サイコパス」タグアーカイブ

ハロウィンに現れたコアラ・マスクの殺人狂を追い詰めろ ー 佐藤青南「ハロウィンの花 犯罪心理分析班 八木小春」

警視庁捜査一課の新米女性刑事・八木小春を主人公にして、ASD傾向の警視庁科学捜査研究所所属のプロファイラー・土岐田秀一、サイコパスの警察庁公安部所属の捜査官・塚本拓海、コンピュータを使った情報収集・分析を担当するハッカー・エイジ、小春の先輩刑事・間柴という一癖も二癖もある警視庁プロファイリングチームの活躍を描く、「犯罪心理分析班 八木小春」シリーズの第三弾が、『佐藤青南「ハロウィンの花 犯罪心理分析班 八木小春」(富士見L文庫)』。

【あらすじと注目ポイント】

今回の事件は、ハロウィンの夜の渋谷のスクランブル交差点で、群馬からこのイベントを目当てにやってきた女性が殺される、というもの。犯人と思われる人物は、ラテックス製のコアラのマスクで顔を隠しての犯行なのだが、たくさんの人出の中で、その女性を「13箇所」も刺して殺すという残虐性で、まさに「シリアル・キラー」の犯行間違いなし、という事件で、ここは「プロファイリングチーム」の出番となるはずなのだが、そこは警視庁の反対派が邪魔をして、操作情報すら届かない・・・、といったスタートである。

まあ、ここらは捜査本部の内通者というか協力者の間柴刑事が、操捜査情報とかも持ち込んできて、土岐田チームが捜査活動を開始、という前巻と同じような動きなのだが、ちょっと違うのは、前巻で土岐田たちと顔見知りになっている間柴が、プロファイリングチームの秘密のラボに頻繁に出入りするようになったこと。さらには、チームのメンバー・エイジも、違法捜査の様子を、間柴に隠そうともしなくなっていて、チームの秘密がバレバレになってしまうのでは、と心配になる筋立てである。

続きを読む

異色のプロファイリングチームが爆弾魔を追い詰める ー 佐藤青南「アイアンウルフの箱」

ASDの傾向があってコミュニケーション能力のほとんどない警視庁科学捜査研究所所属のプロファイラー・土岐田秀一と、サイコパスの警察庁公安部所属の捜査官・塚本拓海、コンピュータを使った情報収集・分析を担当するハッカー・エイジ、彼らの暴走を止めたり、コミュニケーション能力皆無の土岐田のサポート役の通常人の新米刑事・八木小春の4人のC-Masメンバーぬ加え、今巻きでは小春の先輩・間柴も応援に加わっての、警視庁プロファイリングチームの活躍を描く。「犯罪心理分析班 八木小春」シリーズの第2弾が『佐藤青南「アイアンウルフの箱 犯罪心理分析班 八木小春」(富士見L文庫)』。

前巻の最後のほうで、このプロファイリングチームC-Masも正式なチームに昇格したのだが、警察内部での扱いは以前と変わらない「ハズレ者」扱いなんであるが、そのハズレ者が、本命の捜査本部以上の働きに感じる爽快感は相変わらずスカッとしますね。

【あらすじと注目ポイント】

話のほうは、まず土岐田が捜査の相手方を激怒させるところから始まっていて、今回の相手は国会議員の南牟礼。ただ、その国会議員もちゃんとした人物ではなくて、与党所属ながら、女性蔑視や差別発言で世間から批判にさらされても全く反省せず、おまけに権力を傘に来ての威張り放題、という人物である。
そんな彼の地元事務所に爆弾が送りつけられてきて爆発し、男性秘書が一人重傷を負った、というのが今回の連続爆弾魔事件の最初の事件。

続きを読む

サイコパスとASDのプロファイリングチームの捜査の凄さを実感せよ ー 佐藤青南「オイディプスの檻」

オイディプスの檻 犯罪心理分析班 (富士見L文庫)

警察の科学捜査にプロファイリングを本格導入するためのネックとなっていたサンプル不足を補うため、警視庁の女子高生失踪事件の捜査本部に特別参加することになった科捜研の研究員・土岐田秀一と、彼の専属とされた新米刑事の八木小春のコンビが、プロファイリングの捜査手法を使って、警察本体が持て余す難事件を解決していく「犯罪心理分析班」シリーズの第一弾が『佐藤青南「オイディプスの檻 犯罪心理分析班 八木小春」(富士見L文庫)』である。

本巻は、初陣とあって二巻以降、土岐田と八木が活動することになる警察プロファイリングチーム「C-Mas」が正式組織となる前の創設期の話である。

【あらすじと注目ポイント】

話はまず、高級住宅街で失踪した女子高生の捜査で、このシリーズの主人公コンビ・土岐田と八木が聞き込みにまわった類似の失踪事件の被害者・高田美穂の父親から包丁を持って追いかけられるところからスタート。なにせ、娘の無事を願う父親が「もう一度、娘と話をさせてくれ」というのに対し、「無理です。おそらく娘さんは、とうに死んでます」と藁にでもすがる気持ちをぶち壊すのだから、当たり前といえば当たり前の成り行きである。

このあたりをみてもわかるように、土岐田は人の感情とかが全く推し量れない性向の持ち主で、プロファイラーとしては一流だが人とのコミュニケーションはからっきしダメというASD。さらにプロファイリングを捜査に取り入れるといっても、現場は全くその気はなく、土岐田はお客様状態で情報の入れる気がない、というのであるから、彼のサポートのつけられた八木小春の苦労も並大抵ではない。そして、土岐田が一緒に捜査するメンバーとして組むのが、公安部の塚本拓海、ハッカーのエイジという二人なのだが、この二人が典型的なサイコパスという設定である。

続きを読む