歴史

新九郎、奔る

新九郎は京都へ帰還し、今川家相続の逆転打を模索する=ゆうきまさみ「新九郎奔る!」10

戦国時代の「下剋上」の典型として、堀越公方足利政知の息子・茶々丸を攻め滅ぼして「伊豆」を我が物にしたのを皮切りに、関東管領の上杉氏の家臣から小田原城を奪い取り、その後、相模国を領土とし、戦国大名の魁といわれる「北条早雲」の若き頃の姿を描く...
センゴク

信長・秀吉とともに駆け抜けたセンゴクの物語、ここに完結=宮下英樹「センゴク権兵衛」27

美濃・斎藤家の落ち武者から国持大名にまで出世したのに、自らの突出によって島津との戦に敗戦して改易。一家離散のどん底から再び国持大名まで出世。さらには徳川二代将軍のときには「秀忠付」に任命されるなど徳川幕府の重鎮となった「仙石久秀」のジェッ...
歴史

地動説は天才少女ヨレンタから流浪の女性ドゥラカへと繋がれる=魚豊「チ。ー地球の運動について」6・7

地球がまだ宇宙の中心で、太陽をはじめ天空の星が地球を中心に回転していることが「定説」であるとともに「神の教え」であったころ、天体の観測結果と「異端」の人々が遺した記録から「地動説」に憑かれ、迫害を受けながらそれを受け継いでいった人々の姿を...
中国史

王欣太「達人伝」30・31=荘丹たち連合軍は秦軍を撃破し、首都・咸陽を目指す

二百年続いた中国戦国時代の晩期。西方の強国・秦が周辺諸国に強大な力を背景に強圧をかけつつあるが、他の五国にまだ、秦の強権的なやり方に反抗する力の残っていた時代に、荘子の孫「荘丹」、伝説の料理人・包丁の甥「丁烹」、周の貴族出身ながらある事情...
ちるらん

「ちるらん 新撰組鎮魂歌」=土方歳三は榎本武揚とともに「蝦夷共和国」建国を目指す

薩長勢力に抗って、幕末京都の治安を守った「新選組」の副長・土方歳三をメインキャストに、幕末の京都から戊辰戦争・箱館戦争へと続く内戦と激動の時代を「ヤンキー漫画」テイストで描く「橋本エイジ・梅村真也「ちるらん 新撰組鎮魂歌」シリーズの32弾...
歴史

「ローズ・ベルタン 傾国の仕立て屋」6=ベルタンはアントワネットに出会い、ベルサイユ進出

フランス革命期に、ルイ16世の王妃・マリーアントワネットのモード商を務め、40年間にわたってフランス宮廷、すなわちフランスのファッションをリードした平民出身の女性ファッションデザイナーの元祖「ローズ・ベルタン」の成り上がり物語を描く『磯見...
キングダム

「キングダム 64」=桓騎は奇策で趙将・扈輒を討ち、趙兵を大虐殺する

中国の春秋戦国時代の末期、戦国七雄と呼ばれる七カ国同士の攻防が続く中、中華統一を目指す秦王「嬴政」と、戦争孤児の下僕から、天下一の大将軍を目指す「信」が、ともにその夢の実現を目指していく歴史大スペクタクル「キングダム」シリーズ第64弾を総...
卑弥呼

「卑弥呼 真説邪馬台国」=ヤノハは出雲の事代主と手を結び、日下のモモソ姫との対決を決断

古代史最大の謎「邪馬台国」を舞台に、日向の巫女の娘が、権謀術数の限りを尽くして、生き残り、女王として成り上がっていく漫画版・卑弥呼物語『リチャード・ウー・中村真理子「卑弥呼ー真説・邪馬台国」』シリーズの第9弾。 前巻でチカラオと交接...
信長のシェフ

梶川卓郎「信長のシェフ」31=織田vs武田の最終戦争勃発。ケンは信忠の命で松姫のもとへ向かう

現代からタイムスリップをしたフレンチのシェフが、織田信長の専属料理人となった上に、彼の命を受けて信長の前に立ちはだかる様々な難題を「料理」によって解決していく『梶川卓郎「信長のシェフ」(芳文社コミックス)』シリーズの第31巻。 前巻...
新九郎、奔る

「新九郎奔る!」9=今川義忠死後の駿河の混乱収拾を巡り、新九郎は太田道灌と対決する

戦国時代の「下剋上」の典型として、堀越公方足利政知の息子・茶々丸を攻め滅ぼして「伊豆」を我が物にしたのを皮切りに、関東管領の上杉氏の家臣から小田原城を奪い取り、その後、相模国を領土とし、戦国大名の魁といわれる「北条早雲」の若き頃の姿を描く...
タイトルとURLをコピーしました