「ヨコハマ」の街の洒落た謎の数々を楽しもう ー 大崎梢「横浜エトランゼ」(講談社)

都市にはそれぞれがまとっているイメージというものがあるのだが、この物語の舞台となる「横浜」というところは、「神戸」と並んで名前を聞いただけで「オシャレ」なイメージが立ち上がってくる、というなんとも羨ましい街である。

そんな「横浜」の地を舞台に、「ハマペコ」というタウン誌で、高校卒業までアルバイトをしている女子高生・広川千紗を主人公に、読者から寄せられる「ヨコハマの謎」を解き明かしていく物語が本書『大崎梢「横浜エトランゼ」(講談社)』である。

【収録と注目ポイント】

収録は

「元町ロンリネス」
「山手ラビリンス」
「根岸メモリーズ」
「関内キング」
「馬車道セレナーデ」

となっていて、主人公の千紗が勤めている、タウン誌「ハマペコ」こと「ヨコハマ・ペーパー・コミュニティ」を発行している「横浜タウン社」は、創業38年という歴史を誇る、大手新聞社系列の情報誌出版社である。ここの編集長が、持病のヘルニアが悪化して自宅療養になったため、編集長代理に、千紗の年上の幼馴染「小林善正」が就任したため、人手不足状態になった隙きをついて、千紗がアルバイトとして潜り込んだというところである。彼女には、高校卒業までのお小遣い稼ぎという側面と、編集長代理の善正のことがちょっと行為を抱いているという設定になってますね。

で、話のほうは第一話の「元町ロンリネス」は、「アキヤマ」という洋装店のオーナーマダムに関する話。編集長代理の善正の忘れ物の後始末で、彼女の昔話に付き合うことになったのだが、それは関内にあった百段もある階段の思い出話。彼女は、亡くなったご主人とよく登ったという話をするのだが、その階段は関東大震災のときに崩れている。彼女は昭和一桁の生まれので、その階段を登ったわけはないのだが・・・、という謎解き。けして、マダムはボケているわけではなく、ご主人の昔の恋物語に絡むお話です。

第二話の「山手ラビリンス」は、横浜の「洋館」にまつわる謎とき。編集部に届いた読者のハガキがきっかけで、横浜にある7つの洋館の不思議を解き明かす話。出てくる洋館は「山手111晩館」「山手234館」「ベリック邸」などなどで、横浜の人には既知のことなのかもしれないが、当方のような辺境の民はきいたことにないものばかりですね。まあ、この謎解きには「山手公園」と「山手の公園」という地元民しかわからないことがキーとなるので、それもいたしかたないのかもしれません。

第三話の「根岸メモリーズ」は千紗の同級生の菜々美のおばあさんの話の謎解き。おばあさんの父親の喜助さんは、横浜生まれのくせに、自分は外国生まれだと言っていたらしい。まあ、それは「ミシシッピ」という俗称がつけられたところであった、ということなのだが、そのほかに、彼は自分の妻に、今は入れないが、見晴らしのいいとびきりの場所につれていく、と言ってプロポーズしたらしいのだが、そこは一体どこなのか・・・、という謎解き。居留地らしい「競馬場跡地」がでてくるのが「横浜」っぽいですね。

第四話の「関内キング」は、「ハマペコ」の大支援者である飲食店グループの経営者・寿々川喜一郎の昔話の謎。彼には、若い頃、憧れていた女性がいて、彼女は「私は私のキングを探している」が口癖。皆がその「キング」になりたいものだと思っていたのだが、ある日「私のキングが、私をパリに連れて行ってくれる」と言って、横浜から姿を消してしまう。その言葉に隠された意味を、数十年経過して、すでに老年となった喜一郎が知るのだが・・といった展開です。

最終話の「馬車道セレナーデ」は、千紗の卒業も迫り、しかも編集長の復職もまじかでアルバイトの期限も迫っている。さらに、好意を寄せている善正に前には、彼が以前憧れていた、千紗の従姉妹の恵里香が現れ、といった感じで、彼女が新しい生活へ向かった一歩を踏み出す話です。

