朝井まかて」カテゴリーアーカイブ

江戸の庶民の八つの「人情話」 ー 朝井まかて「福袋」(講談社文庫)

「ちゃんちゃら」や「すかたん」で江戸時代の庶民の生き生きとした姿を描いた筆者が、十二代将軍・徳川家斉の大御所時代から、彼の死後の老中・水野忠邦による天保の改革の引き締めの時代、そして締めすぎて失敗する時代へと続いた世の中の華美がとんでもなく上下した頃を舞台に、江戸の市井の人々を描いたのが本書『朝井まかて「福袋」(講談社文庫)』。

【収録と注目ポイント】

収録は

「ぞっこん」
「千両役者」
「晴れ湯」
「莫連あやめ」
「福袋」
「暮花火」
「後の祭」
「ひってん」

となっていて、主人公となるのは、それぞれ寄席の文字書き、歌舞伎の三文役者、湯屋の娘、古着屋の娘といった人々で、すこしばかりでも財産というものがありそうなのは「後の祭」の大家の徳兵衛、「ひってん」の卯兵衛ぐらいで、あとは逆さにしても小銭しか堕ちてこないような人物ばかりである。

まず、「ぞっこん」は、絵師・鳥居清忠の持ち物であったのがひょんなことから、寄席の文字書き・栄次郎の「持ち筆」となって、当時斬新的で評判をとった看板の「ビラ文字」にまつわる話で、家斉の「大御所時代」から水野忠邦の天保の改革に至る、奢侈にあふれた時代から一挙に小屋が閉められたり、娘義太夫が取り締まられたという時代の中で、栄次郎の筆の語り口を借りながら、その当時の芸人の姿を描き出す。最後のほうで、筆供養で燃やされかけた栄次郎の筆が、若い二本の筆と一緒に再び拾い上げられるというのは、「芸」の復活を暗示しているのだろうか。

次の「千両役者」は、役者の番付では下から二番目の「中通り」に位置する「花六」という役者が主人公。下から二番目なので「馬の脚」や「通りすがりの町人」といった本当の下っ端ではないのだが、まだまだその他大勢の一人といった役しか来ない端役の役者である。そんな彼に、これまた貧乏くさい日本橋の「辛子屋」が贔屓の客につくのだが、これがまた無粋で・・、といった役者稼業の侘しさを感じさせるもの。

そして三作目の「晴れ湯」は、江戸の名物である「湯屋」の娘・お春が、店の大黒柱である母親を助けて大奮闘する姿を描く。辞めてしまった三助の代わりを務めたり、湯代を受け取ったりする「高座」の上がったりするのだが、ある日、風の強い火に焚口から火がもれて・・、といった筋立て。皆が忙しくしているので、寺子屋の昼飯は屋台での買い食いですましているお春の弁当をめぐる話が泣かせますね。

続く四作目の「莫連あやめ」は親の古着屋を継いでいる娘・あやめが主人公。彼女は、男物の着物を再利用して「莫連流」というブームをつくるのだが、これを羨んだ金持ちのお嬢様たちが幼馴染を使って邪魔に入る。この危機を救ったのは、日頃おしとやかな風情が癪に障っている兄嫁の「お琴」で、彼女の正体は・・・といった展開。「お琴」の啖呵がかっこいいので読みのがさないようにね。

このほかに、大食らいの出戻りの大食い競争を描く「福袋」や、女絵師の秘めたこいをがしんみりする「暮花火」、神田旅篭町の長屋の大家・徳兵衛が「神田祭」のお祭掛をつとめる「後の祭」、当時の百均ショップ「十九文屋」ンの主人。卯兵衛の若い頃を描く「ひってん」といった「江戸人情話」の極上品が楽しめますので、ぜひご一読を。

【レビュアーから一言】

この物語ばかりでなく、「江戸の男」ってのは、とにかく働かないのが面白いですね。「晴れ湯」の晴の親父は

お父っつぁんは今朝、珍しく早起きをして、寝ぼけまなこで脱ぎ場をうりおついていた。新基地に「旦那」そこ、邪魔です」と迷惑がられていたので、「働くお父っつぁんは」は多分三日も保たないだろうとお晴は睨んでいる

といった具合であるし、最終話の「ひってん」では、卯兵衛こと卯吉の兄貴分の寅次を思い起こす

道をゆっくりと引き返すと、涼み台の連中が互いの方や背中をたたき合いながら大声で笑っていた。
寅次は今もこの男らのように余計な欲を持たず、夢を追わず、気の向くまま、その日を暮らしているのだろう。
雲雀が舞い上がり、笛売りの声が聞こえる。

といった具合で、まあ、なんともしょうがない男たちばかりであるが、その頭の上には、真っ青な空が広がっていくような気がするんですが、どうでしょうか。

江戸城無血開城のとき、大奥は ー 朝井まかて「残り者」

歴史の視方というものは、どうしても勝者側から見たものが中心となるもので、それは「幕末」でも同じで、薩長側、倒幕の浪士側から描かれたものが多く、幕府側から描かれるのは、新政府に悲劇的な敗北をした「会津」であるとか「長岡」といった佐幕の諸藩のものや新選組について描いたものがほとんどであろう。

そういう描かれることが少ないが、幕末の大きな転換場面である「江戸城明け渡し」について、「大奥」で奉公していた四人の奥女中の彼女なりの「明け渡し」の姿を描いたのが、本書『朝井まかて「残り者」(双葉文庫)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

