ミステリー」カテゴリーアーカイブ

ハロウィンに現れたコアラ・マスクの殺人狂を追い詰めろ ー 佐藤青南「ハロウィンの花 犯罪心理分析班 八木小春」

警視庁捜査一課の新米女性刑事・八木小春を主人公にして、ASD傾向の警視庁科学捜査研究所所属のプロファイラー・土岐田秀一、サイコパスの警察庁公安部所属の捜査官・塚本拓海、コンピュータを使った情報収集・分析を担当するハッカー・エイジ、小春の先輩刑事・間柴という一癖も二癖もある警視庁プロファイリングチームの活躍を描く、「犯罪心理分析班 八木小春」シリーズの第三弾が、『佐藤青南「ハロウィンの花 犯罪心理分析班 八木小春」(富士見L文庫)』。

【あらすじと注目ポイント】

今回の事件は、ハロウィンの夜の渋谷のスクランブル交差点で、群馬からこのイベントを目当てにやってきた女性が殺される、というもの。犯人と思われる人物は、ラテックス製のコアラのマスクで顔を隠しての犯行なのだが、たくさんの人出の中で、その女性を「13箇所」も刺して殺すという残虐性で、まさに「シリアル・キラー」の犯行間違いなし、という事件で、ここは「プロファイリングチーム」の出番となるはずなのだが、そこは警視庁の反対派が邪魔をして、操作情報すら届かない・・・、といったスタートである。

まあ、ここらは捜査本部の内通者というか協力者の間柴刑事が、操捜査情報とかも持ち込んできて、土岐田チームが捜査活動を開始、という前巻と同じような動きなのだが、ちょっと違うのは、前巻で土岐田たちと顔見知りになっている間柴が、プロファイリングチームの秘密のラボに頻繁に出入りするようになったこと。さらには、チームのメンバー・エイジも、違法捜査の様子を、間柴に隠そうともしなくなっていて、チームの秘密がバレバレになってしまうのでは、と心配になる筋立てである。

続きを読む

異色のプロファイリングチームが爆弾魔を追い詰める ー 佐藤青南「アイアンウルフの箱」

ASDの傾向があってコミュニケーション能力のほとんどない警視庁科学捜査研究所所属のプロファイラー・土岐田秀一と、サイコパスの警察庁公安部所属の捜査官・塚本拓海、コンピュータを使った情報収集・分析を担当するハッカー・エイジ、彼らの暴走を止めたり、コミュニケーション能力皆無の土岐田のサポート役の通常人の新米刑事・八木小春の4人のC-Masメンバーぬ加え、今巻きでは小春の先輩・間柴も応援に加わっての、警視庁プロファイリングチームの活躍を描く。「犯罪心理分析班 八木小春」シリーズの第2弾が『佐藤青南「アイアンウルフの箱 犯罪心理分析班 八木小春」(富士見L文庫)』。

前巻の最後のほうで、このプロファイリングチームC-Masも正式なチームに昇格したのだが、警察内部での扱いは以前と変わらない「ハズレ者」扱いなんであるが、そのハズレ者が、本命の捜査本部以上の働きに感じる爽快感は相変わらずスカッとしますね。

【あらすじと注目ポイント】

話のほうは、まず土岐田が捜査の相手方を激怒させるところから始まっていて、今回の相手は国会議員の南牟礼。ただ、その国会議員もちゃんとした人物ではなくて、与党所属ながら、女性蔑視や差別発言で世間から批判にさらされても全く反省せず、おまけに権力を傘に来ての威張り放題、という人物である。
そんな彼の地元事務所に爆弾が送りつけられてきて爆発し、男性秘書が一人重傷を負った、というのが今回の連続爆弾魔事件の最初の事件。

続きを読む

サイコパスとASDのプロファイリングチームの捜査の凄さを実感せよ ー 佐藤青南「オイディプスの檻」

オイディプスの檻 犯罪心理分析班 (富士見L文庫)

警察の科学捜査にプロファイリングを本格導入するためのネックとなっていたサンプル不足を補うため、警視庁の女子高生失踪事件の捜査本部に特別参加することになった科捜研の研究員・土岐田秀一と、彼の専属とされた新米刑事の八木小春のコンビが、プロファイリングの捜査手法を使って、警察本体が持て余す難事件を解決していく「犯罪心理分析班」シリーズの第一弾が『佐藤青南「オイディプスの檻 犯罪心理分析班 八木小春」(富士見L文庫)』である。

