タグ別アーカイブ: 公家武者

豊臣家の残党との最後の決戦。信平は幕府と家族を守れるか? — 佐々木裕一「公家武者 松平信平 16 暁の火花」(二見時代小説文庫)

第一シリーズ最強の敵「神宮寺 翔」と雌雄を決するのが本巻。
舞台は、九州の黒田藩の支藩である筑前朝倉藩を第一の舞台にしながら、江戸での最終決戦を迎える。
収録は
第一話 渡月橋の白鷺
第二話 竹林の風
第三話 獄門島の闇
第四話 暁の火花
となっているが、前巻に同じで、この一冊で一話仕立てとなっている。
発端は、第一話で、黒田藩の支藩である筑前朝倉藩の藩主・黒田長章が参勤交代の途上で、神宮寺翔の配下・宗之介に襲われるところから始まる。
襲われた後、朝倉藩主・黒田長章は京屋敷に篭りっきり。調べるうちに、神宮寺の謀みで、朝倉藩は、密造した鉄砲を携えて、二条城を攻め取ることを強制される。そして、神宮寺の陰に、さらなる黒幕がいる気配で・・、といった感じで進行するのがこの巻。
まあ、単純には朝倉藩の藩主の救出であるとか、新型鉄砲の密造血である播磨沖の流刑の島での幕府勢と神宮寺勢との戦争、さらには神宮寺一派に松姫と福千代が襲われたり、まあ第一シリーズ最終巻らしく、日本各地を股にかけた大乱闘である。
最後のところは、信平の師匠・道謙によって黒幕が暴かれたり、道謙によって再度修行された信平が、松姫を攫った神宮寺と最後の闘いを繰り広げるなど、活劇要素十分である。
最後のところは「正義は勝つ」のが時代小説の大方の定番であるので、安心して悪役との大バトルを、安心して楽しめるのが良いところ。
ただまあ、こうしたお話の中でも、豊臣家の残党というのは、同情をかいつつも結局は、悪役で幕府側にやられるのがちょっと切ない。「勝てば官軍」は真理としても、一律に「負けたら賊軍」はちょっと悲しいですな。

呪術の犠牲となった美少女は救われなければならない — 佐々木裕一「公家武者 松平信平 15 魔眼の光」(二見時代小説文庫)

幕府転覆を狙う豊臣秀吉の側近の末裔「神宮寺 翔」一派と、」家綱から、彼らの掃討を命じられた「信平」公との闘いがいよいよ火蓋が切られるのが本書。前巻までは、信平の実力を評価していなかった「神宮寺 翔」が本当の敵と認識し始め、いよいよ戦闘は本格化する。
 
収録は
 
第一話 弓の佐那
第二話 魔眼の光
第三話 伊次(これつぐ)の願い
第四話 復讐の炎
 
となっていて、前巻で、借金のかたに、領内の鉄山の支配権を渡した備後・布田藩が舞台。ここで、鉄砲の密造を行っているわけだが、この巻の、キーマンは、弓の名手で冷酷な美少女「佐那」。百発百中の弓の腕もあることながら、敵と思う相手の命を容赦なく奪うという殺人マシンのような存在で、この鉄砲の密造の秘密を守っているという設定。
 
幕府も手をこまねいているわけではなく、隠密を潜伏させるのだが。全て消息を断ってしまう(佐那と神宮寺一派が始末するんだよね)。なんとか内情を調べたいが、外様大名の所領内の捜査は、真正面からはムリ。そこで、布田藩の近くに所領をもつ旗本・玉野伊次に国帰りを命じ、その途中で布田藩内に一泊する、その一行の中に信平とその家臣が紛れ込んで領内に潜入するという段取りである。
 
もちろん、そう上手くはいかなくて、布田藩を牛耳る国家老の大木と神宮寺一派の知るところとなって、信平とその家臣はあわや、というのがお決まりなのだが、ここで、この巻の決め手となる変化球は、布田藩潜入の踏み台となった、玉野伊次という殿様。
この殿様、臆病者で知られ、血をみると卒倒する類で、おまけに武術より「妖かし」や「陰陽道」の書物が大好きという、武士としては使い物にならない類。これが、なんと「弓の佐那」にかけられた呪術を見抜き、佐那を救うきっかけとなるのだから、誰がどんなところで役に立つかは世の中わからないという典型的な事例か。
 
