成田名璃子」カテゴリーアーカイブ

手を掴めなかった苦い思いが、次のステップへの道標だ ー 成田名璃子「東京すみっこごはん 楓の味噌汁」(光文社文庫)

東京の私鉄駅沿線にある昔ながらの商店街のはしっこにある共同台所を舞台に繰り広げられる人情ものがたりの「東京すみっこごはん」シリーズの第四弾である。
再開発による閉鎖の危機も乗り越え、このすみっこごはんを守ってきた「柿本」と楓の母との思い出も前巻までで確認し、人情物語もほっこり度を増してきたのだが、今巻はちょっと「苦いもの」を後味に残す物語群である。

【収録とあらすじ】

収録は
「やすらぎのクリームコロッケ」
「SUKIYAKI」
「楓の味噌汁」
の三編。

まず、第一話の「やすらぎのクリームコロッケ」は、地方から出てきて、派遣社員をしながら、読者モデルをしている「瑠衣」という三十代の女性が主人公。都会に憧れて田舎を出、読者モデルという、華やかっぽい世界に身を置くために、生活をきりつめながら精一杯背伸びをすつ彼女の姿は、なんとも哀しく、彼女の心の中の空虚さにおもわずウルウルしてしまいますね。

すみっこごはんで、楓たち常連メンバーと共同調理を続ける中

私もたまらず「はっふぃ」と言いながら、くりーむころけのクリームが衣の中からとろけ出てくる口福に身を委ねた。どんな承認ボタンも押さなくていい。つくった相手は目の前にいて、皆の表情を見て満足気にしているし、私達もまた無言のナイスを言葉でもボタンでもなく、食べるという行為だけで伝えられるという確信があった。

といった感じで、すみっこごはんの新常連メンバーか、という期待もあったのだが、楓の境遇を誤解して、再び虚構に世界に帰っていくのが寂しいですね。

最後のほうで、すみっこごはんの2階の雨漏りがひどくなり、修理のため、2階に上がった楓たちは新しいノートを発見するのだが・・・、といったところの結末は原書で確認してください。

続きを読む

楓の強さと健気さにあらためて感心いたしました ー 成田名璃子「東京すみっこごはんー親子丼に愛を込めて」(光文社文庫)

駅前の再開発騒動で、常連メンバーに中に亀裂が入りそうであった、第二巻の危機を乗り越えてどうにか順調な運営が保たれ始めた「すみっこごはん」。
今巻もいつもと変わらない「人情噺」が展開されていくのだが、奈央と一斗の結婚がそろそろ決着か、というところと、楓が再びいじめにあっているというのが、今巻の心配の種である。
 

【収録は】

 
「念のための酢豚」
「マイ・ファースト鱚」
「明日のためのおにぎり」
「親子丼に愛を込めて」
 
の四編で、「明日のためのおにぎり」のところで、ボクシングジム経営者で人相の悪い「柿本」の口から、再開発は頓挫しそうだ、ということが明らかにされるので、先にネタバレしておく。
 
 
 

続きを読む

”すみっこごはん”の存続の危機を跳ね返せ ー 成田名璃子「東京すみっこごはんー雷親父とオムライス」(光文社文庫)

都会の片隅にある”共同台所”の「すみっこごはん」を舞台にした現代版人情噺の第二弾。
早逝した母から娘に託された「レシピノート」を伝えるために守られてきたことが、前作で明らかになった「すみっこごはん」なのだが、近くの駅の再開発が始まり、「すみっこごはん」の敷地もその範囲内に含まれることになり、存続の危機に立たされるのが今巻である。
 

【収録は】

 
「本物の唐揚げみたいに」
「失われた筑前煮を求めて」
「雷親父とオムライス」
「ミートローフへの招待状」
 
となっていて、楓、奈央、柿本、丸山といったレギュラーメンバーのキャラも落ち着いてきたところで、単話ごとに新たな参加者を迎えながらの人情噺が展開されていく。
 

続きを読む

都会の片隅の「ほっこり」とする”共同台所”の物語 ー 成田名璃子「東京すみっこごはん」(光文社文庫)

都会の路地の奥のほうに

一 一ヶ月ごとに更新の会員制とします
(略)
四 くじであたりを引いた人が、その日の料理当番です
五 当番は、レシピノートから好きなメニューを選んでつくりましょう
  その時、なるべきレシピ通りにつくってください。必ず野菜を入れること
(略)
八 たとえ出来たお料理がまずくても、文句を言わないで食べましょう
九 食べ終わった食器は、ちゃんと自分で洗いましょう
十 店の奥の椅子は永久予約席です。足りない時以外は動かさないようにしましょう

というルールが決められている「共同台所 すみっこごはん ※素人がつくるので、まずい時もあります」という張り紙がされている、古びた一軒家がある。
ここは、会員が集まって、その日の当番が夕食を自炊して、皆でそれを食べる、という不思議な場所。そんな「すみっこごはん」を舞台にした、現代都市の”すみっこ”の人情物語である。

【収録は】

「いい味だしてる女の子」
「婚活ハンバーグ」
「団欒の肉じゃが」
「アラ還おやじのパスタ」
「楓のレシピノート」

の五編の短編仕立て。「会員制」とはいっても、その日食事をする人数の調整さえつけば、その場で入会OKという、ゆるゆるの会員制なので、メンバーはかなり無造作に追加されていくのだが、今巻の主な登場メンバーは、女子高校生の「楓」、彼女の幼馴染「純也」、大手企業のアラサーのOL「奈央」ちゃん、板前の「金子」さん、主婦の「田上」さん、ミュージシャンの「一斗」くん、区役所の公務員の「丸山」さん、ごま塩頭の人相の悪い「渋柿」こと「柿本」さんといった面々である。

続きを読む