ミステリー

ミステリー

恵平は女子中学生の闇を晴らすー内藤了「TURN」

信州の山間の村から東京へ上京し、警視庁に就職した「東京駅」大好きの、新米女性警察官・堀北恵平(通称「ケッペー」)が、東京駅近くの丸の内西署で研修中に遭遇する怪奇事件の謎を、50年以上前の「うら交番」の警察官のアドバイスを受けながら解いてい...
ミステリー

恵平はバラバラ殺人被害者の凶悪な本性を暴くー内藤了「PUZZLE」

信州の山間の村から東京へ上京し、警視庁に就職した「東京駅」大好きの、新米女性警察官・堀北恵平(通称「ケッペー」)が、東京駅近くの丸の内西署で研修中に遭遇する怪奇事件の謎を、50年以上前の「うら交番」の警察官のアドバイスを受けながら解いてい...
大倉崇裕

敏腕警部補は東京~京都間での謎解きするー大倉崇裕「福家警部補の考察」(東京創元社)

小柄で眼鏡をかけた風貌と、いつも警察手帳がバッグのどこにあるかわからなくてもたもたしている様子から、警視庁捜査一課の凄腕警部補ととても思ってもらえないのだが、そこをうまく使いながら、犯人が仕組んだトリックの罠を次々はずしていって、犯人をお...
大倉崇裕

敏腕警部補は意外にもアウトドア派で犬嫌いー大倉崇裕「福家警部補の追及」

小柄で眼鏡をかけた風貌と、いつも警察手帳がバッグのどこにあるかわからなくてもたもたしている様子から、警視庁捜査一課の凄腕警部補ととても思ってもらえないのだが、そこをうまく使いながら、犯人が仕組んだトリックの罠を次々はずしていって、犯人をお...
柴田よしき

幕末の「赤毛のアン」は篤姫に出会うー柴田よしき「あんの青春」

父親の借金のかたに、品川宿の料理が自慢の旅籠・紅屋に女中奉公にでた「おやす」が紅屋の料理人頭「政さん」や、同じ品川の脇本陣「百足屋」の一人娘・お小夜たちに囲まれ、自分のとても「鼻が効く」という特技を活かしながら料理人として成長していく。幕...
北森鴻

写楽の正体の陰に「光の画家」フェルメールがいるー北森鴻「写楽・考」

美貌で明晰な頭脳をもちながら、民俗学会の異端児として扱われている蓮杖那智と、実直な研究者ではあるのだが、そのお人好し的な性格から、那智に振り回されてばかりいる連杖研究室の万年助手・内藤が、日本の歴史や習俗の中に隠された秘密を暴き出していく...
北森鴻

「スサノオ」や「わらしべ長者」を民俗学的に謎解きすればー北森鴻「触身仏」

美貌で明晰な頭脳をもちながら、民俗学会の異端児として扱われている蓮丈那智と、実直な研究者ではあるのだが、そのお人好し的な性格から、那智に振り回されてばかりいる蓮丈研究室の万年助手・内藤三國が、日本の歴史や習俗の中に隠された秘密を暴き出して...
米澤穂信

古典部メンバーは2年生となり「青春の苦味」を味わう

地方都市・神山市にあるそこそこの進学校・神山高校を舞台に、「やらなくてもいいことならやらない。やらなければいけないことなら手短に」という「省エネ」的な生き方をモットーとするものぐさながら、推理力のひらめきをみせる折木奉太郎を主人公に、旧家...
米澤穂信

「古典部」は「氷菓」「女帝」「十文字」事件の合間も大活躍ー米澤穂信「遠まわりする雛」

地方都市・神山市にあるそこそこの進学校・神山高校を舞台に、「やらなくてもいいことならやらない。やらなければいけないことなら手短に」という「省エネ」的な生き方をモットーとするものぐさながら、推理力のひらめきをみせる折木奉太郎を主人公に、旧家...
米澤穂信

青春の「日常の謎」を解く名作「古典部シリーズ」を読んでみよう。

「学校」というのは、閉じられた空間であるとともに、登場するキャストも限られるので、昔から、ミステリーの絶好の舞台となり、たくさんの傑作が生み出されています。 地方都市。神山市の中堅進学校・神山高校を舞台に、何を活動内容としているのか...
タイトルとURLをコピーしました