コミュニケーション」カテゴリーアーカイブ

AI時代の生き残りには雑談力が必須 ー 茂木健一郎「最高の雑談力 結果を出している人の脳の使い方」

「雑談」がビジネスを円滑に進めていくための強力な武器となることは、これまでいくつかのブックレビューで言ってきたことなのだが、脳科学者の目線で「雑談」をとらえたのが本書である。

【構成と注目ポイント】

構成は

序章 AI時代に身につけるべきもの
第1章 仕事ができる人は雑談がうまい
第2章 あなたが知らない雑談のメリット
第3章 脳科学から雑談を分析する
第4章 こんな雑談はやめよう
第5章 雑談力を身につける
第6章 ビジネスに活かす雑談力

となっていて、まず目を引いたのが

結論から言うと、人間はもはやAIに 太刀打ちできないが、まだまだ追随を許さない、ある1つのジャンルがあります。 (略)その答えが、「雑談」です。

というところで、筆者によると「 雑談力を磨いていくことが、AIが本格的に普及する世界にあって人間が生き残っていくためのカギになること」であるそうなので、これからの世の中、知識を詰め込むよりも、雑談の「技」を身に着けたほうが役に立ちそうな気配である。

続きを読む

「雑談」はビジネスを回す最高の道具だ ー 斎藤孝「雑談力があがる話し方」

「議論」や「ディベート」というのは、最近、学校教育でもビジネス現場でもその重要性を指摘されていて、その手法などについて、社員研修のカリキュラムも組まれているところも多いのだが、本書で

周囲の人に安心感や信頼感を与え、より多くの出会いやチャンスをつかむために。
社会性とコミュニケーション能力という、人生を豊かにし、仕事はもちろんのこと、あらゆる場面で必要とされる最強の能力

と持ち上げられる「雑談」については、いまだ、仕事の上では「ムダ」扱いされているところも多いのではなかろうか。

本書は、そんな「雑談」について、その重要性をあらためて明らかにし、さらにはビジネス上で大きな力にもなる「雑談力」をどう磨いていくかについてのアドバイスが本書。

【構成と注目ポイント】

構成は

はじめにー「沈黙は怖い。でも雑談は苦手」な人が増えている
第1章 トークや会話術とは違う、雑談の5つのルール
第2章 これで気まずくならない!雑談の基本マナー
第3章 すぐにできる、雑談の鍛え方&ネタの仕入れ方
第4章 ビジネスに使える雑談力
第5章 人、漫画、テレビ。あらゆる達人からテクを学ぼう
第6章 雑談力は雑草力。厳しい時代を「生きる力」そのもの
おわりにー雑談力は、生きることそのもの

続きを読む

仕事ができる人ほど身に着けたい「聞く」技とは ー 澤村直樹「聞き上手の法則 (NHK出版 生活人新書)

「仕事ができるのは認めるけれど、こっちの言うことを遮ぎって自分の主張ばかり」や「話をどこまでs真剣に理解しようとしてくれているのかわからない。」などなど、職場の人間関係がぎくしゃくしたり、コミュニケーションがうまくいかない原因の多くは、「相手の言うことをよく聞かない環境」にあることが多い。

そんな大事な「聞くこと」について臨床心理カウンセラーでもある筆者によって

聞き方は、話し方以上に人間関係を左右する。
ちょっとしたコツを掴むことで、誰でも聞き上手になることができる。

として、「そのコツを15にまとめ、分かりやすく解説」してあるのが本書である。

【構成と注目ポイント】

構成は

はじめに
1 相手の「得意なフィールド」を尊重する
2 自分の「承認欲求」と「防衛反応」を知る
3 話し手が使ったキーワードを共有する
4 無能なって聞き、無知になって終わる
5 相づちは「話し手のトーン」に合わせる
6 「同調効果」の実用的な使い方
7 相手の意見を「受容」でいてから「共感」する
8 言葉の意味よりも「気持ち」に耳を傾ける
9 求められていないアドバイスをしない
10 話し手の存在価値を大きく感じさせる
11 前向きさを取り戻させる技術「リフレーム」
12 「見えない言葉」で相手の気持ちを伝える
13 話し手のキャラクターを尊重する
14 相手が「評価してほしい部分」を評価する
15 「聞き方のクセ」と「心のクセ」を知る
【付録】「聞き方のタイプ」を知る簡易エゴグラム

