ビジネス」カテゴリーアーカイブ

人出不足の解消のコツは若者への「攻めの人事」への転換にある ー 原田曜平「若者わからん! 「ミレニアル世代」はこう動かせ」(ワニブックスPLUS新書)

「若者論」というと、彼らの消費行動であるとか、生活様式などについての論述が多くて、一緒に働いていく、部下ないし同僚としてビジネスをする、という視点で書かれたものは、おどろくほど少ない。
さらに、最近の人出不足の状況の解消の場面でも、外国人労働者の議論は多くなってい入るが、最近の「若者」の行動特性を踏まえながら、働きやすい仕事環境について正面から論じているのは、

本書で取り上げるのはこの「消費者」としての若者ではなく、前述したうちの二、「採用対象者」としての若者と三、「育成・管理対象者」としての若者である。

としている本書ぐらいではなかろうか。

【構成と注目ポイント】

構成は

はじめに
第1章 若者に目を向けない企業は消えていく
第2章 こんな社員に困っている!ーミレニアル世代の特徴ー
第3章 好かれる上司、嫌われる上司
第4章 企業が取るべき若者対策
おわりに

となっていて、本書の対象とするのは、いわゆる「ミレニアム世代」「スーパーゆとり世代」で、本書によれば「極端に上昇志向が減退」し、「極端な個人主義」が進んでいて

表面の柔らかで調和的な態度と、内面の頑固さと個人主義のギャップが、ミレニアル世代の特徴なのだ

という世代的特徴を有していて

表面上は大変素直で穏やかに見えるが、彼らの「本質」とそれとのギャップは大きく、上の世代の彼らへの理解をいっそう難しくさせている。

ということから、昨今の世代間ギャップの拡大を生み出しているようなのだ。
 

続きを読む

生涯キャリアを自分で決める時代の上司と部下の在り様は  - 新井健一「いらない部下、かわいい部下」

昔のサラリーマンの映画やTVドラマを見ていると、上司の言うことを無批判に受け入れて部下に命令する「ごますり」タイプや、上司の後ろにくっついていくことを最優先にしていて社外との付き合いは二の次、といったタイプがよくでてきたものだが、最近のビジネス現場をみると、そういうタイプが出世したり、上司に可愛がられていることを見るのは少なくなっているといっていい。
では、どういうタイプが上司に見出されて出世しているかとなると、一律の基準は見いだせなくなっていて、自分がどんな方向で企業社会を泳ごうか羅針盤をなくしているビジネスパーソンが増えているのは間違いない。
そんな「海図」のない現在において、経営層や上司から「選ばれる部下」とはどんなものか、をサジェッションしてくれるのが本書『新井健一「いらない部下、かわいい部下」(日経プレミアシリーズ)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

はじめにーいまあぶない部下とは
第1章 かわいい部下は「お土産」を欠かさない
 -いまどきの上司が求める社内接待
第2章 無視していい上司、侮ってはいけない上司
 -出世レースから外れた女子に価値がある
第3章 選ばれる部下は上司を見ていない
 -出世する部下、しない部下
第4章 部下の人間性は飲み会の支払いでバレている
 -上司は部下をどう見ているか
第5章 大企業サラリーマンこそなぜ副業が必要か
 -これからの会社員の働き方とは
おわりに

となっていて、まず意識しておかないといけないのは

これまでの勝ちパターン→「すでにある価値」を模倣して改良する
これからの勝ちパターン→「どこにもない新たな価値」を創造する

といった形に、ビジネスモデルが変わっていること。

続きを読む

悩み尽きない新任マネージャーへ「羅針盤」を進呈しよう ー 中原淳「駆け出しマネジャーの成長論」

会社や官庁に入って働いていて、新任のころは五里霧中の中で仕事を覚えるのに精いっぱいでも、数年経過して組織の中で年数を経ていくと、気になってくるのが「昇進」というもので、その一番目の段階が、課長という役職で象徴される「マネジャー」職である。

ただ、いざマネジャーになってみると本書で

これまでの成果を認められ「論功行賞」としてマネジャーに昇進したはいいものの、何をやったらよいかについては、誰も教えてくれない。

といった状況にとまどいを感じている新任マネジャーも多いだろう。しかも、マネジャーとなれば、上司のムチも厳しくなるし、部下からの突き上げもあると悩みばかりが大きくなばかり・・・。そんな悩めるマネジャーの方々に向けて、「働き方」について数々の研究成果と著作のある筆者がアドバイスするのが『中原淳「駆け出しマネジャーの成長論 7つの挑戦課題を「科学」する(中公新書ラクレ)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