さて、今回の布田藩の事件はなんとか解決したものの、神宮寺一派が滅んだわけではない。舞台は九州に移って、第一シリーズ最後の決戦がありそうですな。
 
それにしても、徳川幕府ってのは、浪人数百人+数百丁の鉄砲で瓦解するほど柔いものだったのかな、と思わないではないのだが、その辺、識者の方どう判断されますかな。

豊臣家の恨みを果たそうとするシリーズ最大の強敵現る — 佐々木裕一「公家武者 松平信平 14 将軍の首」(二見時代小説文庫)

つかの間の平穏というべきか、大名・旗本家のお家騒動まがいや市中の小ぶりの事件を解決し、「水戸黄門」風の世間の評価も高まってきていた信平公なのだが、この巻からはそうはいかないようだ。
収録は
第一話 将軍の首
第二話 改易の危機
第三話 強敵
第四話 いくさ支度
となっていて、大筋的には幕府転覆を狙う、豊臣家の残党との対決であるのだが、相手方は日本を股にかけているようで、ネタバレ的に言うとこの巻だけでは終結しない。
発端は江戸城大手門に瓢箪をさげた「宗之介」と名乗る侍が、大名・旗本たちの登場日の早朝、門を警備する侍たちを襲撃し、彼らの手足の筋を切って警備をズタズタにしてしまうところから始まる。
今回出現する「敵役」は「神宮寺 翔」という豊臣秀吉恩顧の武将の末裔で、この一族は二代将軍秀忠の時に、豊臣家を裏切った大名家を襲ったという前歴がある、というもの。その配下が、前述の「宗之介」なのだが、「翔」の雰囲気とか「宗之介」の口ぶり・振る舞いが、以前流行した「るろうに剣心」の「志々雄真実」あたりのキャラ・イメージを思い出すのは当方だけか・・。まあ、幕府転覆の陰謀のしつらえとかは、「志々雄」の場合より凝ったつくりであるので問題はない。
「神宮寺 翔」率いる一派は手練揃いの上に大人数。その後、老中や大目付が襲われ、事態を重く見た将軍家は、信平をその探索と鎮圧の任を任せるが、老中と反目し、その任を解かれてしまう。江戸市中の警護は、旗本の強者たちに任されるが、相手の強さは半端なく、信平公が再出馬。さて江戸の迫る危難を防ぐことができるか・・・といった感じが大筋のところ。
さて、シリーズ最大のデカイ事件にぶつかった信平公。史実では、七千石まで所領が増え、元禄二年まで行きているので、賊の手にかかるってなことはないでしょうが、今度の敵は、松姫や長男・福千代もその襲撃の対象にしてくる、冷酷な輩である。果たして、皆が無事なままで、事件を収めることができるか、ちょっと心配な展開になりましたな。

公家にはなつかぬ坂東武者の末裔を、どう心服させるか — 佐々木裕一「公家武者 松平信平 12 領地の乱」(二見時代小説文庫)

都の騒乱を鎮め、江戸に帰還し、領地の加増を受けた信平が、その領地を受け取るまでに起きる江戸の事件の解決と、賜った領地での大騒動がこの巻。
構成は
第一話 あくび大名
第二話 晴天の鳥
第三話 堅物と坂東武者
第四話 領地の乱
となっていて、第一話、第二話が、江戸での話。
第一話は、八千五百石の大身旗本と市中の娘との恋話。時代小説的にはよくある設定なのだが、恋の邪魔立てをするのが、娘の父親というところが斬新か。
第二話は、地方の外様藩の藩士が、参勤交代で帰郷中に、その妻の不義密通する。その相手が旗本の次男坊なのだが、どうもその妻女をだまくらかして、というわけではないので、ちょっと歯切れが悪くなる。最後は、夫婦が情愛をとりもどしました、というめでたしめでたしなのだが、当方としては、夫の態度にどうも釈然としない。
第三話、第四話は、信平が新しい家臣を得て、新領地の検分にでかけるが、新領地の領民が、祖先が坂東武者であることと将軍直下の天領であったことに高いプライドを持っていて、なかなか信平に靡こうとしない。
そうこうするうちに、関八州を荒らしまくる、大盗賊団がその領地を狙い、実効支配を始めるが・・・、というのがおおまかな筋。結末は、まあご想像のとおりなのだが、結構ハラハラ、ワクワクさせる出来具合である。
さて、さすがに新領民に白い目で見られている中での大盗賊団との闘争は結構歯ごたえがあるのだが、だんだんに、信平の「水戸黄門」ばりの悪人退治も板についてきた。これから「漫遊記」的に、悪人をぷつぷつ潰していく展開になるか、あるいは巨悪がでてくるか、ちょっと気になるところでありますね。