なっているのだが、本書の特徴は、いわゆる「理屈」によるアドバイスではなく、筆者のカウンセラーとしての経験を活かしたアドバイスがされているところで、例えば

続きを読む

超簡単なロジカルシンキング的会話術のおすすめ本 ー 「まんがでわかる 必ず伝わるロジカル会話術」

「ロジカル・シンキング」というと気の利いたビジネスの基礎みたいな扱いで、企業とか自治体の研修コースでも人気あるいは定番のコースといっていいのだが、研修を受けてもなんか実践では仕えない、なんとなく借り物知識みたいで上滑りする、といった意識を持っているビジネスマンは多いと思う。

それは、勉強した手法やキーワードを「言葉」だけで理解しようとしているところに根本の原因があるといっていい。そんな悩めるビジネスマンにオススメなのが、船川淳志監修の本書「まんがでわかる 必ず伝わるロジカル会話術」(双葉社)で、ある。

【構成と注目ポイント】

構成は

第1章 ロジカル・シンキングからロジカル・ダイアローグへ
第2章 大工と話す時は大工の言葉で
 ー伝える技術をつけよう
第3章 分けるは分かる、論理+感情=納得の公式
 ー相手を説得する技術
第4章 聞き上手は相づち上手
 ー相手の心を開き、情報を引き出す聞く技術
第5章 詭弁に負けるな!
 ー議論を混乱させず、問題解決を導く
第6章 無知を恐れず、未知を楽しもう!
 ー思考のアルゴリズム「口ぐせ」を活用しよう

となっていて、ファミレスチェーンの営業部に勤務するキャリアウーマンの「三上さつき」が売上げの落ち込んでいる「デリシャス三葉町店」業績をなんとか上向きにして、閉店の危機から救おう、ということで、海外をふらふらしている父親が残していったノート「ロジカル会話術」と父親からの時折のアドバイスをもとに奮闘していくのであった・・・、という筋立て。

続きを読む

人間関係を劇的に変える「マジックワード」を見つけよう ー マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法(すばる舎)

「いつもひと目が気になって気分が落ち込む」「一所懸命気を使っているのに、かえって上から目線で言われる」
などなど、周囲の人に黄を使っているわりに批判されたり、便利使いされたりといったことに悩んで、この環境をなんとかしたいと思っている人は多いはず。


本書はそんな人に向けた「言葉を唱えることによって自分を変える」ノウハウ本である『大嶋信頼「「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法』のマンガ化で、原書のうち、人間関係の処方箋についピックアップしてまとめられている。

続きを読む

「話し下手」でもコミュニケーション上手になれる ー 吉田照美『「コミュ障」だった僕が学んだ話し方 」』(集英社新書)

 文化放送のアナウンサーで、ラジオ番組の「セイ・ヤング」、テレビ番組の「ぴったし カン・カン」などの司会でいられる売れっ子アナウンサーの「吉田照美」さんによる話し方、コミュニケーション・スキルについてのノウハウ本。

本文中にもあるのだが、筆者は浪人時代に、「コミュニケーション障害」どころか、幻聴も聞こえるノイローゼ状態になって人付き合いがほとんどできなかった時代があるそうで、そこからの立ち直りの体験談も含めての「コミュニケーション」「話し方」についてのアドバイスは値打ちがある。

「コミュ障」だった僕が学んだ話し方 (集英社新書)

「コミュ障」だった僕が学んだ話し方 (集英社新書)

posted with amazlet at 19.05.17
吉田 照美
集英社 (2017-12-15)
売り上げランキング: 229,332

続きを読む

コミュニケーションの戦略的な展開を考えることが大事 ー 谷益美・枝川義邦「コミュニケーションスキル」(総合法令出版)

「コミュニケーション」については、このブログでも何件か取り上げたことがあるのだが、うまくいけそうでうまくコミュニケーションがとれずに相手に誤解されたり、難しそうな相手にすんなりと理解をしてもらったりと、なかなか勘所が掴みづらいのも事実。本書はビジネスコーチ・ファシリテーターとして活躍する筆者が、そんな「コミュニケーション」について、その具体的スキルをトレーニングメニューとともに紹介したのが本書。
 

【構成は】

 
第1章 まずは相手の対応と自分のタイプを知ろう
第2章 必ず知っておきたいコミュニケーションの基本
第3章 相手と良好な関係を築くための心構え
第4章 今日からできる!コミュニケーショントレーニング
第5章 一歩先に進む!コミュニケーションのコツ
 