【レビュアーから一言】

今はもうなくなってしまったものも含め、横浜の歴史が「謎解き」を通じて感じられる「ご当地ミステリー」なのだが、横浜の「新しさ」と「古さ」が入り混じった魅力を感じさせる仕上がりになってます。中華街とかいった、有名どころは出てこないのですが、都会的な「洒落た」ミステリーとしてお楽しみくださいね。

”江戸小紋を町民の手に”が「五鈴屋」の願い ー 高田郁「あきない世傅 金と銀 7 碧流篇」

大坂・天満の呉服屋・五鈴屋の女衆として奉公に上がった、村の寺子屋師匠の娘・幸が、この大店を引き継いで、女性実業家として成り上がっていくサクセスストーリー「あきない世傅」シリーズの第7弾が『高田郁「あきない世傅 金と銀 7 碧流篇」(時代小説文庫)』。

前巻で女主人では、なにかと商売がしづらい上方を離れて江戸へ店を構えた「幸」であったのだが、江戸店もだんだんと江戸庶民から認知され始め、江戸の上昇気流が吹き始めるのが今巻。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 初空
第二章 針供養
第三章 縁を繋ぐ
第四章 三思九思
第五章 手掛かり
第六章 七夕
第七章 待ち人きたる
第八章 跡目
第九章 寒紅
第十章 それぞれの矜持
第十一章 江戸紫
第十二章 花道

となっていて、まずは、帯結びの教室を「店前現銀売り」で開いたらと助言をしてくれた五鈴屋出入りの指物師・和三郎の姉・お才と彼女の知り合いのおかみさんたちが、「帯結び」の教室にやってくるところからスタート。五鈴屋の名前を広めるために無料で始めたものなのだが、この縁がもとで「江戸小紋」の商売への大きな味方を得ることになるのですが、それはこの巻の後半で。

続きを読む

「つる家」と澪の、その後のほっこりとした物語 ー 高田郁「みをつくし料理帖特別巻 花だより」

上方出身の「下がり眉毛」の女性料理人「澪」が、江戸の小さな料理屋「つる屋」を舞台に、その料理の腕で評判を上げていく「成り上がり」ストーリー「みをつくし料理帖」の後日談が描かれるのが『高田郁 「みをつくし料理帖特別巻 花だより」(時代小説文庫)』。

本編のシリーズで、澪が登龍楼との勝負で考案した「鼈甲珠」のパテントを使って、見事、「あさひ太夫」こと「野江」の身請けをして、大阪へ帰ってから4年後のそれぞれの暮らしと環境の変化が描かれる。

【収録と注目ポイント】

収録は

「花だよりー愛し浅蜊佃煮」
「涼風ありーその名は岡太夫」
「秋燕ー明日の唐汁」
「月の船を漕ぐー病知らず」

となっていて、まず第一話の「花だよりー愛し浅蜊佃煮」は、澪が江戸に出て立派な料理人に成長するまで苦楽をともにした「つる家」の主人・種市の話。彼は最近、化け物稲荷のところで「水原東西」という易者から、「来年の桜をみることはできないだろう」と予言され、がっくりと元気をなくしている。易者なんてのは当たる八卦、当たらぬも八卦とは言うのだが、この水原東西という人物は、大阪で「野江」や「澪」の運命を予言した易者で、よくあたるという評判なので、種市が気落ちするのももっともなところ。

続きを読む

「あさひ太夫」の身請けに澪の繰り出す秘策は? ー 高田郁「みをつくし料理帖 天の梯」

上方出身の「下がり眉毛」の女性料理人「澪」が、江戸の小さな料理屋「つる屋」を舞台に、その料理の腕で評判を上げていく「成り上がり」ストーリー「みをつくし料理帖」の最終巻が『高田郁 「みをつくし料理帖 天の梯」(時代小説文庫)』。