久々に江戸に帰っての、信平の活躍はどうだ — 佐々木裕一「公家武者 松平信平 11 乱れ坊主」(二見時代小説文庫)

京の都で、幕府に叛旗を翻そうとする陰謀を阻止した信平のその後の京、そして江戸帰還後の活躍を描くのが本巻。
構成は
第一話 林檎の香り
第二話 乱れ坊主
第三話 狙われた友
第四話 死闘!鳳凰の舞
となっていて、第一話は京都、第二話以降は江戸が舞台。そして、今回は大事件の解決後とあって、大陰謀はなし。
第一話は、佐賀藩京屋敷の書物方の息子の江戸留学を助ける話であるのだが、これに信平の妻・松姫の悪阻の治療が絡む。人助けが信平の江戸帰還の助けになるという、「情けは人の◯◯」の諺を地で行く展開。
第二話は、同心・五味のところへ逃げ込んできた、美女・秋にまつわる事件。「乱れ坊主」というのは小石川・長仙寺の親兼という坊主のことなのだが、こいつが二十年前に取り潰された旗本の成れの果てらしく。こういった設定どおり、旗本に対する恨みを持っていて、旗本の妻や娘を毒牙にかける、という「必殺△△人」っぽい設定。
第三話は善衛門の弟弟子の旗本・梅村春宗の息子に関連する事件。彼の長男は何者かに襲われ命を落としたのだが、次男・敬之介も襲われる。ために敬之介助は家督を継ぐのを嫌がって・・・という展開。事件の首謀には、春宗を逆恨みする旗本がいるのだが、その旗本の動機の影には息子可愛さの教育パパ・ママの気配がするのが現代的。
第四話はひさびさの大活劇。この話の敵役・紫女井左京はかなりの剣の使い手。この男が、とりたてた動機もなく、江戸市中の剣術家相手のとにかく暴れこんでくるのだから、凶暴極まりない。とかく、こうした理由のない暴れ者というのは、理性的につけこむところがないから、手がつけられなくなるのはいつの時代も同じであるようだ。そして、さすがの信平の彼の剣技によって・・・、というところで結末は原書で確認いただきたい。
ひさびさの単話仕立てであるが、長編ものと違って、それぞれ違った味わいの仕立てがされている。長いシリーズものの、ちょっとした箸休め、といったところでありますかな。

都の騒乱の根っこには江戸幕府の朝廷圧迫の歴史がある — 佐々木裕一「公家武者 松平信平 10 宮中の華」(二見時代小説文庫)

前巻で、将軍御台所の暗殺の謀みから、実の姉の御台所を救った、信平であったが、その原因となっている都の騒動を鎮めるために、京へ出向くのが今巻。構成は
 
第一話 上洛の道
第二話 大井川の老馬
第三話 陰謀
第四話 やぶれ笠の鬼
第五話 宮中の華
 
となっていて、江戸からの出発から、京都での騒動の元凶と対峙するところまで。お供するのは、善衛門、佐吉、お初まではまだしも、同心の五味も同行することになるので、かなり大部隊での京都入りではあるが、都いり早々に将軍家から「京都所司代  」を命じられるので、まあ多いほどそれらしく物々しくて良い、ということか。
 
肝心の敵役は、前巻で、御台所暗殺未遂に深く関わっていた「藤原伊竹」と後水尾条上皇の隠し娘の「嵯峨」、そして、この女性の虜になってしまった下杉勝幸といった面々。もっとも、このシリーズ、悪役としてとことん懲らしめられるのは最小限にするといった不文律があるようで、最後まで悪役になるのは、前巻から因縁のある「藤原伊竹」のみ。
 
今回の筋は、単純化すると、「宮中の華」といわれ、天皇に愛された母親(沢子)の宮中からの追放後、落ちぶれつつも美しく成長した沢子の娘「嵯峨」の徳川幕府への深い恨みを利用して成り上がろうとする藤原伊竹の野望を松平信平が阻止する話なのだが、その脇に
 
