ミステリー

ミステリー

孤高の検事はあえて「問題判決」の途を選んだ=柚月裕子「検事の信義」

エリートの集まりである検察組織の中で、検事であれば誰もが気にする出世や異動に興味をもたず、「罪はまっとうに裁かれるべき」をモットーに、孤高の捜査と訴追指揮をとる検事「佐方貞人」の活躍を描くシリーズの第4弾が、『柚月裕子「検事の信義」(角川...
ミステリー

孤高の検事・佐方は、有力政治家と検察上層部の妨害をはね返す=柚月裕子「検事の死命」

エリートの集まりである検察組織の中で、検事であれば誰もが気にする出世や異動に興味をもたず、「罪はまっとうに裁かれるべき」をモットーに、孤高の捜査と訴追指揮をとる検事「佐方貞人」の活躍を描くシリーズの第3弾が、『柚月裕子「検事の死命」(角川...
ミステリー

孤高の検事・佐方貞人の米崎検察デビュー=柚月裕子「検事の本懐」

警察から送致された犯罪者の刑事訴追の全権を掌握する検察庁は、正義の砦であるとともに、司法試験に合格した優秀な法曹たちの出世欲と権勢欲の渦巻くところでもあります。そんな中で、出世や異動に興味をもたず、「罪はまっとうに裁かれるべき」をモットー...
ミステリー

痴情殺人の公判をひっくりかえすヤメ検弁護士の目的は?=柚月裕子「最後の証人」

いつもよれよれの背広と寝癖のついた髪と伸びかけた髭という冴えない風貌なのですが、検事時代から「切れ者」と密かに語り伝えられている検察官あがりの刑事事件専門の弁護士・佐方貞人が事件の隠された真相を追う「佐方貞人」シリーズの第一作が本書『柚月...
ミステリー

名古屋の少女連続誘拐事件の謎を解くドタバタ痛快ミステリーを楽しもう=秦建日子「女子大小路の名探偵」

女性にだらしない上に、生活力もない、自称探偵の弟・広中大夏と、母親の介護のために名古屋の錦のナンバーワンホステスの座を捨てて岐阜に帰郷した姉・広中美桜が、小学生の女の子を狙う卑劣な犯罪に挑む、アクション系痛快ミステリーが本書『秦建日子「女...
ミステリー

二人の女性クリエイターの時代を超えた「特撮」への思いが溢れ出す=深緑野分「スタッフロール」

特殊造形とCG。映画の世界で、現実とは全く違うファンタジーやホラー、SFの世界を実現するうえで、欠くことのできない技術なのですが、双方が互いに相容れる存在であるとは限りません。 特撮映画全盛時代に自分の爪痕を残そうと奮戦したマチルダ...
ミステリー

連合軍占領下のドイツ人音楽家毒殺の意外な真相=深緑野分「ベルリンは晴れているか」

同じ筆者による第二次大戦の末期、ナチス・ドイツの迫害から逃れようとした障害をもつ少女たちを描いた「オーブランの少女」、ノルマンディー上陸後、ベルリン陥落まで従軍したアメリカ軍のコック兵の謎解きを描いた「戦場のコックたち」の物語の後、陥落し...
ミステリー

美庭園にはナチスから逃れた少女の犯罪が隠れている=深緑野分「オーブランの少女」

第二次大戦のヨーロッパ戦線で、アメリカ軍空挺部隊のコック兵を主人公に、戦場の「日常の謎」が解き明かされるミステリ小説「戦場のコックたち」を展開してみせた筆者による、「少女」にまつわる5つの謎を描いたミステリが本書『深緑野分「オーブランの少...
ミステリー

第二次世界大戦下ヨーロッパの戦場の「日常の謎」はいかが=深緑野分「戦場のコックたち」

第二次世界大戦下の1944年のヨーロッパ戦線。アメリカのアイゼンハワー将軍の指揮下で行われた北フランス・ノルマンディーへの上陸から、ナチス・ドイツ崩壊まで従軍したアメリカ軍の若きコック兵「ティム・コール」が戦場でおきる「日常の謎」の数々を...
ミステリー

クールな看守探偵「火石司」の顔の傷の由来が明らかになる=城山真一「看守の信念」

閉鎖的で監視の目がいたるところにありながら、シャバ以上に濃密な人間模様が展開される刑務所を舞台に、そこの看守を探偵役にして繰り広げられるプリズン・ミステリの傑作「看守」シリーズの第2弾が本書『城山真一「看守の信念」(宝島社)』です。 ...
タイトルとURLをコピーしました