お縫の父母の若い頃の「恋物語」は波乱万丈であった – 西條奈加「大川契り 善人長屋」(新潮文庫)

一人をのぞいて住んでいる住民が、すべて巾着切りやら詐欺やらの手練れであるにもかかわらず、裏家業を隠すために表向きは「善い人」ばかりの「善人長屋」シリーズの第2弾。

もめ事を呼び込んでくるのは、長屋で唯一の善人「加助」で、彼が「善行」によって、長屋の「悪人」たちが巻き込まれて事件を解決していくのも前巻と同じなのだが、主人公の「お妙」の兄、姉であるとか、母親の美貌が呼び込んだ若い頃の事件などが語られるのが、今巻である。

【収録と注目ポイント】

収録は

泥つき大根
弥生鳶
兎にも角にも
子供質
雁金貸し
詫梅
鴛鴦の櫛
大川契り

の8話。

第一話の「泥つき大根」では、お縫の兄の「倫之助」が登場。彼は千鳥屋の一人息子ながら、日本橋の茶問屋・玉木屋に婿入しているのだが、そこの大おかみが、千鳥屋と同じ深川の長屋に住む「石蔵」という信州出身の一緒になりたいと言いだした。その男と大おかみの年の差は25もあり、玉木屋の身代狙いを疑った倫之助が石蔵のことを調べてくれと持ちかける話。
この石蔵の近辺を洗っていくと、当然のように「盗人」に行き当たり、この盗人が玉木屋を狙っているのがわかるのだが、手引きをするはずの石蔵は、恩人に迷惑がかかると言って、江戸を離れようとするのだが・・、といった展開。

続きを読む

箱根を先導する「潤」の邪魔は「木乃美」が許さない ー 佐藤青南「白バイガール 駅伝クライシス」(実業之日本社)

前作「白バイガール」で協力して事件を解決することのできた、島根県出身・ぽっちゃり系の「本田木乃美」とツンデレ系のバイク娘「本田潤」の二人組なのであるが、今回、捜査の中心となるのは「本田木乃美」のほうで、現場の近くにはいるものの、別用務に就いている。
それも、なんと木乃美が白バイ警官を目指した「箱根駅伝」の先導バイクという任務で、八区後半の戸塚から十区六郷橋までの間の先頭ランナーの先導というTVにもバンバン出る「晴れの舞台」である。
今巻は、「木乃美」の心情を気遣いながらも、箱根の先導に挑んでいく「潤」の姿と、憧れの「箱根」を「潤」に託して、暴行殺人事件の捜査に専念する「木乃美」の姿がオーバーラップして展開されていく。

 

【あらすじと注目ポイント】

話のほうは、高校時代の親友に誘われて、彼女の男性友達のマンションで年越しの宿泊をしていた「両角麗奈」という女子大生が、その男性友達たちに襲われかけ、そこを飛び出すのだが、何者かに拉致されるところからスタート。

そして、この出だしから一転して、「潤」が箱根駅伝の先導の白バイメンバーに選ばれて頑張るところとか、年末の夜、鎌倉の七里ヶ浜の駐車場で起きた、数人の男による暴行殺人事件の捜査に、「潤」や「木乃美」の属する交通機動隊のメンバーも駆り出されていくといった展開となっていくのだが、交通機動隊が関係していくのは、その犯人グループらしいのが、暴走族「闘雷舞(トライブ)」のメンバーらしいという設定で、これは、後半のカーチェイス・シーンへつなげる前振りでもありますね。

続きを読む

女性白バイ警官は、明るく、元気に、「謎」を解く ー 佐藤青南「白バイガール」(実業之日本社)

佐藤青南が紡ぎ出してくる物語の女性主人公は、「行動捜査官」シリーズの「楯岡絵麻」や「消防女子」シリーズの「高柳蘭」といった、男勝りではあるが、健気で魅力的な主人公が多いのだが、彼女たちに続いて、またも魅力的な女性主人公を世の中に送り出してくれた。
しかも、二人もである。

今巻は、島根県出身・ぽっちゃり系の「本田木乃美」とツンデレ系のバイク娘「本田潤」の二人の白バイの女性隊員の青春奮闘物語である。

 

