コミュニケーション」カテゴリーアーカイブ

「傲慢さ」で自滅しないための処方箋 ー 片田珠美「オレ様化する人たち あなたの隣の傲慢症候群」

名門企業や老舗企業が、今までの評判に胡坐をかいた不祥事を起こして突然に業績が転落したり、組織の重要な地位についている人が、それをかさに着たような、無理難題を部下にいいつけたり、外部に向かって無遠慮に言い放ってバッシングを受けたり、と最近「傲慢な振る舞い」によって、今までの信用を失ってしまうような事態が、目立つようになった。

その背景には、SNSによる拡散といった、こういう類の不祥事を広く「知らしめる」環境が整った、というせいもあるのだが、根本のことをいえば、こうした「傲慢さ」から起きるトラブルや不祥事は、もとから絶って発生しないようにするのが一番であろう。
そんな「傲慢症候群」について、精神医学の立場から腑分けするとともに、対処法・防衛法を教えてくれるのが、本書『片田珠美「オレ様化する人たち あなたの隣の傲慢症候群」(朝日新聞出版)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

序章 傲慢症候群とは?
第1章 今日も隣にいる「オレ様」賊
第2章 暴走する人に共通する素地
第3章 悪の芽を育てる「最適」環境
第4章 個人にとどまらない恐怖の被害実態
第5章 あなた自身がつぶされないために
第6章 気がつけば予備軍かもしれない

となっていて、まず本書でいう「傲慢症候群」というのは「自信過剰のせいで周囲が見えなくなり、冷静な判断ができなくなつてしまう」状態で、「権力の座に長くいると性格が変わる人格障害の一種」ということであるので、特別な疾患というものではなく、長期間、権力の座にいて周囲の人が気を使い、そして、その気遣いを当然と思いだしたら、だれでも罹る「病」であるらしい。そして、その症状は

・話を聞かない
・自らを誇示する
・人を威嚇する
・横暴になる
・同意ばかり求める
・自社開発主義(自前主義)症候群に陥る

ということであるようなのだが、周囲の人や他社など思い当たる人も多いのではないだろうか。そして、こういう人物が個人として存在していればまだましで、こうした人のそばには「イネイブラー(支え手)」が存在することが必然となるらしく、かくして、「傲慢な人」のいるところは、組織全体が「傲慢」になっていくといったことになるようだ。
こうなってくると、その組織は
1「我々は違う」症候群
2「自前主義」症候群
3「正当化」症候群
にも感染することとなるんで、後は、「過去の栄光」にしがみついたまま、崖下に向けて「まっしぐら」というのは、最近も有名どころの企業で起きたことで、皆さんもよくご承知と思います。

で、こうした「傲慢症候群」の対処法なのだが、これが

あなたが、「他者の欲望」を敏感に察知して、それにできるだけ沿うように気遣うタイプであれば、ある意味鈍感な傲慢人間に腹も立つだろう。
だが、傲慢人間を変えるためにいくら時間とエネルギーを費やしても無駄なことが多いので、そのために疲弊するよりは現実的な対処法をお勧めする。その原則はただ一つ。傲慢人間の欲望を察知しても、それを満たさないこと

といった乱暴な方法から

1 管理職に定期的に新しい挑戦の機会を与える
2 従来とは違う後継者選びを実行する
3 人材プールを多様化する
4 外部の考え方を取り入れる
5 リーダーを変える

といった系統だった方法まで、豊富にアドバイスされているので、これから先は原書のほうでしっかり確認してください。
ただ、一番の特効薬は、とにかく「風通しをよくすること」であるようなので、組織を束ねる立場にある人は肝に銘じておいた方がよいですね。

【レビュアーからひと言】

こうした「傲慢症候群」は、権力をもっていたり、組織のトップにいる人だけに起きる現象かというとそうではなくで

困るのは、傲慢になるのが経営者だけではないことだ。
血縁・姻戚関係で縁故入社した社員や経営者のお気に入りなどが、トップとの「親密な」関係をことさらひけらかし、ときには特別扱いを要求する。

ということであるので、すべての人が「ひょっとしたら私も」と自省してみることも時に必要であるようですね。本書によれば

傲慢の落とし穴を絶えず指摘して、あなたが傲慢になりかけていたら注意してくれるような助言者を持っておくことが必要だ。家族でも、友人でも、同僚でもいい。
少々耳が痛いことでも忠告してくれるような信頼できる相手が理想的だ。