プロローグー駆け出しマネージャーの皆さんへ
第1章 マネジャーとは何か
第2章 マネシャーからの移行期を襲う5つの環境変化
第3章 マネジャーになった日ー揺れる感情、7つの挑戦課題
第4章 成果を挙げるため、何を為すべきかーリフレクションとアクション・テイキング
第5章 マネジャーの躍進のため、会社・組織にできること
第6章 <座談会>生の声で語られる「マネジャーの現実」

となっていて、第1章から第2章が、マネージャーの総論と環境、第3章と第4章がマネージャーがぶつかる課題と解決策、第5章が、マネージャー以外の上司や経営陣がマネージャー育成のためにすべきこと、といった構成になっているので、著者のおススメの読み方とは違うとは思うが、自分のポジションに応じて、チョイスして読むのもよいのでは。

続きを読む

会社人間も「会社の外の人生」で楽しみつつ、自己防衛せよ ー 成毛眞「定年まで待つな!」「最高の遊び方」

日本の少子高齢化であったり、国家経済といったことで、年金の支給であるとかインフラとか老後の生活を不安にさせる要素はいっぱいあって、「定年」というものが現実感を帯びてきた40代から50代のミドル世代は、正直なところ不安がいっぱい、というところだろう。これからの年金財政を考えると、年齢がいっても働き続けないといけないのだが、AIや「ゆとり世代の若者」に押されて、

これからの世の中にあって、お金を稼げる自分であり続けるのは難しい。少なくとも、いまの職場で、目の前の仕事に追われていたら、定年前に仕事を失い、路頭に迷うことになる・・。そんな悲劇に見舞われる人が、たくさん出てくる、と私は見ている。

というミドルエイジ受難の時代に生活費を稼いだ上に、どうやって機嫌よく暮らしていくか、未来を先取りした提言をしてくれるのが本書『成毛眞「定年まで待つな!」(PHPビジネス新書)』と、その続編的に仕事ではなくて「趣味」を選択した時に読んでおきたいのが同じ筆者の『成毛眞「最高の遊び方 人生も仕事も変わる!」(宝島社)』である。

 

【構成と注目ポイント】

まず、「定年まで待つな!」の構成は

はじめにーミドルエイジの働き方は一つではない
第1章 老後に野垂れ死にたくなければ、一刻も早く会社を去れ
第2章 スキルアップする暇があったら、地方に飛び込め!一発逆転の転職術
第3章 語学は後回しでいい。さっさと海外で働いてしまえ
第4章 会社を辞められないなら、一つの趣味に全精力を傾けよ
第5章 勤めながらでもOK!超速で自分の会社を設立せよ
第6章 自分を縛りつける「壁」を壊して、賢く生きろ
おわりに

となっていて、第1章で、旧来の義務教育にスポイルされていない「ゆとり世代」や「AI」によって20年後の職場は別世界になるのは間違いないから、早めに「早期退職制度」が導入されたら、積極的に活用しろ、といった、ミドルエイジが親しんできた「日本型雇用」から見ると抵抗があるかもしれないが、「地方」や「海外」に目を転じて、輝き続けられる場所を探そうでは、という、ある意味、前向きな提案と考えておいたほうがよさそうだ。

続きを読む

「メンタルトレーニング」を「ビジネス」に取り入れる ー 大儀身浩介「勝つ人のメンタル」

スポーツの世界で「勝つ」ためのメンタルが強くなければ、とよく言われるのだが、これはビジネスの世界でも共通で、才能にあふれ、弁論も爽やかな優秀な人が、プレッシャーに負けてプロジェクトを破綻させたり、結果が出せなかったりといった実例は、ビジネスパーソンであればいくつも目撃したことがあるはずだ。

こうしたメンタル面での「強さ」が求められる世界といえば、「スポーツ」の世界であるのだが、スポーツ経験を活かしながら、スポーツ心理学に基づく「メンタル・トレーニング理論」をベースにしたコミュニケーションやチーム・ビルディングのアドバイスで実績を上げている筆者による、メンタルトレーニングのビジネス版が本書『大儀身浩介「勝つ人のメンタル」(日経プレミアシリーズ)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

序章 心は鍛えられる
第1章 目標設定がやる気を生み出す
第2章 最高の心理状態をつくる
第3章 集中力のカギは楽しさにあり
第4章 イメージトレーニングで人生に勝つ
第5章 なぜプラス思考が重要なのか
第6章 セルフトークで感情を制御する
第7章 本番に強くなる心の整え方
第8章 共感力がメンタルを高める
終章 リーダーのためのメンタルトレーニング

となっていて、まず最初に

多くの人が、「自分はプレッシャーに弱いから」とか「本番に弱いから」「あがり症だから」と、本番でうまくいかないことを諦めていますが、それは大きな誤解です。
心は自分自身でコントロールすることができます。トップアスリートたちが身体のトレーニングと同時に「心のトレーニング」をしているように、一般の人もトレーニングによって心を鍛えることができるのです。

