石持浅海

石持浅海

ハイジャック事件が産んだ安楽椅子探偵は呑み屋で事件の真相を暴く=石持浅海「座間味くんの推理」シリーズ

事件現場に赴くことなく、刑事や関係者から聞き取った話から事件の真相や犯人を解き明かしていく「安楽椅子探偵」ものは、生々しい現場や感情のぶつかり合う人間関係からちょっと距離をおいて、「推理の醍醐味」が味わえる、ミステリーでも定番の分野といえ...
石持浅海

三年前の無理心中が引き起こす「復讐の連鎖」をくいとめろ=石持浅海「鎮憎師」

人の命に関わる事件は、直接の被害者だけではなく、被害者の周辺にいる人たちの「加害者」への憎しみをうみ、さらなる加害を生んで「憎しみの連鎖」がおきてしまうことがあります。そんな「憎しみの連鎖」を鎮めるため、事件の謎解きや鎮魂ではなく、事件の...
石持浅海

氷の名探偵の高校時代と三十路の様子はどんなもの=石持浅海「わたしたちが少女と呼ばれていた頃」・「賛美せよ、と成功は言った」

まっすぐな黒髪で色白の肌、瓜実顔の少し童顔の整った顔立ちで、スタイル抜群。頭脳明晰で、洞察力もあって、事件の裏の真相をすっぱりと見抜くですが、その後の事件の解決や事態の収拾にはまったく興味がない「氷の名探偵」碓氷優佳の、高校時代のエピソー...
石持浅海

「冷静で冷たい」氷の名探偵登場=石持浅海「碓氷優佳」シリーズ 倒叙ミステリ三部作

まっすぐな黒髪で色白の肌、瓜実顔の少し童顔の整った顔立ちで、スタイル抜群。頭脳明晰で、洞察力もあるという東京工大理学部卒の火山学の研究者が、彼女の周辺で起きる事件の謎を、薄皮を剥ぐように推理し、解いていく、倒叙型ミステリーが、石持浅海さん...
石持浅海

呑兵衛たちは「宅飲み」で日常の謎をとく=石持浅海「Rのつく月には気をつけよう」

新型コロナ・ウィルスの感染拡大に伴う外出自粛で飲食店、特に居酒屋系は大変なダメージを受けたわけですが、そのかわり客足というか需要を伸ばしたのが「宅飲み」の世界。UberEatsをはじめとした料理のデリバリーサービスや持ち帰りなども随分と当...
石持浅海

「副業」殺し屋は、殺しのついでにターゲットの日常の謎を解く=石持浅海「殺し屋やってます。」「殺し屋続けてます。」

おそらく世界で一番有名な殺し屋といえば「ゴルゴ13」と思われるのですが、彼の依頼料の相場は「デュークPRESS」さんのサイト情報(「ゴルゴ13の報酬相場?殺し屋の年収?依頼の最高額と最低額は?」)によると2000万円、最高は1京ジンバブエ...
タイトルとURLをコピーしました