上方から江戸へ出て、料理修行に励んで腕を磨いた「澪」が、念願であった「あさひ太夫」の身請けをすることができるか、澪の知恵が試されるのが本巻です。

【収録と注目ポイント】

収録は

「結び草ー葛尽くし」
「張出大関ー親父泣かせ」
「明日香風ー心許り」
「天の梯ー恋し粟おこし」

となっていて、第一話の「結び草ー葛尽くし」では、澪が「つる家」を出る日が近づく中、彼女がどの道を選ぶのかが焦点です。つる家の面々は、彼女が「一柳」の料理場に入り、柳吾から彼の技をすべて伝授されることが既定路線と思っているのですが、澪が選んだのは、ぼやを出して空き家となっている店を借りて、鼈甲珠の調製と持ち帰りの菜を出す、という道です、どうも、この娘は、あえて厳しい道を選んで突き進んでいく傾向があるようですね。ただ、そういう彼女でなければ、失火で大店が改易となった伊勢屋の美緒を慰める

生姜の効いた湯葉あんのお汁、雲片には戻した木耳のもやし、人参に椎茸、それに生揚げではなく、海老を入れた。清右衛門には悪いが、里の白雪も載せる。胡麻をねっとりするまで摺って、葛を合わせて練り上げた胡麻豆腐には山葵を添えて。

といった「葛尽くし」の料理はつくれないでしょうね。

続きを読む

澪は「鼈甲珠」をあさひ太夫身請けの必殺技に使う ー 高田郁「みをつくし料理帖 美雪晴れ」

上方出身の「下がり眉毛」の女性料理人「澪」が、江戸の小さな料理屋「つる屋」を舞台に、その料理の腕で評判を上げていく「成り上がり」ストーリー「みをつくし料理帖」の第九弾が『高田郁 「みをつくし料理帖 美雪晴れ」(時代小説文庫)』。

前巻まででは、料理番付から滑り落ちたり、と多難なことが続いていたのですが、ようやく澪とつる家に起死回生の「運」が巡ってきたのか、あるいは亡くなった又次の功徳なのか、今までの負け分を一挙に取り戻すチャンスが訪れます。

【収録と注目ポイント】

収録は

「神帰り月ー味わい焼蒲鉾」
「美雪晴れー立春大吉もち」
「華燭ー宝尽くし」
「ひと筋の道ー昔ながら」

となっていて、第一話の「神帰り月ー味わい焼蒲鉾」では、澪が「蒲鉾」の自作に挑戦します。動機は、つる家で出す「入麺」や「とろとろ茶碗蒸し」の入れる蒲鉾が、一枚二百文と高価なため、節約を考えてのこと。ここらあたりは、上方出身の女性らしいところですね。しかし、この自作、天満一兆庵でも外から仕入れていたように簡単にできるものではありません。澪も寒鰆、鮃といろいろな白身の魚を試すのですがうまくいきません。そして最後に出会ったのが

身の丈三尺三寸(約一メートル)、腹は真っ白。背中は苔色のくっきるとした斑模様

という「鱈」です。値段のほうは鮃よりも高価なのですが、

塩を加えて摺り、粘りが出て摺り辛くなるのに耐えて卵白を加え、調味料を入れて、さらに滑らかに仕上げる。・・・摺り鉢の中のすり身はこれまでに比して生臭くはない。擂り鉢を抱えて調理場に戻り、中身を板に塗り付けて、形を整えたら、あまり間を置かずにに蒸篭に入れて蒸し上げる。冷水に取って引き上げれば、ほどよい弾力のある白板の出来上がりだった。

とかなり出来のよさそうな仕上がりになりますね。この話は「仕込み」の風合いが強くて、天満一兆庵の元若旦那・佐平次が、芳のもとを訪ねてくるようになったり、芳が一柳の後添いになった後、つる屋の手伝いをしてくれることになる、「お臼」という女性が店にやってきたり、と次話以降の展開の下拵えの感が強い展開です。

続きを読む

又次の死後、澪は大飛躍のために力を溜める ー 高田郁「みをつくし料理帖 残月」

料理屋「つる屋」を舞台に、その料理の腕で評判を上げていく「成り上がり」ストーリー「みをつくし料理帖」の第八弾が『高田郁 「みをつくし料理帖 残月」(時代小説文庫)』。