【あらすじと注目ポイント】

白バイの女性ポリスというと、箱根駅伝の伴走などでTVでもよく見るのだが、ネットで調べてみると、警視庁の交通機動隊の白バイに女性が始めて配属されたのは2010年であるらしく(警視庁交通機動隊に初の白バイ女性隊員(日テレNEWS24、2010.09.08))、そんなに古い話ではない。
今巻は、そんな警視庁ではなくて神奈川県警の交通機動隊が舞台に展開される物語である。

で、話のほうは、新米白バイ警官の「本田木乃美」が、半泣きになりながら8トントラックの運転手に交通違反切符を切るところからスタートする。なにせ、タレ気味の大きな目でまんまるの顔。さらに中学で身長の伸びが泊まったのだが横幅はある「ぽっちゃり体型」とあって、残念ながら強面系ではなく、違反運転手からなめられてばかりである。もっとも、彼女は人並みはずれた「動体視力」の持ち主というおまけ付きではある。

続きを読む

横浜で起きる「連続火災」に隠された「謎」を解け ー 佐藤青南「灰と話す男 消防女子!!高柳蘭の奮闘」(宝島社)

前作「消防女子」では、男社会の中でのしごきや、酸素ボンベのエア抜き事件などを乗り越えて、父親譲りの「消防魂」を発揮して大型客船火災で大活躍をした主人公・高柳蘭であったが、横浜市湊区内で連続して起きる「火災」の原因究明に乗り出すのが今巻である。

 

【あらすじと注目ポイント】

物語の出だしは、四階建てマンションの家具とかなにもない部屋から火事がおこるシーンからスタートする。この火事で、蘭たちは、部屋に取り残された赤ん坊や、オタクの男などを救出するのだが、その火事の原因をめぐって、警察と消防とがいがみ合うという滑り出しである。

というのも、この湊区管内で二ヶ月内に42回の出動をしているのだが、そのうち、16件が半径1.5キロ圏内に集中し、出火原因すら明らかになっていないからで、放火を疑った警察が「マルツウ」を隔離して尋問を始めたため、同じく原因を調べている消防の方と軋轢が死生じた、という次第。この場面で、今巻の「敵役」として、いい味を出している神奈川県警本部の松永という刑事が登場するのだが、いかにも、といった悪役ヅラで登場するので、しっかり記憶にとどめておきましょう。この時、警察とあらそうのが、現場検証では凄腕の、蘭の父親の同僚・木場で、この人の通称が「灰と話す男」なんですな。
ちなみに「マルツウ」というのは、消防の隠語で「火事の通報者」のことであるらしい。

続きを読む

組織のノウハウを伝えていくには「秘訣」がある ー 「人もチームもすぐ動く ANAの教え方」(KADOKAWA)

「ANAの口ぐせ」で、ビジネス・ノウハウ全般、「ANAの気づかい」ではビジネスや組織を円滑にまわすためのコミュニケーション・ノウハウについて、そのキモのところを惜しげもなく外へ出してくれた、「ANAの〇〇」シリーズであるが、本書は、「教え方」、つまり、先輩や組織に「ナレッジ」として蓄積されるノウハウをいかにして後輩や外の組織に伝えていくか、のノウハウである。

秘訣やコツといったものは、多くの組織で優秀な人ややる気のある人が数人いれば獲得できたり、見つけ出したりといったことが可能なのだが、困難なのは、その「秘訣」や「コツ」をきちんと伝えるシステムをどうつくるか、ということで、この「伝承」がうまくいかなくて、代が替わると衰退してしまう組織は枚挙にいとまがない。本書は、多くの組織の悩みのタネである「教えること」のANA流のノウハウのまとめ本である。

 

 

 【構成と注目ポイント】

構成は

Chapter1 ANAの先輩は、後輩の「サポーター」

Chapter2 ANAの先輩は、思い切って「任せる」

Chapter3 ANAの先輩は、一人を「チーム」で育てる

Chapter4 ANAの先輩は、「褒める、叱る」に心を込める

Ckapter5 ANAの先輩は、自分自身も「教わる」

 となっているのだが、まず注目すべきは

「先輩は、後輩が自律成長するためのサポーターである」これが、ANAの教え方の基本です。私たちの会社においては、先輩は後輩を「動かす」のでもなく「引っ張る」のでもなく、サポートすることに重きをおいています(P6) 

