ミステリー

孤高の検事はあえて「問題判決」の途を選んだ=柚月裕子「検事の信義」

エリートの集まりである検察組織の中で、検事であれば誰もが気にする出世や異動に興味をもたず、「罪はまっとうに裁かれるべき」をモットーに、孤高の捜査と訴追指揮をとる検事「佐方貞人」の活躍を描くシリーズの第4弾が、『柚月裕子「検事の信義」(角川...
ミステリー

孤高の検事・佐方は、有力政治家と検察上層部の妨害をはね返す=柚月裕子「検事の死命」

エリートの集まりである検察組織の中で、検事であれば誰もが気にする出世や異動に興味をもたず、「罪はまっとうに裁かれるべき」をモットーに、孤高の捜査と訴追指揮をとる検事「佐方貞人」の活躍を描くシリーズの第3弾が、『柚月裕子「検事の死命」(角川...
ミステリー

孤高の検事・佐方貞人の米崎検察デビュー=柚月裕子「検事の本懐」

警察から送致された犯罪者の刑事訴追の全権を掌握する検察庁は、正義の砦であるとともに、司法試験に合格した優秀な法曹たちの出世欲と権勢欲の渦巻くところでもあります。そんな中で、出世や異動に興味をもたず、「罪はまっとうに裁かれるべき」をモットー...
ミステリー

痴情殺人の公判をひっくりかえすヤメ検弁護士の目的は?=柚月裕子「最後の証人」

いつもよれよれの背広と寝癖のついた髪と伸びかけた髭という冴えない風貌なのですが、検事時代から「切れ者」と密かに語り伝えられている検察官あがりの刑事事件専門の弁護士・佐方貞人が事件の隠された真相を追う「佐方貞人」シリーズの第一作が本書『柚月...
コミック

トルフィンはヴィンランドに入植。先住民たちと交流し、ヒルドの許しを得る=幸村誠「ヴィンランド・サガ」25・26

11世紀のイングランドからノルウェー・デンマークにかけたヨーロッパ北部で、その猛々しさと強さで巨大な北海勢力圏を築き上げたヴァイキングたちの中で勇名を馳せた父を殺され、その復讐のため、クヌート王の軍に参加するが、仇の死をきっかけに「ヴィン...
コミック

トルフィンはアイスランドに帰還し、ヴィンランド開拓団を募集する=幸村誠「ヴィンランド・サガ」23・24

11世紀のイングランドからノルウェー・デンマークにかけたヨーロッパ北部で、その猛々しさと強さで巨大な北海勢力圏を築き上げたヴァイキングたちの中で勇名を馳せた父を殺され、その復讐のため、クヌート王の軍に参加するが、仇の死をきっかけに「ヴィン...
コミック

ヨーム戦士団の後継を争うバルト海を揺るがす大戦争の結末は?=幸村誠「ヴィンランド・サガ」18〜22

11世紀のイングランドからノルウェー・デンマークにかけたヨーロッパ北部で、その猛々しさと強さで巨大な北海勢力圏を築き上げたヴァイキングたちの中で勇名を馳せた父を殺され、その復讐のため、クヌート王の軍に参加するが、仇の死をきっかけに「ヴィン...
コミック

トルフィンはヴィンランド行の資金稼ぎに出発し、過去に復讐される=幸村誠「ヴィンランド・サガ」15〜17

11世紀のイングランドからノルウェー・デンマークにかけたヨーロッパ北部で、その猛々しさと強さで巨大な北海勢力圏を築き上げたヴァイキングたちの中で勇名を馳せた父を殺され、その復讐のため、クヌート王の軍に参加するが、仇の死をきっかけに「ヴィン...
コミック

農場の争乱はクヌート軍圧勝だが、トルフィンの和平工作が動き出す=幸村誠「ヴィンランド・サガ」12~14

11世紀のイングランドからノルウェー・デンマークにかけたヨーロッパ北部を舞台に、その猛々しさと強さで巨大な北海勢力圏を築き上げたヴァイキングの戦いと、アイスラランド生まれのはぐれ者のヴァイキング「トルフィン」の軌跡を描いたシリーズ『幸村誠...
コミック

トルフィンが農奴生活から「本当の戦士」を目指す中、クヌート王が農場接収に動き出す=幸村誠「ヴィンランド・サガ」9~11

11世紀のイングランドからノルウェー・デンマークにかけたヨーロッパ北部を舞台に、その猛々しさと強さで巨大な北海勢力圏を築き上げたヴァイキングの戦いと、アイスランド生まれのはぐれ者のヴァイキング「トルフィン」の軌跡を描いたシリーズ『幸村誠「...
タイトルとURLをコピーしました