あきない世傅 金と銀」タグアーカイブ

”江戸小紋を町民の手に”が「五鈴屋」の願い ー 高田郁「あきない世傅 金と銀 7 碧流篇」

大坂・天満の呉服屋・五鈴屋の女衆として奉公に上がった、村の寺子屋師匠の娘・幸が、この大店を引き継いで、女性実業家として成り上がっていくサクセスストーリー「あきない世傅」シリーズの第7弾が『高田郁「あきない世傅 金と銀 7 碧流篇」(時代小説文庫)』。

前巻で女主人では、なにかと商売がしづらい上方を離れて江戸へ店を構えた「幸」であったのだが、江戸店もだんだんと江戸庶民から認知され始め、江戸の上昇気流が吹き始めるのが今巻。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 初空
第二章 針供養
第三章 縁を繋ぐ
第四章 三思九思
第五章 手掛かり
第六章 七夕
第七章 待ち人きたる
第八章 跡目
第九章 寒紅
第十章 それぞれの矜持
第十一章 江戸紫
第十二章 花道

となっていて、まずは、帯結びの教室を「店前現銀売り」で開いたらと助言をしてくれた五鈴屋出入りの指物師・和三郎の姉・お才と彼女の知り合いのおかみさんたちが、「帯結び」の教室にやってくるところからスタート。五鈴屋の名前を広めるために無料で始めたものなのだが、この縁がもとで「江戸小紋」の商売への大きな味方を得ることになるのですが、それはこの巻の後半で。

続きを読む

苦難を乗り越えて、いざ「江戸」へ ー 高田郁「あきない世傅 金と銀 本流篇」(時代小説文庫)

商売がうまくいったり、成り上がりの兆しが見えてくると、旦那さんとかに支障がでるっていうのが、五鈴屋の「幸」さんの運命らしい。巻が進むにつれた、ぷっくらとした顔立ちから「別嬪」さんにどんどんなっていくのだが、そのあたりに秘訣があるんですかね、と疑ってみたりもする。
ただ、そういう尊い犠牲の上に、「江戸(東京)進出」を目指していくというのが、浪速商人の意地らしく、本巻では、手代に任せておけるか、と「幸」自体が乗り込んでいくのである。

続きを読む

店の拡大、売れ筋新商品の開発で商売繁盛。しかし「好事魔多し」 ー 高田郁「あきない世傅 金と銀 転流篇」(時代小説文庫)

放蕩者の四代目の事故死、商売熱心だが酷薄な五代目の失踪のあと、人柄は良いながらも商売の才能はない三男坊の智蔵と再婚した「幸」だったのだが、商才がないので自分は「女房に操られる人形」という立ち位置に徹している彼とは相性もかちっと合って、しかも「幸」の事業拡大、商売繁盛へのアイデアはどんどん湧いてくる、という展開になり始めるのが今巻。
前巻で、大店の「桔梗屋」が店をたたむのにつけ込んで、安く店を買い叩こうとする「真澄屋」の企みを打ち砕いて、「五鈴屋」が桔梗屋をM&Aするところから今巻はスタートする。

続きを読む

五代目当主とともに、「幸」は新たなサクセス・ストーリーの段階へ ー 高田郁「あきない世傅 金と銀 貫流篇」(時代小説文庫)

兵庫県の田舎から天満の老舗呉服屋に奉公にあがって、料理や掃除といった下働きをする「女衆」から、四代目の主人の後妻に入り、四代目の事故死後は、次男の五代目に惚れられて再婚し、とのし上がっていく、「あきない世傅」シリーズの「幸」なのだが、ミステリーであれば、おそらく彼女が事件の黒幕だろうな、となるのだが、時代小説ではそうではなく、健気な女性のサクセス・ストーリーとなっていく。
前巻で、その商売熱心さに、生来の冷たさが掛け合わさって、絹織りの新たな仕入先と考えていた村の長たちからダメ出しをくらった五代目の突如の「失踪」を、「幸」がどう切り抜けるか、が描かれるのが本巻である。

続きを読む

店の主人の急死をバネに「幸」はさらにステップアップ ー 高田郁「あきない世傅 金と銀 奔流篇」(時代小説文庫)