ということであるようなので、日頃から家族関係、友人関係がは大事にしておきましょう、というところでしょうか。

思いもかけない「悪意」から自分を守るには ー 榎本博明「他人を引きずりおろすのに必死な人」

自分としては何も悪いことをしていないはずなのに、上司に誉められたことをきっかけに、今まで親切にしてくれていた先輩が急に意地悪を始めた、であるとか、子供の成績が上がったことを喋ったら、仲の良かったママ友から陰で悪口をいわれるようになった・・・などなど、親しいと思っていた人から、突然の悪意ある仕打ちをうけて呆然としてしまう、という経験がある人もあるのでは。
そういう事態はめったに起きることではないよ、思っているあなた、本書によれば

そもそも、なぜこれほど、他人を引きずりおろすのに必死な人が現れるのか。(略)ひと言で言うならば、それだけ現状に不満をもつ人が多いからだ

ということなので、だれのところに起きてもおかしくない事態であるらしく、本書『榎本博明「他人を引きずりおろすのに必死な人」(SB新書)』で、こういう人から身を守る術をを身に付けることは、現代の日本に生きる人の必須事項となっているようである。

【構成と注目ポイント】

構成は

はじめに
第1章 他人の不幸で安心できる人たち
第2章「出る杭を打つ」は組織の使命である
 ― 日本社会の「横並び主義」が生む強烈な嫉妬
第3章 なぜ仲のよかった人が突然、豹変するのか
 ― 身近な人に港む「妬み」と「攻撃性
第4章 やけにほめる人ほど裏で引きずうおろす
 ―こんな人には要注意! 9つのパターン
第5章 できない人に新設にはしてはいけない
 -危ない人への対処法
第6章 スマホの長時間使用がが「理性」を壊す
 -病理を助長するネツト社会
おわりに

となっていて、たいていの場合、こうした「他人をひきずりおろす行為」をする人は「悪意の塊」のように思ってしまうのだが、実は

そこには「投影」という心理メカニズムがはたらいている。
投影というのは、たとえば、自分が相手をねたみ、攻撃的な気持ちになっていることを認めたくない時、それを相手のなあに見たつもりになり、「相手が醜い気持ちになっている」と思いこむ心理メカニズムのことである。

ということで、「本人に悪気がない」ことが多いらしく、どうやらこの問題の対処法は、善意悪意で考えるのではなく、「心理メカニズム」を理解して望まないと正解にたどり着けないものであるらしい。

続きを読む

「コミュニケーション」の名に隠れた「自分自慢」はダメ ー 吉原珠央「自分のことは話すな」

先だって、ビジネスにおける「雑談」の役割についていくつかのレビューをしたところなのだが、このことについて「雑談は本当に必要なの?」と真っ向から立ち向かうビジネス本を見つけたので、公平のためにこちらもレビューしておこう。

筆者は、ビジネスパーソンに「プレゼンテーション」のアドバイスなど「コミュニケーション」を軸とした仕事をされている「イメージコンサルタント」で、多くの講演もこなし、ビジネス書の著作も多い、というビジネスバリバリの女性である。で、そんな著者からの

「相手は自分の話に大して興味を持っていない」という客観性を持ち合わせている人は、どれだけいるでしょうか。 実は、このことを意識して話しているかどうかで、仕事も人間関係も、ものすごく大きく変わるのです。

という挑戦的なメッセージで始まるのが本書『吉原珠央「自分のことは話すな」(幻冬舎新書)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 余計な話をすることが無意味なワケ
第二章 ムダな会話をせずに相手の心を開く
第三章 「話癖」を直すだけですべてが劇的によくなる

となっているのだが、まず最初のほうで

この「自分よりも大変な思いをしている人がいる」という考え方によって、余計なことや、相手を疲れさせるだけの意味のない雑談を回避することができます。 「自分をわかってほしい」「話を聞いてほしい」といった気持ちが生じることはごく自然なことではありますが、現在は、「出会ったら、相手のことを3つは知ろう」を会話で実践しています。

「私は」と、自分を主語にして話し始めるのではなく、相手の名前を声に出し(ほぼ強制的にでも)相手が話せるよう、答えやすい話題をふってみるのです。

と釘をさしているのだが、その本旨は相手にとって興味のない「こちらのこと」を押し付けるのではなく、相手の興味ある事、相手の知りたいことをまず話すのが先決でしょ、ということであるらしい。

