伊東潤

伊東潤

戦国時代の「始まり」を告げる男の物語 ー 伊東潤「黎明に起つ」

一説には、一介の素浪人でありながら(最近の研究では、足利幕府の申次衆ということらしいので結構、エライさんですね)、幼い今川氏親を助けて駿河国を相続させ、自らは伊豆から相模までを支配下に治め、下剋上の典型とされている「北条早雲」の生涯を描く...
伊東潤

「野望」に憑かれた男たちの物語 — 伊東 潤「王になろうとした男」(文春文庫)

「英雄」というものは遠目から見ている分には、燭光のように輝いて、あたり照らしているように見えるのだが、近くにいればいるほど、その熱量の強さに耐えきれなくなるものであるような気がしていて、その強さは英雄度の高さに比例していると思っている...
伊東潤

巨木が倒れる時、周辺の草花は — 伊東 潤「戦国鬼譚 惨」(講談社文庫)

戦国ものの小説やドラマ、はては歴史講座などは、どうしても景気のよい勝者の立場からのものが多いのだが、その際、敗者となった者は、ことさらに無能力や傲慢を指弾されたりするもの。特に、織田、豊臣。徳川といった戦国の代ヒーローたちに攻め滅ぼされ...
伊東潤

敗れた者の物語再び —  伊東 潤「城を噛ませた男」(光文社)

先だっての、”敗れた者”の物語の続編というべきのなのが本書で、時代背景は戦国末期の天下統一の頃。というのも、「敗れた者」の物語に心惹かせるには、強大で、しかも狡猾な敵方の奸計に落ちたり、あるいは奸計に落ちつつあると知りつ...
伊東潤

たまには「敗れた者」の物語を — 伊東 潤「国を蹴った男」(講談社文庫)

大河ドラマの「真田丸」がまずまずの滑り出しのよう。やはり大河は戦国モノ、しかも難しい理屈は置いといて成り上がりストーリーか強い敵に対応するストーリーでないといかんよな、と単純な歴史ドラマ好きは思う次第。 そうした単純な歴史ドラ...
タイトルとURLをコピーしました