池井戸 潤」カテゴリーアーカイブ

下町の町工場の「大逆転劇」は爽快感、半端ない ー 池井戸 潤「下町ロケット ヤタガラス」(小学館)

「ゴースト」編で帝国重工のロケット分野見直しと、知財訴訟を解決してやったギアゴーストの突然の裏切りにあって、窮地を脱しきれない「佃航平」率いる佃工業と、家業の農業を継いだものの農協や周辺農家との軋轢でストレスが貯まる一方の佃工業の元経理部長「殿村直弘」なんであるが、今までの悪戦苦闘の努力が実って、スパーッと霧が晴れていくのが、この「ヤタガラス編」である。

【構成は】

第一章 新たな提案と検討
第二章 プロジェクトの概要と変遷
第三章 宣戦布告。それぞれの戦い
第四章 プライドと空き缶
第五章 禍福スパイラル
第六章 無人農業ロボットを巡る政治的思惑
第七章 視察ゲーム
第八章 帝国の逆襲とパラダイムシフトについて
第九章 戦場の聖譚曲
最終章 関係各位の日常と反省

となっていて、ヤタガラス編のスタートは、盟友になるはずであったギアゴースト社が佃工業のライバル会社・ダイダロスとの提携という苦いスタートから始まるのだが、ロケット事業から追われた「財前」が帝国重工の農業ビジネスの立ち上げのため、無人ロボット耕作機の研究者・野木教授のところ一緒に訪れてくれというところから新しい物語が始まる。

続きを読む

下町の町工場は”農業機械”の新天地をめざす ー 池井戸 潤「下町ロケット ゴースト」(小学館)

「下町ロケット」「下町ロケット ガウディ計画」で技術力の高さを見せつけた佃航平率いる佃工業なんであるが、樹が高くなるとその分吹く風も強くなる、というのが世とこのシリーズの常で、今巻からの「ゴースト」「ヤタガラス」のシーズンも、大取引先の「帝国重工」の重役をはじめとして、佃工業の前に強敵がたちはだかるのだが、今回は、仲間と思っていた下町の町工場からの裏切りといったシチュエーションもあって、構図がかなり複雑になってますね。

【構成は】

第一章 ものづくりの神様
第二章 天才と町工場
第三章 挑戦と葛藤
第四章 ガウディの教訓
第五章 ギアゴースト
第六章 島津回想録
第七章 ダイダロス
第八章 記憶の構造
第九章 青春の軌道

となっていて、発端は、帝国重工内の社長の座を巡っての権力争い。現社長の藤間の対抗馬として、出世のためなら手段を選ばない「的場俊一」がロケット事業の担当重役になったところからスタート。

的場がロケット事業の大幅見直しを行ったため、この分野の先行きが怪しくなったこととあわせて、今まで納めていた農機具メーカーにも新たな企業が参入してきて、一挙に佃工業は苦境に立たされる。
さて、佃航平はじめ佃工業のメンバーはこの苦境をどう切り抜けるのか・・・、といったところである。

続きを読む

下町の町工場は、新天地「人工心臓」市場をめざす ー 池井戸 潤「下町ロケット ガウディ計画」(小学館文庫)

前作「下町ロケット」で自社の技術力を活かして、帝国重工のロケット事業に食い込んだ、研究者あがりの下町工場の社長・佃航平の率いる「佃工業」。
内製化が至上命令で、外注をしないのが基本の「帝国重工」にバルブのような小さなものとはいえ、自社製品を納入している実績を活かして、業績拡大を目指す「佃工業」の前に、今巻では、NASA出身の技術者社長・椎名直之が率いる「サヤマ工業」という会社が立ちはだかる。
佃航平は、帝国重工に振り回される状況をよしとせず、新たな分野、人工心臓の分野に進出しようとするが、そこにもサヤマ工業が対抗馬として現れてきて・・・、といった展開である。

【構成は】

第一章 ナゾの依頼
第二章 ガウディ計画
第三章 ライバルの流儀
第四章 権力の構造
第五章 錯綜
第六章 事故か事件か
第七章 誰のために
第八章 臨戦態勢
第九章 完璧なデータ
第十章 スキャンダル
第十一章 夢と挫折
最終章 挑戦の終わり 夢の始まり

となっていて、発端は「日本クライン」という医療メーカーから、何に使うのかわからない「試作品」のバルブの注文が入るところから始まる。

これが遠因で、佃工業が、「人口心臓」のバルブ供給に新天地を開くきっかけになるのだが、道のりは当然平坦ではない。
前述のように、強敵のライバル企業の出現と、佃工業が部品を納めるのが面白くない、前作で苦渋を飲まされた帝国重工の調達グループと宇宙開発グループの評価担当があれこれ邪魔を仕掛けてくるし、「人口心臓」のほうは学会の大御所とそれとつるむ医療品メーカーが開発と製品認可を陰に陽に妨害してくる。
さて、この数々のハードルをクリアして、帝国重工のロケット・バルブの注文を継続し、さらには、人工心臓のバルブという新天地を開くために、佃航平と佃工業のメンバーはどうするのか・・といった展開である。

続きを読む

中小企業の「心意気」と「技術力」を見せつけろ ー 池井戸潤「下町ロケット」(小学館文庫)

阿部寛さん主演でテレビドラマ化されたので、ご存知の方も多数とは思いながらも、半沢直樹シリーズに続いての池井戸氏の人気シリーズで、下町の工場が脚光を浴びた一因でもあるかな、と当方では思っている。

【構成は】

プロローグ
第1章 カウントダウン
第2章 迷走スターダスト計画
第3章 下町ドリーム
第4章 揺れる心
第5章 佃プライド
第6章 品質の砦
第7章 リフト・オフ
エピローグ

となっていて、下町のバルブなどの製造をやっている中小メーカーの佃製作所が舞台の、血湧き肉躍る、中小企業の経営者始め従業員の、大企業と宇宙開発の大規模プロジェクトを相手にした、サクセスストーリーである。

続きを読む