となっていて、構成的には、コミュニケーションスキルの本で一番に取り上げられる、人のタイプ別対応といったところから始まって、コミュニケーションの戦略構築と心構え、そしてトレーニングの方法という順序でまとめられている。
 
 
 

続きを読む

「コーチング」というものの「初歩の初歩」を学ぶ — 本間正人・松瀬理保「コーチング入門(第2版)」(日経文庫)

「コーチ」というと当方のような中高年世代は、テニスやバレーをテーマにした少女スポーツマンガの世界で登場するぐらいしか心当たりがないものだったのだが、本来は、そうした分野に限定して考えるものではないらしい。
 
構成は
 
第1章 コーチングとは
第2章 コーチングの基本的な考え方
第3章 傾聴のスキル
第4章 質問のスキル
第5章 承認のスキル
第6章 コーチングのアプローチー「GROW」モデル
第7章 ケーススタディ
 
となっていて、
 
プロフェッショナル・コーチとは「クライアントが日常生活やビジネスにおいて成果を得るように手助けするためのオンゴーイングのパートナー」であり、コーチングの過程において、「クライアントの「学習・パフォーマンスを上げ、生活の質を高める」役割を果たす人(P36)
 
といったところから考えると、「コーチング」と横文字を使うより、「指南」とかそういう日本語固有の表現のほうがしっくりとはくる。
 
もっとも、「コーチング」というと「教えること」と同義にとらえてしまうことが多いのだが、本書によると
 
ティーチングが「すべての人に対して、同じ方法を同じ方法で伝える画一的なアプローチ」であるのに対し、コーチオングは「個々の相手に対して、指導すべき内容と方法を変える個別のアプローチ」(P38)
 
ということであるらしく、上から一方的に講義する、伝達するといった旧来のものとは「コーチング」というものは、別物であるようで、それなりに「技術」を学ばねばならないものであるらしい。
 
しかも、
 
あらゆる業務上の判断を、部下に委ねず、・・・一方的な指示明英に終始する上司を時々みかけます。このようなマネジメント・スタイルを「コマンディング」と言います。このように機敏な対応は、火事場や緊急の場面では有効です。しかし、長期的に、部下を育成する観点からすると、こればかりでは困りものです。
(略)
現代の組織の中で必要とされるのは、自分で考え、自分で目標を立て、自分で工夫していくような自立型(自律型)の人材です。そうした主体性を引き出すためには「任せる」(delegation)発想(デレゲーション)が不可欠なのです(P46)
 
ということであるから、昔ながらの職場教育、ジョブトレに染まった世代は、相当に意識を変えないといかない部分も多いようだ。
 
「世代間のの継承」とか「技術・ノウハウの伝承」といった機能が衰えてきている状況下において、部下とか後輩を導く、あるいは技術を伝えながら、彼ら一定のレベルまでの上昇も誘導する、といったことは、当方も含めた「戦後世代」「バブル世代」の義務に近くなっている気がしていて、その意味で、「コーチング」のスキルを身につけることは、今後ますます重要となるに違いない。
 
本書は、「入門書」の中のさらに「入門」といっらレベルの本なので、具体の手法やスキルを身につけるには、さらに深めたものを読まねばならないだろうが、ほんのさわりの感覚をつかむには良いと思いますな。
 

「コミュニケーション」は「言葉」に頼ると失敗するかも — 竹内一郎「人は見た目が9割」(新潮新書)

「見た目が・・」という表題から、イケメン、美女礼賛の本ととらえててはいけない。言葉によらない「コミュニケーション」について、多方面から光をあてているのが本書である。
 
構成は
 
第1話 人は見た目で判断する
第2話 仕草の法則
第3話 女の嘘が見破れない理由
第4話 マンガの伝達力
第5話 日本人は無口なおしゃべり
第6話 色と匂いに出にけり
第7話 良い間、悪い間、抜けてる間
第8話 トイレの距離、恋愛の距離
第9話 舞台は人生だ
第10話 行儀作法もメッセージ
第11話 顔色をうかがおう
 
となっていて、「言葉によらない」と言ったのは、最初のほうで
 
アメリカの心理学者アルバート・マレービアン博士は人が他人から受け取る情報(感情や態度など)の割合について次のような実験結果を発表している
◯顔の表情 55%
◯声の質(高低)、大きさ、テンポ 38%
◯話す言葉の内容 7%
 
