篠綾子

篠綾子

「雪ひとひら 江戸菓子舗照月堂7」ー 「なつめ」の恋は破れ、兄との再会もままならず・・

徳川綱吉の時代を舞台にして、駒込の菓子屋・照月堂を舞台に、京都で御所侍をしていた両親と兄を火事で失い、江戸の了然尼のもとに身を寄せながら、女性職人見習いの「なつめ」の菓子職人修行を描く『篠綾子「江戸菓子舗照月堂」』シリーズの第7弾。 ...
篠綾子

あくどいライバル・氷川屋に経営危機勃発。なつめの慕う「菊蔵」の運命は ー 篠綾子「ほおずき灯し」

徳川綱吉の時代を舞台にして、駒込の菓子屋・照月堂を舞台に、京都で御所侍をしていた両親と兄を火事で失い、江戸の了然尼のもとに身を寄せながら、女性職人見習いの「なつめ」の歌詞職人修行を描く「江戸菓子舗照月堂」シリーズの第6弾。 前巻で菓子勝負...
篠綾子

「なつめ」にヘッドハンティングかかる。さて、どうする ー 篠綾子「びいどろ金魚 江戸菓子舗照月堂5」(時代小説文庫)

江戸で女性菓子職人を目指す京都生まれの少女「なつめ」の姿を描く「江戸菓子舗照月堂」シリーズの第5弾。菓子職人としては修行を始めたばかりで腕はまだまだながら、照月堂vs氷川屋の菓子勝負では主人の補助役をしっかり務めたり、と存在感...
篠綾子

「なつめ」は「しのぶ」の憂いを晴らすことができるか ー 篠綾子「しのぶ草 江戸菓子舗照月堂4」(時代小説文庫)

京都の青侍の娘ながら、実家の両親が急死し、兄は行方不明という苦難にあった少女「なつめ」が、江戸へ出て女性菓子職人の途をめざす姿を描いた「江戸菓子舗照月堂」シリーズの第4弾。 前巻までで菓子職人に見習いとして主人の補助をすることを認められ、...
篠綾子

「なつめ」は職人修行開始。一方で商売敵は陰謀の手を密かに伸ばし始めて・・ ー 篠綾子「親子たい焼き 江戸菓子舗照月堂3」(時代小説文庫)

前巻で菓子勝負の手伝いに抜擢され、見事その任を果たした「なつめ」が菓子職人見習いとして、厨房で正式に修行を開始するのが今巻。修行は、餡づくりの小豆を煮るという初歩の初歩からなのだが、菓子作りの修行が許された、というところで、嬉しくてしょう...
篠綾子

「菓子勝負」を機に女性菓子職人への道を切り拓け ー 篠綾子「菊のきせ綿 江戸菓子舗照月堂2」

父母が殺された上放火、たった一人の兄は行方知れずという不始末で、京都公家に仕える実家が取り潰され、江戸に了然尼のもとにひきとられた少女「なつめ」が菓子職人をめざす物語「江戸菓子舗照月堂」シリーズの第二弾である。 前巻では、前例がないた菓子...
篠綾子

江戸時代のパティシエを目指す娘の奮闘物語はいかが ー 篠綾子「望月のうさぎ 江戸菓子舗照月堂1」

女性が主人公で食べ物がテーマの時代小説となると、たいていは居酒屋、料理屋、一膳飯屋というところが多くて、職人の世界、しかも「和菓子」の世界というのはそうそうはお目にかかれない。 現代では女性の菓子職人やパティシエというのは珍しくなくなって...
篠綾子

「和歌」がアイテムの変わり種時代小説はいかが ー 篠綾子「代筆屋おいち」シリーズ

その時代小説の世界に浸れるかどうかは、その舞台設定はなじみのものであるか、あるいは自分の経験の範囲外にある目新しいものであるか、といったところが肝になることが多いのだが、このシリーズの主人公は、田舎から家出してきた娘が「代筆屋」を始める、と...
タイトルとURLをコピーしました