カテゴリー別アーカイブ: 蓑輪諒

常陸の名門・佐竹は「敗れたが、負けない」 ー 蓑輪 諒「でれすけ」

戦国の後期、特に豊臣政権から徳川政権に移行する間の「時代小説」は、どうしても、その舞台が「上方」か「江戸」が中心となることが多いのだが、「うつろや軍師」や「最低の軍師」で、中央からちょっと外れたところの戦国模様を描いた筆者による「東北・常陸」の名門・「佐竹家」の戦国終焉の物語が、本書『蓑輪 諒「でれすけ」(徳間書店)』である。

【構成は】

第一章 平定

第二章 東は東

第三章 花散る里

第四章 冢中の枯骨

第五章 巴渦

第六章 その香りは童心にも似て

終章 鬼骨は折れず

となっていて、物語の中心は、時代的には後北条家が豊臣秀吉によって攻め落とされる天正十八年(1590年)から、関ヶ原の戦いが終わって2年後の慶長七年(1602)までのほぼ十年間の物語。

【注目ポイント】

物語の主人公は、常陸国を支配する佐竹家の十八代当主・佐竹義重である。で、この佐竹家というのが

だが、佐竹家は違う。この家は、五百年来の歴史を持つ、紛れもない源氏の 後裔であった。
先祖は、 河内 源氏の棟梁・頼義 が三男、「新羅三郎」の通称で知られる源義光であり、その孫の 昌義 が常陸国(茨城県)佐竹郷に住まうにあたり、佐竹氏を名乗るようになった

という家で、名家中の名家といっていいのである。

なので、戦国大名の元祖といえる北条家に対しても

もともと、中部や近畿など早くから開け、下剋上が特に激しかった地域に比べ、東国は血筋や家格を重んじる気風が強く、北関東から東北にかけては特にその傾向が根強かった。
それゆえ、佐竹家をはじめよする利根川以東の領主たちは、北条家を、
ー東国にゆかりなき、西国よりの乱入者
として敵視し、この強大な新興勢力に対して、死にものぐるいの抵抗を続けてきた

といった具合であるので、戦国末期の天下統一の騒ぎは、おそらくは多くの部分で「不本意」であったろうと想像する。
というのも、秀吉、家康などの「西の勢力」による天下統一の名の侵略は、父祖伝来のと土地を、周囲の敵と戦いながら守ってきた「鎌倉以来の名門」の武士たちにとって、物理的な侵略だけでなく、「土地」というものに対する「概念」への侵略でもあり、それは物語の終盤、徳川家康と佐竹義重が対峙する場面での

「徳川殿から見れば、土塊はどこまで言っても土塊に過ぎぬのでしょう。しかし、我らにとっては、五百年の歴史と、血肉と、矜持が染み込んだ、かけがえのない土塊なのです。たとえ時代遅れと笑われようと、こればかりは曲げることができませぬ

といったところに現れていて、戦国の終焉史というのは、実は「西国」の土地に対する概念が、「東国」の土地に対する概念を擦りつぶしていった歴史という風に考えてもよいような気がする。

このあたりのところは、義重から家督を譲られた嫡男の義宣の行動によく現れている。
例えば、秀吉に急かされて、早急に常陸全土を攻略するため、臣従しない領主たちを居城・太田城に呼び集め、酒を饗応し、酔ったところを

四方のふすまが一斉に開き、刀槍を携えた刺客たちが躍り込む。驚愕する領主たちを、刺客は嗣ぐ次と容赦なく斬殺した。
その様子を能重は義宣の隣で、盃を傾けながら見ている。
・・・多くの死が広間を赤く彩ったが、大半の物はなにがおこったかさえ分からず、悲鳴を上げる暇もないまま絶命した。

という、先祖からのタブーであった「暗殺」に手を染めざるをえなくなるし、気は強いが愛していた元正室の「照日の方」が、実家が豊臣家に反逆したことによって側室に格下げし、佐竹家の中の居場所がなくさせ、ついには自害させてしまったところに、「時代の流れ」という名目で、自分が大切の守っていたものを捨てざるをえなかった悲哀をみるのである。