大坂の天満の呉服屋「五鈴屋」を舞台に、浪人の娘から、女衆を経て「ご寮はん」となった「幸」のサクセス・ストーリーの第三弾である。
前巻では、四代目の後添えに入ったが、酒好き・女好きの四代目が廓からの帰り道に転落死。跡を継ぐこととなった、次男の惣次は「幸」と結婚することを、「五鈴屋」を継ぐ条件にする、ってなところで終わったのだが、今巻は、そのお家継承のごちゃごちゃからスタートするのが本巻である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 十三夜
第二章 帰り花
第三章 改革
第四章 それぞれの年の瀬
第五章 知恵の糸口
第六章 再会
第七章 鴛鴦
第八章 名を広める
第九章 商いと情と
第十章 吉兆
第十一章 郷里へ
第十二章 布石
第十三章 大坂商人
第十四章 千変万化

となっていて、長男が若死にした場合、その奥さんが兄弟の嫁になるのは、遊牧民ではよく聞く話なのだが、惣次が「幸」と結婚するのを条件にしたのは、「もとより目鼻立ちの整った美貌に加えて、艶やかな化粧を施された花嫁は凛々しさと華やかさを併せ持ち、人々の目を釘付けにした」といった彼女の美しさがあってのことでしょうね。
ちなみに「乙嫁がたり」のタミルは兄弟4から5人に順番に嫁いでいたような気がしますね。

続きを読む

「女衆」から「ご寮さん」へ。サクセス・ストーリーが本格稼働 ー 高田郁「あきない世傅 金と銀 早瀬篇」(時代小説文庫)

大坂の天満を舞台に、老舗の呉服屋「五鈴屋」に女衆として奉公にあがった娘「幸」が商売のイロハを覚えながら、店を大きくしていくサクセスストーリー「あきない世傅」シリーズの第二弾。
前巻では、成長して「女衆」として一人前になり、主人の奥さんでの「菊栄」に可愛がられるようになったのだが、彼女が実家へ帰ってしまうのだが、その結納金を亭主が女遊びに使い込んでいたことが判明し、彼の手綱を握れる女性がどこかにいないものか、と大番頭の治平衛が頭を悩ましたところで終わっていた。
今巻は、菊栄の離縁を発端に、治兵衛や富久が「幸」の隠された才能に気づき、彼女の運命が大きく羽ばたいていくのが描かれる。「浪速の娘」のサクセス・ストーリーがいよいよ本格稼働でありますね。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 ひとつの提案
第二章 初午
第三章 番頭の窮地
第四章 幸の決心
第五章 ご寮さんの誕生
第六章 ご縁日
第七章 波紋
第八章 三兄弟
第九章 肝試し
第十章 鵺
第十一章 誓文払い
第十二章 縁と月日
第十三章 新しい風
第十四章 急転直下

となっていて、第一章から第六章までは、「幸」が治兵衛に見込まれて、四代目徳兵衛の再婚相手となるまで。ただ、その過程で治兵衛が徳兵衛と争って脳卒中をおこして引退を余儀なくされたりという「幸、危うし」の危機はしっかり用意されているので、ここは原hジャラしなはら見守りましょう。「よしっ」と言いたくなるのは、「幸」が後添えとしての適格性を有しているかどうか、呉服仲間から「テスト」されるところで、彼女の大逆転劇にスッキリすること請け合いである。

続きを読む

大坂・天満の「呉服屋」を舞台に、女性のサクセスストーリーが始まる ー 高田郁「あきない世傅 金と銀 源流篇」(時代小説文庫)

江戸の小料理屋「つる家」を、様々な新作料理で人気店に仕上げていく女料理人・澪を主人公にした「みをつくし料理帖」など、女性を主人公にした時代小説を世に送り出している「高田郁」氏が今回創り上げた主人公は、大坂の天満の「呉服屋」で奮闘する、浪人の娘「幸」。
彼女が活躍するのは「呉服」の世界で、いわば江戸時代の「アパレル業界」のサクセスストーリーなのだが、「享保」の頃の大坂ということで、華やかな元禄や爛熟した文化文政とは違い、少々堅苦しい時代における「成り上がり」物語の開始である。

【構成と注目ポイント】

構成は

第一章 幸
第二章 試練の一年
第三章 別離
第四章 五鈴屋
第五章 丁稚と女衆
第六章 商売往来
第七章 火種
第八章 初めての銀貨
第九章 ご寮さん
第十章 軋轢
第十一章 決別
第十二章 事の顛末

となっていて、第一章から第三章までは、このシリーズのビフォー・ストーリー的なもの。

続きを読む