裏切り者をおびきだせ。獅子身中の虫の狙いは何? ー 上田秀人「金の記憶 日雇い浪人生活録7」(時代小説文庫)

前巻で表舞台に登場した「分銅屋」であったが、己と田沼意次との関係を外へ漏らしている「内通者」探しとその黒幕の意図を探るのが本巻の主なところ。

もう一つは、分銅屋を狙った盗賊たちと対決する村越伊勢こと売れっ子芸者の加壽美の勇姿で、なんとも美しい武闘派姿が楽しめます。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 日々の糧
第二章 浪々の記憶
第三章 出世の代償
第四章 身中の虫
第五章 乱麻の始まり

となっていて、田沼意次の御用商人として表にでた分銅屋なのだが、表に出て儲かっている様子が明らかになると、たくさんの盗人もよってくるようで、まずは、左馬之助の昔の知り合いの浪人・津川が接触してくるのが、今巻の戦闘シーンの始まり。

続きを読む

元同心と目付けは密かに罠をはる一方で、分銅屋は表舞台に登場 ー 上田秀人「金の裏表 日雇い浪人生活録6」(時代小説文庫)

今までは田沼意次との関係を秘密にしていた、分銅屋がとうとう表に出始めるのが本巻。そのせいか、分銅屋の前に現れてきそうな敵の姿も札差だけでなく、権威と結びついていそうな商人や、いきずりの盗賊やら、いろんなのを引き寄せるようになってくる。

おそらく、江戸の商家のうちで、一番、盗賊に狙われたり、浪人に襲撃される回数の多い店になっているはずで、おそらくは両替とか金貸しとか、分銅屋の商売に差し支えが出てるんではないでしょうか。

あと、左馬之助の恋模様なのだが、治療中に世話をしてくれたお礼に、お喜代に櫛をプレゼントしようとするのだが、クールビューテーィー忍者の村垣伊勢こと芸者の加壽美も絡んできて、恋愛ものとしても展開が気になる本巻であります。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 追放の日
第二章 執念の影
第三章 血統の力
第四章 用心棒の覚悟
第五章 齟齬の始まり

となっていて、加賀屋の襲撃で怪我をした左馬之助の傷が癒える一方で、分銅屋と左馬之助を執拗に追っていた佐藤猪之助がとうとう同心の役を解かれて、奉行所から追放される、というところからスタート。

続きを読む

札差・加賀屋の猛攻が分銅屋を襲う。左馬之助はどうしのぐ? ー 上田秀人「金の邀撃 日雇い浪人生活録5」(時代小説文庫)

今まで分銅屋にちょっかいを出しても全て失敗してきた加賀屋が、目付けの後ろ盾を得て、本格的に「分銅屋潰し」を行った顛末が描かれるのが本巻。

目付けの牽制で、町奉行所は加賀屋の動きを「見てみぬふり」を決め込む環境のもとで万全の体制で仕掛けを始めるのだが、そういう「政治」の世界とは別物の力と力がぶつかる、バトルシーンがひさびさに用意されています、

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 襲撃の前
第二章 一夜の策
第三章 それぞれの戦
第四章 最後の手立て
第五章 目付けの独立

となっていて、まず第一波は、出入りのならず者の頭・久吉に命じて、ならず者6人を集めての襲撃である。このへんは、「本格的」といいながら、金をケチる加賀屋らしいところで、襲撃の主体は縄張りを奪われた無頼の残党ばかりで、彼らに御庭番が守るところを襲撃させるのは、ちょっと任が重すぎるというものだよね。

続きを読む

目付けの狙いは分銅屋。左馬之助には仕官の罠が・・ ー 上田秀人「金の権能 日雇い浪人生活録4」(時代小説文庫)

田沼意次とともに「米から金」の世界をつくろうとする分銅屋とその用心棒・諫山左馬之助が、反対勢力の札差や目付けたちとがっぷり四つで対決する時代物「日雇い浪人生活録」の第4弾。