そして、それは義重自らが経験することでもあって、関ヶ原の戦の際、石田方に与して徳川を攻めようとする義宣を最後の最後のところでおしとどめて、徳川方に裏切らせた時、

暗闇の中で懐かしい記憶が、蜃気楼のように浮かんでは消えていく。父・義昭と共に馳せ駆けた初陣。北条や蘆名、那須に小田といった、東国領主たちとの死闘の日々。そして、あの雪原で鎬を削りあった、年若き仇敵。
だが、どれほど恋しくても、焦がれようととも、その過去がもはや還ることはない。過ぎ去った勝機が、二度と戻りはしないように。

といった述懐に、すり潰されていった「伝統」をみるのでありますね。

続きを読む

軍師は身なりで判断してはいけない。とんでもない知恵者かもしれないから。 — 蓑輪 諒 「最低の軍師」(祥伝社文庫)

当方のように西日本、しかも山陰に住まう者にとっては、戦国時代の東北・関東といったところはかなり霧の中に包まれていて、どこに何があるのかまったく不案内なところがある。しかも、昔の上総、下総のあたりとなると闇の中に近い。そんな当方に、その地でおきた「小が大を食う」的な魅力的な戦記を語ってくれたのが本書である。

【構成は】

序章 嵐の前
第一章 招かれざる者
第二章 かんなぎの娘
第三章 ありふれた地獄
第四章 救済の技法
第五章 干戈交わる
第六章 最低の軍師
終章 荒天を倶に戴いて

【あらすじは】

上杉景勝(上杉謙信)の軍勢に攻め込まれようとしている、下総国の中部に位置する「臼井城」に、北条家の援軍(といっても200人ばかりの小勢なのだが)として派遣された松田孫太郎、そして孫太郎によってにわか軍師として雇われた行きずりの易者・浄三入道を中心として物語は展開する。

この浄三入道、物語では、実は、戦乱で孤児となったのを(戦国時代にそういう表現だったのかどうか知らないが)陰間茶屋に拾われて字を覚え、その後、三好家を経て室町将軍・足利義輝に見出された経歴の持ち主という設定で、一種の貴種流離譚でもある。

物語の大きな展開は、上杉家への鞍替えも腹に秘めた臼井城主の原胤貞や配下の武将の反発をうけながら、なんとか臼井城内に、「援軍」として潜り込ませてもらう孫太郎なのだが、その直情のおかげで、臼井八幡社の女宮司・志津の信頼を勝ち取る。孫太郎のかこつけて彼女の支援をとりつけた浄三は、押し寄せてくる上杉軍相手に、熱い糞尿や、砦を崩壊させたりといった、常識破りの戦法を繰り広げて足止めをする。業を煮やした、上杉景勝(上杉謙信)は自ら臼井城を攻めることを決断。その先鋒となるのが謙信の右腕・河田長親なのだが、じつは彼は浄三とは陰間茶屋時代の知り合いで・・・、といったところである。

戦の結末は、史実では、上杉謙信がこの戦の結果によって関東平定が困難になったとされていて、北条勢、臼井城勢としてはまずまずのことで、その結果を策した浄三は、旧主・足利義輝に報いるつもりであったのだが・・・、というところで、詳細は本書で。

続きを読む

戦国末期の「忘れられた者たち」はこんなに魅力的だったのか — 蓑輪 諒「くせものの譜」(Gakken)

「御宿勘兵衛」と聞いて、ああ、あの、と応じることができるのは、よほどの歴史通以外いないであろう。本書は、そんな、昔は、真田幸村と並び称された武将であリながら、今では一般人が知ることの少ない、戦国時代末期の武将を主人公に仕立てた戦国物語である。

収録は

第一話 虎跡の人
第二話 知れでもの雪
第三話 野本将軍
第四話 くせものの宴
第五話 荒野へ還るものたちへ

となっていて、「御宿勘兵衛」という、使える主がすべて滅んでいくために「疫神」と呼ばれた武将の半生記である。

彼が使えた、あるいは関わりをもった武将というのが、「武田勝頼」「佐々成政」、「北条氏政・氏直」、「結城秀康」、「豊臣秀頼」といったところで、「厄神」と呼ばれた男にふさわしく、信長・秀吉・家康による天下統一の陰で、隅へ追いやられてしまった者ばかりである。

簡単にレビューすると、

第一話の「虎跡の人」は、武田家滅亡後、依田信蕃という信濃の土豪あがりの武将が、武田家の再興を目論む。彼は、徳川・北条の対立の隙間を縫って、領地を蚕食するが、途上で真田昌幸の策略によって戦死するのだが、その野望が膨らみ、はじけるまでを、ともに戦う御宿勘兵衛の視点から描いたもの。