【収録と注目ポイント】

収録は

「残月ーかのひとの面影膳」
「彼岸までー慰め海苔巻」
「みくじは吉ー麗し鼈甲珠」
「寒中の麦ー心ゆるす葛湯」

となっていて、まず第一話の「残月ーかのひとの面影膳」では、前巻で翁屋の料理人で「つる屋」の貴重な助っ人「又次」が、吉原の大火事で命を失ったもともとの原因をつくった、蔵前の札差「摂津屋」がつる屋に澪を訪ねてやってきます。彼は又次が澪に何を託したのか、そして「あさひ太夫」の身の上の秘密を知りたくてやってくるのですが、澪の厳しい拒絶によって果たすことができません。まあ、これが後になって良い結果をもたらすのですから、澪の態度も「良し」としましょう。

今話の料理のほうは、上方のほうでは好まれるのに江戸では相手にされない「高野豆腐」をなんとかしたい、という、澪の新たなチャレンジから始まります。

続きを読む

澪は嗅覚喪失の窮地を脱するが、大きな「犠牲」が・・ ー 高田郁 「みをつくし料理帖 夏天の虹」

上方出身の「下がり眉毛」の女性料理人「澪」が、江戸の小さな料理屋「つる屋」を舞台に、その料理の腕で評判を上げていく「成り上がり」ストーリー「みをつくし料理帖」の第七弾が『高田郁 「みをつくし料理帖 夏天の虹」(時代小説文庫)』。

前巻で、今まで江戸城内の御膳奉行を務める旗本と、市中のしがない小料理屋の料理人ということから、恋の成就なんてことは諦めていたものが、武家の養女になることによって添い遂げることができるかもしれない、という望外のことがおきたのだが、さて、澪はこのまま、小松原と一緒になるのか、といったところが描かれるのが本巻。

【収録と注目ポイント】

収録は

「冬の雲雀ー滋味重湯」
「忘れ貝ー牡蠣の宝船」
「一陽来福ー鯛の福探し」
「夏天の虹ー哀し柚べし」

となっていて、まず第一話の「冬の雲雀ー滋味重湯」では、小松原と一緒になる道を選ぶのか、料理人の道を選ぶのかどちらを澪が選んだのか、といったところが読みどころになる。澪の周囲のつる屋の主人や旧主人の芳も、澪が小松原へ嫁ぐために料理人の道を諦めることを納得しているのだが、一人、澪だけが「料理」の道を諦めきれない、といった筋立てですね。

続きを読む

澪に新規出店や旧店の復活、玉の輿の怒涛が押し寄せる ー 高田郁「みをつくし料理帖 心星ひとつ」

上方出身の「下がり眉毛」の女性料理人「澪」が、江戸の小さな料理屋「つる屋」を舞台に、その料理の腕で評判を上げていく「成り上がり」ストーリー「みをつくし料理帖」の第六弾が『高田郁 「みをつくし料理帖 心星ひとつ」(時代小説文庫)』。

前巻までで、火付けといった災難に負けずに元飯田町に「つる屋」を移転後、考案した新作料理や「三方よし」で酒を提供する取り組みなどで常連客を掴んだ「澪」なのだが、世の常として、ここで新店の誘惑とか、天満の旧店の復活とか誘惑話の顛末が描かれる。

【収録と注目ポイント】

収録は

「青葉闇ーしくじり生麩」
「天つ瑞風ー賄い三方よし」
「時ならぬ花ーお手軽割籠」
「心星ひとつーあたり苧環」

となっていて、第一話の「青葉闇ーしくじり生麩」は、あいかわらず新作料理を思案している澪が上方でよく食される生麩の料理を再現しようとする話。江戸では乾燥麩が主流で生麩にはなじみがなく、、生麩そのものから作り出さないといけないのだが、その製法がわからない。思案する澪に常連の坂村堂がアドバイスをする。その話を聞いた小松原は、その製法でつくった麩が店で出さないほうがいいと言うのだが・・・、という展開・澪は、一流中の一流料理店の「一柳」の主人から、料理人の資格に欠ける、と指摘されるのだが・・・という展開。もっとも、話の本筋は、澪の旧主人である「お芳」と再婚したい、とかなり脂ぎった露骨なアプローチをしてくるのだが、それをどう対応したか、という話なのだが、ここは原書で。