上皇はな、皇族に根を張ろうとする徳川に抗うたのじゃ。徳川家の姫である東福門院とのあいだに生まれた女一宮を、未婚のうちに天皇にした。それが明正天皇じゃ。
(中略)
上皇の反撃に酔って未婚の天皇にされた明正天皇は、古よりの決まりによって結婚を許されず、生涯独り身。女としての幸せを奪われた。これにより、宮中の徳川の地は絶たれることになった。それに対する報復ともいうべきことが、遠く離れた江戸城で起きた。それはな、将軍家光に嫁いだ信平の姉孝子殿が、春日局の仕返しともいうべき仕打ちをされ、大奥から追放され、家光公から遠ざけられたのだ
 
といった、徳川幕府草創期の幕府と朝廷との主導権争いも色濃く影響していて、単純に、伊竹の無謀な野望のみが非難されるべきものではない。
このへんの幕府VS朝廷のところは、井沢元彦氏の「ダビデの星の暗号」あたりでも取り上げているのだが、そのレビューはまた別のところで。
 
さて、今回も首尾よく都の騒乱を鎮めた格好の松平信平なのであるが、この任務の完了とは別に、本当の慶事がある。それは何かは、本書の最後の方で確認あれ。
 

若者武士の伸びやかな話が始まったね — 佐々木裕一「公家武者 松平信平 狐のちょうちん」(二見時代小説文庫)

時代小説やミステリーのような小説は、設定の奇抜さ、斬新さで目をひくことも大事である気がしていて、独自性のある設定が誕生すると、それだけで数話は走らせても十分楽しめるものであろう。
本書は、徳川家光の正室・鷹司孝子の弟で、公家の婿になったり、坊主になることを嫌った鷹司信平が、江戸へ下り、家光からわずか五十石の石高で旗本に召し抱えられ、当時は草深かった深川に屋敷をもらう、といった設定で、このあたりは、「おや」と思わせ気を引き設定がされていて、おもわず頁をめくろうというもの。
 
収録は
 
第一話 公家武者誕生
第二話 るべうす事件
第三話 約束
第四話 狐のちょうちん
 
となっていて、おおまかにいうと、信平が出仕したところから、奥さんに紀州大納言・徳川頼宣の娘・松をもらうが別居状態。だが、信平は剣術道場の仲間と、同心の五味とともに江戸のあちこちに巣食う悪党退治に乗り出すのであった、といった筋立てである。
 
ざっくりとレビューすると
 
「公家武者誕生」は表題どおり、このシリーズの発端となる話で、信平の東下りの段。ここで、爺や的な立ち位置となる善衛門とお目付けの女中お初とともに深川で貧乏旗本暮らしを始める話。
 
「るべうす事件」の「るべうす」とは「ルビー」のことで、江戸初期にルビーが抜け荷として流通していたかどうかは寡聞にして知らないが、そこは目くじら立てずに宝石の代名詞と考えればよいか。この話で、紀州藩主・徳川頼宣の娘と結婚することになるのだが、頼信のワガママで信平の禄高が千石にならないと姫を渡さぬ、といった羽目になる。もっとも、話の本筋は、徳川直臣が絡んだ抜け荷事件で、信平が意外に剣の手練であるのが明らかになるのは定石どおりといったところか。
 
「約束」は、信平の剣術道場の朋輩の恋愛譚。これに。同じく道場仲間が殺人を請け負っているにでは、といった疑惑が絡んでくる話。
 
「狐のちょうちん」は後日、吉原となる場所で、美しい女が夜毎、男をたぶらかすという噂がでる。ここに、殿様の借金の返済証文を盗まれた田舎武士が出てきて、信平・善衛門主従がその危難を救う話。悪いやつは実は近くに、といったところはよくある話であるが、すいすいと読ませ、最後のすっきりさせるのが、いわゆる典型的な勧善懲悪もののよいところであるな。
 
さて、最近の時代小説には珍しい、「すっきり」「さわやか」といった読後感の時代小説で、こうした感覚は最近見ないので、かえって新鮮である。まあ、時代小説が読みたくなるのは、なんとはない閉塞感にかられている時に、しばし、うさを晴らすように心を遊ばせてみる、といった時であることも多い。そんなときには、こうした「明るい」時代小説がしっくりくる。難しいことはあれこれ言わず、楽しんでみるのも一興でありますな。