続きを読む

「モラハラ」から身を守るコツを教えよう ー 片田珠美「平気で他人を傷つける人」

平気で他人を傷つける人

最近の職場や人間関係で問題となるのは、セクハラ、パワハラ、パタハラ、マタハラなどなど、ハラスメント事案が大きなウェイトを占めているといっていいのだが、その中でも、本書でとりあげる「モラハラ」は

じつはモラハラというのは、モラハラをしている加害者もされている被害者も、「これはモラハラ」だという自覚がないケースが非常に多いのです。

ということで、結構厄介な”ハラスメント”であることは間違いない。
ただ、近所づきあい・ママ友関係のトラブル、職場のいじめに始まって、夫婦間のトラブルにいたるまで、もっとも身近なハラスメントであるのは間違いない。
そんなモラハラについて、現役の精神科医が、実例やモラハラをやってしまう精神楮からその対処策までアドバイスしてくれるのが、本書『片田珠美「平気で他人を傷つける人」(KADOKAWA)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第1章 あなたの周りにも「モラルハラスメント」はあふれている
第2章 「平気で他人を傷つける人」の精神構造を理解する
第3章 なぜ「モラハラ被害者」が生まれるのか?
第4章 「心を傷つける攻撃」にはどのように向け合えばいいのか?
第5章 場面別「平気で他人を傷つける人」対処法
第6章 「モラハラをしない人」になる!

となっていて、まず、モラハラの被害は
・攻撃が直接的でないので被害者が認識・自覚しにくい
・被害者が経済的に自立していなくて、行動になかなかでられない
ということからなかなか表面化してこないものであるので、「これはひょっとしてモラハラ?」とアンテナを鋭敏にしておくことが「モラハラ状態」を発見することが防止の第一。

続きを読む

突然の怒りを鎮める「特効薬」を10個を紹介しよう ー 安藤俊介「アンガーマネジメント実践講座」

安藤俊介さんの「アンガーマネジメント実践講座」のレビューをしたところなのだが、ネットで、「アンガーマネジメント」なぞと検索すると、怒りを鎮める方法として。例えばMASHING UP 女性からはじめるダイバーシティンの「怒りのピークは6秒。アンガーマネジメント実践法」といった記事をみても

1 衝動のコントロール

 怒りのピークは6秒なので、「その場セラピー」で魔の6秒をやり過ごす
 6秒だけ思考停止。あたまのなかを真っ白にする
 6秒だけ口角アップ。フリでも笑顔をつくる

 6秒で魔法の言葉。気持ちを落ち着かせるフレーズを用意しておき、怒りを感じたときに6秒唱える。

2 思考のコントロール

 人は「~すべき」という自分の信条が裏切られたときに怒りを感じるので
 「許せない」
 「許容範囲」
 「許せる」
 という三重丸の構造で視覚化する。この「許容範囲」のゾーンを広げる努力をする
 仕事の進め方など、もめそうなことについて三重丸使って言語化し、相手と「三重丸」を共有する。

 さらには「最低限〇〇しs て」といったリクエストを伝える

3 行動のコントロール

 怒りに隠されている「リクエスト」をわかりやすく具体的に使える
 気分で怒らず、ブレをつくらない

といったように、怒りを抑えるための「3つのテクニック」はかなり紹介されているのだが、そこを深堀りしたものにお目にかかれない。だって、第1のテクニックでも考えてみてくださいな、「6秒」ってかなり長いですよ、頭に治が登っている状態で、とても待てる時間じゃない。

続きを読む

「怒り」の感情をコントロールする秘訣を教えます ー 安藤俊介「アンガーマネジメント実践講座 」

最近、仕事場で怒りの衝動にかられて声を荒げてしまったことや、なにげない会話をしていたつもりが相手に怒られてしまたったり、といった経験をした方はいませんか。本書によれば、最近流行の「働き方改革」にしても「現実には、実際の施策になった時点で、疑間を持たざるをえないものが多くなり、結果、私達がイライラしたり、怒りを感じたりすることが多くなってしまっているのが今の姿」であったり、ワークライフバランスにしても「問題となっているのは、「多様な価値観を尊重する職場で、画一的なワークライフバランスが推奨されていること」です」といったように、なにかと職場のイライラを増やしたり、怒りを感じさせる要因は増える一方であるらしい。