第二話は、織田信長の部下諸将の中で、信長死後、柴田勝家とともに秀吉に対抗した佐々成政のもとでの話。当方的には、時勢をみずに秀吉に逆らった武将としてのイメージが強かったのだが、本書によって、秀吉という成り上がりで、主家をのっとろうとする人物に対抗する、不器用だが、清廉な武将というイメージの方が勝ってきた。この成政と越中の土豪で、利に聡い久世但馬との対比が面白い。史実としては、佐々成政は秀吉のもとに屈することがわかっているのだが、なんとなく声援を送りたくなりますな。

第三話の「野本将軍」では、勘兵衛の姿はちらほらするだけで、中心となるのは関東の名家で、鎌倉時代には「野本将軍」といわれながら、今はみるかげもなく落ちぶれている、野本家の跡継ぎ、野本右近である。
時代的には豊臣秀吉が柴田勝家ほかの北陸勢を降し、西国すべてを手中にし、次は北条家に向けて小田原討伐が始まるころである。舞台は武州の岩本城で、豊臣勢に攻められる中、裏切り者、内通者の探索が話の主筋。裏切り者がいるという話の出処は、「御宿勘兵衛」、裏切り者と疑われるのが、他所者で最近仕官した「塙団右衛門」なのだが、その真相は、そして勘兵衛の本当の狙いは・・といった感じで展開する。名家の末裔の若武者の悩みと、戦の末に出した結論は本書で確認あれ。

第四話の「くせものの宴」は、御宿勘兵衛が大阪城にいくことになる直接の原因ともなる越前宰相・結城秀康とその松平忠長に使えた時の話。この話では。秀康の右腕でもある本多富正がサブの主人公。時代は、秀吉没し、関ヶ原の戦も終わった後の越前の国が舞台であるが、御宿が尊敬する秀康は若くして没し、その息子・忠長が家を継いだのだが、こんな時のお決まり、家臣の仲がまとまらず、内紛がはじまっているという展開である。史実では「久世騒動」あるいは「越前騒動」といわれるもので、幕府の裁定の場面はこの話でも読みどころで、双方の家臣の思惑とは別の、新しい主君の意図がなんともやりきれない。

第五話は、数々の家を転々としてきた御宿勘兵衛が、その人生の総決算というところの「大阪の陣」に参戦する話。後藤又兵衛や真田幸村との待遇の違いに憤懣を抱えながらも、真田丸を中心とする戦いで徳川軍を脅かし、最後の戦、大阪夏の陣で、単身、松平忠直のいる越前軍に切り込んでいく様子は、さすが歴戦の勇者というところで、賢しらな軍師や能吏の物語では、この辺の爽快感はでませんな。

さて、武田家を再興しようとする依田新蕃、織田家に殉じた佐々成政、理想の家中をつくろうとした結城秀康、あるいは秀吉に逆らった北条家、といった「破れた者」に加勢した「御宿勘兵衛」の物語は、成功物語ではない。」しかも、この物語にでてくる人々はけして最後まで諦める様子を見せないから、「滅びの美学」とは無縁なのだが。それでもやはり判官びいきで「敗者の物語」に寛容な日本人の感性に、妙に訴えるところがある。

勘兵衛だけではない、まともであるにはねじ曲がりすぎた、あの度し難い男たちは、たしかにあの戦乱の中で生きてきた。たとえ誰もが忘れようとも、年譜や歴史に記されずとも、右近たちは、彼らが生きた時代の続きを歩いている。

といった本書の最後のところを引用して、「忘れられていった者たち」「忘れられていく者たち」への手向けといたしましょうか。

【関連記事】

丹羽長秀・長重と江口正吉、丹羽家主従の逆境を跳ね返す大奮戦記 — 蓑輪 諒「うつろ屋軍師」

阿波の「狸」蜂須賀家政は、なかなかの「人物」であります — 蓑輪 諒「殿さま狸」

軍師は身なりで判断してはいけない。とんでもない知恵者かもしれないから。 — 蓑輪 諒 「最低の軍師」

阿波の「狸」蜂須賀家政は、なかなかの「人物」であります — 蓑輪 諒「殿さま狸」(Gakken)