本巻は、初陣とあって二巻以降、土岐田と八木が活動することになる警察プロファイリングチーム「C-Mas」が正式組織となる前の創設期の話である。

【あらすじと注目ポイント】

話はまず、高級住宅街で失踪した女子高生の捜査で、このシリーズの主人公コンビ・土岐田と八木が聞き込みにまわった類似の失踪事件の被害者・高田美穂の父親から包丁を持って追いかけられるところからスタート。なにせ、娘の無事を願う父親が「もう一度、娘と話をさせてくれ」というのに対し、「無理です。おそらく娘さんは、とうに死んでます」と藁にでもすがる気持ちをぶち壊すのだから、当たり前といえば当たり前の成り行きである。

このあたりをみてもわかるように、土岐田は人の感情とかが全く推し量れない性向の持ち主で、プロファイラーとしては一流だが人とのコミュニケーションはからっきしダメというASD。さらにプロファイリングを捜査に取り入れるといっても、現場は全くその気はなく、土岐田はお客様状態で情報の入れる気がない、というのであるから、彼のサポートのつけられた八木小春の苦労も並大抵ではない。そして、土岐田が一緒に捜査するメンバーとして組むのが、公安部の塚本拓海、ハッカーのエイジという二人なのだが、この二人が典型的なサイコパスという設定である。

続きを読む

ギャルソンとソムリエそれぞれの「親子のこじらせ」が絶品料理で溶けていく ー 斎藤千輪「ビストロ三軒亭の奇跡の宴」

東京は世田谷・三軒茶屋のメニューのないオーダーメイド・ビストロである「三軒亭」を舞台に、いかつい顔でオネエ言葉の店のオーナー兼ソムリエ・室田重、元医大生の知性溢れるメガネ男子・藤野正輝、元サッカー選手だったスポーツマン・岩崎陽介というギャルソン二人、そして、灰色の頭脳・エルキュール・ポアロのファンで、抜群の料理と推理の腕を披露するシェフ・伊勢隆一たちとともに、元俳優志望で、俳優の途を断念したのは、なんとか振り切ったものの、未だにどこを目指そうかうろうろしている新米ギャルソン・神坂恵隆一を主人公に、店に、持ち込まれる様々な謎や揉め事を「料理」と「ワイン」をつかって解決していく、ちょっと洒落た都会派ミステリー「ビストロ三軒亭」シリースの第3弾が『斎藤千輪「ビストロ三軒亭の奇跡の宴」(角川文庫)』である。

前作までで、主人公の隆一、ギャルソンの一人・陽介、シェフの伊勢のそれぞれの「こじらせ」がなんとか快方に向かったのを受けて、ソムリエの室田、ギャルソンの正輝の「こじらせ」がどうなるのか、が描かれるのが本巻。

【構成と注目ポイント】

構成は

プロローグ
1 un fruit 〜アン・フリュイ〜
2 Pho 〜フォー〜
3 Creape Suzette 〜クレープシュゼット〜
エピローグ

となっていて、まずはプロローグのところで、伊勢の恋人「マドカ」の愛犬「エル」を彼女に代わって飼っていた「浅井小百合」が来店し、メインの「秋サバのポアレ」を賞味しているところからスタート。
マドカの近況がわかった前巻をおさらいしながら、今のところ、伊勢と彼女の再会がいずれあることと、本巻での三軒亭におきる大事件(ネタバレすると、室田の入院)を暗示する出だしである。

続きを読む

謎解きとギャルソン修行で成長した隆一は屈辱を乗り越える ー 斎藤千輪「ビストロ三軒亭の美味なる秘密」(角川文庫)

東京・三軒茶屋にある小さなビストロ・三軒亭には、決まったメニューがなく客のリクエストと様子を見て料理をサーブしてくれる、完全オーダー型のレストラン。
そこには、いかつい顔でオネエ言葉のソムリエ、元医大生のメガネ男子とサッカー選手だったスポーツマンの、両方ともイケメンのギャルソン、そして、灰色の頭脳・エルキュール・ポアロのファンで、抜群の料理と推理の腕を披露するシェフがいて、元俳優志望の主人公・神坂隆一とともに、店のお客が持ち込む難題を解き明かしていく、というミステリー「ビストロ三軒亭」シリーズの第二巻が『斎藤千輪「ビストロ三軒亭の美味なる秘密」(角川文庫)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

プロローグ
1 suffle 〜スフレ〜
2 casoulet 〜カスレ〜
3 enteree 〜アントレー〜
エピローグ

となっていて、プロローグで、店にも慣れてきた主人公・隆一が、シェフの伊勢の元奥さんっぽい姿と愛犬エルを抱えている姿を見るところからスタートしていて、前巻で明らかになった、シェフ・伊勢と彼の奥さん・マドカとの仲が何か発展するのか期待を持たせる滑り出しである。