ということで、「プレッシャーに負けない心」は、選ばれた人だけが体得できるものではなく、一般人にもその資格があるらしいので、まずは安心していい。

続きを読む

成功の決め手は「ハッタリ」の積み重ね ー 堀江貴文「ハッタリの流儀」

頑張っているのだが何か手ごたえがない、チャレンジしてみたいのだが今一つ勇気が出ない、と毎日、悶々と過ごしていないだろうか?
たくさんのビジネス本を読み、勉強もしているのだが、一歩踏み出すことができずにいる、そんな「あなた」に向かって、”どん”と背中をぶっ叩いて前へ押し出してくれるのが、本書『堀江貴文「ハッタリの流儀」(幻冬舎新書)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

はじめに 挑戦そのものが人と金を魅了する
第1章 労働オワコン時代
第2章 ボケの時代
第3章 プレゼン術よりハッタリ力
第4章 ハッタリ人間が捨てるべき三つのもの
第5章 ハッタリの後始末
第6章 それでもハッタリをかませない良い人な君へ
第7章 「努力」という最大のカラクリ

となっていて、まず、最近の「AIに仕事を奪われる」という話に対して

しかし、心配は無用である、もし人間の仕事がロボットに取って代わられたとしても、何も問題ない。これまで人間がやってきた仕事の時間が減り、自由な時間が増えるだけの話なのだから

とし、

「労働」の必要性が下がると、余暇を埋める遊びを極めることが収入につながるようになる。・・・「やりたくないことを仕方なくやるのが仕事」という世間の常識は、大きく覆されることになる

労働は「オワコン」になっていく

として我々の今までの価値観を破壊してくるところからスタート。

続きを読む

「コミュニケーション」の名に隠れた「自分自慢」はダメ ー 吉原珠央「自分のことは話すな」

先だって、ビジネスにおける「雑談」の役割についていくつかのレビューをしたところなのだが、このことについて「雑談は本当に必要なの?」と真っ向から立ち向かうビジネス本を見つけたので、公平のためにこちらもレビューしておこう。

筆者は、ビジネスパーソンに「プレゼンテーション」のアドバイスなど「コミュニケーション」を軸とした仕事をされている「イメージコンサルタント」で、多くの講演もこなし、ビジネス書の著作も多い、というビジネスバリバリの女性である。で、そんな著者からの

「相手は自分の話に大して興味を持っていない」という客観性を持ち合わせている人は、どれだけいるでしょうか。 実は、このことを意識して話しているかどうかで、仕事も人間関係も、ものすごく大きく変わるのです。

という挑戦的なメッセージで始まるのが本書『吉原珠央「自分のことは話すな」(幻冬舎新書)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 余計な話をすることが無意味なワケ
第二章 ムダな会話をせずに相手の心を開く
第三章 「話癖」を直すだけですべてが劇的によくなる

となっているのだが、まず最初のほうで

この「自分よりも大変な思いをしている人がいる」という考え方によって、余計なことや、相手を疲れさせるだけの意味のない雑談を回避することができます。 「自分をわかってほしい」「話を聞いてほしい」といった気持ちが生じることはごく自然なことではありますが、現在は、「出会ったら、相手のことを3つは知ろう」を会話で実践しています。

「私は」と、自分を主語にして話し始めるのではなく、相手の名前を声に出し(ほぼ強制的にでも)相手が話せるよう、答えやすい話題をふってみるのです。

と釘をさしているのだが、その本旨は相手にとって興味のない「こちらのこと」を押し付けるのではなく、相手の興味ある事、相手の知りたいことをまず話すのが先決でしょ、ということであるらしい。

続きを読む

「選択しない」を集めることがこれからのセールスの前提になるのかもしれない。

2019年10月8日付けの日本経済新聞で「オイシックス 「買わない」を分析」と題して、生鮮食品宅配の「オイシックス・ラ・大地」の独特のデータ収集のやり方が記事になってました。

要点は

・「オイシックス・ラ・大地」では、買い物かごから商品を外す「カゴ落ち」の情報を収集して分析したデータを使って業績を伸ばしている

・この食材サービスは、あらかじめ一定金額で契約を結び、食材を定期的に届けるサブスクリプション・サービス

・このサービスでは、会員は毎週更新される、あらかじめ野菜や果物、レシピと具材を組み合わせた「ミールキット」など15種類の入ったリストから、不要なものをはずし、欲しい食材と入れ替える注文方法。

・アマゾン・フレッシュや楽天、あるいはイオンなどの大手スーパーといった強豪がひしめく中、売上を伸ばしている

というもの。

キモのところは、お客が自分の好きなものを選ぶのではなくて、あらかじめセッティングされたものから不要なものを「外して」「入れ替える」ということで、オイシックス・ラ・大地の「キュレーション」をベースに自分の好みでアレンジできる、というところですね。