物語の最初の方では、主人公の大事な相棒として登場して、それなりの役割を果たすのだが、どういうわけか物語の進行につれて、すーっと脇役にうつるキャラというのがあって、豊臣秀吉の物語の場合は、蜂須賀小六がその嚆矢であろう。
本書は、その蜂須賀小六の嫡男の蜂須賀家政が秀吉の「黄母衣衆」から頭角を現し、徳川の時代になるや、阿波一国を領するまでの物語である。

構成は

蜂須賀
中原の鹿
鳥無き島
狸と国
いすかの嘴
猿猴が月
狸の国

となっているんだが、残念ながら、当方は城下で阿波踊りを始めた徳島のお殿様といった程度の認識しかなかった。徳島県の皆様、すいません。

家政の辛さは、「蜂須賀小六」という禄の多さ少なさに関係なく、秀吉の蕎麦で重きをなしている「父親」の重さを十二分に認識しているところ、しかも、その「小六」が武功頼み、謀才頼みの人物ではなく

狡兎 死して 走狗 烹らる、という古い言葉かある。猟犬はどれほど必死に働こうと、獲物を狩り尽くせば用がなくなり、飼い主に煮て食べられてしまう。
功臣にとって最も危険なのは、覇道が成就したときである。能力や人望に優れた家臣は、天下をとったのちは政権を脅かす危険要素でしかなく、そのために 粛清 された例は 枚挙 にいとまがない。小六は己の存在が政権内で無用に大きくなることを恐れ、阿波の拝領を拒否したのかもしれない

といった深謀遠慮の人物であるところでもあって、この「父親」を意識しながら、自らの「立ち位置」を明確にしていく作業は、かなり困難であったろうな、とおもわざるをえない。

ただ、そうした作業と、「川の海賊」とも言われる川並衆出身の経済感覚が、

結局、家政に決意をさせたのは勇気でも強さでもない。ただ、より大きな後悔を恐れた臆病さ――自分がここまで引き連れてきた者たちを、切り捨てることのできない弱さが、家政を国主として踏みとどまらせ、困難に立ち向かわせている。

とか

傭兵にせよ、水運にせよ、通行料にせよ、川並衆の根底にあるのは貨幣と流通による経済である。そういう世界から生まれた大名である蜂須賀家政は、ほかの大名が様々な手段で米の取れ高を増やそうとするように、国を富ませる手段として自然に、藍の生産や城下町の発展などを考えついただけに過ぎない。

といった、特有のスタイルを生み、そこが、同じ秀吉恩顧の武将であった石田三成や、関ヶ原の戦で毛利家の覇権成就を策謀するも、吉川や小早川といった身内の離反にあって自滅する、毛利の家臣・堅田弥十郎との違いを生み、さらには、関ヶ原後、家康に散り潰された多くの西軍に与した武将たちとの違いを生んでいったのであろう。そして、その道のりは、鼻っ柱は強いが、己に自信のない若者が

「俺は、この国をもっと豊かにする」
そう言って、家政は呑めもしない酒を盃に注ぎ、一息に喉へ流し込んだ。 「だが、それは償いのためなどではない。ただ、俺は俺のやりたいままに、目指し続けた藍色の国を、築いて、紡いで、守っていくだけだ」
(略)
お前は何者だ。
ふと、耳の奥で懐かしい声がした。  かつては答えることの叶わなかった、自らへの問いかけ。しかしいまの家政は、奇妙なほどに落ち着いた心持ちで、少しも迷うことなく答えることができた。
「俺は阿波の国主、蜂須賀家政だ」

と自分の存在価値と存在位置を明らかにしていく道筋でもある。

さて、戦国モノというと、信長・秀吉・家康といった天下の覇権を築こうとした者たちか、彼らに抗いながら破れていった謙信、信玄、あるいは石田三成といった面々が主人公となることが多くて、その周辺で実は、しっかりと地歩を築いていた人物は主人公とはならないのが通例。ではあるが、当方を含め、多くの人々の人生は、世界の中心地点でがっぷりと組み合っている立場ではなくて、家政のように中心点の周囲で生きているという立場が多いはず。蜂須賀家政の生きようを、きちんとトレースして、自分の視点で捉え直してみてもいいのかもしれんですね。

