リーダー論」カテゴリーアーカイブ

あなたも、新時代のリーダーの資格はある ー ピョートル・F・グジバチ「ニュー・エリート」

「世界一速く結果を出す人はなぜメールを使わないのか」「0秒リーダーシップ」「PLAY WORK」などで、新しい働く環境やスキルについて、幅広く著作をあらわしている、おなじみの「グジバチ」氏による、AIなどの進化で大きく変わっていく現代における「新しいリーダー論」である。

モルガン・スタンレーやGoogleなど最先端の企業で働いてきた筆者の手によるものなので、単なる精神論にとどまらず、具体的なノウハウにまで及んでいるのが、ありきたりの「リーダー本」とはちょっと違うところである。

【構成と注目ポイント】

構成は

第1章 2020年代の「成功者」とは?
第2章 常に学び、自分をアップデートする
第3章 決断は直感で。早く動いて結果を出す
第4章 会議・チーム作りはアウトプットから逆算する
第5章 スプリントのリズムで体調を管理する
第6章 人材をめいっぱい活かす企業のやり方

となっていて、まず、今までのエリート層を「 従来型のオールドエリートは、固定化された「地位」みたいなものでした。」で「 裏を返せば、オールドエリートには成長の余地がないということです。」と、今までのリーダー層に対する否定から始まる。このことは、うすうす、ほとんどの人が気づいていることなんであろうが

ナレッジエコノミーの時代になると、専門性や知恵が求められるようになりました。
ところが、これらも今やアウトソーシングで事足ります。
これからの働き方のステージは、クリエイティブエコノミーです。
そしてこの時代に生き残る人材や企業は、ゼロから新しい価値を生み出す人々であり、彼らに求められるのは、情熱、創造性、率先です

といったことで、ほんの少し前まで言われていた「ナレッジ・マネジメント」もすでに古びたのか・・・、としょんぼりしてしまう人もあるとは思う。

続きを読む

”リーダーシップ”はリーダーだけに必要なわけじゃない ー ピョートル・F・グジバチ「0秒リーダーシップ」

Googleで人材育成や組織開発、リーダーシップ開発といった分野で活躍し、「世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか」や「Google流疲れない働き方」などビジネスの効率化や「働き方」についての著述も多い筆者により、最先端の「リーダーシップ」論が本書。

最近、「リーダーシップ」については、従来の「リーダーが自らの信念・理念に基づいて、部下を強力に引っ張っていく」というスタイルが敬遠されて、部下の自主性や自発性を誘発させることを主眼とする「フォロワーシップ」が注目されているのだが、そもそも、リーダーシップとフォロアーシップを対立概念として考えるのはどうかな?、という気が当方にはしていて、そのあたりも含めて、「新しいリーダーシップの形」について示唆がもらえる内容となっている。

【構成と注目ポイント】

構成は

プロローグ 働き方が変わった
第1章 だれでもリーダーシップ
第2章 イノベーティブシンキング
第3章 プロトタイプシンキング
第4章 デジタルリーダーシップ
第5章 ラーニングアジリティ
第6章 コミュニティリーダーシップ
第7章 コンプレックシティリーダーシップ
第8章 エモーショナルインテリジェンス
第9章 マインドフルリーダーシップ
第10章 リーダーシッププレゼンス

続きを読む

新しい「リーダー」の形を模索する ー 中竹竜二「リーダーシップからフォロワーシップへ ー カリスマリーダー不要の組織づくりとは」(CCCメディアハウス)

「リーダーシップ」という言葉を聞くと、高らかに「目標」を宣言し、矢継ぎ早にチームメンバーに指示している、カリスマ型のリーダーを思い浮かべる人が多いのではなかろうか。書店のビジネス書のところに行くと、そういうリーダーになるにはどうしたらいいのかといったものや、そういうリーダーを希求するもので溢れているといっても過言ではない。

そんな「リーダー像」に対して

トップダウンの命令をただこなすだけの「指示待ち人間」ばかりが増え、リーダーのアイディアが枯渇した途端、組織の成長は停滞する。 「優秀なリーダーを据えているはずなのに、業績が伸びないのはなぜなのか」
多くの経営者たちが壁に突き当たった、というのがこの 10 年で起きていたことではないだろうか

と疑問を投げかけ、新しい「リーダー論」を提案するのが本書『中竹竜二「リーダーシップからフォロワーシップへ ー カリスマリーダー不要の組織づくりとは」(CCCメディアハウス)』である。

【構成は】

第1章 組織論の見直し
 ー組織論の定義と分類
第2章 リーダーのためのリーダーシップ論
 ーリーダーに求められる資質とは
第3章 スタイルの確立
 スタイルの必要性
 スタイル確立の鉄則
 VSSマネジメント
 スタイル確立の罠
 スタイルの強み
第4章 リーダーのためのフォロワーシップ論
 ーフォロワーをいかに育てるか
第5章 フォロワーシップの実践
 ーフィロワ−育成の中竹メソッド
第6章 フォロワーのためのフォロワーシップ論
 ー個人と組織の関係性
第7章 フォロワーが考えるリーダーシップ論
 ーフォロワーによる組織変革
終章 これからの時代のリーダーとは
 優れたコーチの共通項
 私自身の試行と成果、そしてこれから