 

続きを読む

特殊清掃の掃除会社に、霊感的特殊能力の女の子が就職すると・・ ー 加藤実秋「モップガール」(小学館文庫)

フリーターで、時代劇フリークの長谷川桃子は、何かの才能とか隠れた能力を見つけるため、いろんな種類のバイトや職業にチャレンジしているのだが、今回就職したのは、東京都内の掃除会社なのだが、その会社、通常のビルやオフィスの清掃のほか、事件現場の掃除も扱う会社であった。
面接に行って即採用となった、桃子は早速、三角関係のもつれから女性が刺されるという
事件の起きたアパートの部屋の清掃につれていかれ・・・、てな感じで始まる、とても変わった「お掃除サスペンス」である。

【収録と注目ポイント】

収録は

「おわりの町」
「赤い衝撃」
「ファンハウス」
「ブラッシュボーイ」

となっていて、メインキャストの「桃子」は心因性の難聴を患っていて、突然、左耳が聞こえなくなるという持病があるのだが、その持病の発症中に、「念」の残された事件現場の清掃にいくと、体に変調をきたしてしまう。だが、その「変調」は、その部屋や場所でおきた「事件」の謎を解く道標にもなっていて・・・、といった感じで話が展開していく。

続きを読む

難しくなる一方の「労働環境」にお悩みの方への福音の書 ー「仕事も人間関係もうまくいく ANAの気づかい 」(KADOKAWA)

前著「ANAの口ぐせ」では、ANAのビジネス・スキル全般について取り上げられていたのだが、今巻は、そのスキルの根幹の一つといっていい「気づかい」についてである。
『現場で、人から人へ受け継がれてきた、いわば「口伝の技術」を初めて公開』ということで、まあ秘伝を「公開」ってな雰囲気であろうか。

【構成と注目ポイント】

構成は

はじめに
Chapter1 「気づかい」は成果に必須のビジネススキル
Chapter2 すべての気づかいは「時間を守ること」から始まる
Chaptre3 「お客様をよく見る」のが接遇の基本
Chapter4 初対面で「すぐに打ち解ける」にはコツがある
Chapter5 気づかいの「マジックフレーズ」で人を動かす
Chapter6 ANA流「上司から部下」への気づかい
Chapter7 気遣いを「チーム」で活かす方法

となっていて、最初に注目したいのは、「はじめに」のところで言われている

チームメンバーとは初対面のこともあるでしょう。
職場によつては、違う企業文化の人たち、違う国の人たちといっしょに仕事をする機会が訪れることもあるかもしれません。
そんなとき重要になるのが、ちょっとした「気づかい」です。
サービス業だけに留まらず、前提を共有していない相手と同じゴールを目指すため、「気づかい一は必須のビジネススキルになりつつあるのです。(P8)

ということで、海外労働者の受け入れが本格的に始まろうという時期に、一番重要なのは、案外にこういうことかもしれないね、と思った次第。

続きを読む

第一線の航空企業のビジネスノウハウは、とても「人間くさい」ものだった ー 「どんな問題も「チーム」で解決する ANAの口ぐせ」(KADOKAWA)

特定の企業の経営のノウハウ、特に社員教育のノウハウについては、その企業の毀誉褒貶や業績の如何によって、評価が乱高下することがよくあるので、ブックレビューでとりあげるのに注意が必要なのである。
ただ、ANAという特定企業名を超えて、安全管理と定時運行とカスタマーサービスといった複数の要素の質の高さが同時に求められる”航空業界”のトップのノウハウが知れるのが本書である。

【構成と注目ポイント】

構成は

はじめに
Chapter1 ANAの社員は、「あれっ、大丈夫?」が口ぐせ
Chapter2 ANAの社員は、いつでもどこでも「雑談」する
Chapter3 ANAの社員は、「失敗」をとことん活かす
Chapter4 ANAの社員は、「好き嫌い」を気にしない
Chapter5 ANAの社員は、「基本」を徹底する
Chapter6 ANAの社員は、自分以外を「お客様」と考える
おわりに 危機だからこそ、成長できる