ただ、こうやってイライラしたり、怒りっぽく周囲に当たり散らすのは、なんとかしないといけないような~と思っている人に向けて、「怒り」をコントロールする秘訣についてアドバイスしてくれるのが、本書『安藤俊介「アンガーマネジメント実践講座 」(PHPビジネス新書)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第1章 これからの仕事の必須スキル「アンガーマネジメント」
第2章 アンガーマネジメントの基礎理論
第3章 職場の「突然の怒り」に対処する技術
第4章 「怒りの耐性」を高くする技術
第5章 仕事でも角が立たない!上手な「怒りの伝え方」
第6章 タイプ別・特徴別「他人の怒りの対処法」
第7章 怒りを「明日の活力」に変える方法

となっていて、こうした怒りをコントロールする、というと、とかく感情を沈めましょうとか、グッと堪えるものは堪えて、といった具合に、こちらにかなりの「人格者」となることを求めるものがあるのだが、本書でいうアンガーマネジメントは

アンガーマネジメントでは怒ること自体は全く問題がないと考えています。
アンガーマネジメントは怒らないことではなく、怒る必要のあることは上手に怒り、怒る必要のないことは怒らなくて済む、その線引きが上手く引けるようになることです

ということであるのが、そこは当方の少し認識を改めて安心したところで、「アンガーマネジメント」は、道徳的なものというより、「怒り」についての極めて「テクニカル」なものであるようだ。

続きを読む

不安をなくすための呪文を教えます ー 大嶋信頼「「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法」

日常生活や仕事をする上で、厄介なのが「根拠がよくわからない不安感」というやつで、モチベーションを削ぐことは間違いないのだが、不安をなくする手立てが見つからなくて困ってしまった経験のある人は多いだろう。

そんな方々に向けて、ケース別に不安を解消するテクニックをアドバイスしてくれるのが本書『大嶋信頼「「すぐ不安になってしまう」」が一瞬で消える方法(すばる舎)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第1章 ちょっとしたことで不安が押し寄せる 第2章 すぐ不安になる人は緊張している 第3章 どう思われてる?人がいちいち気になる! 第4章 ブレない自分を手に入れるために 第5章 悪い妄想を断ち切り、リミットレスに人生謳歌!

となっていて、まず冒頭で指摘されているのは、

不安に強いタイプの人は不安なことに集中しすぎることなく、楽しいことに焦点を合わせて軽やかに生きていくことができます。 すぐ不安になってしまうタイプの人は、周りの出来事に敏感に反応してしまうので、当然悩み多き人生となります。

ということで、気が優しくて、几帳面な人ほど、不安に囲まれて右往左往する例が多く、「カエルの面に小便」的な人のほうが、無神経に突き進んでチャンスをつかんでしまう、といった事例はよく見かける事例であろう。

続きを読む

上手な「キレ方」は、一級の交渉術 ー 中野信子「キレる!」<その2>

中野信子さんの「キレる!」では、相手になめられたり、相手の都合のいいように利用されて、自分だけが損をしないために、「適切な場所で、適切な相手に、適切にキレる」ことを推奨しているのだが、この「適切にキレる」コツを、交渉術の観点から、その効果を検証してみた。

「交渉術」については、いろんな流儀が乱立している状況でちょっと迷うところなのだが、「藤沢晃治氏の『「交渉力」を強くする(ブルーバックス新書)』という本では

〇交渉に新青する10の原則
〇交渉の五大原則
〇交渉で勝つための16の基本原則

がアドバイスされていて、その3つ目の「交渉で勝つための基本原則」として

①欲しがらないふりをせよ
②交渉決裂の恐怖に耐えよ
③正しい根拠で主張せよ
④相手の期待値を下げよ
⑤巧みにふっかけよ
⑥効果的に脅せ
⑦相手をあせらせよ
⑧相手の話はよく聞け
⑨相手に共感を示せ
⑩相手を助けよ
⑪「相手の譲歩案」を自ら提案せよ
⑫自分の譲歩は高く売れ
⑬譲歩は小出しにせよ
⑭成果を欲張るな
⑮第三の道を探せ
⑯メールだけの交渉には注意せよ