続きを読む

澪の料理の腕はますます冴え渡る ー 高田郁 「みをつくし料理帖 小夜しぐれ」

上方出身の「下がり眉毛」の女性料理人「澪」が、江戸の小さな料理屋「つる屋」を舞台に、その料理の腕で評判を上げていく「成り上がり」ストーリー「みをつくし料理帖」の第五弾が『高田郁 「みをつくし料理帖 今小夜しぐれ」(時代小説文庫)』。

前巻では、「あさひ太夫」こと幼馴染・野江の秘密が戯作者によって公表されるのを「蕪料理」で防いだり、宿敵・登龍楼との料理屋番付を争う「寒鰆」対決で凄腕を見せた澪だったのだが、今回も、あさひ太夫のいる楼・翁屋の花見料理や、伊勢屋のお嬢様の婚礼料理に大活躍であります。

【収録と注目ポイント】

収録は

「迷い蟹ー浅蜊の御神酒蒸し」
「夢宵桜ー菜の花尽くし」
「小夜しぐれー寿ぎ膳」
「嘉祥ーひとくち宝珠」

の四話で、第一話の「迷い蟹」はつる家の下足番のふきの弟で、登龍楼へ奉公に上がっている健坊が「つる家」に藪入りしてくるほのぼのとした感じで始まるのだが、本筋は、つる家の亭主種市の離別した女房・お連が訪ねてくるところから。種市がこの「つる家」を開業した理由である愛娘「おつる」がなぜ死んだのかの理由がこの篇で明らかになる。それは、二十年前、種市と暮らしていた「おつる」が実の母親・お連と暮らし始めたことから始まる。彼女は、お連たちの借金のかたに老人の金持ちの妾にされそうになり、自ら命を絶ったというもの、そして、それを企んだ、お連の再婚相手であった絵師の錦吾が落ちぶれているのを発見し、種市は彼を殺そうと迫るのだが・・・、という展開。

続きを読む

澪は、幼馴染の秘密を「蕪料理」で守り抜く ー 高田 郁 「みをつくし料理帖 今朝の春」

奉公していた上方の大店の料理屋「天満一兆庵」のご寮はん・お芳と江戸へ逃れてきた下がり眉毛の女性料理人「澪」が、江戸の小さな料理屋「つる屋」を舞台に、その料理の腕で評判を上げていく「成り上がり」ストーリー「みをつくし料理帖」の第四弾が『高田郁 「みをつくし料理帖 今朝の春」(時代小説文庫)』。

前巻までで、大坂で幼馴染で仲良しだった「野江」の行方もわかり、再建ができた新「つる屋」での商売も、鱧料理での澪の腕の冴えや、彼女の考案した「三方よしの日」などの工夫で人気を回復してきたのだが、それが宿敵・登龍楼との新たな戦いのステージへと誘導するのが今巻。

【収録と注目ポイント】

収録は

「花嫁御寮ーははきぎ飯」
「友待つ雪ー里の白雪」
「寒紅ーひょっとこ温寿司」
「今朝の春ー寒鰆の昆布締め」

の四話となっていて、第一話の「花嫁御寮」は両替商の跡取り娘の美緒お嬢様に大奥ご奉公の話がきて、そのために澪がお嬢様に「包丁扱い」を教えることとなる。ところが、箸より重いものをもったことのないお嬢様ゆえ、料理の腕はからっきしで、「つる家」の中は大騒ぎ。そうこうしているうちに格式の高そうな武家の大奥様っぽい老女が訪ねてきて、「ははきぎ」のことを尋ねるのだが・・・、と二人の「みお」をめぐる勘違いのお話。

「ははきぎ」とはほうき草の古名らしく、これを食べるようにするには

乾燥させ、茹でてから幾度も水に晒して硬い皮を外すのです、皮が外れるまで気が遠くなるほど冷たい水で揉み洗いせねばなりません。そして重しをかけての水抜き。

と、おそろしく手間がかかるらしいのだが、澪はこれを「白いとろろに薄緑の実」の載った飯に仕上げることに成功する。さて、老女の反応と正体は、といった展開。

続きを読む