となっていて、こういう組織論のビジネス書では、ところどころに尖った「理屈」が忍び込んでくることがあるのだが、長い期間に渡って、多くの人によって練り上げられてきたノウハウというのは意外と人間心理に根ざしたところもある。

続きを読む

明治初期の新奇な風情満載の物語 ー 橘沙羅「新聞売りコタツ 横浜特ダネ帖」(時代小説文庫)

横浜が今のような隆盛を極めるきっかけになったのは、幕末の安政五年(1858年)にアメリカと締結された「日米修好通商条約」で開港地とされたことに始まるのだが、それから25年後の明治十六年(1883年)、その横浜を舞台に新聞売りの藤野達吉、自称「コタツ」をメインキャストに展開されるのが本書である。

新聞売りと言っても、特定の会社の新聞を売り歩くわけではなく、「知識階級を対象にして、政治経済を中心として扱う硬派な”大新聞”」と「噂話や読み物をふんだんに載せた、女子供まで楽しめる”小新聞”」を各種取りそろえて売って歩く商売で、新聞が雨後のタケノコのようにでできた、この当時を象徴する仕事でもある。そして、「コタツ」というのは当時人気を博した新聞売りの安藤政五郎、通称「新聞小政」をもじって自分の名前「達吉」の最初の「タツ」を「政」と入れ替えたものであるらしい。

Amazonはこちらから → 新聞売りコタツ 横浜特ダネ帖 (時代小説文庫)

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 アマテラスの嘆く春
第二章 洋火の果つる夏
第三章 天馬の翔る秋
第四章 千層に積もる冬

となっていて、各章ごとに、「コタツ」が惚れてしまうタイプの違う美女が関わる事件を解決していく構成なのだが、本筋は、コタツの妹・お絹が、暴れ馬にはねられて足が不自由になった原因をさぐるというもの。で、キャスト的には、主人公の「辰吉」こと「コタツ」、妹の「お絹」、植木職人をしていた「コタツ」の父親が出入りさせてもらっていたお屋敷の若旦那で、今は新聞の連載小説家をしている小見山といったところがメインである。

まず第一章は、伊勢山のふもとに現れる「按摩」の怪で、伊勢山の崖下までやってきた按摩の笛の音が一瞬にして崖上に移るというもの。さては数年前に殺された「按摩」の亡霊か、という噂の真相を暴くもの。
この章で「コタツ」が惚れ込む美女は「鞠」といって野毛山の材木商のところで女中そしている女性。彼女は弟を西南戦争で亡くしたという過去があり、今でもそれが心のシコリとなって残っている風情である。
そして、「按摩の怪」のほうは、鞠に想いを寄せているらしい、近くの団子屋の耕作と、暴露記事を得意とする新聞記者の富田の乱入により、急展開していく、といった筋立てである。この富田から、妹の事故は、実は明治十年に起きた「瓦斯局事件」というスキャンダルの巻き添えだよ、と教えられ、その真相究明にコタツが乗り出すという仕掛けになっている。

第二章の美女は

優しく垂れた黒目がちの瞳は艷やかに潤み、涙でもこぼれ落ちたかのような泣きぼくろが一つ。ともすれば、婀娜っぽくなるぽってりした唇も、蕾のように小さく可憐だ。丸みを帯びた方も、昼夜帯をしめただけのしなやかな柳腰も、今にもしなだれかかってきそうに見える

といった風情の、ジェームズというアメリカ人に雇われている「お咲」という女性。で、
この娘の雇い主のジェームズが殺され、お咲が犯人として疑われるのだが、コタツが彼女を救うために真犯人探しに乗り出す話。明治六年に解禁されたキリスト教(耶蘇教)の聖書と、アメリカの独立記念日を祝って、横浜の平山で打ち上げられる「昼花火」といった、文明開化の中心地であった「横浜」を主張するものが謎解きのヒントになってますね。