【関連記事】

丹羽長秀・長重と江口正吉、丹羽家主従の逆境を跳ね返す大奮戦記 — 蓑輪 諒「うつろ屋軍師」

戦国末期の「忘れられた者たち」はこんなに魅力的だったのか — 蓑輪 諒「くせものの譜」

軍師は身なりで判断してはいけない。とんでもない知恵者かもしれないから。 — 蓑輪 諒 「最低の軍師」

丹羽長秀・長重と江口正吉、丹羽家主従の逆境を跳ね返す大奮戦記 — 蓑輪 諒「うつろ屋軍師」(祥伝社文庫)

戦国時代をテーマにした歴史時代小説といえば、その主人公は織田信長や豊臣秀吉あるいは徳川家康と言った天下を統一した綺羅星のような武将か、あるいはその周辺の石田三成や伊達政宗、ちょっと変わったところでは武田信玄、上杉謙信といったところが大抵のパターンで、本書のような丹羽長秀の配下の武将といった例はほとんどない。
当方も、本書を読むまでは、丹羽長秀という織田家中の柴田勝家に次ぐ二番目の席次の武将の名前は知っていたが、戦場働きはもちろんのこと、城郭の建築や大船の建造などの難題を、なんでも仕上げてきた「米のように欠かせぬ男」であったことを初めて知った次第で、汗顔の至りである。
さて、構成は
空論屋(うつろや)
羽と柴
犲の庭
泥濘に住む男
城の路
砕けているものの中の平和
踵鳴る
家の路
 となっていて、丹羽長秀のもとでうつろ屋と言われた「江口正吉」が、主君の丹羽長秀と秀吉の天下取りに協力しつつも、丹羽家が丹羽長重の代になって所領を取り上げられ没落。その後、  に所領を回復するも、関ヶ原の戦で再度没落、と、二度三度の没落劇を乗り越えて、家を再興する道程が、本書のおおまかな流れである。
そのために講じられる策は、個々の戦の際に講じられる策、例えば、本能寺の変の後、織田家の跡目を決める清州会議での、三法師推薦後、退席した秀吉に代わって、柴田勝家を論破する丹羽長秀の篤実な老獪さであったり、関ヶ原の戦の際、徳川軍に寝返った、加賀前田家の大軍を驚かした贋物の「大筒」や、大谷刑部と共謀した、偽りの水軍による金沢襲撃など多種多様な見事さなのであるが、一番推しは、没落の都度、秀吉によって120万石から15万石に大減封されてから、北条攻めなどの功績で封土を増やしていったり、関ヶ原の後始末で改易になってから家を再興するために講じられる策で、このあたりは本書で確認あれ。
ただ、お家再興といっても、忠臣蔵のような湿っぽさはなくて、江口正吉が、そのプランニングがとてつもなく想像力と空想力がありすぎて「空論屋(うつろ屋)」と呼ばれる如く、なんとも明るく、しかもけしてメゲない「再興劇」であるので、一種の爽快感があるのである。
しかも、丹羽長秀の
武力は恐ろしい、政治は恐ろしい。しかし、最後に物事決めるのは天の配剤なのだ
という言葉や、
長秀は秀吉に一片の音もない。むしろ、秀吉の方こそ長秀には返しきれない恩があるはしである。しかし、長秀は「志を汚さぬため。というだけの理由で。己が身も顧みずに救援に行く。
さらに驚くべきことは、長秀のこの言葉を聞いた途端、丹羽家中のだええもが反論をやめたことである。武士と畜生を分かつものはなにか。丹羽の侍は、その答えを一人残らず理解していた。
といったところに象徴されるような「天下を狙わぬ」清々しさがそれを裏打ちしてくれるのである。
さて、丹羽長秀や丹羽長重、いずれも能力はありながら、その欲のなさや時の運に恵まれなかったことで、天下争いから脱落したり、天下人から、封土を減らされたり改易されたり、と、いわば「敗者」の範疇にいれられる武将であろう。ただ、その家臣の、本作の主人公・江口正吉の、幻想を含みつつも壮麗な策略とあいまって、その物語はとても魅力的である。
本当に面白い物語は、勝者ではなくて敗者の中にあるのかもしれんですね。

【関連記事】

阿波の「狸」蜂須賀家政は、なかなかの「人物」であります — 蓑輪 諒「殿さま狸」

戦国末期の「忘れられた者たち」はこんなに魅力的だったのか — 蓑輪 諒「くせものの譜」

軍師は身なりで判断してはいけない。とんでもない知恵者かもしれないから。 — 蓑輪 諒 「最低の軍師」