となっていて、著者・中武竜二氏は、早稲田大学のラグビーチームの監督をしていた人で、名監督・清宮克幸氏の後をうけながら、前任とは違ったスタイルを確立し、学生たちの自主性を高めながら、チームの好成績を誘導した人物である。

続きを読む

日本人女性人事ウーマンのグローバル企業奮闘記 ー 増田弥生・金井壽宏「リーダーは自然体 ー 無理せず、飾らず、ありのまま」

本書の主役・増田弥生さんは、リコーの「ふつうのOL」として庶務や秘書業務をやったあと、海外営業、日米合弁企業の立ち上げと店仕舞、そして、リーバイス、ナイキで「人事」のエキスパートとして業績を上げた、企業社会の勝ち組のウーパーウーマン。
そういう女性と経営学者の金井壽宏の、対談のようなやりとりを収録したのが本書『増田弥生・金井壽宏「リーダーは自然体ー無理せず、飾らず、ありのまま」(光文社新書)』。

【構成は】

第一章 リーダーは自分の中にいる
第二章 新人でも「社長目線」で取り組む
  ーお気楽OLのリーダーシップ入門時代
第三章 どこでも通用するプロになる
  ー転身、専門性を磨いた時代
第四章 自分自身のリーダーシップを磨く
  ー再び渡米、「筋肉」を鍛える旅へ
第五章 グローバル時代のリーダーシップ
第六章 リーダーとしてより良く成長する
終章 リーダーシップのベース:「自己理解」と「自己受容」

となっていて、第二章が国内のリコー時代、第三章がリーバイス、第四章がナイキ時代の回想。第五章からがこれらを踏まえてのリーダーシップ論となっている。

続きを読む

部下に離反されないリーダーになる秘訣は、『ただひたすら「聞く力」』にあり

どんなに優秀なリーダーでも、というか、リーダーの能力が高く、リーダー自体がそれを認識している時、起こりがちなのは「部下の離反」。

それは離職とか明確なものだけでなく、サボタージュも含めていろんな形式で出てくるのが実際である。どうしたら部下に離反されないで仕事を進めることができるのか、というのが能力と実績のあるリーダーが次のステップに進むための試練であるのだが、Presidennt.JPで呉座勇一さんが「なぜ織田信長は次々と裏切られたか」と題して、この問題に参考ににある記事をエントリーされている。

当方的に要点をまとめると

 

・織田信長は「部下の意見をきちんと聞く」リーダーだという認識があり、謀反心を抱いている配下の武将には、謀反の噂が流れると「遠慮なく意見を言え」という趣旨の書簡を送っていた

・だが、信長の峻烈さをよく知っている部下は、その書簡にまともに答えると処分される恐れが抜けきれず本音はいえない状態で、不満が鬱積していくことがよくあった。

・特に信長は自分の才能に自信があったので、部下の不満や意見を聞いても、それを取り入れるとこは少なかった。

・なので、部下には不満が積もる積もって、松永弾正、荒木村重、そして明智光秀の反乱を招くことになった

 

というもの。

 

織田信長といえば、自らの才能を頼みにした「ワンマン」なリーダーというイメージがあったので、部下の意見をや不満を聞くようなことをしていた、とは意外であった。でも、本稿を読むと、その「聞く姿勢」が本気でなかったというか、おざなりなものであったのかも、と思う次第で、このへんが光秀の反乱の原因の一つであったという説には思わず頷かされる。

 

で、こういう戦国の英雄の話だけでなく、部下の意見を聞く姿勢はあるのだが、部下が本心から意見をいってくれない、ということに悩んでいる上司は多いのではなかろうか。戦国の世とは違って寝首をかかれることはないのだが、組織としてのパフォーマンスが落ちるのは間違いない。で、部下がそういう態度をとる原因は「魂胆が透けて見える」というのが一番だろう。不思議なもので、相手のいうことを聞いたことにしよう、というのは結構見抜かれるもので、しかも聞いたことで納得させた、あるいは理解を得た、ということにしよう、という魂胆は如実に察知できるものである。

 

じゃあ、どうすれば、ということなのだが、ここは、技術論は置いといて、阿川佐和子さんの「聞く力」のアドバイス

 

話を聞く。親身になって話を聞く。それは自分の意見を支えようとか、自分でどうにかしてあげようとか。そういう欲を捨てて、ただひたすら「聞く」ことなのです。相手の話の間に入れるのは、「ちゃんと聞いてますよ」という合図。あるいは、「もっと聞きたいですねえ」という促しのサインだけ。そうすれば、人は自ずと、内に秘めた想いが言葉となって出てくるのではないでしょうか(阿川佐和子「聞く力」P149)

 

といったことろではないだろうか。腹に一物あれば、よほどの悪党で無い限り、外に現れてくるもの。まずは虚心で相手に対することが大事なんでありましょうね。