さて、第一話の「スフレ」は、隆一の姉・京子の職場の先輩国際線CA・長澤律子とその恋人・柏木のカップルのうち、男性のほうの柏木のほうから持ちかけられる謎。
その内容というのは、律子の風貌が

細身で長身の彼女は、フワッとしたブラウスにワイドパンツを身に着け、肩に薄地のストールを羽織っている、いつもエンジ色のメガネをかけているせいか、”女教師”という言葉が浮かんでしまう。物腰も優雅で上品なイメージの女性である。

というもので、一方柏木は「のんびりと言っておおらかに笑う柏木。目尻の下がった細い目が、人の良さを物語っている」というものから推測されるように、律子さんが「実は結婚」していて柏木をもて遊んでいるのでは、といったものである。

続きを読む

来夏の帰りを待っている、カメラにまつわる謎の数々 ー 柊サナカ「谷中レトロカメラ店の謎日和 フィルム、時を止める魔法」

前巻で東京・谷中で三代続く「今宮写真機店」のアルバイト・山之内来夏と三代目主人・今宮龍一のコンビが、写真機店に持ち込まれる写真やカメラに関連した謎の事件を解決していく「谷中レトロカメラ店」シリーズの第二作である。

前作では、来夏の亡くなった年齢の離れた夫の思い出と、彼が遺した「うちの二話で、桜と、暗い空と、雪を、一緒に」という言葉と冷凍室に残されていたコダックのフイルムの謎を、龍一が解き明かした後、亡夫と龍一との間に挟まれて悩んだ、来夏が店を休むと宣言するところで終わっていたのだが、その三ヶ月後、気持ちの整理はまだなのだが、来夏が店へ帰ってきて、再び二人による謎解きが始まるのが本書『柊サナカ「谷中レトロカメラ店の謎日和 フィルム、時を止める魔法」(宝島社文庫)』である。

【収録と注目ポイント】

収録は

第一章 カメラ売りの野良少女
 <幕間>来夏と不機嫌な来客 一
第二章 鏡に消えたライカMオリーブ
 <幕間>来夏と不機嫌な来客 二
第三章 三月十四日、遺された光
 <幕間>来夏と不機嫌な来客 三
第四章 その客は三度現れる
 <幕間>来夏と不機嫌な来客 四
第五章 わたしはスパイ
 <幕間>来夏と不機嫌な来客 五
第六章 君の笑顔を撮りたくて
 <幕間>来夏と不機嫌な来客 六
第七章 ゆっくりと歯車は動き出す
第八章 ハンザキキャノンと彼女の涙

となっていて、一話目の「カメラ売りの野良少女」は、来夏が店へ復帰してしばらく経った時、ほつれたダウンジャケットに、汚れた体操服で、髪はボサボサといった身なりの女の子が、数台のNikonのカメラを売りにやってくるところからスタート。

続きを読む

フィルム・カメラが引き寄せる謎を解け ー 柊サナカ「谷中レトロカメラ謎日和」(宝島社文庫)

幕末の頃、カメラが日本入ってきた頃、「魂を抜かれる」といって撮影されるのを拒否する人がいた、ってな話が伝わっていて、真実のほどはわからないのだが、写真というのは、「昔」をそのまま閉じ込めてしまったようなところがあって、古くて黄ばんだ写真を見ると、当時の想いとか念といった霊力がこもっているような気がするのは間違いない。

ただ、それもデジタルカメラで撮影したものをディスプレイで見るときにはそうでもなくて、フィルムカメラで撮影したものを印画紙に焼き付けたものでないとそれほど「力」を感じないのが不思議なところ。本書は、そんなフィルムカメラのリサイクルショップを舞台へ持ちこまれるカメラや写真にまつわる謎を解き明かしていくシリーズの第一作が本書『柊サナカ「谷中レトロカメラ謎日和」(宝島社文庫)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 開かずの箱の暗号
第二章 暗い部屋で少年はひとり
第三章 小さなカメラを持った猫
第四章 タイムカプセルをひらくと
第五章 紫のカエル強盗団
第六章 恋する双子のステレオカメラ
第七章 あなたを忘れるその日まで

となっていて、まずは非常に親しい人物が死んでから引きこもり気味になっている「山之内来夏」という24才の女性が、その人・山内善治郎(作中では、最初のところで、50歳ぐらいでガンで死んだ来夏の肉親っぽい描写がされてるのだが、ここで来夏との関係に先入観をもってはいけません。)が遺したライカM3やⅢf、コダックシグネット35といった逸品のカメラとレンズたちを、フィルムカメラの修理と中古買取り販売をやっている「今宮写真機店」へ持ちかけるところからスタート。