記事の中でも、アマゾン・フレッシュとの注文方法の比較があるのですが、多くのネットショップを「品揃えの多さ」を競っていて、ほとんどのネットショップやリアル店舗でも、これでもかっといった具合に大量の品物がリストアップされていたり、店頭に並んでいるのだが、買う方からすると、大量の商品情報の中で溺れそうになるばかりであるし、自分の好まないものが閲覧履歴などで押し売りのように「オススメ」される、というのがかなり「煩い」と思うのは、当方だけではないと思うところ。

かといって、変なものをつかんで「損」はしたくないな、というのもあって、ここは詳しい人やこだわりのある人がテーマにそって「チョイス」してメニュー化されたものを見て選びたいのが実感であろう。

そんな観点から考えると、このオイシックスの方法は、自分の「好まない」ものを外してキュレーションしてくれるシステムで、これはこうした食材サービスの他にも、ファッションであるとか、本やDVDのサブスクリプション・サービスでもっと提供してほしいサービス。

情報がますます増加していくなかで、商品のセールスの場面で、「キュレーション」ということは、ますます求められるようになってくると思うのですが、これからのキュレーションのキモは、「オススメ」をいかにたくさん提供するかではなく、その人にあわせて「キライなもの」「好みでないもの」をいかに除くことができるか、にあるのかもしれません。

「モラハラ」から身を守るコツを教えよう ー 片田珠美「平気で他人を傷つける人」

平気で他人を傷つける人

最近の職場や人間関係で問題となるのは、セクハラ、パワハラ、パタハラ、マタハラなどなど、ハラスメント事案が大きなウェイトを占めているといっていいのだが、その中でも、本書でとりあげる「モラハラ」は

じつはモラハラというのは、モラハラをしている加害者もされている被害者も、「これはモラハラ」だという自覚がないケースが非常に多いのです。

ということで、結構厄介な”ハラスメント”であることは間違いない。
ただ、近所づきあい・ママ友関係のトラブル、職場のいじめに始まって、夫婦間のトラブルにいたるまで、もっとも身近なハラスメントであるのは間違いない。
そんなモラハラについて、現役の精神科医が、実例やモラハラをやってしまう精神楮からその対処策までアドバイスしてくれるのが、本書『片田珠美「平気で他人を傷つける人」(KADOKAWA)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第1章 あなたの周りにも「モラルハラスメント」はあふれている
第2章 「平気で他人を傷つける人」の精神構造を理解する
第3章 なぜ「モラハラ被害者」が生まれるのか?
第4章 「心を傷つける攻撃」にはどのように向け合えばいいのか?
第5章 場面別「平気で他人を傷つける人」対処法
第6章 「モラハラをしない人」になる!

となっていて、まず、モラハラの被害は
・攻撃が直接的でないので被害者が認識・自覚しにくい
・被害者が経済的に自立していなくて、行動になかなかでられない
ということからなかなか表面化してこないものであるので、「これはひょっとしてモラハラ?」とアンテナを鋭敏にしておくことが「モラハラ状態」を発見することが防止の第一。

続きを読む

突然の怒りを鎮める「特効薬」を10個を紹介しよう ー 安藤俊介「アンガーマネジメント実践講座」

安藤俊介さんの「アンガーマネジメント実践講座」のレビューをしたところなのだが、ネットで、「アンガーマネジメント」なぞと検索すると、怒りを鎮める方法として。例えばMASHING UP 女性からはじめるダイバーシティンの「怒りのピークは6秒。アンガーマネジメント実践法」といった記事をみても

1 衝動のコントロール

 怒りのピークは6秒なので、「その場セラピー」で魔の6秒をやり過ごす
 6秒だけ思考停止。あたまのなかを真っ白にする
 6秒だけ口角アップ。フリでも笑顔をつくる

 6秒で魔法の言葉。気持ちを落ち着かせるフレーズを用意しておき、怒りを感じたときに6秒唱える。

2 思考のコントロール

 人は「~すべき」という自分の信条が裏切られたときに怒りを感じるので
 「許せない」
 「許容範囲」
 「許せる」
 という三重丸の構造で視覚化する。この「許容範囲」のゾーンを広げる努力をする
 仕事の進め方など、もめそうなことについて三重丸使って言語化し、相手と「三重丸」を共有する。

 さらには「最低限〇〇しs て」といったリクエストを伝える

3 行動のコントロール

 怒りに隠されている「リクエスト」をわかりやすく具体的に使える
 気分で怒らず、ブレをつくらない

といったように、怒りを抑えるための「3つのテクニック」はかなり紹介されているのだが、そこを深堀りしたものにお目にかかれない。だって、第1のテクニックでも考えてみてくださいな、「6秒」ってかなり長いですよ、頭に治が登っている状態で、とても待てる時間じゃない。

続きを読む