池井戸 潤

池井戸 潤

下町の町工場の「大逆転劇」は爽快感、半端ない ー 池井戸 潤「下町ロケット ヤタガラス」(小学館)

「ゴースト」編で帝国重工のロケット分野見直しと、知財訴訟を解決してやったギアゴーストの突然の裏切りにあって、窮地を脱しきれない「佃航平」率いる佃工業と、家業の農業を継いだものの農協や周辺農家との軋轢でストレスが貯まる一方の佃工業の元経理部長...
池井戸 潤

下町の町工場は”農業機械”の新天地をめざす ー 池井戸 潤「下町ロケット ゴースト」(小学館)

「下町ロケット」「下町ロケット ガウディ計画」で技術力の高さを見せつけた佃航平率いる佃工業なんであるが、樹が高くなるとその分吹く風も強くなる、というのが世とこのシリーズの常で、今巻からの「ゴースト」「ヤタガラス」のシーズンも、大取引先の「帝...
池井戸 潤

下町の町工場は、新天地「人工心臓」市場をめざす ー 池井戸 潤「下町ロケット ガウディ計画」(小学館文庫)

前作「下町ロケット」で自社の技術力を活かして、帝国重工のロケット事業に食い込んだ、研究者あがりの下町工場の社長・佃航平の率いる「佃工業」。 内製化が至上命令で、外注をしないのが基本の「帝国重工」にバルブのような小さなものとはいえ、自社製品を...
池井戸 潤

中小企業の「心意気」と「技術力」を見せつけろ ー 池井戸潤「下町ロケット」(小学館文庫)

阿部寛さん主演でテレビドラマ化されたので、ご存知の方も多数とは思いながらも、半沢直樹シリーズに続いての池井戸氏の人気シリーズで、下町の工場が脚光を浴びた一因でもあるかな、と当方では思っている。 【構成は】 プロローグ 第1章 カウントダウン...
タイトルとURLをコピーしました