続きを読む

地域振興の陰には、地元民の悲哀も隠れています ー 八木圭一「北海道オーロラの事件簿 町おこし探偵の奮闘」

北海道の十勝というと、荒川弘さんの「銀の匙」や「百姓貴族」シリーズや、広瀬すず主演の朝ドラ「なつぞら」の舞台ともなっていて、当方のような海と山の間の狭い平野にへばりついて暮らしている、西日本の山陰地方在住者としては、その広大さだけで「憧れの地」になってしまう。

そんな「北海道十勝」の架空の町「陸幌町」(通称「オーロラ町」)を舞台にした、地域色豊かなミステリーが本書『八木圭一「北海道オーロラの事件簿 町おこし探偵の奮闘」(宝島社文庫)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一話 灯油盗難事件/宮脇大祐
第二話 募金詐欺事件/宮脇里奈
第三話 猟銃威嚇射撃事件/安藤亮
第四話 ゆるキャラの中の人殺人事件/宮脇大祐

となっていて、架空の町とはいいながら、「陸」「幌」といった単語と、十勝の北の外れという設定となっているところを見ると、「陸別町」と「浦幌町」あたりがイメージされているように推察されるところ。で、物語は、この町出身で、今は札幌の自動車会社に努めている主人公・宮脇大祐が、父親が心筋梗塞を発病したため、実家のガソリンスタンドの手伝いに一時帰郷しているところからスタート。

続きを読む

オーダーメイドレストランには「謎」がいっぱい ー 斉藤千輪「ビストロ三軒亭の謎めく晩餐」

東京の三軒茶屋の茶沢通りから路地裏に一歩入ったところにある、小さなレストラン「ビストロ三軒亭」は、決まったメニューというものがなく、客が好みや希望をギャルソンに伝えると、」シェフがそのテーブルだけのオリジナルコースをつくってくれるという、「オーダーメイドレストラン」。

そんなユニークなレストランに勤務する新米ギャルソン・神坂隆一を主人公にして、店の客が関係する様々な出来事や揉め事の謎を解き明かすミステリーと、その過程で成長していく俳優志望の主人公の姿を描いたのが本書『斉藤千輪「ビストロ三軒亭の謎めく晩餐」(角川文庫)』

【構成と注目ポイント】

構成は

プロローグ
1 entrecôte 〜アントルコート〜
2 Dinde aux Marrons 〜ダンジョーマロン〜
3 raclette 〜ラクレット〜
4 La quiche lorraine 〜キッシュ・ロレーヌ〜
エピローグ

となっていて、主人公の隆一は、所属していた劇団が解散しニート生活を続けていたのだが、姉・京子の企みで、この「ビストロ三軒亭」に食事に連れていかれ、その流れで、ギャルソンとして雇われることになる。その三軒亭、決まったメニューがないというのもユニークなのだが、従業員も、屈託のない明るさとルックスと話術で女性に人気のギャルソン・岩崎陽介、色白で端正な顔立ちをしてお客の健康チェックから食材の栄養知識をもとにしたメニューのアドバイスをするギャルソン・藤野正輝、格闘家のような体型をしながら喋るとオネエ言葉のソムリエ兼バーテンダーの室田、クリスティのポアロものの大ファンで、客のオーダーに対応して料理をつくる名シェフ・伊勢、と個性派ぞろい、という設定。

続きを読む

バイクのスピードレースに隠された大規模犯罪を暴け ー 佐藤青南「白バイガール 最高速アタックの謎」(実業之日本社文庫)

神奈川県警交通機動隊所属のタレ目ぽっちゃり型のいやし系キャラ「本田木之美」とレイダーテクニック抜群のツンデレ美人「川崎潤」の二人をメインキャストにすえた、「ポリス」ストーリーの第4弾である。

 

今回は念願の交通機動隊に配属された3年目となり、ベテランの域に入りつつある「木乃美」に初めて後輩ができるのだが、その後輩がかなりの「生意気」な後輩で、なにかと木乃美を押しのけて前へ出ようという性格。さて、この後輩を操縦しながら、バイク暴走事件の謎を解いていくのか、というのが本巻。ちなみに、この後輩の名前は、ご推察どおり「本田(HONDA)」「川崎(KAWASAKI)」「山羽(YAMAHA)」のライバルである「SUZUKI(鈴木)」であります。

 

これに加えて、前巻で、箱根駅伝の先導を、「潤」に先を越されてしまった「木乃美」なのだが、さてこれから夢に向かったどう走っていきますか、ってなところも気なるところですね。

 

白バイガール 最高速アタックの罠 (実業之日本社文庫)
白バイガール 最高速アタックの罠 (実業之日本社文庫)
posted with amazlet at 19.05.13
実業之日本社 (2019-05-17)
売り上げランキング: 4,866

 

楽天Booksはこちらから

 

 

 

続きを読む