度重なる攻撃や買収工作を防いでいる左馬之助ではあるのだが、戦線は拡大する一方となっていくのが本巻である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 監察の思惑
第二章 建前と本音
第三章 動く闇
第四章 対権対金
第五章 反撃の緒

となっていて、前巻で旗本・田野里の家臣殺害を田沼意次がごにょごにょにしてしまったのだが、目付けの目がごまかせるはずもなく、目付けが差し向ける「徒目付」が本格捜査を開始する。かれらの前任の三人の徒目付は御庭番によって倒されているのだから、幕府内の内輪もめの気配があるのだが、上田秀人的時代ものでは、幕府内の部署ごとの対立はお家芸でありますね。

続きを読む

札差の刺客の剣を、左馬之助、鉄扇で防げ ー 上田秀人「金の策謀 日雇い浪人生活録3」(時代小説文庫)

「米から金へ」という大政策がどうなるかもあるのだが、江戸の有力者である「札差」と武士が恐れる「目付け」を敵方に回してしまった両替商・分銅屋と、その用心棒・諫山左馬之助が、彼らの攻撃をどう防戦するか、がひとまず主流となっている「日雇い浪人生活録シリーズ」なのだが、第3弾の「金の策謀」は今まで左馬之助を金で誘惑したり、勘定吟味役を使ったり、と「柔」の戦術を中心に攻めてきた加賀屋が、とうとう「剛」の手段に打って出るのが本巻。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 それぞれの策
第二章 恩と奉公
第三章 伸びる手
第四章 叶わぬ夢
第五章 返された手

となっていて、まずは加賀屋から金を借りている旗本・田野本の家臣・井田とのバトルシーンが最初の山場。この侍、一応剣術の心得はあるようなのだが、「剣豪」とか「使い手」といったものではない。しかし、この程度でも苦戦してしまうのが、左馬之助の「戦闘レベル」のまだまだ低いところなんであるが、この戦闘で「人を倒す」ということの陰惨さを体験したことで、次の段階にレベルアップすることになりますね。

続きを読む

札差と目付けの攻撃が左馬之助たちに忍び寄る ー 上田秀人「金の諍い 日雇い浪人生活録2」(時代小説文庫)

徳川吉宗から徳川家重へ時代が移行する時代、吉宗から「幕政を米から金に変えよ」という遺命を受けた田沼意次を軸にした「金」主導派と「米」主導派の対決を底流に、田沼の町方の主戦力として働く両替商・分銅屋仁左衛門の用心棒として雇われた二代続いての浪人者・諫山左馬之介の悪戦苦闘を描いた「日雇い浪人生活録」シリーズの第2弾が本巻。
札差・加賀屋、目付けたちとの戦いの幕開け、といったところである。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 争う商人
第二章 策の交差
第三章 新たな闇
第四章 地下の戦い
第五章 裏のやりとり

となっていて、「札差との闘争」篇は第二巻で、分銅屋の隣家からでてきた旗本への金の貸付帳を渡せとの要請を断られた札差・加賀屋が、怒り狂って分銅屋への仕返しを企み始めるところからスタート。

続きを読む

家康の”豊臣”を滅ぼす意思強まる。味方が減る中、織部正どうする ー 山田芳裕「へうげもの 20」

前巻までで、加藤清正が柳生の手によって雪隠詰めで殺され、福島正則も病にかかって隠居、さらには徳川方にありながら、豊臣方とも気脈を通じて天下を狙っていた長谷川長安もサウナ風呂で脳卒中で倒れるといった、織部に味方する有力者たちがどんどん表舞台から去っていき、織部の陣営もかなり劣勢になってきている。その劣勢の中、徳川と豊臣の合体を目指すも、あちこちで水がダダ漏れをはじめる気配が濃厚になる慶長17年(1612年)8月から慶長19年6月までが描かれるのが、この『 「へうげもの 20」(モーニングKC)』である。

慶長19年7月には、徳川家康が豊臣家にいちゃもんをつける「方広寺鐘銘事件」がおき、11月には「大阪冬の陣」が起こされているので、織部の念願というか最後の野望が崩れ落ちる前の、太陽が没する寸前、といったところかな。