第三章は、貿易商から埋め立て事業に転じ、今は横浜の名士となっている粕谷の持ち馬・ムサシ号と・文乃に関する事件。話の主筋は、このムサシ号が競馬大会のさなかに逃亡し、暴れ馬となって、市中を走り回るという騒ぎを引き起こす。怒り狂った粕谷は、ムサシ号を処分しようとするが、「文乃」を大反対。文乃のムサシ号への想いを叶えて、彼女に気に入られようと、「コタツ」が人肌脱ぐが・・・、といった展開。
このムサシ号が暴れ馬になった状況が、コタツの妹・絹が暴れ馬にはねられた状況とよく似ていて、2つの事件の共通の犯人がこの章で明らかになるのだが、真相はもっと大きな疑惑に結びついているようで、といった感じで第四章に続いていく。

ちなみに文乃さんは「ほっそりとした卵型の輪郭に楚々とした目鼻が収まっており、裾に紅葉を散らした上品な衣がよく似合っている」という風情である、

最終章の第四章の主となる事件は、前話の粕谷や英国軍人がからむ疑獄事件の証拠になりそうなものを、ひょんな経緯から辰吉が手に入れてしまったことが原因なのか、お絹の行方がわからなくなってしまう、というもの。お絹は粕谷たちに誘拐されたと思い込み、スキャンダル記事専門の記者・富田や、旧主の若旦那・小見山にまで協力を仰いで、疑獄事件の真相にたどり着いたのはいいのだが、お絹が暴れ馬にはねられた事件の真相にまでたどり着いてしまう。その真相は、辰吉が今まで信じていた人の裏の姿にかかわるもので・・・、というもの。
最後のところで、文乃の嫁入りが決まり、お絹が小見山へ抱いている本音とか、いろんなことが明らかになるのだが、そこは原書で確認してください。

【レビュアーから一言】

明治初期の物語というのは、今までの幕政時代の江戸の景色ががらっと変わって、懐かしいものが壊れた感じを漂わせるととともに、新奇なものがあふれかえる生きの良さを同時に味わえるものが多い。しかも、本作は、東京を舞台ではなく、むしろ東京より新しい時代の先端をいっていたといっていい「横浜」を舞台にしているので、その「明治」っぽさも半端でなく味わえる。

幕末や戦国モノもいいのだが、それらの時代とはちょっと異なる「危うさ」を持った明治初期の雰囲気を楽しめる一冊でありますね。

「ひより」と警察OBのおじさん軍団、テロリストの爆弾犯と対決 ー 加藤実秋「メゾン・ド・ポリス3 退職刑事とテロリスト」(角川文庫)

「メゾン・ド・ポリス」というシェアハウスで共同生活を送っている、「夏目惣一郎」をはじめとする警察官OBたちの全面的なバックアップのもと、女性新米刑事の「牧野ひより」が、難事件を解決していく「メゾン・ド・ポリス」シリーズの第3弾。

第2弾までで、行方不明となっていた父親との再開を果たし、父親が姿を隠さなければならなくなっていた原因もなんとか除去したところで、大手を振って刑事として頑張っていこうとする「ひより」なのだが、今回、捜査に当たるチームの一人が、定年間際の、女性警察官を一人前に扱わない「全時代的」な人物で・・、といった展開の長編仕立ての今巻である。

【あらすじと注目ポイント】

今巻の事件のスタートは、高校生が、デート中の公園で不審なバッグを発見するところからスタート。中を開けると

プラスチック製の白く小さな長方形の物体。中央に横長の液晶画面があり、黒い数字が表示されている。
(略)
白い物体の下には、直径三センチ、長さ十五センチほどの茶色い紙の筒があった。筒は全部で五、六本あり、上下の端を黒い粘着テープで束ねられたいた。筒の口も同じテープで封をされていて、白い物体の上からは赤と青の細いコードが延びている

といった様子の「爆弾」が仕掛けられている、という設定なのだが、警察がかけつけて調べると、紙筒の中は空で、火薬は入っていない、という設定。

なんて人騒がせなと思っていると、どうやら類似の「偽・爆弾」が銀座の映画館や、八王子の大学キャンパスでもおきているらしい。さらに、新宿のデパートでも偽・爆弾騒ぎが起き、今回は小さなパニックが起きてけが人が出たため、イタズラときめつけて積極的な捜査をしなかった警察に批判が高まっていく。

続きを読む