一 呉服之間の「りつ」
二 御膳所の「お蛸」
三 御三之間の「ちか」
四 御中臈の「ふき」と、呉服之間の「もみぢ」
五 御針競べ

となっていて、この江戸城明け渡しでは、天璋院が大奥の御座の間、御休息所などをキレイに飾り付けて退去した、というエピソードがあるのだが(その理由については、官軍側に徳川の威光をみせつけようとしたとかいろんな説があるようですが)、本巻では、まず、三日という短い期限を切った退去の指示に、私物をできるだけたくさん持ち出そうとする奥女中たちで大混乱になっているところからスタートする。

続きを読む

若き江戸の「庭師」が、庭を使った悪事をぶっ潰す ー 朝井まかて「ちゃんちゃら」(講談社文庫)

「庭」っていうのは、はるか古代のバビロンの空中庭園あたりから歴史を刻んでいるらしく、日本でも7世紀あたりから仏教の須弥山を模した石を配置した庭がつくられていたのだが、本作の舞台となる江戸時代になると、将軍や大名を始めとする武家が、城や屋敷を築く際に、庭園内を回遊することができる「回遊式庭園」を盛んにつくるようになっていた時代である。

本作は、大名や有力武家、あるいは、裕福な商人たちが、贅をこらして庭を作っていた文化の時代、庭師「植辰」の若い職人「ちゃら」を主人公にした物語である。

「文化」といえば、この後の「文政」とあわせて「化政文化」と呼ばれる、浮世絵、川柳、歌舞伎など現代へつながるものが盛んになった町民文化が華やかな時代で、景気のよい町人が羽振りをきかす一方で、流行り病に苦しむ貧しい人も多数出ている、格差の大きい社会で、それは本作の主人公ちゃらの身の上にも現れている。

【構成と注目ポイント】

構成は

序章 緑摘み
第一章 千両の庭
第二章 南蛮好みの庭
第三章 古里の庭
第四章 祈りの庭
第五章 名残の庭
終章 空仕事

となっていて、まずは主人公である「ちゃら」、彼の師匠の植辰の主人・辰蔵、その娘・百合、庭師の福助、穴太衆の末裔で石組みの玄林といった主なキャストが登場するところからスタート。ちなみに、「緑摘み」というのは4〜5月に行う作業で、梅雨に入るまでに、松の新芽を一つずつ摘んでおく作業で、これをやらないと夏になると脂がふいて芽を潰してしまうものらしい、「松の姿は新芽をどう摘んだかで、全く異なるものになる」らしく、本書中にはこんな「造園」のTipsがあちこちででてきます。

続きを読む

女の三人旅は、いつの時代も大騒ぎなのだ ー 朝井まかて「ぬけまいる」

舞台となるのは、弘化二年(1845年)の江戸。「弘化」のいうのは、ちょうど天保から嘉永の間、出来事的には、天保の改革、蛮社の獄、天保の飢饉と、いった天災人災の多かった「天保」と、黒船来航・日米和親条約といった国際的な出来事のある「嘉永」に挟まれて、少し地味な時代である。ちなみにWikipediaで調べてみても、目を引くような記述はない。

そんな時代に、三十歳近くなった、一膳飯屋の娘・お以乃、御家人の妻・お志花、小間物屋の女主人・お蝶の三人の幼馴染、通称「いのしかちょう」が、突然思い立って、伊勢参りにでかけるのだが・・・、といった感じで展開するのが本書『朝井まかて「ぬけまいる」(講談社文庫)』である。

【構成と注目ポイント】

構成は

一 木の芽どきは
二 とびきり
三 渡りに舟
四 抜け駆け
五 良し悪し
六 悪しからず
七 なめんじゃねえ
八 のるかそるか
九 しゃんしゃん

となっていて、「ぬけまいる」というのは「抜け参り」のことで、親や主人、村役人に無断で家を抜け出し、伊勢神宮への集団参詣で、「お陰参り」ともいったもの。だいたい60周年周期で大発生したようで、本書の舞台の弘化二年の近くでは、約15年前の天保元年(1830年)に大流行したようで、その時は420万人余がお詣りしたようですね。

続きを読む

大坂の「青物」は日本一。青物問屋が舞台のドタバタ恋愛ドラマが面白い ー 朝井まかて「すかたん」

上方の青物市場の大店を舞台にしたドタバタ恋愛ものが、朝井まかてによる本書『すかたん(講談社文庫)』。

メインキャストは、美濃岩村藩の大阪城代の上屋敷御側用人を務めて夫を亡くした「知里」という実家が江戸の饅頭屋というヒロイン。相手となるのは、大坂の大手の青物問屋・河内屋の若旦那の「清太郎」で、この男、茶屋の支払いが月に百両はくだらないという遊び好きなのだが、「青物」つまり野菜にはとことん入れ込んでいて、母親の実家の庄屋のところへは足繁く通ったりしていて、野菜の知識も半端ない、という設定である。

大坂の食文化というのは、今は「関西人」たちによってかなり地位が上がっているが、江戸時代、特に商家ではそうそう贅沢なものを食していたわけではないらしく

船場あたりの商家の食事というのは、朝はあたたかい、ぬくい御飯に漬物でんねん。で、 さい昼はぬくい御飯に、お菜が何か一品つきます。で、晩は冷飯と漬物で、もう漬物ばっかり 食べてた。そのかわりその漬物と御飯は、なんぼ食べてもかまわなんだんやそうです。 (落語「百年目」)

といったことであったらしく、本書でも

献立はつつましく、一日と十五日には魚の切り身や干物がつくらしいが、あとはお番菜に漬物。おつけと呼ばれる味噌汁ばかりである。

といった具合で至って慎ましやかである(このあたりは高田郁さんの「あきない世傅」でも出てますね)、ただ、魚が稀である分、「野菜」の重要性というのは今以上であったのだろうな、と推測され。青物問屋あるいは青物市場といった舞台は、現代であれば大手商社あるいは証券市場といったところか、と妄想してみる。

続きを読む