続きを読む

ナンバーワン花魁の熱い期待に、彦弥はどう応える? ー 今村翔吾「夢胡蝶 羽州ぼろ鳶組6」(祥伝社文庫)

前巻で徳川治斉一橋卿の意をうけた幕閣によって、方角火消のお役免除にされそうになったのだが、田沼意次の機転によってからくも逃れた新庄藩大名火消「ぼろ鳶組」の次の舞台は「吉原」である。

これまでこのシリーズで吉原遊廓の火事の応援に「ぼろ鳶組」がでかけたことはなかったのだが、本書によると、それは吉原火消が定火消や大名火消などの武家火消、町方でつくる四十八組の町火消のどちらにも属さず、遊郭の妓楼で組織する火消し組織で、吉原以外は守らなない、ということもあるのだが、吉原の妓楼が全焼すると郭外で営業できて、しかも税金免除という特典のため、楼主たちが「消火される」ことを好まなかった、という事情にあるようだ。

そんな未踏の地「吉原」でおきる不審火の原因究明をするため、田沼意次の命令によって、松永源吾、寅次郎、彦弥が乗り込んでいくのが今巻である。

吉原の不審火になぜ、田沼意次が乗り出してきたのかっていうのは、単なる防火の面とか、治安の面とかの政治の表の面だけでなく、本音のところは、政治の裏の面、徳川治斉一派との暗闘に原因があるのだが、詳しくは今巻の終わりの方で明らかになる。

続きを読む

人間関係を劇的に変える「マジックワード」を見つけよう ー マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法(すばる舎)

「いつもひと目が気になって気分が落ち込む」「一所懸命気を使っているのに、かえって上から目線で言われる」
などなど、周囲の人に黄を使っているわりに批判されたり、便利使いされたりといったことに悩んで、この環境をなんとかしたいと思っている人は多いはず。


本書はそんな人に向けた「言葉を唱えることによって自分を変える」ノウハウ本である『大嶋信頼「「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法』のマンガ化で、原書のうち、人間関係の処方箋についピックアップしてまとめられている。

続きを読む

大坂の「青物」は日本一。青物問屋が舞台のドタバタ恋愛ドラマが面白い ー 朝井まかて「すかたん」

上方の青物市場の大店を舞台にしたドタバタ恋愛ものが、朝井まかてによる本書『すかたん(講談社文庫)』。

メインキャストは、美濃岩村藩の大阪城代の上屋敷御側用人を務めて夫を亡くした「知里」という実家が江戸の饅頭屋というヒロイン。相手となるのは、大坂の大手の青物問屋・河内屋の若旦那の「清太郎」で、この男、茶屋の支払いが月に百両はくだらないという遊び好きなのだが、「青物」つまり野菜にはとことん入れ込んでいて、母親の実家の庄屋のところへは足繁く通ったりしていて、野菜の知識も半端ない、という設定である。

大坂の食文化というのは、今は「関西人」たちによってかなり地位が上がっているが、江戸時代、特に商家ではそうそう贅沢なものを食していたわけではないらしく

船場あたりの商家の食事というのは、朝はあたたかい、ぬくい御飯に漬物でんねん。で、 さい昼はぬくい御飯に、お菜が何か一品つきます。で、晩は冷飯と漬物で、もう漬物ばっかり 食べてた。そのかわりその漬物と御飯は、なんぼ食べてもかまわなんだんやそうです。 (落語「百年目」)

といったことであったらしく、本書でも

献立はつつましく、一日と十五日には魚の切り身や干物がつくらしいが、あとはお番菜に漬物。おつけと呼ばれる味噌汁ばかりである。

といった具合で至って慎ましやかである(このあたりは高田郁さんの「あきない世傅」でも出てますね)、ただ、魚が稀である分、「野菜」の重要性というのは今以上であったのだろうな、と推測され。青物問屋あるいは青物市場といった舞台は、現代であれば大手商社あるいは証券市場といったところか、と妄想してみる。

続きを読む