佐伯泰英

佐伯泰英

若き杜氏が自慢の新酒で江戸一番乗りを目指すー佐伯泰英「新酒番船」

時代小説の手練れで人気も高い佐伯泰英さんの作品の主人公は、剣術や槍の達人であるとともに、出身地での諍いを逃れて江戸や上方に出てきた、といったお武家さんや、由緒ある十手を預かる腕利きの目明しの親分といったのが目立つのですが、趣向をがらっと変...
佐伯泰英

吉原会所を潰す奉行所同心の悪事を暴けー佐伯泰英「清搔 吉原裏同心4」

九州の小藩・豊後岡藩の下級武士であったのだが、藩の上役の妻となった幼馴染と駆け落ちして諸国放浪の末、吉原の四郎兵衛会所で遊郭内の揉め事を、陰で始末する私設用心棒「裏同心」となった、神守幹次郎とその妻汀女の「幕府御免の遊郭・吉原」での活躍を...
佐伯泰英

裏同心の京都の敵は「禁裏」の刺客ー佐伯泰英「赤い雨 新・吉原裏同心抄2」

九州の小藩・豊後岡藩を人妻となっていた幼馴染・汀女とともに出奔し、諸国放浪の末、吉原の四郎兵衛会所の用心棒「吉原裏同心」として陰から吉原の治安を守っていた神守幹次郎が、謹慎処分を受け、義妹の元薄墨太夫の「加門麻」とともに京都で修行をする「...
佐伯泰英

田沼老中失脚に乗じて吉原を奪う陰謀を阻止せよー佐伯泰英「見番 吉原裏同心3」

九州の小藩・豊後岡藩の下級武士であったのだが、藩の上役の妻となった幼馴染と駆け落ちして諸国放浪の末、吉原の四郎兵衛会所で遊郭内の揉め事を、陰で始末する私設用心棒「裏同心」となった、神守幹次郎とその妻汀女の「幕府御免の遊郭・吉原」での活躍を...
佐伯泰英

幹次郎の京修行が始まり、二都の遊郭を狙う勢力出現ー佐伯泰英「まよい道 新吉原裏同心抄1」

九州の小藩・豊後岡藩を人妻となっていた幼馴染・汀女とともに出奔し、諸国放浪の末、吉原の四郎兵衛会所の用心棒「吉原裏同心」として陰から吉原の治安を守っていた神守幹次郎が、謹慎処分を受け、義妹の元薄墨太夫の「加門麻」とともに京都で修行をする「...
佐伯泰英

遊女失踪事件の黒幕を暴けー佐伯泰英「足抜 吉原裏同心2」

九州の小藩・豊後岡藩の下級武士であったのだが、藩の上役の妻となった幼馴染と駆け落ちして諸国放浪の末、吉原の四郎兵衛会所で遊郭内の揉め事を、陰で始末する「影同心」となった、神守幹次郎とその妻汀女の「幕府御免の遊郭・吉原」での活躍を描く「吉原...
佐伯泰英

遊郭の治安を裏から守る「裏同心」誕生ー佐伯泰英「流離 吉原裏同心1」

時代小説の定番の場所というと「江戸」。その中でも、幕府御免の遊郭「吉原」はほとんどの時代小説で舞台の一つとなる定番の場所といっていいでしょう。ただ、描かれる視点は、客や岡っ引きの親分といった側からのものが多くて、「郭(くるわ)」や治安を取...
タイトルとURLをコピーしました