があげられている。

この「交渉術のキモ」的なところが一番奇をてらっておらず、網羅的で、なおかつオーソドックスなようなので、これを使わせてもらうことにしよう。

(それぞれの基本原則の詳細については原書のほうで、具体の事例を引用して、悪い交渉と上手い交渉とを例示してあるので、興味ある方は原書のほうで)

続きを読む

「キレる」ことへの対処法は、現代人必須の技術 ー 中野信子「キレる!」

最近、あなたは相手の些細なことに反応して急に感情的になってしまったことはないだろうか、あるいは、知り合いやビジネスの相手方が思ってもなみないところで急に怒りだした場面に遭遇したことはないだろうか、もし、両方ともないなら、あなたはとても幸運です。
だが、そうしたあなたがいつ遭遇したり、自分がやってしまうかわからないのが「キレる」という現象である。
そうした「キレる」行為に対しての、全般的な「処方箋」をアドバイスしてくれるのが、本書『中野信子「キレる!」(小学館文庫)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 損するキレ方、得するキレ方
第二章 キレる人の脳で起こっていること
第三章 キレル人との付き合い方
第四章 キレる自分との付き合い方
第五章 戦略的にキレる「言葉の運用術」

となっているのだが、本書は、「キレる」行為をすべて封じ込めてしまう手法を教えてくれる本ではないところにまず注意しておこう。本書によれば

前述した″テレビ文化人にとどまらず、政治やビジネスの世界でも、自分のポジションを築き、成功している人は、怒らない人、キレない人ではなく、怒るべきときにきちんとキレることができる人です。
怒るべきときに怒らず、つまリキレないで、その怒りをため込むのではなく、上手にキレることで、多くの人の心をつかみ、自分の立場を手に入れています。
キレることは、激しい感情の発露ですから、それだけ人の心も揺さぶることになるわけです。
つまり、キレるという行為は、上手に使うことで、人間関係において自分の居場所をつくり、成功するためには欠かせないコミュニケーションのスキルであると言えます

ということで、「キレないけれど搾取される人」ではなく、「キレるけれど尊敬される人」のススメである。

続きを読む

職場の絶えない「揉め事」のケーススタディ ー 各務晶久「職場の紛争学 実践コンフリクトマネジメント」

「人出不足」「世代間ギャップ」「グローバリズム」「ダイバーシティ」などなど、「働く場」を取り巻く環境は、激変といっていいほど変化が激しくなっていて、筆者が冒頭で言う

特に実感するのは、人手不足問題と呼応するように、約5年前から、急激に関与先企業内でのコンフリクトが増加していること

というのは、大なり小なり、ほとんどの「働く人」の実感するところであろう。

そして、その「コンフリクト」は、職場だけにとどまらず、組織全体に波及して大きな影響をもたらしてしまうのは、「ブラック職場」問題を見てもあきらかなところ。
そんな状況の中で、人事コンサルタントとして、「職場のトラブル」に関わってきた筆者が、現代的な職場の問題事例を実例に即しながら、問題点を明らかにして、解決の方向性を探っているのが、本書『各務晶久「職場の紛争学 実践コンフリクトマネジメント」(朝日新書)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

はじめに
事例1 オーナー社長VS大企業OB
 「自分の給料分は利益を上げてください」
 「なぜ、私が営業をやるんだ!」
事例2 ゆとり社員 VS バブル上司
 「何でも手落ちと責められてもう限界!」
 「まず上司の壁を突破するのは仕事の基本」
事例3 専門志向 VS 上昇志向
 「社内飲み会に出ていてはスキルが保てません」
 「将来の幹部には社内人脈が大事だ」
事例4 営業トップ VS 経営層
 「これだけ部下の話を聞きヤル気を引き出しているのに」
 「マネージャーは具体的な問題解決が第一」
事例5 「意識高い系」部下 VS 実直上司
 「地味な下積みを続けるのは時間のムダです」
 「財務の仕事を任せるには10年勉強しないと」
事例6 女性総合職 VS 男性上司
 「幼い子供がいるのに宿泊出張は無理です」
 「一般職の倍近い給料の総合職としてどうか」
コンフリクトマネジメント入門(理論編)

となっていて、6つの事例を取り上げて、事例に即して「紛争(コンフリクト)」が起きる原因を、それを起こしている人物ごとに「腑分け」してみるといった仕立てになっている。

続きを読む