といったことに依拠している。
 
で、この実験が「アメリカ」で行われたものであるということは、「言葉」「弁論」がコミュニケーションの主体である印象の強い欧米ですら既往言う状態であれば、「目は口ほどにものをいい」に日本では、その度合は高まりそすれ、弱まることはないと言っていい。
 
そして、本書の引用によれば
 
芳賀 氏は「日本人の表現心理」(中公叢書)のなかで、日本人のコミュニケーションの特徴を「語らぬ」「わからせぬ」「いたわる」「ひかえる」「修める」「ささやかな」「流れる」「まかせる」の8つにまとめている(P91)
 
であるらしいので、日本人の生来のコミュニケーションは「非言語」によるのが中心といっていい。
ただ、その「非言語」のコミュニケーションも、「身振り手振り」といった欧米的なそれではなくて
 
「相手に、わからせ、自分を通す」のがヨーロッパ流、「お互いに、語らずに、察する」のが日本流(P93)
 
といったところが特殊で、面倒なところで、それは、「方程式的」「マニュアル的」なコミュニケーションの手法がない、といったことを意味しているように当方には思えた。
 
まあ、難しいことは考えないで、弁論術や交渉・説得のテクニックを学ぶ前に
 
大好きなお母さんや、それに準ずる親しい人が読む場合、技術がなくても、子供は喜んで聞くというのである。
(略)
子供は、自分の好きな人の読み方、間のとり方にあわせて感情移入していくのである。
つまるところ、「伝える技術」の最大の目的は、「好き、好かれる」の関係をつくることである(P137)
 
といったところを基本にしていくことが、コミュニケーションが円滑化するマスターキーなのかもしれんですね。
 

2メートル以内のコミュニケーションの重要性

ASCII.JPで「組織を腐らせる「ダメリモートワーク」」と題して、プラネットウェイ社のリモートワークでの失敗と公然方法がリモートされている。

要点は

・社員はお互い一度も会ったことのない人がほとんどで、リモートワークが中心。

・こういう組織で、会社の方針を理解させないまま、外注と同じ感覚で人を雇っていくと組織が腐っていく

・このため、社員全員を勤務地とは違う国につれていき、会社のビジョンを共有させる1週間程度かかる研修を、1000万規模の予算をかけて行っている。

というもの。

リモートワークが中心の会社で、フェイス・トゥ・フェイスで社のビジョンを検討・確認し合う研修の効用が言われるのも面白いのだが、これは、「強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」」でも

リモートワークをしていると、気づかないうちに孤独に陥っていることが多い。表面的には、たくさんの人と一緒にいるような気がするからだ。

メールはどんどんやってくるし、同僚とはチャットで雑談ができる。ネット上ではさまざまな議論が白熱している。でも、それらはやはり、バーチャルだ。本当に人とふれあうことの代わりにはならない

というくだりがあって、人と人とが直に接する機会というものは、「ヒト」が集団生活を営む生物である以上必然的に必要となるものであるようだ。さらに、この「接する機会」というものは、プラネットウェイ社の例をみれば、単に距離的に近くいるということではなく、心理的に「近くいる」ということが必要のようだ。

 

そして、これはオフィスワークでも共通するようで、ちょうど今、読んでいる「鉄客商売 JR九州大躍進の極意」でも、国鉄バスの労務環境を改善したコツとして「二メートル以内で語り合うとその人の本質が伝わってくる」というところがある。これは、筆者が旧国鉄時代に労使対立の厳しい国鉄バスの職場で、朝の挨拶を繰り返すことで、拒絶されていた職場に受け入れられるようになった経験を披瀝したものなのだが、やはり、近い距離でコミュニケーションをとろうと何度も試みたことが、対立の厳しい「荒んだ職場」で人間関係を構築できた要因であるようだ。

 

勢力が拡大していくにつれ、自然と戦闘の範囲や守るべき範囲が拡大していって、物理的に会う機会が減っていき、その結果、段々と気持ちや意思が離れていき、ついには分断してしまった例は歴史上数限りない。かといって、一箇所にまとまって勤務していては、情報が偏って大企業病に陥る例もまた、枚挙に暇ない。

 

「オフィスワーク」でも「リモートワーク」でも、いかに「2メートルの範囲」で意思疎通をする状況をつくることができるか。そこがコミュニケーションをよくして、靭やかで強靭な組織をつくるコツの一つであるように思いますね。