事トピックスが、その頃もものが引用されていたりするのが、なんとなく同時代感がありますね。

はじめに目を引いたのは、

ときどき「説明できないけど、これはいいデザインなんです」なんていうデザイナーがいますが、ぼくにいわせるとそれはウソです。
センスが知識の集積をもとにしている以上、説明できないデザインはありません。(P87)

というところ。

続きを読む

「最近の若いもんは」という前に「オッサン」「古いもん」こそ読むべし ー 山口周「劣化するオッサン社会の処方箋 なぜ一流は三流に牛耳られるのか」(光文社新書)

「最近の古いもんはいったいどうなっているのか」という書き出しで始まるので、当方のような定年間際の年齢となった者としては、最近の大学のスポーツ部の暴行指示事件や、情報改ざん事件などなど、思わずうなだれてしまうことが多い。

もちろん、本書でいう「オッサンの定義」は

1 古い価値観に凝り固まり、新しい価値観を拒否する
2 過去の成功体験に執着し、既得権益を手放さない
3 階層序列の意識が高く、目上の者に媚び、目下の者を軽く見る
4 よそ者や異質なものに不寛容で排他的

という行動様式・思考様式をもった人物像で、年代と性別と追う人口動態的な要素ではない(P9)

ということで、けして全ての中高年の男性を批判しているわけではないのだが、残念ながら、当方も上記の項目に思いあたる節が多々あるのは間違いない。

じゃあ「若いもん」から「古いもの」への弾劾書を読んでやろうか、というところだったのだが、本書は、「批判」一辺倒ではなく、「若いもん」と対立するのではなく、むしろ「若いもん」を助ける。「古いもん」の「現代の長老的」な新しい生き方の提案書として読めるな、というのが読後の印象である。


【構成と注目ポイント】

構成は

はじめにー本書におけるオッサンの定義
第1章 なぜおっさんは劣化したのかー失われた「大きなモノガタリ」
第2章 劣化は必然
第3章 中堅・若手がオッサンに対抗する武器
第4章 実は優しくない日本企業ー人生100年時代を幸福に生きるために
第5章 なぜ年長者は敬われるようになったのか
第6章 サーバントリーダーシップー「支配型リーダーシップ」からの脱却
第7章 学び続ける上で重要なのは「経験の質」
第8章 セカンドステージでの挑戦と失敗の重要性
最終章 本書のまとめ

となっていて、まずは、今になって数々の問題を起こす「オッサン」が大量発生したのか、というところなのだが、それは

続きを読む